虎心不動TOP

.com/txcou

2012年03月27日

ブラゼルはホームラン量産出来るのか?


ブラゼルファンの方からこんなメールを頂いた

ブラゼルは安打タイプになってホームランバッター
ではなくなったのでしょうか?
オープン戦を見る限り、今年も20本行かないのではないか?
心配している


ごもっともなメールを頂いたので今回は
じっくりとブラゼルの記事にしようと思いました
今夜も長文の記事になりますが是非お付き合いください


ブラゼルはホームランガンガン系の選手
そう思えたのはちょうど一年前までのお話

しかし、阪神に移籍して以来、彼は技巧派バッターになった


彼の打撃センスの高さはチームトップレベルである


元々は、引っ張り専門の超パワーヒッターだった

西武時代に大スランプを味わい、解雇迄経験している
ブラゼルシフトが構成されるほどの引っ張り野郎だった

真ん中からインサイドへ来たストレートはブラゼルの
最も得意とするホームランゾーン


日本球界のID野球は世界屈指の高レベル

インコースを有効化する為にアウトコースで吊り
高めのストレートで吊り
インコースへ緩急をつけた変化球を投げる
もしくはインコースボールゾーンへ球威あるストレート

2ストライクになると焦りだす癖がブラゼルにはあった

2ストライクで焦りを感じるスラッガー
引っ張り専門の選手であればどうなるか?

インコースを詰まらせればいい

2ストライクに追い込めば
ブラゼルシフトで十分内野ゴロで抑えられる

下の図を見ていただきたい
西武時代、各球団が多用したブラゼルシフトである
1.jpg

流し打ちされてもブラゼル自体の足は遅いので
シングルヒットで済むと言うシフト
王シフトも有名であるが、ブラゼルも王と
同じようにシフトを組まれ、屈辱を受けている


当時のブラゼルはアウトコースへの対応が上手くない
配球の上手さによって

得意なはずのインコースへが対応出来なくなった

これが日本ID野球から叩き付けれらた洗礼だった


エゲツナイインコース攻めも沢山食らった
インコースへの攻めにイライラを隠せなくなった

シーズン終盤、頭部への死球により
吐き気、めまい、視点が定まらなくなった等の理由で
CS,日本シリーズに出れず最終的に解雇になった


デーブ大久保と言う天才的な打撃コーチの元で
何故?彼がアウトコースへの攻略が出来なかったか?


私は思う
大久保と人間関係が上手く行かなくなったんだと思う

デーブ大久保は外人選手とソリが合わない時がある


野球って人間関係が本当に大事


阪神助っ人として日本球界へ復帰したのは2009年の春


真弓監督は当初、彼の加入にいい顔をしなかった
それは西武時代の悪いイメージが強かったからだろう


しかし、ブラゼルは大きな飛躍を遂げる


浜風と言う難しい球場に彼は興味を抱いた


パワーヒッターがよく打つホームランの光景
左、右中間の一番深い場所に打ち上げ花火を上げるが如く
高く打ち上げ、フェンスギリギリのホームラン
ガッツリパワーで押し込むホームラン


ブラゼルはそのパワー型ホームランも多用するが
風の向きによってはその打ち方ではホームラン本数を
稼ぐことが出来ない事を学ぶ


和田コーチ(現監督)から

甲子園の浜風の影響を受けにくい
ライトポール際の弾丸ライナー

もしくは
浜風を利用したレフトポール際に流れる弾道の
流し打ちホームランの2種類をガッツリ学んだ


ライトポール際へのホームランはあまり打たない
ライト中断目がけた弾丸ライナーは良く打つ


ブラゼルが阪神で習得した
流し打ちを超えた広角打法は
他球団にとってみれば脅威となった


西武時代に多用されらブラゼルシフトなんて
今のセリーグじゃご法度なほど
彼は引っ張り専門ではなくなったのだ
むしろ流し打ちが非常に上手いクレバーなタイプ


そこまで彼は阪神で変貌を遂げた


2010年47本塁打は
甲子園をホーム拠点とするスラッガーには
久々の量産数であった事はいうまでもないが
その大きな要因が
広角打法&引っ張り&センター方向
どの角度でも甲子園に対応出来る技巧派に
成長した証しなのである


しかし、2011年の統一球元年
彼も統一球の大スランプバッターの一人だった

パワーヒッター独特の「力でねじ込む」ホームランが
通用しなくなり、内野フライ、浅い外野フライが多く
凡打が目立った

真芯にボールが当たらないと飛距離が出ない

各投手のストレートが個々によって
手元でボール半個分曲がる
更に、カットボールを多用する投手も増えた

手元で小さく曲がるから真芯をズラされてしまう

ブラゼルも大いに悩み頭を痛めた


各球団データー収集に追われる中
技術力のあるバッターは徐々に打ち始めた

真芯に当たらなければボールは飛ばない
もうパワーでねじ込むホームランは通用しない


それは各バッターキャンプの段階で確認済み
しかし、実戦となるとどうしても力んでしまい
真芯に当てられず凡打の山を築く
その中にブラゼルも居た
彼も苦しみながらのシーズン序盤だった

交流戦後半辺りから、ブラッズも徐々に
統一球に対応出来る様になって来た


それはアウトコースへの対応力の向上

彼がアウトコースへのボールに逆らわず
綺麗に腰でスイングしながら流し打ちをする
広角打法

これは阪神へ入団して和田さんにみっちり教わった
打法なのだが、そのアウトコースへの対応力が
統一球大スランプのトンネルを抜けるきっかけとなったのは
言うまでもない


打率は2割8分2厘でシーズン終了
しかしホームランは16本 打点69
昨シーズンの47本にに比べると
マイナス31本もホームランが減少してしまった



私はその原因を私なりに考えてみた


まず2ストライクに追い込まれるまで
彼はバットを長く持ちフルスイングで
空振りをするケースが本当に多い

ホームラン性の当たりを狙ってのフルスイング

しかし、私はそこに大きな問題を感じている

この空振りは力みまくりで大スランプ打者と変わらない
だが、ブラゼルは、ここからが大スランプ打者とは違う


2ストライクになると別人の様に変わるのだ


バットを短く持ちシャープなバッティングに変換する


結果的にヒットを放ち、アベレージ維持は出来るし
チャンスの場面であれば、タイムリーにもなる


でもそれでは安打生産機と言われるマートンや
平野と変わらない

更にブラゼルは、彼らよりも足は遥かに遅いし
打率だって3割に満たないのが現状


2割8分代でもいいからホームランを量産して欲しい
そんな考えがフロントにはあったのだろう


そんな議論がフロント内で行われた理由もある意味
理解出来る


和田監督は彼の守備力の高さと
統一球2年目の彼の飛躍に期待し、ブラゼルの契約更新を
フロントに強く訴えた結果、今シーズンも在籍している


今年のオープン戦を見る限り
このままではホームラン量産型ではない
むしろ昨年と同じ感じの打者になっている

決してヒットだけではダメだとは言っていない

ブラッズに期待するのはやはりホームラン

それはファンだけでなく、マスコミ、球団関係者
更に首脳陣、そして本人も同じ思いだと思う



彼自身もホームラン量産へのこだわりは強いはず



焦らずじっくりとボールを見極める事からやり直せば
必ずおかわり君並みの量産タイプに再生できるはず


無駄な空振りなんてブラゼルには要らない

力まずしっかりと振り抜くスイングを心掛ければ
バレンティンなんて目じゃない程の飛躍的数字が出るはず


元々は引っ張り専門でパワー重視型だった


彼は今技巧派バッターに生まれ変わった
2010年それが開花し、ホームラン量産出来た


統一球で勝手が変わって苦しんでいたが
必ず今年彼は克服し、ホームラン量産出来るバッターになれる


その為には、無駄な空振りをしない事
2ストライクを簡単にバッテリーに与えてはならない
それが原点だと思う



ブラゼルはフォークを救い上げるのが上手い
しかし、インコースへのチャンジアップやサークルチェンジを
簡単に詰まらせてしまう癖がある

それが浅い外野フライである


選球眼をさらに向上させなければ、ブラゼルの来季はない

タテに小さく落ちる変化球への対応が何処までできるか?



フリーでは柵越え連発出来るって事は
フォームはしっかりとしているし
貯めもしっかりと作れているのだから


あとは実戦でどれだけ真芯にしっかりと当てられるか?


2ストライクになるまでのサークルチェンジ、チェンジアップ系
更にカットボールへの対応をしっかりと見守って応援したい

ブラゼルには生涯縦縞で現役を過ごしてもらいたい

ホームラン量産のブラッズは私は見たい


*-----------------------------------------------------------*

虎心不動では現在アンケート実施中です
アンケートの質問内容は以下の通りです

  1 和田監督への期待度は?
  2 和田監督に打撃面で期待する所は?
  3 バスターエンドランについては
  4 ファーストはブラゼル?城島?どちらが望ましい?
  5 城島のファーストコンバートについてどう思いますか?
  6 ファースト起用はどれが望ましい?
  7 レフトブラゼルはどう思いますか?
  8 レフト起用はどれが望ましい?
  9 和田タイガースに求めるスタイルは?


是非、皆様のご参加お待ちしております


多分スマホは対応してると思うのですが
携帯からの参加は無理だと思います(汗)
携帯からの閲覧のゲスト様、よろしければ
PCからの投票お待ち申し上げております


下の文字をクリックしてご参加くださいね

アンケートに参加する方はここをクリック


この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 22:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers