虎心不動TOP

.com/txcou

2011年09月10日

守備崩壊するなら4番サード新井で心中すべし!

今日の負けはあまりにも大き過ぎます
ヤクルトに連勝をあまりにも簡単に渡してしまった
この連敗は追う立場としては非常に非情に辛い展開です

今日も失策絡みの失点献上
こんな大事な試合で何やってるの!て気持ちなったファンは多いはず

ただ、関本のファンブルは当たりが強かったですね
ありゃ、青木も気の毒です
ヒットと表示されてもおかしくない程強い当たりだった

あえて言う
新井ではなく、大和なら何なくさばいてくれただろう

ショート鳥谷、セカンド平野次々と信じられない捕球ミス
完全に魔物に取りつかれたチーム状態であった

失策が絡む失点が目立つヤクルト戦

こんな大事な時に選手達が浮き足立ってる状態では
優勝なんて取れる精神状態のチームではないと思う


その一番の原因が、やはりパワプロ感覚の起用法だと思う
関本は守備職人と言ってもいい位素晴らしい選手
しかしそれは、ファースト、セカンドの話
だからこそ、起用に対して物言いがある
関本は本当に気の毒だと思う

守備が乱れればゲーム全体が乱れてしまう

それは少年野球でも分かるお話であると思う

1.png

確かに今日の久保は完全にボールが上ずってましたし、回を重ねても
立ち直る気配が全くなかったので、早めの交代については
仕方ないし、間違いのない判断だったと思います

しかし、その後の守備でミスが連発
エラーが出ると当然、投手のリズムが崩れてしまう
せっかくアウトに打ち取った当たりがセーフになるのだから
口と顔では文句は言わないが、心では煮えくり返っている
ケースは少なくない

こんな展開になるのは目に見えていた
パワプロじゃないんだから
優勝争いをしている直接対決の場に来て
いきなりファーストとサードをとっかえひっかえしたんだから
あり得ない起用法だと思う

4番サード新井で心中すべきではないだろうか?
新井には乗り越えてもらわないと困る守備問題
関本を巻き添えにして欲しくない


更に打線の繋がりについてもおかしくなる

11安打で2点

やっぱりどう考えてもタイムリー欠乏症です


まず2番俊介
1犠打以外は全くいい所がなかった
何のための左対策なんだろう
彼を起用した意図は何だろうか?

石川が左で俊介が右だったからです

であれば俊介がもっと頑張らなくてはならないと思います

右左関係なく柴田を出せない事情があるとしたならば
それは柴田が左に弱いからって事になります

とにかくこの二人には将来1.2番コンビになってもらいたい

だからこそ今は全力でアピールして結果重視で頑張って欲しい

金本の2三振
特に6回の三振は深刻なものでした
アウトローの完全ボールのストレートをファール

相手バッテリーはこう思います

このコースに投げれば絶対に振ってくる

その通りとなり、次のフォークは同じ場所

簡単に空振り三振
チャンスで大事な場面であり得ない位に簡単に三振あげてる状態なんですよね


どうしても勝たなければならない直接対決
追う立場なんだから絶対に負けは許されない

そんな大事な時に
投手陣は疲れ始め
守備体系を今更弄り出して
打線はタイムリー欠乏症

明日負ければヤクルトが断然有利となり
阪神は相当厳しくなると思います

メッセンジャーが調子を落としてなければ
勝てるゲームな筈です

サード新井、ファースト関本
明日はこの布陣で新井と心中覚悟でやってほしいですね



私は4番サード新井で心中するつもりですから

3タテだけは勘弁してほしい





この記事がイイ!と思ったらこちらをクリック
ブログパーツ
虎心不動の記事ランキングへ投票されます
ご協力お願います
posted by 正悟 at 22:35 | Comment(2) | 2011 Tigers