虎心不動TOP

.com/txcou

2011年10月08日

先発久保はいい仕事をした 高崎を崩せなかった猛虎打線



1.jpg

さて、今日は久保の投球に注目をしていた
前回の久保は、中日戦5回を投げて6失点と散々の数字だったが
2回以降投球内容は、かなり良かったと思った
次回に繋がる敗戦であったと私は見ていた

それだけに今日の横浜戦の立ち上がりを注目していた

ストレートの速度を変えて投げられる久保の投球
同じストレートでも最大15キロの速度差がある
そのストレートにカットボール、スライダー、フォークを織り交ぜて来る
今日のストレートの緩急は10キロ程度
その合間にカットボールとスライダーを巧みに使い込んでいたのだが
低めのボール球に横浜打線が振っている

これは、変化球のキレが抜群である証拠です

これは筒香に対しての配球です

抑えた配球と、ホームランを打たれた配球の図を拾ってきました

クリックして見比べてください

筒香のホームランが失投ではなく、配球ミスであった事が分かります

藤井は、久保が相性の良い城島の得意な配球を使ってます
パワーヒッターに対してアウトコース一辺倒で
ストライクゾーンとボールゾーンにアウトコースで惑わせてます
更に、ストレートとチェンジアップの速度差は10キロ程度
そこにチェンジアップは手元で少し曲がり、芯を外しにかかってます
2.jpg
チェンジアップ2球続けた後のアウトコースのストレート

筒香はストレートの体感速度がエライ早く感じたと思います
それで結果はセカンドゴロ

久保はフォークで三振よりも、スライダーとチェンジアップでの緩急で
打たせて取るエコピッチングで仕事をしてました

次に筒香に同じコースに投げてホームランを打たれたボールです
3.jpg
実はこれは失投ではないです
これは明らかに藤井の配球ミスです
前打席と同じコース同じストレートで勝負したら駄目です中に入ってしまった場合の想定が出来ていません
恐らく中に入ってしまったと思うのですが、これがカットボールであれば
ゴロか?ファールだったと思うんです

藤井さん なにやってんの?って感じですね

アウトコースで勝負するなら、
2球目はカットボールでボール球を投げなきゃ駄目
ストライクゾーンに2球立て続けに投げたらそら、打たれるよ完全にタイミング合ってました
ストレートではなく、カットボール
インローへのスライダーをボールゾーンで2球目投げても良かったと思います
とにかく緩急を与えないと前打席のイメージがそのまま残ってますので
この配球はあまりにも単純過ぎます

久保は6回を投げて3安打1失点奪三振5 四死球3
復活にほぼ近い状態までイケたと考えてもいいと思います
更に修正を重ね、次回の登板でいい投球が期待できると思います
これは先発陣の状況が全体的に向上した証だと思います

さて、球児で打たれて負けたのですが
イニング跨ぎはさほど影響はなかったと思います
今日は敗戦投手になってますが、20球で終えてます
コントロールが高めに行ってたのですが、そんなにコントロールが乱れてた
わけでもないので、そんなに心配する状況ではないです
ほとんど時間がかからないで修正できる範囲だと思います

荒波に投げたフォークがど真ん中に行ったのが、唯一の失投
これが全てだったんじゃないかなと思います


では打線の方です
今日の高崎は、良かったです
アウトローに良いストレートが決まってましたし、スライダーのキレも良かった
昨日の三浦より、いい投球内容だったと思います
今日の高崎はそんなに打てる状況ではなかったと思います



野球ってね、調子がめっちゃいい投手に当たった時はこんなもんです


新井のタイムリーなんて難しいボールでしたよ
ただ、高崎も同じコースに3回投げてしまってるのでww
目と体が慣れてしまったんでしょう
さすが4番新井です
慌てて出したバットだったんですよ
でもしっかりと1.2塁間を抜いてタイムリーに出来たのは流石ですね

ただ、崩せる相手だったと思うんです
例えば2回2アウト満塁の場面

柴田は左投手がとにかく苦手な状態
ここで打たなきゃ駄目なんだ
そう思いながら柴田を見てました

チェンジアップ 133キロ アウトコース高め ボール球    見逃しボール
カーブ     117キロ アウトコース高めストライクゾーン 見逃しストライク
チェンジアップ 134キロ アウトコース低めストライクゾーン セカンドゴロでアウト


これも緩急つけてタイミングをズラしにかかった配球です
チャンスの場面で力んで溜めを作れなかった事が明白に分かります
ここで、落ち着いて、溜めを作ってボールをしっかりと見て
力まずスイング出来れば超一流です
平野のバッティングがお手本にピッタリだと思います

