虎心不動TOP

.com/txcou

2012年03月09日

和田監督がブレまくる起用法




ここ数日、城島ファーストコンバートについて
メールが沢山来ている
アンチ城島が多いのはいつもの事ですがwww

城島のせいで、金本、ブラゼルがいい迷惑を蒙っている

こんな内容が圧倒的に多かったですね

ブラゼルレフトに疑問を抱く方々からの
メールも多く来ています

私はメールで返信している内容は

城島を責めたり、ブラゼルレフト不安視をするのであれば
責めるべき所は、選手でなくフロント首脳陣ではないか?

フロント首脳陣達が、中途半端な気持ちでいるから
選手達のやる気が先走っているんじゃないだろうか?
選手達を責める意見は間違ってると思う

せめてオープン戦までは静観してみてはいかがでしょうか?


とぶっきらぼうなレスをしているwww


城島もブラゼルも金本もプロ選手

こんな状況下だからこそ
ポジションを本気で奪い取る覚悟で動く
城島もブラゼルもプロ選手として当たり前のことを
しているだけの事

活躍しなければ手取りが減るのだから
本気でポジション強奪を行うことは
プロとして当然だと思う


そう考えている


ある意味活性化と勘違いしがちな
和田阪神へのプラス的な報道
しかし、現実は違う


トータルバランス(機動力と守備力)を重視するか?
ダイナマイト打線の厚みを重視するか?



この選択権を迫られていると考える



和田監督が起用面でブレちゃってるだけなんだよね
お試しとかじゃなくてね
断固たる決断が出来ないんじゃないかな?


FAで大金叩いて獲得した選手が主力を占めるとね
こうなるんだよ


使いこなさなきゃ意味がない
FA主力オールスターズだから

気持ちはわかるけど
こんなんじゃ前監督以上の優柔不断さを露呈しているだけ
そう思うのは私だけだろうか?


FA主力オールスターズ
ダイナマイト打線重視への偏り

これは長嶋ジャイアンツ
堀内ジャイアンツで大失態したのを見た

特に堀内さんはやりたいことが全くできなかったと思う
結果的にダメ監督のレッテルを貼られてしまった
堀内さんは悔しい思いで退任されたと思います

和田さんが同じ道を歩くかも知れない
そんな気がしてならない


打線の厚みを重視するか?
トータルバランスを重視するか?


今の猛虎ファンはどっちを求めているだろうか?

これも真っ二つに割れていると思います



打線の厚み重視
ブラゼルレフトええやん
頑張ってるんやし、ヤル気あるんやし
ええやん
とにかく打線の厚みが出て面白い
巨人投手陣を完璧に打ち崩してほしい
ブラゼルレフト頑張ってほしい


ブラゼルレフトは鳥谷とバッテリーにとって
たまったもんじゃない
彼の体重と走力を考えたら
まだ金本の方がマシ。。。。いやどっちもどっちだ
守備力に安定感がある若虎使った方がいいんじゃないの?
守備力と機動力を削ってまですることじゃないと思う



大雑把に分けてこの二種類に分かれていると思います


私はブラゼルも金本も城島も大好きです

特にブラゼルのファースト守備の精度の高さは
高く評価しているファンの一人です


城島がファーストコンバートに本格的に動き、
ブラゼルは併用もしくは外野コンバートと言う
選択権を与えられたのだが、ここ数日
本気でレフトブラゼルが実現化に向けて動いている

打線の厚みを考えるならば
非常に強力打線である

城島とブラゼルが共に好調維持の状態で試合に出れば
セリーグ屈指の強力スラッガーが二人並ぶ形となる
2010年以来の二年ぶりの事になる
去年城島は怪我で大スランプから離脱だったからね


今年の巨人投手陣はかなりいい
ってかヤバイメンツです

生え抜き重視と言ってたが、
優勝出来ないとFA&大金叩いて大補強
ま〜たあんなに金注ぎ込んでFA&補強主体に走り出した
繰り返すんだよねww巨人と阪神は


FAは優勝できなかった時の応急処置じゃねぇっつーの!


東京ドームで熱いゲームを繰り広げるには
確かに打線の厚みも必要となるだろう


以前、私は城島とブラゼルはファーストで併用すべき
そう記事に書きました


それは外野守備の重要性を強調した記事であり
今でもその考えは変わっていない

レフトブラゼルは間違いなく失敗に繋がるだろう
膝の爆弾の破裂の起爆剤となるのは間違いないし
何しろ彼の巨体を考えるならば
走力による守備範囲は目に見えている

なにしろブラゼルの膝が心配になる
怪我で離脱だって想定できる

あんなにいいファースト選手を外野コンバートして
怪我させて来年イランなんてやったら
俺はたまんないねww




ブラゼルのレフト
無難にこなしている 報道と首脳陣は口を揃える


それはオープン戦と言うテーブル上だから出来る事
これがペナントとなればどうなるだろうか?
右打者は大喜びで引っ張り出すことは間違いない
当然配球だって責められなくなる
右打者に対してアウトローに集中しなきゃならん時が
絶対に来ます

つまり配球選択権が大幅に狭まるって事

広い甲子園でのブラゼルの守備
どうだろうね。。。。俊足がランナーに居ると怖いね


そうなると鳥谷はたまったもんじゃない
深い位置でレフトが守り、浅めのレフトフライが上がれば
間違いなく鳥谷は本気の走りでフライを追い、
ショフト鳥谷が再現されてしまう

レフト金本以上の負担が想定される
それは鳥谷に限らず、センターにも同様の事だと思う


単年契約でMLBも視野に入れている鳥谷の心を察するなら
ショフトは絶対にさせてはならん
そうフロントも首脳陣も考えるのが普通だと思うのだが。。。


確かに打撃重視はスペクタクルで見応えも多く見れる
しかし、投手陣とショートにとってはどうだろうか?


これだけははっきりと言えること
首脳陣はブレている
大事な何かを失ってブレている

私個人的には
城島とブラゼルをファーストに貼り付けてでも併用する
非常に打線的にもったいないが
トータルバランスを考えるならばそれしかないと考えている


ブラゼルの膝、若虎のチャンス

それを無視してまで打線の厚みに偏ってはならないと思っている


機動力と守備力を削れば
それなりの代償が返ってくる
これが長いペナントだと思っています



投手陣と来季海外を視野に入れているショート鳥谷の
心情をもっともっと考えて欲しい
バッテリーが責められる配球環境を与えて欲しい
若虎と金本の壮絶なレフトポジ争いを展開して欲しい


首脳陣の考えがオープン戦の間にしっかりと
固まればそれでいいと思う

城島が悪いわけじゃない
だからと言って、ブラゼルが気の毒な訳でもない

首脳陣の判断決断力が重要
悩むのではなく、決断する
オープン戦の間に決断すればそれでいい

これはポジション争いの活性化じゃない
首脳陣の迷いが引き起こしている
選手のやる気が先走りしているだけ


それをコントロールするのが、首脳陣達の仕事じゃないのかな?


それが私の本心です

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年03月08日

ザラテと小嶋の課題はコントロールと肝っ玉


阪神投手陣は全体的には悪くない
小嶋はコントロールが相変わらずですがw
球は走ってます

今年安藤が復活できそうな感じです
彼の復活劇が実現すれば
阪神投手陣はかなり安定度が増します
チェンジアップ習得で崩れたフォーム
苦労に苦労を重ねての復活
本人が一番うれしいでしょうね^^

1.jpg
コバヒロは前回の反省点を修正して来た
しっかりとフォーム修正を行い、
低めにコントロールを集めていた
しっかりと走り込んでいたから
フォーム修正も昨年の様に
手も付けられない状態ではない
今年のコバヒロはいいと思いますが
変化球のキレがもう少しかな。。。。

あとは本チャンである開幕に向けて
どこまでストレートの球威が上がるか?
決め球のフォークのキレが研ぎ澄まされるか?


