虎心不動TOP

.com/txcou

2012年04月02日

伊藤隼太2軍落ちのシナリオ



昨日試合終了後早々
伊藤隼太のファーム行きが決定

当然と思うか?
中途半端に使うのがいけないのか?

私は両方だと思う

隼太のスイングは完全に上体がブレてた
横浜3連戦でいい当たりを1本したが
センター正面だった為、平凡なセンターライナーだった
それ以外は全くお話にならないスイングだった
フライと三振しかしてないイメージが強い

まずバットの上を叩いてる
そしてタイミングが遅れている

緩急のタイミングが取れていない事
そして下半身を軸にしようとしても
上体がブレてるスイングをしていた

これではいい当たりのヒットは早々出ないはず

あのスイングでは1軍に居ちゃダメ!

そんな伊藤の出来だった

3試合で2試合がスタメンとして起用
和田監督の期待感も伝わってきた

しかしあのスイングではどうしようもない

我慢の起用以前に
あれでは安打は早々出ない

とっとと2軍へ送られた屈辱を胸に、
しっかりとフォーム改造を確立し
打てるバッターになっていち早く1軍ベンチへ
戻って来てほしい

マートンが1軍へ戻ってくる
どちらかと言えば右打者の方を補充したい

そんなベンチの思惑も分からなくはないが

私の意見はただ一つ



なんで彼を1軍に上げて開幕を迎えたのか?



その一言に尽きると思う

もっとじっくりと使って我慢の起用

それを期待しているファンも多いが
それは大きな間違いである

今のスイング状態ではまず
早期回復を実戦で出来る見込みはない
それだけ彼のスイングはバラけていた



結果的にファームに下げて正解であるが。。。
逆に何故?開幕に彼を1軍に昇格させたのか?

そっちの方が私は重要だと思った


マートン不在の守備を考えて
それだけの理由なら目をつぶってもいいが
左のブラントンの時にとっとと下げた


やはり矛盾点が首脳陣にあったのだと思う



まず首脳陣は大失敗を犯している
キャンプに入って早々彼の打撃フォームをいじった



彼なら習得が早く出来ると期待している


そう語ったのは片岡打撃コーチ


シャープなバッティングで安打を量産した大学時代

しかし、プロの球威と緩急に翻弄されていた

貯めを作ってシャープなスイングをする為に
彼はコンパクトなスイングをしていた

そこそこ安打を放って期待感も持たせた矢先の
フォーム改造


隼太の「飛距離を伸ばす為に」をお題目に
ティーバックを大きくさせた

それは何を意味するのか?


ピッチャーがリリースに入る直前に
左腕をグっと下げる
当然バットは両手で握るものだから
両手が今まで以上に後ろに下げるのは言うまでもない


そのティーバックを大きくすることで
スイングの軌道が大きくなる

遠心力を強めるにはティーバックする
それによって飛距離が伸びる



しかし、ティーバックすることでどうなるか?


当然タイミングの取り方が変わる

打撃フォームの上半身を大改造するの同然なので

下半身を軸にスイング出来る様に
フォームの根本から見直さなければならない



結果的に伊藤隼太は
貯めのタイミングを取れなくなった


上体のバランスが崩れ下半身を軸に
スイングが出来なくなり、上体に気を使いすぎる
スイングとなり、頭と右足の一本の軸の線が
完全にブレてしまっていた

その為、スイングする瞬間
若干、前のめりなスイングになっていた

力んで真芯を外し、バットの上で叩き気味になった


だからフライが高く上がりやすい状態だったって事


つまりフォームとバランスもグチャグチャになり
タイミングすらままならない状態になってしまった


そらぁ実戦で打率も下がるわけさ



そもそもね、プロ1年目のルーキーにいきなり
キャンプで打撃フォームを弄るならさぁ
しっかりとフォーム改造が仕上がってから
1軍に入れるべきなのさ


もしくは。。。。

彼の打撃に期待するのであれば
最悪秋のキャンプからフォーム改造に着手すべきだったと思う



つまり今シーズンは体験的てもいい
プロの投手との対戦をしっかりと体に染み込ませ
シーズン終了後の秋季キャンプら本格的に
フォーム改造をやれば良かった


絶対にそうすべきだったと思う


ルーキーにいきなりフォーム修正ではなく改造


これはハッキリ言って期待し過ぎ以前の問題で
大博打にもほどがあると思う


スランプ打者の度合いによっては
短期間でフォーム修正ですら難しい

修正を超えた改造なんだから
相当時間がかかる想定だってしたはず


恐らく和田監督としても
早めのファーム通告は間違っていなかったと思うが

だったらなんで1軍にあげたのさ?
マスコミを引き付ける道具だったのだろうか?

と考えなくてもよい詮索をしてしまう


伊藤隼太が気の毒でしょうがない


出来もしない博打をするんじゃないよと言いたい


片岡打撃コーチと高橋打撃コーチはどうなんだい?


統一球対策は出来るのかい?


若手の飛距離を伸ばす弄り倒しをする暇があれば
とっととFAベテラン達のフォーム修正を
しっかりやりゃいいじゃん?



インコースの踏込が遅いんだってば!


それを治せない打撃コーチであれば
統一球でのホームラン量産バッターは
育てられない


ヤクルト、中日の打撃陣のVTR舐めまわす様に見たらどうだい?


若手を弄り倒す暇などない


今は繋がる打線をどうやって作り上げるか?
じゃないの?

まずは高額なベテラン達を弄り倒して欲しい
それでもフォームが直らない
成績が悪い

そうなったら若虎に頼るしかない

それが統一球に勝てるチームつくりだと思う


ベテランパワーヒッター達が
過去(統一球前)の力みOKの力任せのスイングを
引きずって、成績が上がらないのであれば
とっとと若虎に切り替える位の起用覚悟も必要

統一球を打てる奴がスタメンを張る

当たり前の話だと思う

首脳陣がブランド名に頼ってるだけの起用では
間違いなく世代交代と優勝の双方を取り逃がすことになる



巨人の小笠原がスタメンに居ると助かる
あんなフルスイングで真芯を外しまくるのだから

そんなベテラン、ウチにもゴロゴロしてると思う

だから連打出ないんじゃないのかな?




伊藤隼太の一日も早い復帰を心待ちにしている

ティーバックしてしっかりと間を作れる
貯めのあるシャープなスイング

隼太待ってるよ


*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*


posted by 正悟 at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012 Tigers

2012年04月01日

打てない阪神貧打線を緊急修正すべき



さて、今日の横浜戦を見て思ったのだが
昨日のブランドンにしろ、一昨日の高崎にしろ
そして今日の三浦は特にそう

完全に詰まらせる配球にしてやられた

まず安打数を見てみると分かる

開幕戦は7安打
昨日は 4安打
今日は 6安打

3連戦で合計で17安打である



一方の横浜はどうだろう?
この3連戦で30安打を放っている


次に統一球を一番熟知しているヤクルトは
対巨人戦3連戦で30安打を放っている



更に中日はどうだろう?
対広島戦で29安打を放っている



ちなみに宿敵巨人はどうでしょう?
3連戦で17安打



奇しくも貧打線タイガースと同じ数字である



では強力打線と言われている
阪神と巨人が何故?こんなに打てないのだろうか?

答は簡単である

パワーヒッターをズラズラ並べて
力みまくって真芯を外しまくる打線を
並べているだけだからだ


大きいのを狙うのがパワーヒッターの使命

だから当然力みが出る

そうなると芯を外して詰まらせる


浅い外野フライが多いでしょ?
内野フライが多いでしょ?


力んでアッパー気味にすくい上げると
当然真芯を外し、浅いフライが上がる
パワーで押し込んでも精々外野定位置での
フライとなる確率が高い


それが統一球なんだから


統一球は真芯に当てた状態で飛距離が
1m〜5m減るのであって
真芯を外せば、飛距離以前の結果になる
それは各打者各々が分かっていることだ



では真芯を外すってどれ位の差が出るの?
そんなメールを頂いたので自作で画像を
作ってみた

ボール半個から1個分ズレタ場合
以下の画像は大袈裟だが(半個〜1個分も考慮して作成)

1.jpg
これ位の大きな差が出るのだ


力んで真芯を外した場合
打ち上げてしまったり
詰まらせたしまったり

それは真芯を外した事が最大の原因だと思う

しかし、真芯を外してもいぶし銀の様な
ポテンヒットだってバンバン出る事も
付け加えておきたい


真芯を外した以外にも
大きな原因がある


それはパワーヒッターだけに限らない
大きな原因がそこにあったと思う


こんなに打てない打線の原因はなんだろう?

まず、左に偏った打線は確かに問題がある

マートンが復帰すれば何とかスタメンで
3対5で左打者が二人多い状態になるので
それはそれでいいとしよう

ただ、左に偏っていると必ず攻略されると思う

平野は当てるのが非常に上手いバッターですし
力んで飛ばすタイプではない


鳥谷は大きいのを狙ってるときと
当ててアベレージを狙う時と使い分けが出来る
非常にクレバーなバッターである

そうなると左で問題が生じているのは
金本、伊藤、ブラゼル、柴田の4人になる

まず飛距離を出そうとするパワーヒッターは
ティーバックして貯め込んでスイングする



スイングの瞬間が非常に曖昧になっている
だから打てないのだ


曖昧?


そう、曖昧なんです


一番曖昧な状態であっても、
もうすぐ結果を出せる選手が居ます


それは右打者の城島です
MLBでもっと飛ばない統一球を
ガンガン経験している選手の一人



今日城島はやっと開幕後ヒットを打てた
しかし、彼はこの3日間
試行錯誤しながら打席に立っていたのが分かった


元来彼は、アウトコースには手を出さないのが基本
と言っていたが、統一球で苦汁を舐めさせられ
ストライクゾーン全般に対して積極的にスイングする
方針に変更した


当然、スイングもダイエー全盛期時代の
コンパクトなスイングに戻しつつも
飛距離を伸ばす為に
ティーバックをしっかりと行うことも怠ってない

つまり、昨年とダイエー時代の間のフォームに
切り替えている


そんな彼がアウトコースやインコースの変化球や
ストレートをファールしながら試している

ただ、2ストライクに追い込まれている現状には
変わりがない


オープン戦終盤に、彼なりに何かを感じ取ったのだと
思います


アウトコース、ストライクゾーンの
高めのストレートをあえてファールにしている

絶対にやっちゃいかん行為ですが、恐らく

今のスイングでは、大きいのを飛ばせない
そう確信して色々と試していると思います


今日の初ヒットの時、彼が打った球はアウトローのフォーク
過去にアウトローは絶対に手を出してはならないと豪語してた
アウトローをセンター前にヒットした

確かにパワフルなスイングとはかけ離れたヒットではあったが
彼自身非常に納得したバッティングであったと思う




では本題に入りますwwwwwwwwww



まずインコースとアウトコースに散らして
相手投手は攻めてきます


右投手の基本的な変化は
右打者から見てアウトコースへ逃げて
左投手から見るとインコースへ攻めてきます

逆に左投手の基本的な変化は
右打者から見てインコースへ攻めてきて
左投手から見るとアウトコースへ逃げていきます



ここからが重要です

今、阪神打線が一番苦しんでいるのは
インコースを詰まらせてしまっていることです


まず金本
今日は一矢報いたホームランを放っていますが
アウトコースのストレートを弾き返してます

ではインコースになるとどうなるか?
力んで真芯を外して詰まらせている
変化球の緩急にタイミングをズラされている

それは言うまでもない


それ以上にインコースへの回転力が遅い

つまり、若干振り遅れ気味になっているのです


だからファールになって打ち損じていると思う


軸足である右足をティーバックする時の
右腕が腰と同時に踏み込まなければならない

その時に力みが生じるのは今までの話


踏み込む左足が遅いのが一番の原因
それは金本の横からのスローを見て一目で分かった


インコースのボールをスイングする時
踏み込む左足が地面に着くタイミングが
アウトコースと同じだった



詰まりやすいインコースは、アウトコースよりも
若干早めに踏込む足を地面に着けて
回転速度を下げない様に重視しなければ、
詰まる可能性が高いし、遠くへ飛ばせないって事




つまり、統一球云々以前なんです



統一球って単語自体が
マジック(手品)みたいなもので
思いっきり深刻に考えすぎている
特にパワーヒッター達が深刻に捉え過ぎ


統一球って言ってもね
真芯に当ててジャストミートすりゃ飛ぶんだからwww



力んでも真芯を外しても
とりあえず力でねじ込んでたホームラン

それが一切通用しなくなった


それをいち早く攻略したパワーヒッターが
西武の中村だったと思う


彼は力む事が大敵であると発言し
更にインコースに攻めてきたボールに対して
絶対に回転力を落としてはならないと
発言している

インコースはアウトコースよりも
若干早く踏込を早くして
回転力を落とさない

そして力まない



ここが重要
引っ張ることが大事だと発言している
ホームランバッターは引っ張った方が
より遠くへ飛ぶのだから
アウトコースもインコースも思いっきり
引っ張らないとホームランは量産出来ない


まぁ、甲子園の左打者はそうも言ってられない
だって浜風に押し戻されるのだから


ただ、他球場では左打者も
ホームランを量産出来るって事です


だから右の大砲って阪神は重要
引っ張って打っても浜風を利用出来るのだから

右打者の新井城島はもっともっとホームランを
量産出来るって事です


この回転力と力みを攻略出来たパワーヒッターが

バンバンホームランを量産出来ると思う



金本同様、各パワーヒッターが
もう一度見直すべき部分である


インコースが思うように飛ばない
アウトコースが泳いで辺りが弱い

力みをなくして
インアウトの踏込のタイミングをしっかりと
熟知すれば間違いなくホームラン量産できる



それを今試しているのが
右の城島だと思う
アウトコースも遠くへ飛ばしたい
そんな挑戦をしている様に感じる
インコースや失投を待ってるだけじゃ
とてもとてもホームランは量産出来ない


アウトコースも俺は遠くへ飛ばしたい

そう感じ始めたのが、オープン戦終盤だったと思う


今まで長い期間続けたスイングを
捨てるも同然の改革をしなければ

統一球以前に
今のベースボールに対応出来ない

打撃コーチがそこに着目はしているのは確か

ただ、フリーで打てても
実戦で対応出来ない

もう2年目の統一球

そろそろ呪縛を解かなければ
大型補強のFA選手だけでなく
これから伸びるはずの各若手野手の芽が
どんどん摘まれてしまう

ヤクルトはいち早くそれを掴んでいる

このままだと、阪神打線は調子が最悪の投手
失投以外は遠くへ飛ばせなくなる


そんなんじゃ、やってられない


ブラッズも柴田も大和も流し打ちを意識している

鳥谷も金本もアウトコースを意識している

アウトコースだけじゃ、すぐに配球変更で
やられてしまう
インアウト散らして緩急つければばいいだけの事


それがこの3連戦の横浜戦だったと思う

デニーと高木にしてやられた3連戦だったと思う
失投、調子最悪な投手と失投を気を付ければ
阪神打線は抑えられる

この戦術をデニーは感じてたに違いない
松坂専属でMLBでコーチをしてた経験値
侮ってはいけない


このままの打線ではAクラスも厳しいだろう


片岡さんと高橋両打撃コーチが
どこまでベテラン大物選手をみっちりと
力みと踏込みを改革できるか?

折角、関川コーチがスイングスピードガンを
持ってきて速度測定をしてたんだから
それをフル回転させる指導力がなかったって事

まずバットスイング速度も大事だけど
踏み込みのタイミング
インアウトの踏み込みのタイミングの対応
そして力みを徹底追及しなければ
真芯なんてそうそう当たらない


そうでなきゃ、阪神の優勝はない

統一球経験豊富な元メジャーリーガーである
城島が試行錯誤している様じゃ
阪神打撃コーチは統一球対策に対し
フォーム修正以外、何一つ対応していない証拠になる

力みだけじゃ勝てない
インアウトの踏込みのタイミング

これ大事だと思う

それが出来て初めて
2010年猛虎打線の再来に出会うと思う

今のやり方じゃまず勝てない
どんなIDを駆使しても
力んで、インコース詰まらせていては
まず打てないし勝てないだろう

思い切った改革をベテラン達にやらせるべきだと思う


最後に
パワーヒッター達がこの統一球完全攻略を成就させる日は
いつ来るのだろうか?

いつまでも過去のスイングにこだわりを持っていると
ズルズルと低打率バッターになってしまう

そんなのが長く続いたら
間違いなく、野球ファンは面白味をなくし
消化不良なゲームばかりを見せられて
最後には野球ファンが減るかも知れない

それ位の危機感を持って精進してもらいたいですね

必ず阪神では城島が最初に完全攻略してくれるはずです
その日はそんなに遠くないでしょうね^^

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*



posted by 正悟 at 21:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012 Tigers