虎心不動TOP

.com/txcou

2011年10月06日

大きな連勝!エース対決を制した能見!


1.jpg
阪神の課題は、投手陣、特に先発陣の復調である
9月に入ってから、ローテ6枚全員が不安定な状況が続いた
開幕から交流戦終盤までは打撃陣が投手陣におんぶに抱っこ状態だった
それが、逆転してしまった

いい投球してもなかなか勝てなかったシーズン序盤
打線が打ち勝っても、抑えきれない投手陣になったシーズン終盤

お互いに違う時期に足を引っ張り合い続けた統一球元年の阪神

しかし、いい部分も出て来た

若虎も徐々に経験値を上げ、来季に本格的に使い込める下地は出来つつある
これが優勝を逃しても、唯一嬉しい部分です

さて、能見のピッチングは、前回の神宮戦辺りから徐々に手応えを感じ始めた
初回に3点を奪われたが、2回から7回までは1安打ピッチング
球にキレを感じられつつあった
ただ、ここ一番でのフォークのキレと、チェンジアップのコースの甘さが
課題となっていたが、まず課題が明白になり、体調も良くなりつつある
今日の先発の内容は、前回以上のいいピッチングが出来ると信じていた

立ち上がり、2アウト取ってから、また悪い癖が出た
前回勝ち越しタイムリーを打たれた川端に全球ストレートを投げる
立ち上がり、球威が納得いかなかったのだろうか?
しかし、コースは低めを丁寧につくストレートだった
ボールカウントが2−2の時、能見は首を振りストレートを選んだ

よく野村さんが言うのですが、
を振ってストレートを投げた場合、たいがい打たれるのが野球の方程式だ

まさにその通りとなった

能見のストレートは140キロ前半
岩田より若干遅めのストレートだが、彼は球のキレで勝負するタイプ
その能見がストレート勝負を挑むと言う事は
調子がいいと思い、ストレートを選んだか?
どうも肩が出来上がってないので、今のうちに実践でストレートを投げ込んでおく

この心の中は定かではないが、恐らく調子が良かったのだと思う

結果的に川端、畠山に連続ヒットを打たれたが
なんでしょうか?
その、あの。。。川端の走塁の酷さwww

マートンが、ちとファンブルした位でねwww
ありゃないでしょ?wwwww
敵ながら警告します
あんな馬鹿走塁したら勝てるものも勝てないでしょうwww

でもね、畠山ってのは凄い選手です
インコース低めのボールゾーンのフォークをすくい上げて打ってるんです

パンヤ!!とか言いたくなる位のゴルフスイングです

あのフォークをライト前に落とされたのでは、能見も内心、こりゃしゃーないわと
諦めがつく位のスーパーパンヤショットでしたね


今日の能見は、前回の投球の修正が出来ていました
まず変化球のキレが本当に良かったです


スライダー、チェンジアップとフォークが主流となりますが
とにかく、フォーク温存
ストレートとスライダーとチェンジアップの3種を中心にゲームを組み立ててました
それだけ、調子が良かったと思います
球がキレているので、バッターから見て、外角に逃げるスライダーは遠くへ感じたはず

こんな能見ずっと待ってたんですよね
嬉しいですね
彼はある意味、絶不調の底は抜け出す事が出来ましたね
エースの風格が戻って来たことは、本当に嬉しい限りです


んで、一方の館山ですが、彼も素晴らしかったです
実は、能見と館山は利き腕が左右対象の二人ですが、似ています
球威球速、球種、配球が似ているんです
しいていうなら、能見の球種プラスカットボールがつく程度なんです
彼も変化球のキレが良く、阪神打線は、チェンジアップとカットボールに
振らされてしまい、ファールで粘らせないエコピッチングを披露
ここが、小宮山と相川の経験の差でしょうか?
実に球種、コース共に散らしまくりの上手い投球でした

我慢比べが7回の表まで続きまして、淡々と回が進んでいく感覚になった

館山は球数はそんなに行ってはいなかったのだが、7回にチェンジアップのキレが
悪くなったと湯舟さんが指摘
私から見ても、チェンジアップがイマイチで、アウトコースのコントロール精度が
明らかに悪くなり始めた
指が万全じゃないんだろうか?。。。。感覚がおかしいのだろうか・
敵ながら、あっぱれの館山投手でしたが、さすがに疲れが来た

