虎心不動TOP

.com/txcou

2011年10月27日

動画で見る2011ドラフト阪神獲得全選手



2011ドラフト金本の後継者として1位指名した伊藤隼人
単独指名のため、クジもなくスムーズに交渉権獲得
まぁ、外野の世代交代は絶対急務であったので、よかったと思う


1.jpg
去年の沢村の様に単独指名で上手くすり抜けようとした巨人
今回菅野を単独で引っこ抜いたら3年連続の単独指名となる
巨人はドラフト上手だと思う

しかし、腹の底で面白くないと考えていた野球ファンは多かっただろう

今年の巨人はシナリオ通りに事を進める事が出来なかった
日ハムが菅野を指名した際に起きた大歓声が、野球ファンのワクワク感を
証明したと言ってもいいだろう

違反ではないが、ある意味暗黙の了解とされかけてた菅野の指名
この日ハムの掟破りのゲリラ指名は勇気ある決断だと思う

とどめがクジ運の強さだろう
ゲリラ指名&クジで勝ち取った菅野の交渉権
2.jpg
原監督は甥っ子の菅野の交渉権を失い、愕然とした表情
菅野も憮然とした表情だった

これがドラフトと言うドラマなのだ
絶対に取れる
そんなおごりが引き起こしたゲリラ指名&クジ
これがあるからドラフトは面白いのだろう


さて、今年も出来る限りの獲得選手の動画を集めてきた


1位 伊藤隼太(慶大)

彼は打撃のスペシャリストと言ってもいいでしょう
全日本で4番を任される程の打撃力を持っています
ホームランも打てる長距離打者でもあり、アベレージヒッターでもある
こんな選手、本当に欲しかったですね
一歩間違えれば、鳥谷以来の大物野手の獲得かも知れません
走力に関しては、比較するならマートンレベルと言ってもいいでしょう
守備力に関しては、レギュラー争いをしても支障はない感じで
ずば抜けて凄い守備力と肩って感じではないとの事ですが
どうなんでしょうか?




2位 歳内宏明(聖光学院)
福島が誇る甲子園球児です
私的には今回のドラフトの中で一番おいしい獲得だったと思う歳内投手
1位に指名されなかったのが幸いでしたし、2位でも競合しなかったのが更に幸い
ようこそ!阪神タイガースへって感じです

よく獲得出来ましたよ^^
今の段階でMAX145キロ出ます
更にツーシームを投げる技巧派である。急速以上に球威を感じるでしょうね
球威あるストレートに鋭く落ちるスプリット
スライダー、カーブを主体とた投球術を既に身につけている
阪神で大きく飛躍する選手でしょう
楽しみです
まずはプロの体をしっかりと作り上げて欲しいですね




3位 西田直斗(大阪桐蔭)
高校屈指のアベレージヒッターです
この選手もよく空きがあったなぁっと、、、、今年のドラフトは運がいいです
まずこの選手は、1塁手で左打ちの打者です。
大阪桐蔭って打撃指導が優れている高校で有名です
中田と比べても、長距離打法の技術も持ってますし、何しろアウトコースへの
落ち着いた選球眼が魅力的な選手です
タテに落ちる変化球にも落ち着いて対応できるらしいので、とにかく楽しみな
選手ですね
走力は中の上位で、守備力は無難にこなすタイプだそうです




4位 伊藤和雄(東京国際大)
投手部門ではこの伊藤選手が一番即戦力になれる可能性が高いです
MAX150キロの速球は球威あふれる素晴らしい球です
スライダー、チェンジアップ、スライダー、カーブ、そしてフォークを投げます
高めに浮いた所を、打たれるケースがあるようです
若干コントロールが乱れる時があるようです
全国大会、4試合21.2イニングでで四死球が15。。。
逆に奪三振は4試合21.2イニングで25も奪っている
コントロールに関しては、レベルの高い阪神投手コーチに
フォーム修正&基礎トレを積めば、改善は出来ると思います

まぁ、そこを改善すればかなりいい投手になるはずです^^




5位 松田遼馬(波佐見)
甲子園で横浜高校相手に怯まないストレートをインコースへズバンと決めたシーンは
凄かった
MAX148キロのストレートを持ち、ストレートは140を常に超える安定度
球威に関しても高校生レベルでは高い方、いや、トップクラスだろう
腰を深く沈め、低い大勢から全身を使って投げるフォーム
その為、クイックモーションになった時がどうなるか?
その点については私は分かっていない
スライダーとカーブのコントロールは素晴らしく、しっかりとコーナーを突いて
ストライクカウントを取れる感じがする
スライダーの速度が125キロ程度なので、もう少し速くなるといいですね
125キロ程度のフォークも決め球になる
低い姿勢から繰り出すフォームをプロコーチはどう受け止めるだろうか?
彼のフォームに注目して見守って行きたい



さて、ざっと動画と共に今年獲得した選手を並べてみたが
皆さんは今年のドラフトをどうご覧になり、どう感じられましたか?

まず監督不在のドラフトは説得力ないと思う
高木新監督は出てる
退任する梨田監督も現役監督として顔を出している
阪神は監督不在の状態でした
私は思う
和田新監督であれば、なんで28日に発表なんだ?
ドラフト前に発表をしてドラフトに顔を出すべきだろ?
そう思うんですけどね

ま、体制に関しては後日ね^^;
監督不在であっても、今年のドラフトはそこそこいい選手が取れたと思います

4位 伊藤和雄(東京国際大)はおいしいです^^

とりあえずお疲れ様でした^^

posted by 正悟 at 22:44 | Comment(3) | TrackBack(0) | 球界全般