虎心不動TOP

.com/txcou

2011年10月26日

ブラゼル残留ならば、本気でダイエットすべし!

1.jpg
さて、和田新体制が立ち上がる直前ですが、早速守備重視、若手育成のお題目から
大きくかけ離れた報道が出始めている

内野手のポジション争いが激しくなったのではなく
迷走極まりない状況下に陥る可能性が出てきた


村田FA宣言し、横浜を出る意向が強い為、球界では目玉となっている
ぶっちゃけ、阪神に内野手はもう要らない状態

今年の新井さんは18失策で巨人の坂本とタイでセリーグ1位
送球に難点があるので、こればかりはどうしょうもない

新井をファーストで打撃専念と言う考えが軸となっているらしいが。。。


そうなると、村田の存在に対し、興味を持つのが阪神球団の悪い癖
3.jpg


ちなみに私は村田は要る要らない以前に、絶対に来ないと思っている

彼は家族から離れない、関東での球団を視野に動いているはず
関西には来ないだろう
もし関東を離れるとしたら、故郷の福岡だと思う

先日ブラゼルを必要とし、来シーズンも契約を結ぶだろうと報道された
ブラッズファンにとってはこの上ない喜びの報道だが
あくまでもマスコミレベルの話
球団発表が出るまで全く分からない
1.jpg
ブラゼルはアメリカでサードを守っていた時期がある
外野もやってたそうですが。。。。彼の走力じゃ、金本以上の狙い撃ちされて
失点に繋がるので、和田監督が馬鹿じゃなければ、報道で言われている
ブラゼル外野コンバートは、絶対にあり得ない話である
ただ、やる気の姿勢として、ブラゼルが外野用のグラブも手に入れたってだけの事
そう思っている

新井をサードにするか?ファーストにするか?
ブラゼルをファーストにするか?サードにするか?


助っ人の立場であるブラゼルから言わせて見れば、この上なく迷惑な話である

まずブラゼルがサードを守るとしたら、絶対に必要なのがダイエットである
爆弾を抱えた膝、この爆弾は結構大きい爆弾であり、一度破裂すると
間違いなく長期離脱になるだろう
あの体格でサードを守れば、村田以上に三塁線を簡単に抜かれてしまう可能性が高い


ダイエットをして体を絞れば、ファースト、サードに関わりなく、彼にとって
足への負担が大きく軽減される事は言うまでもない

ブラゼルの守備には定評がある
恐らく、自主トレの段階から準備を整えておけば、開幕までにはサードをこなせると思う

しかし、私個人的には一番なのが、野原だろうね
ポジションは、本職が守備に就くに越したことないのだから

大和のサードはちと厳しかった
しかし、彼の守備センスが最低限の失策で抑える事が出来た
ショートとサードの守備は同じ内野でも全くの別物

一つの例題を上げてみよう
俊足の選手が内野ゴロを打った、ボテ気味の当たりだとしよう
ショートに慣れた大和は、あろう事か、待って捕球して送球した
タイミングは当然のごとくセーフだった
俊足打者の内野ゴロの場合、全力疾走で前に飛び出て素早く捕球し、
そのまま華麗にランニングスロー
これが3塁守備の基本であるし、俊足打者なら尚更である

ショートは基本的に、下半身を溜めてエイヤ!って投げるパターンが多い
その部分において、ショートとサードの守備感覚って全く別物


だからね
ブラッズが怪我して離脱した時点で、新井をファーストコンバートにした
ショートの大和を使うなら、手堅く野原上げて起用すればいいのにね

いずれにせよ、ダイエットして絞りきれば、新井さんよりもまともな守備が
出来る可能性は秘めていると思う
ただ、守備重視を考えるならば、野原は1軍ベンチに入れておくのが手堅いです

問題はサードに完全に慣れるまでに打撃が下降線を辿る可能性も大いにある事
ここはしっかりとベンチがケアしてあげなければならない

さぁどうする和田監督

今シーズンのブラッズと新井の比較をすれば、打点では圧倒的に新井
しかし、打率では2割8分2厘で新井は2割6分9厘
ホームランは1本差で新井さん
ブラッズの怪我がなければ、下手すりゃホームランは逆転していたかも知れない

ブラゼルは最後の13連戦でホームランおかわり、連夜のホームランと
絶好調をアピールしたが、統一球攻略には至らなかった
それは何故か?
大きいのを狙いだして、結局、力みまくってアベレージを下げまくった
恐らく片岡打撃コーチの修正がかかったのだろう
後日、アベレージタイプのバッティングに戻していた

ホームラン量産出来なかった阪神
その原因は広い甲子園だけじゃない
スイングに問題があるんだから

ブラゼルにとってもオフシーズンの大きな宿題なのだ
力みなくホームランを打てるスイングってなにさ?
溜めの出来て腰でスイングスルだけでは駄目
利き腕の入り方を気持ち早くしなければ、インパクトの瞬間に
力みが生じ、真芯を外して凡打するケースが多い

だから利き腕の入れ方のタイミングだと思う
横方向にハンマーで打ち抜くイメージの利き腕の入りですね

ブラゼルにそれが出来れば、低めも苦手じゃないんだから
中村レベルの本数打てると思うんですよね


新井、ブラゼル、鳥谷、城島、マートン
この5名の長距離打者が揃ったとしよう
これにアベレージヒッターの平野が入る

平野、鳥谷とマートンは走塁面でも全く問題ない

新井、ブラゼル、城島の3人はどうしても鈍足組になる

この6名以外は、若虎、守備職人(平野含む)でオーダー組んで欲しい位です

でもそれじゃ、殆ど今年と変わらない打線になる
打って勝てればそれでいいのだが、若手を伸ばしてもらいたいですね

上本を外野コンバートだってありでしょう?
彼は内野での肩は素晴らしい、外野でもそこそこいけると思う
金本の呪縛をきちんと解けば、1枠若手に注ぎ込めるのだから
その部分においても和田新監督に期待したいです

統一球元年で阪神は何を学び、何を修正すべきなのか?
簡単です

守備の強化とアベレージ重視、

タイムリー欠乏症の改善に今の3倍以上のID野球の重視と実践

そして盗塁で相手バッテリーをかき回す起動力


この3点が絶対不可欠であると思う
若虎の起用重要性を和田監督はしっかりと熟知している
期待しよう

ドラフトで
外野の伊藤を取るのか?
内野の高橋を取るのか?

それによってまた楽しみが増えてくる
明日のドラフト、阪神はどう出るか?
楽しみですね
posted by 正悟 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011 Tigers