虎心不動TOP

.com/txcou

2011年10月24日

真弓監督が受けたバトン渡したバトン


1.jpg

今夜の試合で真弓監督は起用采配の仕事を終えた
今年は珍采配、珍起用が目立つ見栄えの悪いシーズンだった
今日で真弓監督はユニフォームを脱ぐ

岡田監督からバトンを受け取ったのは2009年
2.jpg

私は岡田辞任は非常に残念であり、悔しい思いを抱いた
投手陣、特に中継ぎ人を使い果たしての辞任
再建を真弓に丸投げ状態での辞任は、私個人にとっては怒りすら感じた

岡田監督が真弓監督に渡したバトンは3つ

一つ目が投手陣再建のバトンだった

2008年が終わった時点でもう投手陣は疲れきっていた
久保田、球児、ジェフ、このJFKもボロボロになっていた
岡田監督と久保コーチのタッグなら2年で投手陣を再建出来る
そう信じたのだが、彼が選んだ道は辞任

先発陣を過保護化した岡田タイガース
6回投げれば勝ち投手 JFKの存在
5回投げても勝ち投手 WJFKの存在

過保護化した先発投手陣に渇を入れるべき真弓ファーストシーズン

6回ピンチになっても動かない
なんとか凌いでも7回で打たれて負ける
そんな試合が度々見る状況が続いた

岡田タイガースに慣れたファンからは「交代が遅すぎる」と初っ端から
真弓批判が始まった

違うだろ?今までが異常だったんだ

そう思いながら、2009年の先発陣の成長を見守ったことをよく覚えている


岡田監督からの2つめのバトンは賓打線改善だった
岡田時代の打撃コーチは広沢氏が中心となっていたが、ピリッとしなかった
何しろ2割4分台の超貧打線だったんだ
いかに投手陣に頼っていたか?が分かる

真弓監督は打線の活性化を強化した
その結果は誰が見ても明白に見て取れた
FA取得で城島を獲得したことが大きかった
しかし、その裏で狩野の芽が途絶えたことは事実
3.jpg
ブラゼルのバッティング改造も成功し、アベレージヒッターへと変貌
流し打ちでホームランを打てる技巧派まで大成長を成し遂げ、ラミレスと
最後の最後までホームランキングを争う
最終的に負けてしまったが、本拠地の広さと浜風の差を考えるなら
素晴らしい記録だった

猛虎打線の復活は2010年に球団新記録のチーム打率で結果を出す


最後になる3つ目のバトン
これも阪神にとって大きな課題であった
それは若手育成と言う大きなお題目であった

FA獲得選手で溢れたスタメン主軸
この状況下、岡田監督も、もしかしたらやりたい事が出来なかったかも知れない

FA獲得主力選手でバッターは金本、新井、城島、更に助っ人でマートン、ブラゼル
5人もの選手が固定化されている
それからプラス投手で1枠が消える
更に固定化した生え抜き鳥谷の枠が当然埋まる
セカンドは、平野か?関本でほぼ固定化されている
ああ、もう一つしかないじゃん?
そんな状況下での若手育成は外野1枠しかなかったのが現状だった

真弓監督はなかなか打線で若手育成が出来なかったが、投手を中心に改革を行う
久保投手チーフコーチ、山口コーチ、更に二軍では中西、遠山、更に今年は藪コーチ
彼等と連携を取りながらしっかりと若手投手の育成が進められた

その結果
藤原、小嶋、筒井、秋山、榎田、西村、鶴など、次々と若手を育て上げる
更に福原の球威急速の完全復活も大きかっただろう
そして能見確変大エースにしたのも真弓監督時代である
その投手改革を行ったことは高く評価するべきだ

打撃陣も徐々に使い始めた
俊介は昨年から積極的に使いたかったが、金本の存在が大きすぎた為、交代要員
その俊介が今シーズン序盤から大スランプに陥ってしまい、長期離脱もあった
その為、俊介は守備、代走要因として使用され、金本の変わりはベテランである
浅井、林の大スランプを余りにも根気よく使い続けた為に
レフトポジションの起用法にファン、マスコミから大批判が繰り広げられた
その最中、上がってきたのが外野手柴田だった
柴田は、徐々に1軍でも頭角を現し始め、気がつけば、今年一番期待された
若虎筆頭の俊介以上の大成長を成し遂げた

上本、大和、森田も代打、代走から起用が始まり、
何とか来季に向けての若虎下地作りまで真弓監督は仕事をしたと思う
更に最後の最後で捕手小宮山の大成長も大きい財産となっただろう
城島がリハの間、来季も無理が出来ない状況かも知れない
その間、藤井一人ではなく、小宮山と言う存在が居るだけで全然違う

一番の収穫が小宮山の経験値向上だったのかも知れない

確かに真弓監督に優勝の文字は実現しなかった
CS勝利も出来なかった

珍采配、珍起用、ベテランに偏った起用など
批判をされるべきしてされた部分は多々あっただろう

しかし、岡田監督が残した課題をある程度克服し、和田へバトンを渡せる状況は作った
それはある意味、大きな仕事を成し遂げたという 過大評価を今夜位はしてもいいだろう

今日の最終戦、若手を楽しみながら起用する真弓監督がいた

消化試合、勝敗にこだわることは重要だが、それ以上に最後にやりたかった事を
示してくれた感じがした

まるで父親のような優しい笑顔でグランドを見守る真弓監督の顔が印象に残った
ベンチ全体がいい笑顔で見ていてこっちまで笑顔になれた
最後の最後に野球を楽しんでいる阪神ベンチを見れた


それがなにより


優勝は出来なかった、CSで勝利も出来なかった
変な起用采配も多々あった
選手間との間に亀裂まで作った、コーチ丸投げ起用采配
その無責任采配は私自身、今でも納得行かない
辞めるべき状況であった事は変わりない

でも ありがとう
来季に繋がる若手育成
今年半年だけで、これだけの打者と投手陣、捕手の若虎達を場慣れさせた
これは来季に向けての大きな財産をバトンとして渡すことになるだろう

tora-100228-03.jpg
岡田監督が残したお仕事のバトンをしっかりとクリーンアップして次の監督へのバトンを渡す

その件に関してだけは、本当に高く評価したい

ありがとうご苦労様でした


posted by 正悟 at 22:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 2011 Tigers

今のフロントでは平田待望論の声は届かない


3.jpg

そろそろ、後任監督について書こうかと。。。。。wwww

ネット上では平田前二軍監督の希望論が非常に高い割合を示しています
私は、その理由を沢山の方々に問いかけてみました

以下が多かった主な理由です

二軍での実績が素晴らしく、若手育成が優れている
ヘットコーチの実績もあるし経験豊富
熱き想いを選手と試合と審判にぶつけてくれる
星野イズムの継承者だから
守備をしっかりと鍛えなおしてくれると思うから


後任監督の候補が乏しいOBしか居ないのが阪神の実情

岡田さんは阪神フロントに怒って来季もオリ続行
木戸さんヘットでこけたし。。。。これは期待外れだった

普通ならここでOB選抜なら平田さんが手堅いんでしょうか?

しかし現実は
和田打撃コーチでほぼ確定の報道が現実味を現しましたね

私個人的には、安定監督の暗黒時代の到来を感じています


即効強くするなら、外部からの血を入れればいいだろうか?
私は来季は我慢のシーズンになると思っています

それは血の入れ替えをしようが、OBで後任を決めても同じ事
恐らくベンチが相当模様替えをすると思うので、指導法もシステムも
大幅に変わる

1年は我慢しなきゃしゃーない部分がある

それを1年で可能にしそうなのが、落合監督だったのですが
彼は打撃論が非常に高すぎて選手が着いていけないwww
今年統一球対策出来なかった事は、意外だった


落合さんが、シーズンを終えて阪神監督にOK出すなんて僕の中ではあり得ない
時間をかけてじっくりと話し合っても相当厳しいと思います
だって彼は現役時代お世話になったお礼の還元として監督業をしてる部分もある
そう感じています
でも巨人はやらんでしょうね

今のフロント体質なら落合氏は絶対に来る訳がない

梨田監督もある意味、対応のあやふやなフロントに愛想を尽かした感がある


その球団社長である南はんとオーナーである坂井はん
このキツネとタヌキのあやふやなで中途半端な発言行動性格の3点セット


これね、ファンですらイライラするんだからww
監督業をしている人々から見れば、もっと毛嫌いしますよwww

坂井さんが本当に梨田さんが必要と思っていたのならば
大避難覚悟を持ってでも梨田さんに近づくべきだった
それが出来なかった


口は災いの元
硬く口を閉ざしたかと思えば、情報がマスコミに垂れ流し状態

そらぁ日ハムさんはCSモードに入ってるんだから怒りますよw

日ハムから怒られてビビったんでしょうね
更に内部からのOB枠のこだわりの圧力
その双方に振り回されてのOB枠
しかも和田打撃コーチの選択

こんなフロントツートップだもん
優勝なんて取れないよ

では私は平田氏にこだわりを持たない私的意見を述べたいと思います

実績面でも申し分ない
岡田時代はヘットコーチとして君臨
更に2006年から2軍監督として好成績を残し続ける

んで私的意見


フロントが毛嫌いしてるんだから、しゃーないよ
諦めるしかないです

以上終わり!



星野さん退団後、平田は星野の大学の後輩だ!やれ星野信者だと
彼が星野氏に着いて行く事を判断したのだろうか?

