虎心不動TOP

.com/txcou

2011年10月17日

真弓監督退任後の阪神改革は何をすべきか?


1.jpg

巨人が中日を3タテし、ついに阪神はCSを逃した
その時点で、後任監督に焦点が定まっている

7日には、オーナーと真弓監督の間で、状況を確認し合っており、
最終的には自ら退任を申し出たと言う

つまり解任という現実の中に、退任と言う文字を選んだ形となった

阪神OB枠での後任監督でフロントは動いていると言う事

つまり、民主党政権の、大臣たらい回し現象を行うようだ
確かに血の総入れ替えをする事は非常に勇気の居る事だ

1シーズンは棒に振る覚悟が居るわけだから

落合監督が来たらどうなるだろうか?
梨田監督が来たらどうなるだろうか?

間違いなくチームカラーが変わるだろう

ただ、もし落合監督が来たとしたならば
外野のコンバートは相当変わると思う
肩の力があまりにも貧弱なチームカラーを変えなければ、失点を今以上に
防げないと考えるだろう

広い甲子園、左中間、右中間が異常に深い甲子園
足と肩を双方搭載している外野手なんて早々見つからない
そこに打撃力を求めるならば、相当至難の作業となるだろう
新庄以来スーパー外野手は阪神には居ない
それだけ難しい問題だと思う

では今日は後任監督が誰になるか?と言うよりも
改革すべき部分は何か?と言う記事にしようと思います



私は思う
監督の手腕は、コーチ陣の腕によって大きく左右されると

木戸ヘットコーチは何をしてたのだろうか?
岡チーフコーチと言う存在が、選手とコーチ陣の架け橋の役割をしていたと思う
ヒットを打てば、彼がベンチでねぎらいの言葉をかけているシーンを何度も見た
守備でナイスプレーをしたら、岡さんが声をかけに行っていた
こんなシーンが本当に多く見られた

そもそも、ヘットコーチが居て、チーフコーチが居てってシステムがメンドイと思った

どう見ても、真弓監督の後ろでドカっと腕組みをして監督をしている感じがしていた

まぁ私達が見えない所で、戦術や戦略を練って、提言は沢山していたはずだが
ぶっちゃけシーズン通して答えを出せていないのが現状

こんなヘットコーチはイランのですよ
全然監督の右腕になってなかったと思うのが私の考えです


真弓監督はFA補強選手を使い込まなくてはならない時期の政権下にあった
もちろんFAで新井、城島というスーパースターを獲得した
更に金本にもずいぶんお世話になった

しかし、その代わりを全く育てられなかったのが大きな課題だった

金本の代わりが、浅井と林、俊介で賄っていたが
この3人が統一球の大スランプだったんだからどうしようもなかった

柴田が上がってくれてなんとかなったのが現状

今年、若虎の成長が目に見て分かるようになった
今年一番期待された俊介が打撃不振と状況判断のミスでスランプに落ちた
これは痛かったですねぇ。。。。
何の為に、昨年起用され続けたんだ?って思いたくなる位、俊介のスランプは
本当にもったいないと思いました

その代わりと言っては何だが。。。。。柴田が強烈に成長した
彼が1軍へ上がってきた時、詰まった当たりが多く、1軍ではまだ使えない状況だと思ったが

さすが片岡打撃コーチ
しっかりとフォーム修正を教え込み、溜めの作ったフォームを確立させた


この溜めの出来るフォーム修正が確立された
何故?片岡コーチと断言できるのか?

平野と同じスイングを教えているからです
片岡打撃コーチは、昨年2割半ばの打率だった平野を一気に安打製造機へ確変させた

彼が平野へ教えたのは溜めの出来るスイング
当ててファールで粘る技術
そしてボールゾーンの球も手の届く範囲は半振りでファールで粘る
相手の引き出しを全て使い果たさせる程の嫌なバッターに成長させた
その結果、選球眼が向上した

たまにスローが出ますが、平野の目を見てください
最後まで球を凝視してます
溜めが出来て、選球眼がしっかりしている証拠なんです

そのスイングが柴田に身についたようです

気がつくとあれだけ苦手だった左投手に対しても落ち着いて対応が出来るようになった

まずファールで粘れる打者になった
1番平野、2番柴田
この二人が粘りを見せたら、相手バッテリーは相当嫌になる
何球投げさせられるだろうか


彼に盗塁技術を完璧に教え込んだとしたならば、相当嫌なバッターになるだろう

平野が盗塁を嫌う選手だけに、柴田には是非、トップを貼ってもらいたい

こんなに盗塁と犠打が下手糞なチームになったんだから、機動力をうまく使いこなせてない

赤星が居たときは、盗塁して犠打して1アウト3塁のシーンが本当に多かった

この機動力を失ったことが、真弓政権の大きな痛手だったと思う

盗塁の王者である赤星入閣させてもらいたいです



更に最後の最後で小宮山が頭角を現し始めた
これは藤井の疲労がチャンスとなって巡ってきたのだが、
狩野や岡崎などがマスクをかぶる落ち着かない時期に
彼はきっと配球を虎視眈々と頭に叩き込んでいたのだろう

その結果が現在に至ると思っている

城島が復帰したとしても、残り数年である
その後釜に小宮山と言う存在が居たならば、虎にとって大きな財産となる

彼はバッティングセンスも光り始めた


昨日実況者がいい事を言ってくれた

城島の離脱が本当に痛かった
藤井が代わりとしてリード面で答えを出してくれましたが
打の部分の痛手は余りにも大き過ぎた


この一言がある意味、今の状況の本音だったんだろうなと

藤井が活躍してた時期、ファンはこぞって藤井最高と叫んでいた
城島よりリードが旨い
城島より安定度が高い

それは怪我で無理をしている城島を指して言ってたのだから
その藤井が配球癖を読まれ、弱点をさらけ出した時
小宮山が出て来てくれた事が本当にうれしかった

その小宮山も1軍に昇格し、吉田バッテリーコーチに鍛えられた



では、私が一番改革しなければならない部分は何か?

それはファームである



何しろ、若虎の成長の影にファームありと言うべきなのだが、みんな
1軍に来て、実践を積んでではなく、1軍のコーチ陣に修正を加え
初めて活躍している

つまり、ファームの段階で1軍ではなかなか通用しない状態でる事実
これを一番の改革すべき部分であると思う


昨年、平田二軍監督がおやめになった
この事が、今年の2軍の成長に大きく影響したことは言うまでもない


強いファーム
それは実践力の高い技術を習得し、実践している証であることを念頭に置きたい
投打が噛み合っているからこそ、ファームでも強いと思うし
機動力、得点力があるからこそ、ファームでも強いと思うし
守備力、戦術面がしっかりしてるからファームでも強いと思う


それは岡田監督と平田監督が出来た大きな実績である

それが今年思いっきり足りていいなかった

これは本当に痛手だったと思います
1軍に響く程の痛手だったと思います

鶴が再度上がって活躍することはなかった
安藤を復活させることが出来なかった
コバヒロ、久保田を復活させることも出来なかった

しかし、投手陣の成長は全体的に良かったと思う

藤原、西村、筒井の復活は本当に大きかったと思う
また、小嶋が今年急成長した

しかし、先発陣を育てるラインには到底追いつける状態ではなかった

秋山のフォーム改造失敗
これは、彼自身の今後の選手生命にも大きく影響するかも知れない


確かにファームで先発育成を実践をし続けることは難しい
何しろ、若虎を幅広く育て上げる環境がファームなんだから
せいぜい7回を試すのが限界なのは事実
しかし、それを答えとして出して、1軍へ送り出すことが、ファームの一番の仕事
私はそう思っている

そういった意味で、最後の最後で小嶋のスタミナを上げて送り出したことが
唯一の救いだった様な気がする


小林、久保田の不調を復調させる事が現実的に出来なかったのも大きい
修正が下手糞な投手コーチなんてファームには要らない
とにかく走りこんで足腰を鍛え上げ、フォーム修正を徹底的に行う事
それが出来なかったということは、この両名が相当、重症であった事も理由として
あげられるだろう