だと思います

今年のコバヒロは先発組に居ますが
最終的には中継ぎに来ると感じています
それ位いい仕上がりを見せてくれるはずですし
それだけ先発陣が充実してくれると思います

コバヒロはロッテでは抑えをやった事が印象強い
ですが、実は先発専門でした
ロッテの台所事情の都合上で抑えを経験した
それだけの事です

必ず彼の経験を必要とする時が来ます
中継ぎ陣のエース級として存在する時が今シーズン中に
必ず来ますから



阪神には来季絶対的守護神である
球児がMLBへ行く可能性が高い

残留を心から願っているのだが

彼自身、己の投球がどこまでMLBで通用するか?
アメリカンドリームを抱いていることは確かです

もし、球児が来季タイガースに居なかったら。。。。
誰が抑えを務めるのだろうか?


抑えに一番必要なのが

肝っ玉っすね

もう一つが立ち上がりの安定度です



この2点が備わっていないと
まずクローザーなんて務まりません

今のメンツだと球児の代わりなど無理な話

ストレートとフォークだけで勝負できるのだから

全盛期の江川、大魔神佐々木を彷彿させるような
絶対的存在である球児


彼が居なくなったとしたなら
僅差の最終回
安心して見られるだろうか?
一番頼りになるのは久保田?小林?

調子が良ければ久保田、小林に任せるしかない
しかし安定度の部分に関しては久保田は???
コバヒロはイケると思いますが
球威がどこまで復活できてるか?だと思います


私は最悪能見しか居ないと思っています

なんで能見?先発1枚減るジャン?
バッカジャネーノ?
って思われてる方も多いでしょうw


でもね、クローザーだけで焦点を定めてみると
肝っ玉が据わって勝負強い
立ち上がりに安定度がある投手
ランナーを背負っても動じない

能見しかいないと思ってます

でも現実的に能見をクローザーに転向なんてあり得ない
ただ、球児の居ない緊急事態になった場合
彼が一番安定度の高い結果を残せるだろうって話なだけww

能力の話であって、起用の話をしてるわけじゃないよwww

だからこそ
小嶋にはドンドン経験を積んで
飛躍して欲しいシーズンです


絶対的守護神という存在は
各球団絶対的に確立させなければ
長いシーズン戦い抜いていけない

そんな意味で
真弓、和田両監督は
後ろがしっかりしている投手陣を
抱えた状態での就任だったので
かなり楽な部分もあったと思う

メス入れなくてもいいんだからw
楽っしょwww



最近私の所にこんなメールが良く来る

ザラテ凄くいいから記事にしてくれ
球児の次の抑えはザラテが最有力じゃないか?
だから記事にしてくれ


うん
記事にしてみようと思う
2.jpg
ロバートザラテ
外国人枠を考えるならば
なかなかチャンスが巡ってこない状況には
変わりがない

マートン、ブラゼル、メッセ、スタン

これだけの安定度の高い助っ人を揃えているのだから

なかなかチャンスが巡ってこないのは事実だが
長いシーズン何らかの形でチャンスが巡って来る


球児と比較すること自体おかしな話なのだが
彼の球威あるストレートは確かに魅力的だ

ザラテには小嶋に足りない球威があるのだから


んで
彼が何故?
昨年ファームでもイマイチだったのか?

理由は3点


1.決め球がまだ確立されていない
チャンジアップ、スライダーが定評だが
決め球となるもう一種がどうしても欲しい

速球派にはフォークがいいとよく言われる
私的には、ザラテにはフォークはイランと思っている

私はコントロールさえ良ければ
スローカーブで十分だと思っている


緩急をつけて速球派ななんぼだから
更に速球を活かすボールは緩急をつける変化球
チェンジアップ以上に緩急があれば更にいいと思う


スローカーブを完璧にマスターすれば
もっと面白い投手になると思う
まぁカーブはコントロールが良くてなんぼの球種だからw
どうなんだろうねw


2.コントロール精度の向上
カーブで出ましたが。。。。ザラテのコントロール
ぶっちゃけ高めに集まる時が多いんです

多分ね
フォームが崩れやすいタイプなんだと思う
球威があってもコントロールがイマイチであれば
剛速球も絵に描いた餅になってしまう
ってか、なってると思う

低め低めに丁寧に投げることが重要だと
教科書の様に言われているが。。。。

あそこまでの球威を持ち備えているのであれば
高めのボール球で吊るのも一つの配球だと思っている

矢野が捕手だったら、中腰になって構える時が
多いかも知れないですね

つまり低めにこだわる必要はない程
スバラC球威を持っている投手だってことです

ただ、ストライクが取れなければ商売にならん
それがプロの投手だと思う

低めだけとは言わない
コーナーを突けるストレートのコントロール精度が
彼に求められる所ではないだろうか?

