虎心不動TOP

.com/txcou

2011年09月26日

シーズン終盤 先発投手陣の踏ん張りが不可欠



さて、昨日の試合は本当に残念な試合でした
まぁ、確かに巨人先発の内海の出来は素晴らしかった

15勝あげられる大投手になったんでしょうね

さて、どの球団もこの時期、投手陣にバラツキが出て来ています
先発陣だけにピントを合わせて見れば、阪神は、重症状態でしょうね
1.jpg
能見、岩田、久保、スタン この4人が疲労のピークに達しています
巨人もセットアッパーがここに来て疲れが見えている様だ

どの球団も投手陣はもう、疲労困憊なんですよね

疲労困憊になるとどうなるか?
球威が衰え、コントロール(特に低め)精度が落ちます
ボール先行になると当然、ストライクを取りに行かなければならない

ストライクを何の球種で取りに行くか?
いや
その投手がストライクを取りやすい球種は何か?


そのデーターはID野球を重視している監督コーチは熟知しています
過去に使った動画ですが、今回もそのどうがを使ってみます
この動画は、リーグ中盤戦ではありません
開幕ですわwww
絞り球、特に配球癖をしっかりと分析が出来ていれば、
いい投手が相手でも 上手く行けば 打てます


今の阪神先発陣の疲労困憊4人組が当時の野村IDヤクルトと対戦したら
恐らく、この3連戦の巨人戦なんて目じゃない位、打たれてしまっていたと思います


私が今一番心配しているのが、藤井の配球癖です

完全にストライクカウントを取りに行っている球種を読まれて
打たれていますので、もう少し工夫をしなければならないでしょうね

彼は今、本当にギリギリの段階でリードをしていると思います
能見は今現在、変化球のキレがイマイチですので、その状況でどうやって
ストライク先行にして、決め球へ持って行こうか?
そのフォークのキレがイマイチで見送られてしまうケースが多々あるので
相当キツイ状況下でのリードをしていると思います

吉田バッテリーコーチ、木戸ヘッドコーチが、セリーグ初年度の藤井に
どこまで力になってあげられるか?

今現在は、全く機能しない位、お手上げな状態が続いています

ただ、悲観する事はないと思います
秋になり、夏の疲れが落ち着くと、各投手陣は今よりは調子は上がってきます
その調子が上がってくる最低条件が、フォーム修正ですね
足腰がへばってる今だからこそ、徹底してフォームチェック&修正が重要です
それを行って修正が上手くいれば、調子が回復した時に、まるで別人の絶好調になれます

投手コーチがどこまで、疲労困憊で足がへばった状態の崩れたフォームを
しっかりと修正出来るか?
そこだと思うんですよね
スタンリッジは

3.jpg

修正点は分かっている、今それをやっている
次の試合にはキッチリ直して行きたい


とコメントをしています


今は中継ぎ陣にシワ寄せが来ている時期です

榎田、福原、小嶋、渡辺がとにかく頑張ってくれている
2.jpg
左腕藤原が、セットアッパーの頭角を如実に現し始めています
彼の球威が上がれば、小嶋以上の逸材ですね

山口投手コーチ!頼んまっせ!!

西村も復活へあと一歩まで、復調に近づいています

コバヒロ、久保田離脱の状況下です
その状況下の中で、よくここまで中継ぎ陣が踏ん張ってくれていると思いますし
若手の投手陣がグングン伸び出した良いシーズンでもあります


つまり、先発陣が踏ん張ってゲームを作れれば、今の阪神は勝てるチーム状態です


あともう少しです
とにかく頑張って貰いたいです

誰か一人がいいピッチングで試合で勝つ事が出来たら、一気に全体が
ノッテくると思うんですよね

明日からのヤクルト神宮対決
今の打線なら、打てると思います
問題は、先発陣の調子だと思いますが、そろそろ上向くと思います

鶴、最後に6枚目のカードとして上がって来てほしい


現在虎心不動では
阪神タイガースの来季へ向けてアンケートを実施しております
よろしかったら、いや、是非!ご参加くださいね
下の文字をクリックするとアンケート広場へジャンプします


アンケートにでも参加してやるか



posted by 正悟 at 19:12 | Comment(3) | TrackBack(0) | 2011 Tigers