いずれにせよ、星野さん退団時期に平田氏としっかりと話し合い
阪神へ彼の進退を明確に示さなかったのがいけなかったと思う

その結果、フロントと決裂して現在に至るのかも知れない

私はある意味、平田氏は被害者だと思っています
星野さんも中途半端な気の使いをしたんだろうなっと
連れて行くなら連れて行く
残すなら、しっかりと阪神さんに言うべきだったと思う
更に平田氏本人に「阪神頼んだぞ」と激励的な発言をしただろうか?
中途半端にOBの田淵さん連れて出て行ったと思います

いずれにせよ
彼の解雇は余りにも痛かった


しかし、1軍監督就任問題となると私的には別次元

とにかく統一球で苦しんだシーズン
ブラゼルはアベレージを維持するのが精一杯だった
来季どうなるか?分からない
マートンももしかしたら今夜が最後かも知れない

私は思うんです

来季に関しては、統一球の実情を一番分かる人が監督になるのも一つの選択肢
ストライクゾーンで苦しんだ現場の人選も絶対不可欠だと思っている
ただ、トータル野球と世代交代を絶対的に実行出来る人でなきゃ駄目



フロントは何とか真弓をあと1年引っ張って
その時期に後任監督をじっくりと検討したかったと思う

野村、星野の様な、あかるさまな引抜きを出来るだけ避けたかった


だってチキンだもん
他球団と意見交換が出来ないんだから
下の圧力に屈するんだから
しゃーないよね

1年辛抱しようと思った考えは確かに間違えではなかったかもしれないが
真弓珍采配と抗議しない性格により
フロントが想像していた以上に、監督首脳陣と選手間に深い亀裂が生じてしまった

9月中旬になってフロントが慌て出した

なにしてんねん?っとwwwww


和田氏は真弓派と言われ続けています

それが一番ファンが懸念している材料である事は間違いない

和田氏の金本依存発言の数々
これが何しろ一番真弓派と叩かれているきっかけとなった

でも冷静に考えて見ましょう
それが上からの圧力での仕方ない起用だったとしましょう
そう言われてます

真弓さんフロントと喧嘩出来なかったんだよね。。。。。
2.jpg
ただ、真弓さんが1年かけて示してくれましたよ

怪我を背負った金本はこれが限界値
肩はもう守備だけでなく、打撃面でもスタメンでは厳しい
治らなくするだけの無駄な強行出場である

上からの圧力に仕方なく起用、依存をしたならば
今シーズンの金本の結果を見れば明らか
この結果ではもう、フロントでも認めざる得ない

真弓監督は金本を使い続けて
これ偶然だと思うがww
結果的にwww
答えを出したと思います

金本よ!引退もしくは代打の神で居ろ!もう十分戦ったやろ?

それが真弓が残した置き土産

私はそう解釈しています


だったら最初から喧嘩しろよと言いたい
それが出来れば苦労しないか。。。。。

真弓氏が退任し、木戸ヘッドが辞任

和田打撃コーチに依存した球団関係者
打撃力のある野球は確かに見ていて面白い
でもね
水物なんだから@打線
いい投手にぶつかったら、手も足も出せなくなるのが野球 だから打線は水物って言うんだ
そんな水物に依存する猛虎打線にこだわっているから
今年統一球に力んでチャンスで負けたんだろ?

だから次は打の指導者和田さんで!
おいおい!球団幹部の方々さんww勘弁してくれよww

全く学習能力がない球団

今阪神に必要なのは、打撃よりもトータルベースボールなのだ

鉄壁な守備
機動力のある足
チャンスでタイムリーが打てる打線
安定感あふれる投手陣
中継ぎストッパー陣の安定度


このトータール野球をどこまで和田氏が出来るだろうか?
世代交代をしなければどうしようもないのが現状だろう

赤星入閣が実現すれば起動力は圧倒的に改善出来ると思う
足が速くて盗塁のスペシャリストが少ないのが現状なのだから

いずれにせよ、マスコミが騒ぎ立てただけの後任平田候補名

平田さんから言わせてみりゃ、いい迷惑だったかも知れない

だってフロントがあんなんだもんw
しゃーないよね

あとは発表を待つのみ

3.jpg
ちなみに金本打撃コーチ兼任案浮上にに渇!

片岡打撃コーチは絶対に必要な存在
金本が兼任になったらどうやろ?
片岡打撃コーチは相当ストレスたまると思う

選手兼打撃コーチ
金本に限ってはあかんて

そんなエサぶら下げること自体ナンセンス
代打の神様だけでええやん!!!


だから駄目なんだよ
今のフロントは。。。。。
posted by 正悟 at 12:26 | Comment(5) | TrackBack(0) | 2011 Tigers