低めにいいストレートが投げられなければ
いい配球を作成することが難しい
これだけは確かです
フォームが崩れやすい投手だと思うので
各投手コーチは彼のフォームに相当
気を張って見守っているのではないだろうか?


3.クイックモーションがあまりにもダメ
ん〜これは言うまでもありませんねww
彼はランナーが出るとクイックが下手なので
どうしてもボールが高めに行ってしまう

四球でランナーを出して
ヒットでチャンスを与えてしまう
こんなパターンが多く見られた

クイックが下手と言うことは
牽制もあまり上手くないはず

ランナーを1塁に串刺し状態に出来ないのが現状
ランナーを背負った時にどこまで落ち着いて
平常心でマウンドで仕事を出来るかがプロの世界

クイックになると球威がガタ落ち
コントロール精度もガタ落ちとなれば
ランナーを出したらダメな投手


調子が悪いクルーン状態となってしまう
こんなクイックではお話にならない
昨年から徹底的に修正をかけているので
昨年よりはずっとクイックもうまくなっているでしょうが
まだまだこれから経験を積んで実戦で試す必要性がある状況

つまり、ファームで実績を積みながら修正する段階
だと感じています


私個人的には、ザラテはまだ1軍レベルの投手ではないと思う
コントロール精度とクイック精度の向上
更にストレートを最大限に引き出せる為の
もう一つの緩急をつけた変化球の確率

凄くいいストレートを持っているのは確かなのだから
私個人的にも期待しています


球が早ければ勝てる程、日本プロ野球界は甘くない
それはザラテ本人が昨年を通じて痛感したはずです
小嶋とザラテは似たような存在かも知れない
3.jpg
肝っ玉と決め球とコントロール精度の向上
これが確立されれば、球児の居ない
クローザーを任せられる様になると思っています

今年一年、この二人の大成長を必要としています
ガンガン経験値を上げて、場慣れして欲しいです

小嶋とザラテ
この二人の左腕が阪神投手陣の要となる日は
そう遠くない

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2012 Tigers

2012年03月02日

藤川新球種宣言? ナックル取得と伊藤隼太




球児がナックルを取得した模様
ってかこれはあくまでもネット上の報道

だから
ナックルを取得した仮定としての記事にします

ナックルってのは非常に面白い球種です
握りの画像を変化球.com様からお借りしました

1.jpg

凄い握りでしょ?www握るってこの事よねwww


回転させない様に投げるのがナックルボール
つまり、縫い目が風に直接当たるわけ
回転しないから縫い目が風にダイレクトに当たると
揺れながら不規則な変化をする
球速は異常に遅く100キロ前後と言われています
ゆっくりとブレながら不規則に変化する
絞ろうにも絞りきれない球種


それがナックルっす

まさに魔球です

しかし、キャッチャーからすれば
こんな迷惑なボールはありません
どこに来るか分からない魔球なんだからww

小宮山に取れるだろうか?wwww

このナックルの投げる大きなポイントは
弾く様に投げる事です


これが上手くできなかったらどうなるか?

超スローボールになりホームランボール以前の
危険球になるって事です



藤川は何故?ナックルを取りいれたのだろうか?


私は彼のホップアップの投げ方に着目しました

ナックルの様に弾く投げ方ではないですが、
彼の投げるホップアップストレートは
指で押し込むように「それイケ!」って
押し出すように投げるとインタビューで答えています



だから若干ナックルの弾く投げ方に近いかもって
感じちゃったわけです

試しで投げて手応え感じたから取得に走った

メジャーへ向けて新球種開発
そんな所かもしれませんね



では新球種を導入して怖いのが何か?