そして打撃面
私はそっちの方が深刻だと思った



1軍で通用するバッティングを作り上げることが出来ていない
八木、高橋両打撃コーチが、統一球対策に全く対応出来なかった事は
物凄く大きい影響を与えたと思う


どうやって力みをなくして当てて行けるか?
それが統一球の「イロハのイ」なのである

柴田は1軍に来て実践を積み重ねていくうちに、メキメキと上達してきた

これ事態が問題なのだ
しっかりと1軍で即戦力になれる打撃陣を作れて居ない
だから鳥谷怪我の際、黒瀬の補強をして、結果的に無駄金を使ったのだから

まず打撃コーチ陣の場合はID野球をもっともっと取り入れるべきです

フォーム修正は1軍の和田、片岡コーチはズバ抜けて旨いんですが
力みを取る統一球のスイングを彼らが指導出来なかった
更に試合中に相手投手の攻略が余り出来ていなかった

いい投手にぶつかると猛虎が猫になる

それはどの球団でも一緒
だが、ここ一番で打てないのは何故だろうか?

チャンスで力んだ選手に怒ってただろうか?
それ以前に、ストライクカウントをこのコースにこの球種で来るから
それをしっかりと狙って打て
それまではファールで粘って我慢しろ

こんな指導は出来ていたのだろうか?

出来なかったから、ここ一番で打てなくて巻けた試合が多かった
だから4位なんです

口で言うほど簡単なことではないが、それをしなければいい投手
苦手投手に出くわした試合で後手に回って負けてしまう

もっともっと相手バッテリーを本気で苦しめる様なID野球を
打撃面で活用しなければ、統一球の勝ち方が出来ないと思っている

ファールで粘れる

カットボールやシュート回転気味の打たせられるボールをしっかりと
見極めてファールにする

その為には、打撃フォーム+ID野球
つまり配球のデーターが絶対不可欠だって事だと思います


リーグトップの打撃陣がリーグ最下位の打率の中日に大きく負け越して
優勝(ほぼ確定)をされてしまった理由はそこにあるんじゃないかな?


西武の中村のスイングを嫌になるほどVTRを見てただろうか?
腕の入りを若干早めにして腰でしっかりとスイングしている中村

その背景には絞り球がしっかりとしている確信があるはずです
ストレートと変化球を同時に視野に入れるだけでは駄目
更にカットボールにチェンジアップで詰まらせられてしまう事を
頭に叩き込んで打席に立たなければならない


それが出来なかった
だからここ一番で得点が出来ないし、チャンスで凡打が多かったと思う


この狙い球の攻略が今年の阪神は全く出来なかった


それは力みを取り除けなかったこと

そして配球をしっかりと試合中に分析して狙い球を明確にしなかったこと
ストレートを昨年同様待っていたんじゃ打てない
それが統一球です


これを心底理解して、試合中に実践出来なかったのは大きい

打撃面でのID導入は新内閣発足と同時に絶対に取り入れなければ
統一球2年目に勝てないと思う

どれだけ、カットボール、シュート系のボールに詰まらせられたか?
それを1シーズン途中で改善出来なかった事を球団全体で悔やんでほしい


打撃改革はファームと1軍共に行ってほしい

平田解雇がこれだけ今年の若虎育成に影響を大きく与えたことを
フロントは心底反省すべきである

解雇した元二軍監督に1年明けて1軍監督を依頼したとしたならば
それはそれでいいが。。。。。解雇した事を心から反省すべきだろう

デーブ大久保なら統一球に対応出来るだろうね
でも感情の起伏が激しすぎるから、助っ人とはぶつかっちゃうだろうね
あ?デーブ大久保は独り言なのでスルーしてくださいwww

それでは今日はこの辺でw
解散!
posted by 正悟 at 02:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011 Tigers