相手バッテリーが完全に嫌がる半振りファール

半振りで完全にファールして相手に分かる粘り
アウトコースのストライクゾーンは尽くファール

これ本当にバッテリー嫌なんですよww


それが出来るのが、青木であり、宮本であり、平野なんだろうね

きちんとボール球を見逃せる選球眼を柴田はもうすでに持っているのだから

とにかくこのタイムリー欠乏症を体感して反省する事が、柴田にとって
本当にいい経験になるのだから


頑張って貰いたいですね
将来の1番を目指して頑張って欲しい
篠原のストレートをセカンドゴロにしてもエラーを誘うほど
素晴らしい俊足を持っているのだから

ブラゼルの選球眼も悪くない
ただ、今日に限っては、狙って大振り気味だったのはあったと思う

片岡コーチに、今一度、焦るな狙ってばかり行くな
しっかりと腰で打てと修正かけてくれれば、明日にでも活躍すると思う
今日は狙いってましたねw
力んじゃ負けるのが統一球って言葉がピッタリのブラゼルでした
でも、明日は打てるんじゃないかな?
スイング自体は悪くない、むしろいいので^^



確かに久保にとっては運がない登板だった
でも彼は復調に近づいてきているのは確かです
次回の登板に期待しましょう

明日はスタンリッジですか?
スタンリッジでなきゃ、誰か上げて来るか?能見の中4日になるのですがw
能見は月曜日の巨人戦に取っておいているはずですので
スタンで間違いないでしょう

彼の修正はイマイチだという情報が入ってますが
どうでしょうか?
カーブの精度がどうか?ストレートの球威はどうか?
その2種類みただけで大体分かると思います
カーブを投げなければ、コントロール精度に苦しんでいると判断しても
間違いないでしょうね

明日は勝たなければなりません

私的には、高崎は素晴らしかったし、篠原も素晴らしい出来だった
巨人戦の直接対決で負けるよりは、今日負けて仕切り直しをして
明日からリスタートで連勝出来ればいいんじゃないの?って感じで見ています

今日一番痛かったのは
8回、村田に、球児を持ってきた事
あそこで、久保田、コバヒロをぶつける事が出来ない事実

なんの為の1軍昇格なんだ?って事なんですよね

宝の持ち腐れ的に、ブルペンで遊ばしているのであれば

また、修正の仕上げに、久保、山口投手コーチに託してたのであれば


とんでもない1軍昇格だし
2軍投手コーチの修正指導能力を問うしかないだろう。。。。


久保田、コバヒロ!お前達の安定した活躍が見たい
榎田も渡辺もギリギリで頑張ってくれているのだから
ここでお前達が頑張らなきゃ、全然意味がないんだ

何の為の1軍昇格だったのだ?


点差がなければ使えない
負けゲームでなければ試せない



もし、そんな状況で1軍に居るのであれば、阪神のプロフェッショナル意識に
大きな疑問を抱くしかないだろう



虎心不動ではアンケートを実施中です
アンケート内容は以下の通りです

アンケートの質問内容は以下の通りです


1 真弓監督の来シーズンについて

2 阪神フロントについて

3 阪神GM(ゼネラルマネージャー)制度導入について

4 鉄人金本について

5 現在の阪神1軍首脳陣ついて

6 阪神二軍首脳陣ついて

7 阪神打撃コーチ、統一球の対応ついて

8 阪神コーチ陣のここがダメだと思う
9 日本球界の統一球の継続について



是非、皆様のご参加お待ちしております

多分携帯からの参加は無理だと思います(汗)


下の文字をクリックしてご参加くださいね



虎心不動のアンケートに参加する


posted by 正悟 at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011 Tigers

岩田が見せた!完封10奪三振!



1.jpg
岩田が完全復活の証明を試合で見せた
それは完封勝利、10奪三振と言う最高な結果で示した

岩田は能見より球威球速がプラス5キロ程ある
145キロ程度のストレートを武器に変化球で緩急つけたピッチングが上手い
その岩田は、猛虎キラー三浦相手に真っ向勝負で挑んでくれた

小宮山のリードも絶妙だった
藤井でもない城島でもない
岩田と二人できっちり話し合い、しっかりと自分達のカラーでゲームを作った

今日の三浦は立ち上がりは上々のピッチング
虎キラーぶりを発揮している様にさえ見えた
ストレート、スライダー、シュート、カーブ、フォーク
持っている変化球を使いこなし、コースを散らしながら的を絞らせない配球
しかし、カットボールをなかなか投げてくれない
恐らく、全盛期の様な鋭いキレ味抜群のカットボールは投げられないのかも知れない
だからスライダー主体の技巧派投手になったのだろう

しかし、猛虎打線は2順目にかかった瞬間に三浦に牙を剥いた
スライダー、シュート、ストレート
配球でストライクカウントを狙いに来る癖を見抜いた様だ

必ずスライダーをアウトローへに置きに来る

シュートで詰まらせようとここに置きに来る

ストレートは外角で攻めてくる、カットボールで詰まらせる配球はないから
素直に振り抜けばいい

この読みがドンピシャとはまった

ストライク先行を狙った変化球は、コースを狙って投げる為
球威のない投手の場合、狙い撃ちされたら長打になり兼ねない
2.jpg
その置きに来たボールを尽く打たれた三浦は天を仰いだ
岩田にスクイズを決められ、平野はセンター前に技ありのタイムリー
5回を終えた時点で2得点

苦手三浦からしっかりと得点を取る事が出来た

しかし、三浦も次の回から配球を変え、自身の投球リズムを取り戻した

では一方の岩田はどうだったでしょうか?
完璧でしょう

岩田は、ストレート、スライダー、シュート、カットボール、フォーク、チェンジアップ
この球種を使いこなして横浜打線を黙らせた
まず、岩田の絶好調時の特徴はどんな感じだろうか?

ストレートは大体145キロが上限と言ってもいい
シュートは143キロ程度、カットボールも142キロ程度の速度で来る

シュートとカットボールは打たせて取る球種です
この二種類は、手元でクィっと曲がるカットボールと右打者から見て
内角へ落ちながら来るシュートは言うまでもなく芯を外される球種です
つまりストレート待ちの打者が振った時は内野ゴロが多い
ストレート待ちの打者は格好の獲物です

何故ならば、岩田の投げるシュートとカットボールの速度が
ストレートとほぼ変わらないからです
このシュートとカットボールは、相手打線の凡打を築き上げる為の球種です

ついついストレートが来たと錯覚が発生し、手が出たら芯を外され凡打になる

その術中にまんまとはまったのがベイ打線でしたね

その結果が2安打完封と言う素晴らしい内容を叩き出している

更に10奪三振この三振の内容が素晴らしい
右打者が手を出せない程の、アウトコースインローへの強気な攻めの姿勢
変化球のキレ味も鋭くスライダーが面白いようにコーナーに決まる
アウトロー、インローへストレートがズバンと決まる

とても145キロ程度のストレートとは思えない程、素晴らしい配球だった

三浦の復調を叩き潰したのは鳥谷のソロホームラン
三浦のストレートは140キロ程度、シュートも139キロ程度
スライダーは130キロ程度
緩急の差がさほどないのが、岩田との大きな違いだろう
だからたまにカーブやフォークを投げて緩急をつけているのだろう

鳥谷が狙い撃ちしたのはインコース腰のラインのスライダー
10キロ程度の緩急では、今の鳥谷を抑え込むことは無理です
見事に弾き返した

この3点目の中押しが虎キラー三浦の全てを打ち砕いたと言ってもいい

3.jpg
9回のブラゼルの2試合連続ホームランも圧巻でした
アウトコース腰のラインに投げたスライダーを引っ張って右中間スタンド中段への大きなホームラン
今のブラゼルは溜めも出来ているし、スイングも安定している
絶好調になったと言ってもいいでしょうね
4点目を追加した時点で、球児のセーブはつかない
真弓監督はベンチで見つめるだけでいい状態になった
このブラゼルのホームランが球児に休暇を決定つけたと言ってもいいだろう

今日あるユーザー様からこんなメールを頂いた

「ブラゼルは統一球に慣れて来たのでしょうか?」

慣れて来たというより、やっとここまで仕上げて来たと言う感じです
アベレージ向上に専念しながら、しっかりと芯に当てる練習を続けていた
その作業の中で真芯に当てて振り抜くコツが見えて来たのでしょうね

慣れて来たと言うより仕上げて来たと言うイメージが強いですね

遅いよと思われるかも知れませんが、大事な事は、ここで来季に繋がる
パワーヒッターになったのが私にとってもとてもうれしい事です

4連勝で借金は2となった

明日は今季初の5連勝を目指す

久保はどこまで仕上がって来ただろうか?
小林 寛 が横浜出て来たら、明日は序盤で決められるかもしれません



虎心不動ではアンケートを実施中です
アンケート内容は以下の通りです

アンケートの質問内容は以下の通りです


1 真弓監督の来シーズンについて

2 阪神フロントについて

3 阪神GM(ゼネラルマネージャー)制度導入について

4 鉄人金本について

5 現在の阪神1軍首脳陣ついて

6 阪神二軍首脳陣ついて

7 阪神打撃コーチ、統一球の対応ついて

8 阪神コーチ陣のここがダメだと思う
9 日本球界の統一球の継続について



是非、皆様のご参加お待ちしております

多分携帯からの参加は無理だと思います(汗)


下の文字をクリックしてご参加くださいね



虎心不動のアンケートに参加する


posted by 正悟 at 01:19 | Comment(4) | TrackBack(0) | 2011 Tigers