新球種取得は、一歩間違えると
大スランプと背中合わせの大博打です


安藤、久保田はチェンジアップを取り入れて
完全にコントロールが悪くなり
球威も落ち、とてもエース、中継ぎエースの
全盛期より悪くなりました

安藤は2軍にベッタリ
久保田は完全に不安定な内容

更にメジャーに行く前年度
当時巨人の上原はシュートを取得したが
完全にコントロール、球威共にガタ落ち
別人の様に陥ってしまい
カモにしていたタイガースから勝ち星を奪うこと
が出来ないほど別人化した

新球種を覚えるとどうしても新球種を投げやすく
する為に微妙にフォームが崩れてしまうケースも
背中合わせに居ます

一度根本からフォームを新球にズラすと
想像以上に取り返しがつかなくなる
ケースが多くあります


それは新球種取得に時間を費やし
取得に苦労したケースに多くみられるそうです
新球種取得に偏った練習をすると
元来のフォームからドンドン離れてしまい
完全にフォームが崩れてし重症に繋がる場合が
多々あると元プロ野球投手から聞きました

リリースポイント
足腰の位置から開き
重心からバランス


その全てが微妙に崩れてしまい
最終的に大スランプ投手になり
最悪の場合、引退まで追い込まれるケースも
あったそうです

球児がナックルを選択した理由が
ホップアップの投法に近いものを感じたから
であれば
恐らく無難にこなしてくれると思います

ここは見守って行くしかないですからwww
オープン戦でどうなるか?
楽しみですが心配でもあります


**************************************************

2.jpg
打撃陣では

伊藤隼太

今、彼は苦しんでいます

ティーバックに改造しただけで散々の内容
二軍行きか?とも報道されています

私はね、伊藤に関しては、本格的に改造するならば
秋季じゃないとダメだと思ってます

プロ入りしていきなりではね

球威球速の違いにぶつかって首をかしげている時に
ティーバックに移行

まずは自分のフォームで1シーズン戦わせて
プロの球を肌で感じる所からスタートしても
良かったんじゃないかな?って思うわけです

では急げで改造に取り組み

結果的に絶不調を呼んでしまい
ティーバッティングの段階で詰まらせている
下手すりゃ重症に繋がるかも知れません

休日返上で連日猛スイングの日々のルーキー
もがき苦しんで頑張っているわけです

オープン戦の間にどこまで崩れた重心やフォームを
戻しながら、ティーバックを確立できるか?

ルーキーにはちと酷なのかも知れませんね
でもね、始めちゃった以上ね
もう後戻りはできない所まで来てるのだから
後は本人がコーチと二人三脚で頑張るしかない

ファンに過ぎない私は祈りながら応援するしかない

頑張れ伊藤隼太

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとランキング投票のご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ 

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
スマホ対応重視してるもんでwスンマソン^^;
大変申し訳ないですが、調整願います^^;


当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名ですw


正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012 Tigers

2012年03月01日

藤井離脱で小宮山はどう思う?



城島離脱シーズンと言われている2012年
正捕手は藤井が固定化される見通しが強かった

その藤井が脇腹に違和感を持ち
ついに痛めた
診断結果は左腹斜筋筋挫傷

1.jpg

藤井は完治未定という事態と報道されたが
1カ月すれば大体完治に近づくのではないだろうか?
ただ、年齢的な事も考慮しなければならない

無理は禁物だ

それは首脳陣、球団全体が昨年の城島で痛感しているはず

これはタイガースにとっては大きな痛手となる


しかし私は逆にチャンスとも考えている


小宮山にとってはこれ以上にないチャンスなのだから


捕手って一番固定化したいポジション
若手が正捕手の座を奪うには、首脳陣ファン、マスコミが
頷ける程の実力者か?

