虎心不動TOP

.com/txcou

2012年02月13日

ブラゼルVS城島の本当の効果



昨日の日本ハム練習試合
伊藤隼太は2安打ですね

まぁ相手投手が全然調子悪過ぎました

ボールが高めに集まってましたしww
いいストレートも何球かは出ていましたが。。。
カーブの緩急対策以外は、難易度があまりにも
低すぎたと思ってました

過大評価はとても出来ない状態ですが
0−2と追い込まれても焦りが少なかった
しっかりと変化球高めの緩めの球も
落ち着いて見送れた

いい選球眼してるなっと
良い貯めを作れているなっと

初っ端の実戦で結果を出せたことが一番かな?と

これは非常に面白い外野争いになります
金本のレフト交代要員だけのポジ争いの
レベルじゃなくなりましたね

センターの柴田のケツにも火がついてます

外野ポジション争いはめっちゃ面白くなりそうです
外野の選手層が乏しかった昨年だけに
彼の加入は本当に大きいですね


では、タイトルの記事に入りましょうか?^^

3.jpg

1塁守備練習や特打ちを見て皆さんは
どのように感じておられるでしょか?
複雑な思いを持って見守っておられるファンは
多いんじゃないかな?


ブラゼルVS城島 というタイトルがピッタリの
熾烈な特打ち柵越え合戦
守備練習でもお互いに切磋琢磨している


プロらしくていいじゃない


私は、この城島ファーストコンバートに関して
大賛成の一人です


でも、ファーストの主はあくまでもブラゼル
誰が何と言おうが、ブラゼルが主として考えている



まず、守備力に関して言えば
一目瞭然でして、ブラゼルのショートバウンドの処理能力
更に身長を活かした高めの送球への対応
更に牽制球の対応
ゴロやライナーの処理に繋がる、ポジション取り


その全てが、彼は一流選手である
ブラゼルはファースト守備のスペシャリストです
彼の守備力で新井と鳥谷はエラー数が激減している事は
言うまでもありません

ゴールデングラブの受賞
内野手はファーストの守備力によって
大きく左右されると言ってもいいんです

鳥谷の受賞の陰に、ブラゼルの存在があることを
ベンチ首脳陣はしっかりと理解している


城島がファーストにつけば、それなりにこなせるはず
キャッチャーって思ったより守備能力は高い
150キロの球をしゃがんで受け取ってるのだから
変化球の処理も鍛えられている


問題はファーストベースから足を離してはならない

これはファースト守備の基本中の基本であるが
その送球を処理する瞬間の踏ん張りって
めっちゃ重要なんです

完全に足が伸びきった状態でキャッチするときもあります
ベッタリ地面に足を伸ばして取る時も多々あります

ここ一番、紙一重の世界で、一流って発揮されますし
紙一重のプレーで大きく流れが変わります

この地味で分かりづらい所なのですが
ブラゼルに普通にこなせて、城島には課題となる
大きな差が、ファースト守備力に存在します



この差は本当に大きいですね


打撃面
これは互角と言ってもいいでしょうか?
私は、城島とブラゼルが絶好調同士であれば
ほぼ互角だと思います

ただ、長いシーズンをトータル的に見れば
城島の方が安定度は高いと見ています


城島は怪我の時以外、スランプが本当に短いんです

左投手と剛速球に強いのも城島です

ブラゼルも左投手、速球派は苦にしないタイプです
西武時代とは違って、彼は技巧派バッターに
大成長していますので、アベレージ精度が
非常に期待できるスラッガーです


そのブラゼルの欠点は、走力

足が遅いだけの視点ではなく
走って痛める可能性が高い爆弾を抱えていることです



実は城島にも言える事なのですが
体重などを考えると、ブラゼルの方が怖いです
二塁打の当たりをシングルヒット

この様な走力では、ぶっちゃけ次の打者は
やってらんない所もあります
その原因が、体重と爆弾であることは言うまでもない

長いシーズンを考えるならば
要所要所で二人を使いこなす
長いスランプの予兆や膝の危険度、更に疲労などを察知
時に、交代要員が城島。。。


同等の最強スラッガーが一つの守備位置の交代で居るとしよう


更に二人は左右逆の打者である


お互いに左を苦にしない
更にアベレージ精度も高く、ホームラン打者



超一流の選手が二枚看板でファーストに居ると
相手球団はどう思うだろうか?

相手投手バッテリー、ベンチとしては
相当厄介なファーストになることは間違いない

一歩間違えれば、継投も崩す

予告先発がセリーグで実行されたならば
尚更効果絶大となる


これが和田監督の本当の狙い目である


だから結果的にブラゼルVS城島でなく


ブラゼル&城島が正解だと私は考えています

二人がフルイニング出られるのが一番の理想だが
いいんじゃない?
今は城島キャッチャー無理な時期だし
無理させないことが一番だし


捕手面で若手にチャンスも増えるんだから


城島が捕手に返り咲いたときにバトルすりゃいい


一つだけ言えることは
城島コンバートにより、関本、森田の二人の
チャンスの芽が減ったのは事実

だが、ここはプロの世界
実力でもぎ取る これが全ての世界である
これ位の選手層でなきゃ、巨人には勝ち越せない

ただ、キャッチャー城島
それが一番私は見たい
彼の強権、リードをもう一度見たい

その間、藤井VS若虎捕手(特に小宮山)に
頑張って争って防御率に貢献してもらいたい

そうでしょ?沖縄遠征中のママさんwww^^


それでは今日はこの辺で

解散!!

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとランキング投票のご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ 

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
スマホ対応重視してるもんでwスンマソン^^;
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名ですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 11:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers