虎心不動TOP

.com/txcou

2011年10月11日

能見の配球が西村の配球を超えた夜


1.jpg

CSサバイバルゲーム第1戦
巨人の先発は中5日の西村
そしてタイガースは中4日の能見

満身創痍の中4日の能見
この二人の立ち上がりは対照的だった

巨人、阪神の打線は共に、粘って良く見て投球内容を観察するような形
そこには当然球数のロスが生じる

エコ配球の天才城島だったらどうしただろうね

小宮山のリードは冴え渡っていた
能見はストレート主体で強気なピッチングをしていた
中4日、後先考えずの全力投球


もう俺達には後がない
CS出場がかかった巨人直接対決3連戦、第1戦の今日が重要な試合
絶対に負けられない試合


そんな意気込みが強く強く感じられた

阪神のベンチ構成は、先発投手陣を5枚に抑え、中継ぎ陣に投資している
序盤でゲームさえ作ってくれれば、何とかなる

セットアッパー陣は豊富で尚且つ、安定度が高まりつつある
能見は全力投球でゲームメイクをする事だけに集中出来るわけです

今日の能見はストレートでストライクを先行する
ストライク先行の合間に、スライダー、チェンジアップを織り交ぜ、緩急をつける

巨人打線は、能見の配球をじっくりと見て来たので、この段階ではなかなか手を出してくれない

球数を投げさせ、疲れた時に叩きたかったのだろうか?

今日の能見は、ストライク先行がしっかりと出来ていた

力強いピッチングでジャイアンツ打線を後手に回らせていた

何しろコントロールが冴え渡っていた

坂本の敬遠以外に四死球はなかった

これが一番大きかっただろう


1失点は西村のスクイズによる1点のみ
あれは冷静に見送ればファールだったかも知れないが、実に微妙な当たりでした
西村のスクイズを褒めるべきでしょうね

しかし、後続をしっかりと抑え、1失点で切り抜けた
これが大きかった



対する西村は変化球主体のピッチング
ストレートを抑え、変化球を散らして、的を絞らせない配球だった

見た目的には、西村の方がヒットを5回まで打たれていないので、見た目は完ぺき
西村有利に見えたが、実はそうでもなかった

球数を投げさせ、じっくりと見極められたのは、巨人ではなく、むしろ阪神ベンチの方だった
投げさせるだけ投げさせ、しっかりと分析が出来た

ストレートがストライクゾーンに入れてこない
ストライクゾーンに入れて来るのが、スライダーとフォークが殆ど


これは私でも4回の段階で確信出来た

2.jpg
西村は、ストレートがイマイチなはず
今日の西村はストレートではストライクカウントを稼いでこない
得意のシュートは捨てて狙い球から捨てよう
シュートに似ているストレートを打って詰まらない様に、ストレートも狙い球から外そう

今日はスライダーとフォークを狙い撃ちすれば西村は絶対に打ち崩せる


6回円陣を組んだ阪神ベンチ
シュートで詰まらせる対策を考え、ストレートを捨てて
ストライクカウントを取りに来るスライダーとフォークを狙って行こう

と全員で確認したはずです

円陣に参加しなかった能見は三振でアウトを取られた

ここからが狙い球を絞った打線である

平野はスライダーを狙い撃ちで初ヒット
柴田送りバントで2アウト2塁
鳥谷はフォークを狙い撃ちして右中間を抜き去るタイムリー2ベース
新井もフォークを狙い撃ちしてレフト前タイムリーヒット


前の回までノーヒットだった西村を一瞬で攻略してし、とっとと逆転してKOを果たした

能見は中4日とは思えぬ、頼もしいピッチングを続けた
これぞエースが背負う気迫の投球

6回2アウト2塁でバッター古城
持っている全ての球を投げている様だった
ストレート、チェンジアップ、フォーク
そして最後に投じたのは、ど真ん中のスライダー

恐らく中に入ってしまったスライダーだったと思うが、球種の選択が凄い
私はチェンジアップで詰まらせると読んでいた
そこに通常投げるスライダーよりも更に緩めに投げたスライダー

堀内さんがカーブと間違える程の緩いスライダーでした

古城は真ん中に来たスライダーにタイミングが合わず空振り三振
あの空振りはストレートをとチェンジアップの抱き合わせでヤマを張っていたと思う

してやったりの配球だった


さて、打線が繋がり、1−6でリードの8回
私は一つの疑問を感じた

7回、福原が巨人打線を0に抑えた後、8回に出て来たのが渡辺

この点差じゃ西村でいいんじゃないの?
この点差で勝ちパターンはちとダメだろう。。。

勝ちに行く気持ちは分かるが、継投偏りから来る酷使したらあかんでしょ?

そう思ったわけです

渡辺がピンチを招くと今度は榎田投入
連投連投のダブルリレー

確かにツボにはまれば巨人打線は怖いでしょう
でもね、ヤクルトの方がずっと怖いと思うんですよね


8回は西村で行った方が良かったんじゃないだろうか?と思うわけです


左対策には藤原も居ますし
勝ちに焦って手堅過ぎる采配を続けると、後が詰まっちゃう


馬鹿言うな!CSかかった直接対決!
ペナントはもう終わりなんだから
そんな正論振りかざすな!
今はもう勝つしかないんだから!

そう思われるファンの気持ちはよく分かります


でもね
2007年、2008年に、イケイケで中継ぎ陣酷使して
最後の最後に大失速して優勝を逃した

そんな大失速をタイガースファンである私達は見た記憶があると思います

昨年は藤川酷使で完全にぶっ潰してしまい、どうしようもなくなった


勢いあるうちに使い込んで、一番大事な最後の最後で
ヘトヘトになり、失点続きになったら、一時期の勢いはなんだったんだ?
って事になりますし、なったんですよね^^;


今日榎田は、ノーアウト満塁のピンチを結果的に2失点で抑える事が出来た
これは榎田の踏ん張りに大拍手です

しかし、私がここで思うのが
点差があるときは点差がある継投をやらなければならない

直接対決が一番重要で大事な試合だからってね
偏り過ぎる継投を続けると、同じ失敗を繰り返すかも知れない

その犠牲者が久保田であり去年の西村なんだと思う

この3連戦は、ここ一番の大試合
ヤクルト3タテ、横浜勝ち越しでここまで来たんだ
ここで勝たないと全く意味がない


そりゃ確かにそうですw
しかし、巨人3連戦後のヤクルト戦の方がもっと大事だと思うし、
横浜戦も広島戦だって同等に重要なんですよね
つまり、全部大事な試合なわけなんだから


直接対決だから絶対ここが一番重要って執着すると痛い目に合う

その事を岡田時代に我々虎ファンは学んでいるのだから
首脳陣はもっと分かっているはず

先発1枚削って5人で回して来た終盤戦
そこに中継ぎ陣に投資しているベンチなのだから
そこを今一度考えてもらいたいですね

福原、渡辺、榎田、球児

この4枚に偏る采配の気持ちは分かる
しかし、2007、2008の大失速を思い出して欲しい
そして球児の昨年の最後を思い出して欲しい
連戦連投で最後は疲れ果ててしまった
今年は確かに藤川温存を貫いた
ここで使いこなせるのは確かだ
しかし、連投にも限界があるという事を忘れないで欲しいです

今はこれでイケる
イケイケや!
ここはこのパターンに頼るしかないやろ?


その感覚で突っ走った挙句、大失速して優勝を逃したり
CSでボロボロで終わった経験を絶対に忘れてはならない


点差がある時は、西村や筒井、藤原を使うべきです
大スランプ明け?の久保田だって使いこなすべきです
小嶋が上がって来たらドンドン活用すべきです


でなきゃ、酷使バランスが偏ってしまい、13連戦後の残り7試合が本当に怖くなる

巨人戦、今日の様なワンサイドになりかけた試合は早々ない
今日は大事な初戦に勝ったからいい

確かにいい(*´д‘*)

でもね
首脳陣には後先考えて欲しいですね

しかし、能見は凄かった
そしてよく西村を落ち着いて攻略出来ました

明日はメッセVS東野ですね
メッセの立ち上がりが良ければ、大丈夫だと思います

13連戦7戦終えて、6勝1敗

スゴスギル!!
posted by 正悟 at 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011 Tigers