ブラゼルのヒットで代走大和
マートンがヒットエンドラン成功で、1アウトランナー1.3塁
均衡を破る最高の好機が阪神に訪れた
まず、このシーンでのヒットエンドランのタイミングは絶妙だった
0−2でストライクカウントが追い込まれている状態
そこに投げた球種はフォークだった
ストライクゾーン真ん中低めのフォークをマートンは素直に弾き返した
これは凄いバッティングだと思いました

小川監督はピンチを招いても動かなかった
エースの踏ん張りに期待したのでしょう
どのチームも中継ぎ陣はもうヘトヘトですので、少しでも投げ続けて欲しいし、
何しろ、ヤクルト一番の稼ぎ頭である
お前がエースなんだ!ここは何が何でも踏ん張って欲しい
小川監督の気持ちが現われていた
2.jpg
ここで千両役者の腐っても鯛である金本(長いなww)
館山のチェンジアップはある意味フラフラ状態だった
金本は外角、と低めのストレートをしっかりと見送っていた
ここ一番で集中力が維持できる

腐っても鯛ですねw
そんな金本が3−2のカウントで打ったのはど真ん中のストレートだった
決していい当たりではないんです
ぶっちゃけホームランボールを詰まらせているんです
でも飛んだコースが良かったし、ダブルプレー対策でセカンドベース寄りに居た
田中が追いつけないゴロだった
詰まっても力で外野まで転がした感じで、正に執念の決勝タイムリーでした

力みが出ても仕方がないシーンです
3−2でフルカウントでしたので、出来ればそうなる前にね
5球目の真ん中高めのストレートを見逃した時点で、力むシナリオを
自ら作ってしまっている事も付け加えておきたいです
あのボールを見逃すと言う事は、チェンジアップを警戒し過ぎていた証拠です
ストレートとチェンジアップの緩急の難しさが分かりますね^^
でも、よく抜けてくれました
執念のタイムリーだったです

8回には榎田が出て、藤川を今年初めてイニング跨ぎをさせました
まぁ、結果論ですが、跨いでも18球で終わってます
さすが球児ですね^^

8回の攻撃は見事でした
柴田が2塁打でその後の鳥谷が、前進守備のレフトセンター間を抜いた
3ベースタイムリーヒット
流石でしたね
その直後にも新井のピッチャー返しで更に追加点

完全に阪神の勝ちパターンがが作り上げられました

今日の勝ちの意味はとてもいい内容です

ヒットエンドランは決まってました
そして能見の出来が素晴らしかった
これで彼もスランプは脱したと思います
この能見がゲームを作れたのが本当に大きいし、我慢比べに館山に勝てた事
能見にとって残り登板に繋がるいい投球でした
この能見の勝利は彼にとってもチームにとっても非常にいい結果です

これでマートンはついに首位打者に踊り出ました

今日の勝ちは、最後の粘りを見せてくれそうな、そんな阪神でした
強いチームの勝ち方を見た様に感じましたね

ついに中日がゲーム差なしの3厘さとなりました

ヤクルトは明日負ければ、ズルズルと行く可能性が高いです
CS争いは凄い熾烈な争いになるといいですが、対象がヤクルトに
なる可能性が高くなりました

ここからが本当の踏ん張りの見せ所です
阪神の選手達の最後の踏ん張りと投打の歯車がガッチリ噛み合ってくれると
本当にいい状況になります

巨人も投手陣はアップアップ状態

ここからが面白くなると思います

今日の勝ちは投打共に、大きな1勝になった事は言うまでもない
毎試合毎試合、これからが面白くなります
投打が噛み合えば、間違いなく阪神はセリーグで一番強いです

これからあと11連戦、プロ選手として、意地を見せてもらいたいですね

明日は岩田VS増渕です

岩田がゲームを作れれば、3タテも夢じゃないです
それ位、打線の調子が上向きです

明日が本当に楽しみです




虎心不動ではアンケートを実施中です
アンケート内容は以下の通りです

アンケートの質問内容は以下の通りです


1 真弓監督の来シーズンについて

2 阪神フロントについて

3 阪神GM(ゼネラルマネージャー)制度導入について

4 鉄人金本について

5 現在の阪神1軍首脳陣ついて

6 阪神二軍首脳陣ついて

7 阪神打撃コーチ、統一球の対応ついて

8 阪神コーチ陣のここがダメだと思う
9 日本球界の統一球の継続について



是非、皆様のご参加お待ちしております

多分携帯からの参加は無理だと思います(汗)


下の文字をクリックしてご参加くださいね



虎心不動のアンケートに参加する

<
posted by 正悟 at 01:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | 球界全般