もしくは、正捕手の怪我か引退という
大きなきっかけがなければチャンスが巡って来ない

それが捕手の若手の辛い所


更に捕手はID野球の核となる存在
相当の経験値を必要とする


1シーズンは経験を積ませる為に先行投資
それ位の覚悟で起用するのが捕手

その先行投資覚悟の起用が不可欠となる



阪神の正捕手は城島
これが既定路線には変わりがないが
ぶっちゃけ様子を見守っているのが現状


城島の年齢や打撃センスを考えるならば
ファーストで引退まで起用する覚悟も
首脳陣、球団幹部の中にあるのかも知れない

城島本人もギリギリの選択の渦中
悩み苦しみながら練習に励んでいると思う


その正捕手の代役というレッテルを貼られていた藤井

しかし阪神ファンの殆どが彼の存在を認めている
彼は城島の代役ではなく藤井であるって事を



彼のリードはベテランの味丸出しの素晴らしい内容だった

インアウト、ハイローに散らして散らして
絞り玉を惑わす教科書通りの配球術
ノムさん古田が気に入るタイプですwwww


しかし彼はノムさんの指揮下では正捕手を取れなかった


藤井の欠点は打撃安定度
そしてコンディションが悪い投手への配球術


この二つが藤井の課題でもあったが、阪神投手陣のスキルの高さに
彼の才能はある意味開花されたと思う

しかし、スタンの不調時、久保田、コバヒロの不調時を
上手にコントロール出来たか?と聞けば
微妙だねと答えてしまうwwwwww


阪神はフォークを決め球に使う投手が多い
そのフォークを後ろにそらさずキャッチする確率が高い
更に体で受け止めてでも後ろに逸らさない

この技術は日本球界を離れていた城島よりも
藤井の方が遥かに勝っていた

彼の存在のおかげで、岩田、能見、久保、久保田、藤川
更に福原、スタン、メッセなど、思い切って腕を振って
決め球であるフォークを投げられる状況になった


彼のFA獲得はとてつもなく大きいものだった

その藤井も城島と同期で35歳
1シーズン通してのプレーはキツイのかも知れない
打撃面での低迷が非常に目立った昨年
疲労面を考慮し、マスクを多くかぶったのが

言うまでもなく小宮山なのだ

狩野でもない、岡崎でもない、清水でもない


39の継承者 小宮山しかいないのだから


藤井、城島ファンには大変申し訳ないのだが
小宮山にとってはこれ以上にないアピールチャンスなのだから

絶対に勝ち取る位の本気モード全開で戦ってほしい

彼は藤井以上の打撃センスはあると思うし足も遅くない
強肩に関しては、藤井や城島ほどの確実性はないが
決して弱くない
むしろ強肩タイプだと思っている
藤村を徹底的に刺して欲しいし、1塁に釘付けにしてほしい


リード面に関しては、岩田なら間違いなく小宮山だろう


しかし、それ以外の相性の壁をどうやって乗り越えられるか?

それは本人のIDの積み込み加減と経験値になると思う

年上の投手が多いのだから
首を振られてなんぼの部分もある
そこで何を感じ、何を学ぶか?

その少しは昨年後半に経験していると思う

昨年藤川に二度怒られている


「食事は投手陣とせんかい!
 練習以外でも投手陣ともっと接しなあかんやろ?

 同年代の野手達とつるんでばっかりおるやんか?
 一番大事な投手陣とのコミュニケーションはどないやねん?

 そんな所からしっかりコミュニケーションとらんかい!」



小宮山にとって本当にありがたいお説教であったと思うww


小宮山のチャンス起用はある意味、
真弓監督の最後の置き土産


開幕マスクは藤井が濃厚
だからこそ、今やれる事を全力で頑張ってほしい

本気で野心むき出しで
でなきゃスタメンマスクなんて奪い取れない

今年は1軍に城島が居る
目の前にスーパーアドバイザーが居るのだから
なんでも相談すべきだと思うし相談すべきだ

インコースの危険度は城島が一番熟知しているのだから

城島も藤井も容赦せず実力を見せつける時が来る
今のうちに精進すればいいじゃん?


*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとランキング投票のご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ 


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
スマホ対応重視してるもんでwスンマソン^^;
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名ですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 20:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers