虎心不動TOP

.com/txcou

2012年05月31日

フルボコ合戦はドローに終わる


よく追いついたのか?
勝てなかったのか?

私個人的の意見は、魔物がくれた
チャンスをモノにしてよく追いついた

そう思っています


岩田はスライダーのキレがイマイチで
とにかくシュートもストレートも
高め高めに行ってしまう

ロッテ打線にあの高めにボールが集まったら
そらぁ打たれますよww

金森コーチは高めは逃さないスイングを徹底してますから

ロッテは多分、右の久保やメッセの方が嫌だろうね

あの不調ではどうしようもない
とっとと下げて正解だが、久保を出したのには
???である

ロングリリーフの前に、展開ってあるじゃない?
打席が回ってきたら即代打の感覚がなかったのかな?

あのような采配は好きじゃない

試合展開が読めなかったのだろうが、
あの場面で使うなら、渡辺だったと思う

今の渡辺はイニングまたぎより、今日のようなランナーを
背負ったときにピンポイントで使うのが
いいかもしれない

今日の試合は先発ピッチャーが崩したゲーム

そうなると打線がどこまで踏ん張れるか?

常に我慢をさせてるのだから、6点差でも
あきらめるな!
グライも高めにボールが集まっているのだから

そう思いながら観戦をしてました


マートン、ブラッズが当たりだしたとはいえ
まだ打線は修正改善途上中

まだまだ本調子ではない阪神打線だが、
チェンジアップとストレートの見分けは
各打者がしっかりと出来たと思う


グライシンガーのストレートを
皆、見事に弾き返していた

平野、鳥谷、この二人がキーマンであると
私は書いてました

新井さんよりも、まずはこの二人
何しろこの二人が打たなければ、打線が繋がらない

そう書きましたが、この二人が打てば繋がるんです

鳥谷は泳ぎながらも腰でしっかりと打ててます
平野もタイミングが合ってきてます

ただ、明日がどうか?だと思いますね

今日は良くて、明日はまた悪くなっての繰り返し
それを繰り返しながら、フォーム修正と選球眼の
向上が徐々に結果として現れるのだから


今は我慢の観戦時期ですが、あと少しです


しかし、パリーグとの甲子園の試合は面白いね
セリーグの選手は浜風もある程度知ってるし
土のグランドもそれなりに捌けるのだが
パリーグは全く土のグランドを使いこなせないし
浜風でフライを追いかけるのがおぼつかない

見ていて楽しいwwww

魔物が今日もロッテに襲い掛かったが
そのエラーで作ったチャンスをしっかりと
エンドランで得点できた事

これは大きいですね


ブラッズはまだ、アウトコースの高めの吊り球を
どうしても振ってしまいます


ここなんですよね

2ストライクまで簡単に追い込まれてしまう

選球眼がしっかりとして、力みを取らなければ
三振の確率が上がるわけです

だから吊り球の空振りは本当にもったいない

ここ振って来るってバッテリーが判って
しょっちゅう、初球にアウトコース高めの
吊り球でストライク先行してますので

片岡さんここですよ!!
アウトコースの高めの吊り球
まずここをしっかりと見極める選球眼
しっかり指導してください^^;


新井さんでしょ?
スイング自体は悪くないんです
むしろいいんですよ

ただ、ブラッズ以上に選球眼が駄目

アウトローの変化球
ボールゾーンへ逃げる球

これどうしても空振っちゃうんですよね

あと、高めのボール球も手を出してしまいます

それで凡打、三振を繰り返してるのです


でもね。。。。

溜めもそこそこ出来てるんです
悪くないんですよ
腰で回転も出来てる

でも打てない

力みと選球眼

つまり焦ってます

焦ってカリカリしてスイングの瞬間
どうしても力み入ってるんでしょうね
ついついボール球に手が出ちゃう


ブラゼルと新井はスランプ兄弟

力みと選球眼で常にスランプ
症状がそっくりです


でもね、新井さんの場合は
ブラッズよりもスランプが長いんですよね
彼は必ず1シーズンに3回(今が一回目)
とにかくスランプになっちゃうとなかなか
打てる時まで時間がかかるんですよね

精神面で弱さを感じてしまうんですよね


野次も凄い状態ですが
もう少し待ってあげてもいいのでは?

溜めと選球眼を修正するまで、もう少しです

交流戦中盤を超え、後半には
バンバン当たり出しますから

もう少し我慢して見守って行きましょう


今日の試合、この打線状況だからこそ
よく追いついた
そう評価してもいいと思います

今日の試合で感じたのが、後もう少しの我慢
徐々に打線が繋がり出しています

鳥谷、平野、マートンの打撃安定度が確立されれば

間違いなく、巨人戦でもいい試合が出来ます

ブラッズ、金本、新井のスイングの安定度が
確立されれば、本塁打もしっかりと量産出来ますが
それは梅雨中盤以降の話しになると思います


交流戦終盤までは、打てたり打てなかったりの
連続が続き、我慢が続きますが、
大丈夫です
スイング自体は、各々良くなってきています



今日の引き分けは、打線に兆しを感じた試合

明日は藤岡貴裕が相手ですが
150キロ台のストレートに
縦横と使い分けられる、高速スライダーが武器
緩急をつけるカーブ
そして切れ味が良くなったフォーク

スライダーに苦しめられると思いますが
マエケンに比べると、意外と苦にならないかもです

彼は自信を持ってストライクゾーンで勝負するタイプ

逆に言えば、タイミングさえ掴めば
打てると解釈してもいいんです

明日、鳥谷と平野が打てるか?
これがポイントですね

更に新井さんとブラッズのスイングがどこまで
落ち着いて振れているか?
選球眼がポイントですね

明日勝って借金をゼロにすることが大事ですね
スタンリッジ、夜王
ゲームメイクをしっかりとね

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012 Tigers

2012年05月30日

ストライクゾーンと統一球に物申す



先日、金本がストライクゾーンで球審に

「低いでしょ?」

とクレームをつけたが、変わることはない

審判のジャッジは絶対なのだから

これはスポーツでは相撲以外、ほぼ統一された
マナーであり、ルールである

相撲は微妙な判定が出ると、四方八方から
親方達が集まって協議し、それでも微妙な場合
取り直しを行うことがある

非常に納得の行くスポーツだが
それを野球に求めてはならない


主審が三振を宣告されれば、それはもう仕方ないこと

ホームラン以外はビデオ判定はしないのだから


球審の暴言に金本はキレまくってましたが
大事なことはストライクゾーンです


和田さんも熱くなれと言う割には

真弓監督と殆ど変わらないかな?

あの中途半端な抗議はないだろう?www


星野さん、岡田さんの方がずっと熱かったよ

審判に怒鳴り声を上げてでも選手の主張を守る
例え、ジャッジが覆されないと判っていても
選手のために、物申す事は監督の重要職務だと思う

試合後記者に金本はこう言った

「ボール2個分のボールゾーンを打つ練習は
 さすがにやってない」


恐らく両サイドのボール1個分の大きな差を
アウトコース、インコースの両面を抱え込んで
2個分と唱えているのだろう


確かに低さを感じたが。。。。。
クソボールでもないと思ったのが私の気持ち


私がクローズアップしたいのは
ソフトバンクの内川のバット叩きつけ事件

ストライク宣告のジャッジに対して
講義はせず、ベンチでバットを叩きつけるという
珍しいシーンがあった



多分、金本のボールよりも、内川のボールの方が
明らかなクソボールだったと思う

ありゃないねww
ロッテの捕手は里崎だったのかなぁ?
クィってミットをストライクゾーンへ移動してるのですが
耀様に移動しているので
ありゃ、完全なボール球だったと思う

選球眼がピカイチの内川が自信を持って見逃したボール
あれはTV角度から見てもクソボールだ

内川は

「やってきたことが全て否定された気分」

と嘆いた

あのストライク宣告は、内川だけの
問題ではないと私は痛感した

今のストライクゾーンは、セパ双方に問題点を
感じる日本球界全般の課題となったと思う


今、ストライクゾーンに問題を感じる
選手、ファンは非常に多いと思いますが

マスコミはこの重要課題をクローズアップしない

記事としてはつまらない内容なのだろう



では、今のストライクゾーンを
どう感じるか?


国際基準に適した野球を国内リーグでも実施する
それにより、昨年よりセパ統一したジャッジを敢行

昨年はセリーグは四苦八苦してましたね

ただ、今年になって更に
ワイドになったストライクゾーン

なんでこんなに広くなったのさ?

大きな違いは、高さ、低め、ワイド面の全てに対し、
主審が微妙なボールだと迷ったら、
即ストライクを宣告する事になっている


これは嫌でもストライクゾーンが広がるwwwww

パリーグの選手もさすがに唖然とするシーンもありますが
セリーグほど騒いではいないですね


しかし、野球ファンとしてはどうだろう?
完全なボール球でもストライクと宣告を
されてしまうケースが増えてくると、さすがに


これは国際基準ではないだろう?
ここまで投手有利にしてどうするんだ?

逆に国際試合でフォアボールバンバン出すんじゃね?

国際試合でボール球振って凡打築くんじゃね?



こんな悪循環な日本独自のストライクゾーンは
私個人としても、いかがかと思うわけです


更にミズノの統一球

これも私はいい加減怒っております

まず一流投手でもないピッチャーでも
カットボールを投げると、曲がっちゃった
川上や、三浦ほどではないにしろ
曲がるって事は、芯を外せるわけですから

超一流でなくても抑えられちゃう

但し、コントロールが悪ければ
狙い撃ちはされますが、大きい当たりは少ない


これはもはやベースボールとして対等ではない

耀様に投手有利のボール


この時期でも1点台の防御率の先発投手が
ズラズラ並ぶわけですよ


まず、このボールも世界統一化を図ったとは
到底思えない投手有利のボールです

MLBと同じボールを使用せず
企業がらみの都合で作り上げた統一球

そこに世界統一感のお題目はどこにもない


今シーズンは当然、ボールについての協議はない
来シーズンどうなるか?

選手会が意見書を渡している事も大きな意味がある


オフシーズンにナベツネ権力がNPBに襲い掛かると
思いますが、選手会も当然動くでしょう

動かなければならないと思います

国際基準に合わせるのであれば
同じボールを使う

当たり前のことじゃないですか?



飛ぶボールに戻す

それは賛成できない

世界基準に標準を合わせる事で始まったのだから

それは貫かなければ、この2年はなんだったんだ?
ってことになる


ストライクゾーン、統一球の件

オフシーズンに絶対的な見直しが
必要であると私は思います

そうでなきゃ、日本プロ野球の人気が
今年以上に低迷してしまう

国際に対応できるストライクゾーンなのか?

それとも選手達がぼやいているだけの
負け犬の遠吠えなのだろうか?

ボール球をファールしなければならない
これは世界基準じゃない



逆に投手達が、国際試合や、MLBに行ったとき
逆に苦しみが跳ね返ってくるだけのボールであり
ストライクゾーンであると思う


私は見たい
MLB使用統一球での阪神打線と巨人打線

そしてMLB使用統一球での各投手陣を見たい

そこで初めて、国際基準に合わせたボールが
見えると思う

ストライクゾーン
ホームベースにかすったらストライク
それはいい

ただ、審判個々の、迷いについては修正かけるべきだ

そうでなきゃ、国際基準なんてあり得ない

最後にイデホのインタビューを抜粋してみた

「日本のストライクゾーンは非常に広い
 私の考えではボール7個分ほどの広さがストライク
 日本は両側にボール1個半ずつ広い
 それだけでなく(ストライクゾーンの)高低も長い」


そんな彼もホームランは打ちまくっている
甘い球を逃さない

阪神打線はそれが出来ていないので私は
虎ファンとしていかんともしがたい
悔しさを感じる

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 20:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 球界全般

2012年05月29日

新井さんのスランプはもうすぐ終わる


まずは結果からですが3−0で完封負け

メッセは気の毒でしたね
115球を超えて、7イニング目に続投
足にボールをぶつけて133球目
最後の渾身の力を振り絞って投げた150キロの
ストレートでしたが無情にも3ランホームラン

まぁ、あの場面
本人が行けると言ったし、ランナーも背負ってました
あと1アウトでチェンジ

難しい判断だったのは確かです

勝たせてあげたかったし
あそこは何としてでもメッセ本人に
凌いで欲しかったのでしょう

ただ、勝ちを取るためには、非情な起用采配も
絶対に必要な時がある

もう限界か?あと少し行けるか?
球速はまだ出てたんですよね
ただ、球威が落ち始めていたのも事実

まぁ、難しい判断だったのは確かです

次の試合でリベンジして欲しいですね

西武は上手かった
球数を徐々に積み重ねさせましたから
さすがだなっと
エースを崩す攻略をしっかりとしていました



本日の西武先発は牧田
セリーグでは滅多にお目にかかれない
アンダースローの選手です


私は今回の交流戦はロッテの渡辺と西武の牧田で
苦戦すると予想していた


ではアンダースローの特徴をいくつか
あげてみましょう

まず、下から投げる投法なので
ストレートは下から上へホップアップする様な
感覚をバッターが錯覚をします

つまり、球速以上に球威を感じるはずです

また、スライダー、シンカー系の変化も
非常に有効度の高い曲がりを見せます

何しろ、このご時世、アンダースローを
投げる投手が非常に少ないので
アンダースローの投手を打てない
苦手とするバッターは非常に多いです


オーバーやスリークォーターに比べると
アンダースローのストレートの速度は遅くなる

しかし、渡辺、牧田、や往年の山田さんもそうだが
アンダースローのストレートは速度よりも遥かに
体感速度が速く感じる

今日の牧田が正にそうだった
阪神打線の各打者が、全くタイミングを掴めなかった
振り遅れ気味になってる打者がバンバンフライを上げていた


では牧田や渡辺のアンダースロー攻略はなんだろう?


アンダースローはランナーを背負ったとき
クイックモーションが他のフォームに比べて
非常に遅くなってしまうことです

とにかく四球でもデッドボールでもいい
ランナーに出てプレッシャーを与えること

これも立派な戦術になります

ただ、低めに決まるストレートを尽く
フライにしてしまう各打者が目立った

ローボールヒッターはそんなに苦にならないだろうが
それでも普段感じることのない違和感の中
ボールを捉える作業となる

ちなみにマートンとブラッズはローボールが得意
この二人はしっかりと安打を放っている

しかしフライの山をドンドン築き上げる

こりゃ苦労するなと思いました


今日はレフト金本を下げて柴田を起用
少しでも足を使ってプレッシャーを与えたい
そんな和田監督の考えは間違いではない

柴田も大和の経験値をどんどん積み上げる時期だが

やはり最後の打者となった金本を見て痛感


微妙な三振でアウトになった金本だが

やはり、他の打者に比べると
圧倒的に技術精神面で違いが明らかだった


まぁ、21年目の大ベテランと比較するのもあれだが
その壁を乗り越えてなんぼの世界だと思う


速く打ちたい気持ち
2ストライクに追い込まれてからの平常心
ファールで喰らいつく闘争心と技術



この技術と精神力を片岡打撃コーチは
全くレクチャー出来ていないのは確かだろう


まぁ、今日は牧田のコントロールも冴えていました
ブラゼルの敬遠以外での四球は2つだけ

ただ、最後の金本のようにファールで粘り
ボールを見極めるシーンが非常に少ない

早打ちをして打ち損じが目立つ
非情に悪循環な試合展開だった事は確かです


初モノに弱いといわれる阪神ですが
やっぱりねぇ
絞り球、狙い球が展開の中で掴めないケースが多く

何しろファールで粘ってタイミングを図るという
一番基本的な攻略を出来ていないのが
和田阪神の悪い特徴だと思います



もっと粘れる打線作りをしなければ
まず、初モノも牧田とのリベンジでも
淡白な攻め、単発な攻めで
打ち崩せないでしょうね


どんな打線を組み立て
トータルバランスのとれた打線作りをしたいのか?


また意図が見えてきません


FA名ばかりの選手をズラリと並べているだけでは
いい打線は作れないでしょうね

今の打線では、球数を多く投げさせるのが
下手でしょうね

逆に6回でメッセは115球を超えてた
投げさせられているんですよね



さて、新井さんですが
実はね、今日彼を見て思ったのが
そこそこスイングが良くなって来ている

スポーツ紙ではクソみそに書かれるだろうし
ブログでも叩かれるだろうけど

私は新井さんのスイングを見て

ああ、後もう少しだな

っと確信しました

彼がアンダースローとの対戦が余りにも機会がないので
まぁ、やりずらかったのは事実です

ここ一番で力みまくりの性格が前面に出て
今日もチャンスで凡退を喫し
ブーイングを浴びていましたが

彼にとってもはこのブーイングは試練です

打てば神に即効変換されますからww
それがタイガースファンです^^



まず4回の2アウト3塁の場面ですが
セカンドゴロでチャンスをぶっ潰したのですが
インハイのストライクゾーンのボール

好調なら彼にとってはホームランボールですが
力みで真芯を外してます
セカンドゴロで凡退

これが彼の一番悪い癖なんですよね
力んで真芯を外す

ミズノの統一球は
真芯を外せば、THE ENDです

力んだらOUTの世界が現在のNPBです

これは統一球以前からの続く新井さんの課題ですね

ミズノの統一球になって尚更
内野ゴロのゲッツーが多くなった

ただ、今夜の新井さんは踏み込み自体は
そんなに悪くなかったんです


むしろスイングのフォームは良かったです


腰で回転して振り抜いていました


真芯を外さなきゃ、グーンと飛んだか?
鋭い弾道のゴロが走ったと思います

今日の新井を見て私は


あれ?一晩でここまでフォーム改善したの?



そう思ったのが本音です


6回も2アウト1−3塁でのチャンスの場面
ブラッズ敬遠で屈辱の新井のバッターボックス

上手いね@渡辺監督

カリカリして力む新井を待ってたんですよね

新井は力んでしまいましてwwww
アウトローのストレートを力んでしまい
真芯を外してのライトフライ

でも、当たりは悪くなかったと思います
結果的にはライトフライで凡退でしたが
腰で回転してスイングしてるので、
あそこまで飛んだんだと思います

あれね、力み外したら、ライナーで飛んだと思う
力んで真芯外して打ち上げちゃったので
ライトフライになってしまいましたね


結果論から言います

新井さんの踏み込みと腰のスイングは
かなり改善されていました


ブラゼル同様、選球眼と力みが課題

そこまで改善が進んでいます

ブラッズも今日は低目を左中間へヒットしました
2ストライクからしっかりとファールで粘り
ボールを見極めての安打でした


新井さんは、踏み込みと腰でスイングが定着したら
あとはアウトコースのボール球に手を出さない


つまり選球眼の向上
そして力みを抜く意識改革


ここを重点的に指導していけば

間違いなく当たり出します


ただ、力みですよね
大きいのを狙うとどうしても力みが出ます
まずは、大きいのを狙わずにアベレージを上げる事

アベレージ向上一本に絞って
真芯に当てる意識とコンパクトなスイング


そこからスタートしなければ、また力みまくりで
スランプへ逆戻りしてしまいます


実は、鳥谷、平野も同様なんですが

必ず徐々に打者達が調子を上げてくるはずです


私は新井より、

鳥谷、平野の方がフォーム修正が急務
そう思っています
とっとと修正成就してもらわないと困りますね

この二人が打てないといかんせん
打線が繋がりませんから。。。。

交流戦中盤までは良かったり悪かったりが続きます

後半戦には必ず、チーム全体が当たり出す筈です


もう少しの辛抱です


ますは明日は移動なしの休日です
ロッテ戦を前に、各打者のフォーム修正だけは
休日返上で行って欲しいですね

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年05月27日

ブラゼル復活の兆しと和田采配


まず今日の檜山の先発出場

3年ぶりの先発出場
檜山本人にとっても、気の引き締まる思いだっただろう

しかし、広い甲子園
金本同様、守備力に私は不安を感じた
そして打撃の神様をスタメンで起用することは
私個人的ですが。。。。

評価しないですね

確かに檜山は、今シーズンチーム一番の
打撃安定度を誇っているのは事実

その影には、打撃の神としての責任感

1打席に賭ける思い

打撃練習に殆どを時間を費やせる環境

だから代打の神として君臨出来ているのだから


そして、代打の神として、1打席に全てを賭け続け
3年間、いや、それ以上の期間を過ごしてきた


和田監督は代打の神にスタメンを指示
それは打撃陣へのカンフル剤としての起用だった

彼自身、気の引き締まる思いの中に
違和感を感じたのではないだろうか?


結果は3タコ

私の想定内の結果となった

代打の神をチーム打撃の起爆剤に使うのは
絶対に行ってはならない御法度


馬鹿で安易な起用をしたものだと
私は呆れてモノが言えない状態だった



今日の甲子園は魔物が存在した
激しい浜風、土のグランドに慣れてない西武野手陣

どうしたんですか?と私が言いたくなる位
西武の守備は乱れまくり、送球がままならない

渡辺監督はキレまくっていただろう

今日の1点目の得点は無謀と言える賭けの走塁

あの藤井の走塁は、中日やヤクルトだったら
間違いなくアウトになってただろう
西武であっても暴投にならなかったらアウトだった

魔物が藤井に微笑んだ形だ

久慈さん首を洗わずにすんで良かったねって感じww


ブラゼルの同点ホームランを見て感じた

高めのストレートに関しては
ホームランを打てるようになった


つまり、踏み込みのタイミングが合って
腰で回転できる様になった証である

今までは、踏み込みが遅くなって
腰の回転が間に合わず、手打ち状態になった

つまり、バットコントロールが駄目な状態

得意の高めのストレートを完全に振り遅れ
空振りをする癖が目立ってしょうがなかった

そのボールをストライクゾーンに来たら
迷わず引っ張れるようになった


少しずつだが、選球眼の向上の兆しが
見え始めている

アウトコースの高めの吊り球は相変わらず
振ってましたが。。。。
ボール球を空振りをするシーンが今日は
異常に少なかった
見送るか?しっかりファールしている


マートン同様、
彼もこれから良くなると思います

しかし、まだ、選球眼もスイングも
修正過程のど真ん中であることを
忘れないで見守った方がいいでしょうね

徐々に徐々に良くなってきます



問題を抱えている打者では
私は平野と鳥谷、この二人に何とかスランプを
いち早く、脱け出してもらわなくては非常に困ります


打線が繋がる大事なポジションですから


新井さんですか?
次回にしましょwwwwww
彼のスイングを書くとキリがないですw
だから新井さんは後日って事でご勘弁くださいww


鳥谷と平野ですが、交流戦に入ってから
スランプ気味の状況が続いている

マルチも打てないし、四球も少ない
凡打がやたらと目立っている

この二人の共通点は、トップバッターになって
調子を崩していることです

鳥谷は元来3番を張る選手
平野は2番を打ってなんぼの選手

私はそう解釈しています


マートンが赤星の後にトップバッターを
張っていましたが、今年は開幕出遅れ
更に絶不調に見舞われ、トップバッターを
代役として平野
更に鳥谷として賄って来ました

その結果が、今の二人の状態を生んでると
私は思うわけです


3番を常に張っていた鳥谷
チャンスメイクよりもチャンスを広げる
もしくは打点で結果を残すべきポジション

中距離打者の一番望ましい打順が3番
私はそう考えています


彼が1番に座ることによって
本来の中距離打者としての役割よりも
まずは塁へ出ることが第一と考えを
切り替えなければならないのは言うまでもない


平野も本来は2番を打って始めて彼の特徴が活かさせる

バント、特にセーフティーバントでも塁に出れるが
それはトップバッターが1塁に居るから効力が増す

平野も1番バッタータイプではないのだから


もうひとつが和田監督の戦術に問題を感じる

バスターエンドラン

こんなの平野にはイランですよ
実に馬鹿げてる

鳥谷が四球で塁に出たとき
バスターなんてやらせないで手堅く犠打を
やらせれば、もっともっと平野を活かせたと思うが

よくやるでしょ?バスターエンドラン

4回に1回の成功の確率だと思うんです

つまり、3回はダブルプレーになってるか?
ランナー釘付け状態になってるのだから


だったらね
手堅く犠打、
特に平野はセーフティーバントが上手い

平野の得意なセーフティーをやらせずバスターエンドランを
サイン出す和田監督

平野の本当の力を発揮できるサインをして欲しい



彼に高望みをしてはならない

いくら当てるのが上手いからといってね
バスターのサインをやたらめったら出されては
彼の一番の特徴である足を活かせない

1塁にランナーが居て、平野が打席に立つ
それだけで、厄介な思いを抱く相手バッテリー

彼のセーフティーバントの技術はまだ構築段階
3塁線に嫌なゴロを転がせる確率がもっと上がれば
もっと凄い2番打者になれるのだが

バスターエンドランを求める


やめた方がいいと思う



彼達も、踏み込みが完全に遅れている



片岡さんは何を指導して
何を修正かけているのだろうか?



こんなに踏み込みが遅れて
腰の回転で打てず手打ち状態の打者を
大量に出してしまっているのだから

こんなにフォームが崩れる選手が沢山出るって事は

恐らく、溜めよりもスイング速度に重点を置いて
キャンプ時期に指導してしまった事が原因だと思う

ミズノのボールであれ、MLBの統一球であれ
飛ぶボールであってもね


溜めが出来てなければ、スイングは安定しない



もっと遠くへ飛ばそうと色気を感じ
スイング速度を上げることに集中して
この有り様になったんじゃないか?と思うわけです

ど真ん中のストレートなら打てるでしょう

でもね、力みまくって手打ちとなったら話は別

こんなスランプ打者を叩き出して
修正に手間をかけて困っている状態が続いている


原点に返りましょうよ


スイング速度?
まずは溜めとコンパクトなスイングでしょ?

力んでも打てる金本ですら
あの選球眼でも力んでバットコントロールを
失敗して打ち損じが多いのだから

まずは、鳥谷、平野の二人のスイング修正を
とっとと進めてもらわないと困ります


マートンが好調に安定感が出れば

1番マートン
2番平野
3番鳥谷


この2010年の好調打線の打順が組めるのだが

本当はね
1番は柴田、田上、大和がいいんだろうけどね
和田監督もそれを理想としているのだが


いかんせん、トップバッターの育成が出来ていない


内野手の二遊コンビがトップバッターを賄っている
外野手が一番の理想だと思うのですが
まだ若虎の育成が成就出来ていない


まだまだ金本とマートンを超える打撃安定度を
育てることが出来ない阪神打撃コーチ陣


大和、柴田の使い方が本当に中途半端


更に田上の使い方も非常に中途半端
代走要員だけじゃもったいないんですよね


彼こそ、赤星を超える逸材なんだから


大和、柴田、田上
この3人に対しての打撃指導

センターはとりあえず空いてるんだから

この3人が本気で凌ぎ会う
激しい打撃バトルを繰り広げて欲しいのですが


まず。。。。。アベレージが低すぎる


トップバッターを狙うなら
2割8分は最低でも欲しいし
出塁率だってもっと上げてもらわないと困る


四球を本当に選べない


これは、打撃指導の問題だと思う

積極的に打てだけじゃ駄目なんだよね

四球を選べる選球眼がなければ
ハイアベレージの安定した打撃など夢話です

関本の押し出しサヨナラデットボール

いつもよりホームベースに寄って打席に立った

見えない小さな技術

これも立派な技術だと思う



最後に9回を最後まで投げきった能見

凄いと思うし、よく抑えたと思う

124球一人で9回投げきって
奪った奪三振はなんと12個
凄すぎる!!


本来のコントロールとフォークの切れ味が目立った

フォーム修正が出来たね
フォークのキレが今シーズン一番良かったです

明日も買って貯金生活へ戻りましょう

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年05月26日

選球眼向上なしで積極的に打て!はあり得ない


今日のゲームは非常に緊迫した試合内容だった

まず金本に関してだが
たいしたもんです

強行出場しても2ベース2安打

鉄人と呼ばれる理由が良くわかりますね
今現在、彼が4番を任せることが一番だと思う

それだけ他の打者が情けないのだがw

それでも彼が4番という責任感を強く持ち
試合に強行出場しても結果を出す

そんな彼の精神力をアンチ金本ファンも
認め、称えるべきだと思う


今日のカードは安藤VS攝津

攝津は変化球を多彩に使う投手

ストレートは140キロそこそこなのだが
チェンジアップ、スライダー、カーブ、フォーク
そしてシンカー

ストレートとスライダーでストライクカウントを先行する

これが攝津の配球パターンだが
その合間に、チェンジアップを織り交ぜ
相手によってはシンカーを多彩に使い分け
バッターを翻弄するタイプの投手

ミズノのボールを有効活用出来る技巧派投手です


確かに、普段戦わないパリーグ投手

その相手にどう攻略の糸口を見出せるか?

ここが交流戦のポイントとなるが、私はとにかく
よんたまを取る為にはどうすべきか?

これを訴え続けている

確かに安打数が多い試合は見ていて面白いし
非常にスペクタクルな展開に魅了される

しかし、今年の阪神打線は、修正患者続出状態の
交流戦なのだ


ストライクゾーンの球を打て
ボール球を打って、ストライクゾーンのボールを
見逃してるようじゃ話にならん

積極的にストライクゾーンのボールを打て



これは和田監督が選手達に厳しく伝えた内容だ

確かにその理論は理解できる発言だが
そうじゃないだろうと思うのが私の本音

だってフォームがしっかりと定まらず
選球眼がメッチャ悪い重症患者が5人は居る

そんな選手にストライクゾーンは積極的に打てと
唱えた所で答えは、打ち損じのオンパレードになる

この結果は目に見えている



今のスタメン選手達にストライクゾーンを積極的にと
唱える状態は、小学校3年生に2次方程式を解けと
強制するスパルタ英才教育を敢行している状態


まずはフォーム修正と選球眼向上だと思う

段階を経ていない



今日の攝津に阪神打線はストライクゾーンに来た
シンカーやチェンジアップにしてやられて凡打の
山を築いた

こんな打線が交流戦後に杉内を打ち崩せるわけがない


ストライクゾーンを積極的に打て


いやいや、しっかりと狙い球を絞って
狙い球以外はストライクゾーンでも
我慢のファールで粘り続け
球数を少しでも長く投げさせる

そこに相手バッテリーの焦りや
苛立ちと言う精神的な部分で
攻め立てることが出来るのだから



いい投手、普段当たらない投手と対戦するなら
特にこの戦略は重要性を秘めてくるのだが。。。


監督、コーチが先走りして焦ってどうする?


スランプで苦しむ打者がまだゴロゴロしている

もちろん指導を併用しての戦術だろうが
結果的に攝津は7回を投げきって94球
7安打放って94球は少し少ないと思う

早打ちで攻略が出来なかった結果がそこにある

左対策はある程度出来ている打線だが
右投手に対しての攻略がイマイチなのが現状


片岡、和田打撃コーチに私は言いたい

広沢コーチが教えた選球眼を思い出して欲しい

彼は岡田時代、チーム打率を完全低迷させた
張本人であり、真弓政権と同時にとっとと
お役御免を余儀なくされた一人である

私は今、彼を必要としている
今、彼が2軍でコーチをしていたと想定します
恐らく若虎達は、今以上の選球眼を持ち備え
盗塁をバンバン稼ぎまくり、相手投手への
プレッシャーを与え続けることが出来ただろう

彼は打撃コーチとしての攻略と戦術の分野では、
二流コーチだっただろう

良い投手、苦手投手への攻略は
ただ一点のみ

球数を少しでも放らせて、ファールで粘り
四球でもいいから塁に出る

そこで失投を待つ


非常に単純明快過ぎて、岡田監督に何度も
怒られた打撃コーチだった

そんなん、攻略ちゃうやろ?
失投待ちなんてあり得んやろ?
データーもっと見て研究せな勝てんだろうが!


そう怒られ続けたが。。。。。
7回辺りに、疲れた投手を打ち込んで
僅差の勝利を呼び込んだ事は
皆さんも記憶に残っていると思います

金本が本当にここ一番で打ってくれた時期です


広沢コーチはフォーム修正についても、
重症患者に関しては、お手上げ状態になる癖が
あり、大スランプの打者を助ける事も
あまり出来なかったと思います

しかし、選球眼向上についてだけは
超一流だった


赤星、平野、金本、鳥谷、関本

彼らの選球眼向上に大きく貢献した打撃コーチである

その選球眼の向上の秘訣は溜めのある安定したスイング

とにかく変化球を見極めることが出来た

金本も、鳥谷も、平野も今以上に
変化球をファールして粘り続けた事は確かです

狙い球以外はファールで粘っての三振や打ち損じ

これはベンチも納得出来る打ち損じの内容だった

粘って粘って球数を投げさせた結果なのだから


四球でセットポジションに変更させ、プレッシャーを
与え、球威と制球力を低下させ、ワンチャンスをモノにする
岡田タイガースには絶対的JFKが存在していた時期
1点リードで7回を迎えたら50%以上の確率で勝利を
もぎ取れた恵まれた環境だったことも幸いだったと思うが


今の和田タイガースとの大きな違いは?


ワンチャンスをモノに出来る打線だったって事



片岡打撃コーチは、ミズノの統一球には対応出来ない
相方の高橋は話にならん状態だろう
高橋に関しては更迭してもいい位厳しい評価で
私は見続けている

新井のフォームバランスがおかしい
新井のスイングがおかしい
新井のアウトコースへの対応が非常に不安定

溜めが出来ていないし、踏み込みが遅れている

それを修正かけられないのだからお話にならない


ブラゼルの選球眼が明らかにおかしい
高めの吊り球のボール球をあっさりと空振りし喫して
アウトコースの変化球を引っ張ってゲッツー

彼は引っ張りたくてしょうがない
大きな当たりをしたいくてしょうがない

そんな彼に、まずは流し打ちを強化強制しなければ
ブラゼルシフトは常に阪神ベンチに薄笑いを
浮かべ続けることだろう


溜めを作り、踏み込みのタイミングの修正
それが選球眼向上への鍵となる


これが急務な指導内容

ボール球を振らずに見逃す確率が
ブラゼルや新井に増えたとしよう

間違いなく、バッテリーの配球は
完全に根っこから見直さなければならなくなる



アウトコースへの対応
インコースへのチェンジアップへの対応
フォークボールへの見極め

更にブラゼルの場合は、高めの吊り球への対応

この問題点は、選球眼にある

その選球眼の向上は溜めの出来るスイング



踏み込みのタイミングが早いから手打ちになる
腰の回転をフル活用したスイングが出来ない

だから打ち損じが異常に多い

これが彼達の大スランプの原因

これがブラゼル、新井の復活の鍵です


今日のゲームはビジターで1−1の引き分け

確かにビジターで引き分けは価値ある引き分けと
捉える方々も多いだろう

私は今日のゲームは勝ち負けよりも
打線の内容がイマイチだったと思う


攝津をはじめ、コントロール精度の良い
投手がズラリと並ぶソフトバンク投手陣

今日の試合で阪神が得た四球は1

積極的に打って凡打が多かった
安打数が出ても、ここ一番で打てなかった

だから1点しか取れなかった結果がそこにある

7安打を攝津から奪っている
タイムリーが上手く出たら4点は取れてただろう

そう思うわけですが、今の打線では無理な話

だからもう少しの辛抱だと私は言い続けています

もっともっとファール出来る様に
溜めと踏み込みを重視した選球眼向上


これがいつ成就するだろうか?

ちなみにマートンは四球よりも安打タイプだ
それは過去2年間の打率が結果として物語っている

平野はマートンになれるが

ブラゼルや関本、浅井はマートンタイプではない
だったら、せめて金本の様な選球眼を持って欲しい

確かに金本は打ち損じが多いし目立つが
選球眼はピカイチなのは事実
力むスイングをするから打ち損じが多いだけ
あれだけティーバックしてスイングするんだから
スイング速度は40超えても異常に速いのは確かです


その鍵は、打撃フォームの安定
コンパクトに振り抜き、素早いスイング

金本に力みがなければ、3割は楽に超えるだろうね

ブラゼルも、鳥谷も浅井も関本も
金本の溜めのあるティーバックスイングを
見本として修正すればもっともっと
打ち損じは減り、安打性の弾道とコースが
増えてくるはずです


ストライクゾーンを何でも打てとは言ってはいないだろうが

でもね、

積極的に以前に
選球眼の向上



和田さん、片岡さん
インタビューでさぁ
他人事のような無責任な発言を繰り返しているとね

選手間に溝が生じる可能性があるよ
もっと選手達に気を使ったコメントしようよ


阪神打線はもう少しの辛抱です
夜の次は必ず朝が来て
長い冬の後には必ず春が来るが如く

必ず打線の調子は上がります

このままミズノのボールが原因で引退するような
そんな打者は1軍には居ません

居たとしたなら、高橋打撃コーチぐらいでしょう

ブラゼルと新井、平野の3人の調子が上がれば
間違いなく、怖い打線が繋がりを見せる

交流戦後半にそれが成就すると信じています

あと少し、我慢の観戦

もう少しですよ

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

マートン安打生産機 再稼動


今日の勝利は非常にいい試合展開だった
先制、中押し、駄目押し

5−0といういい試合内容だった

スタンリッジは球威を感じるストレートと
スライダーのキレが良かった
ソフトバンクの打線がタイミングを最後まで
掴めなかった

藤井とスタンリッジの配球の勝利ですね

さて打線ですが7安打5得点と非常に
効率の良い勝ち方でした

7安打を放ったうち
マートンが3安打2打点1ホームラン
柴田が2安打1打点
金本が1安打2ベースヒット
鳥谷が1安打2ベースヒット2打点


4人だけが安打を放っている
まぁ、打つべき人が打ったと言ってもいいが

もう少し他の打者も打てないものなのか?と

思うんですよね

昇格した柴田の打撃が非常に良くなって来てます
いいスイングです

彼もマートン同様、タイミングを掴めています
このままいい状態で交流戦のDH制度でスタメンを
もぎ取りに来て欲しいです


大和のスイングを見て思ったのですが
彼のスイングは開幕時とは別人です
スイング時の腕の入りが早くなってしまってます

彼は絶好調のときに、控えや代走扱いが
あまりにも多すぎた

完全に試合出場機会が減った中で
好調期を終えてしまい、スランプの入り口付近まで
入り込んでしまった

実にもったいないと言うか
なんて馬鹿な起用をして潰しているんだ?と
大和に対して気の毒でならない


今なら間に合う状態
片岡さんフォーム修正を徹底的にやらんと
大和は冬の時期を迎えてしまう


今こそ、助けてあげるべき
それが打撃コーチの役目なのだから


さて、今日もマートンが大活躍

マートンは完全復活とは言えませんがwww
間違いなくタイミングがしっかりと合ってます

踏み込みもOK
腰の回転でしっかりとスイング出来ています
後は、アウトコースの対応だけです

低目をしっかりとはじき返しているので
選球眼もかなり向上してきてると思います


溜めが出来れば、選球眼は絶対に向上します

野球は10回中3回ヒットを打てば超一流

それで3割バッターなんだから

マートンの場合、3.2〜3.5回打てる計算ですが

ぶっちゃけ、今年の開幕以降は
昨年以上の大スランプでした

タイミングが全く取れない状態
更にワイドになったストライクゾーンに対し
非常にナーバスになっていた

彼自身、相当精神面でも苦しんでいたと思います

彼は低めのストライクゾーンを
絶対に逃していない


高さに関してはここ数日で
かなり選球眼を向上させました

これが彼の今出来るスイング



本当にたいしたもんです


交流戦中盤前に何とかマートンは間に合ったと思います

この勢いで安打製造を続けてほしいですね




原点は基本に返ること

さて、その言葉は和田監督が口にしたことです


ストライクを見逃さずに打て!

そう選手達に言ったそうです


まぁ、確かにね
ストライクを見逃してね
ボール打ってたらそんな発言も出ますねw

実際はもっと事細かに選手達に要求はしてると思います

マスコミには大雑把にしか話さない世界なのでね
情報漏れを非常に嫌う体質なのが野球界ですからwww


まずファールで粘ること
狙い球以外はファールで十分


これが全てだと思っています


ストライクゾーンに来たら打て
これだとあっさりと打ち損じをする原因になります


なぜならば、今現在のタイガースの打線は
フォームがしっかりしてない選手が
あまりにも多いからです
まずは踏み込みのタイミングと溜めをしっかりと
作ることでしょうね

それが出来ていないから凡打が異常に多い



フォーム修正が成就しなければ
全く意味が無い

ストライクが来たら打て!

と騒いだところでも凡打の山になるのが関の山


その結果が、4人だけで7安打って結果になるんですよね


まず平野が駄目
彼自身のスイングが出来ていないので
彼もストレートを綺麗に弾き返せません

凡打の山を築いています

ファールが出来て安打が出ない

完全に踏み込みが遅れて手打ち状態になってます
これがファールで粘って粘ってタイミングを
合わせて安打を放てれば、昨年、一昨年と同じ状態で
安打製造機2号となり、マートンと脅威のバッターと
なるのですが。。。。

どうしてもストレートを打ち損じてしまいます

ファールで粘れても踏み込みが遅くなっているので
腰で完全に振り抜けていない

だから凡打になるんですよね



彼のフォームを片岡さんはどこまで見て
どこまで修正のメニューを組み立てているのだろうか?

平野の打撃センスを開花させた片岡さんだけに
とっとと修正かけて欲しいです

彼が3割そこそこ打ってたら脅威ですよね



今のタイガースは打ち損じが目立ち過ぎ

新井さん、ブラッズ、金本、平野

とにかく打ち損じが多い状態です
金本も4番になってから力みまくってますが
毎試合ほぼ安打をしている

ノーヒットで終わらないのが彼らしいですが

でも打ち損じが多い事に、もったいないなぁっと
思うわけです

彼もホームランバッターです
小笠原と同じフルスイング派なんですよね

ミズノの統一球は手元で曲がるストレートが
多いといわれています

フルスイングは普通に考えて、力みが生じますので
打ち損じが多くなり、凡打の確率がどうしても上がります

金本はフルスイング派の中で

力んでも甘いコースは芯に当てるのが上手い方です

だからね、彼が軽くコンパクトに振りぬくスイングを
常にやったとしたならば
もっともっとミズノの統一球に苦しまなかったでしょうね

でも小笠原と比べるとずっと安定してるので
凄いなと思うわけです

彼は記録直前に停滞する癖がありますので
とっとと1500打点を決めて
リラックスした状態で打席に立ってほしいですね

ああ、そうだ
そうだった
彼今日自打球で病院直行しましたね
膝に当てちゃったんですよね。。。。

数日安静にした方がいいと思うので
明日のDHはどうなるでしょうね?

ブラゼル濃厚でしょうか?

彼もタイミングがイマイチなんですよね
踏み込みがしっかりしていれば、
左投手も関係なしでスタメンを張れる選手です

スランプ状態なので、和田監督は
左投手の試合に対しては、慎重に考え
関本起用してファースト新井にしてる

慎重に起用している感じですね

金本が怪我で離脱したとしたならば
ブラッズをDHで起用し、
打撃専門で集中させるのもひとつの
プランだと思うんですよね


明日は攝津なんでスタメンで出ると思います


いい勝ち方をしました
明日のデーゲームはどうでしょうね?

攝津をどう攻略するか?

マートン、ブラッズ、平野、新井、柴田
そして出場したら金本

ここら辺が鍵となる試合になるでしょう

3連勝してまずは借金完済

明日も熱い試合が続きます

今は試合結果以上に打撃陣の内容を重視しています

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年05月23日

狭いストライクゾーンに助けられた勝利


どんな形であれ、勝ち星には変わりない
ようやく交流戦で白星をあげることが出来た

借金は2

これだけ負けてもまだ借金は2

投手陣のがんばりに感謝しなきゃね^^;

今日のオリックスは笑える位投手陣が崩壊
ただ、ヒットやホームランを浴びての崩壊というより
四球を出して自爆した大崩壊

こりゃ、岡田監督キレまくりだったでしょうね



今日の大きなポイントは球審の杉本さん



彼はストライクゾーンが狭いタイプでしたね



恐らく普段の試合より、ボール半分位は
ストライクゾーンが狭かったんじゃないかな?

普段ストライクのところで、ボール宣告

そりゃ私だって喜びましたよwwww


これは打撃不振で苦しみ、
広いストライクゾーンに手こずり
四球を選ぶことがままならない阪神打線にとって
とても有難い神の日の夜になりましたね


実は岩田も右打者のアウトコース攻めに
手こずり、球数が多くなってしまった

5回3分の1で四球3個
更に球数が102球
岩田も苦しんでたんですよね

ただ、ツーシムとスライダー、カーブを
有効に使って本塁打を浴びても
今日は打線がしっかりと点を取ったので
2失点でも勝ち投手になれた

まぁ、6回1アウトまで2失点
あと少し投げてもらいたい所でしたが
よく抑えた展開だったと思います

ゲームを十分作ってくれましたね^^;


ちなみに中山とミンチェはそれ以前の調子
ストライクとボールがはっきりと判る状態

広いストライクゾーン
更に選球眼を課題としている阪神打線にとって
この上ないチャンスの夜

関本は4打席連続四球
金本も平野もしっかりと2つずつ四球を選んでる
鳥谷が今日は四球を選びませんでしたが
死球を食らってます

とにかくこの4人の選球眼は確かですね

関本を交流戦で使い込むのも一つの手段です


それだけしっかりとボールを見極めれば
今夜に限っては、四球をしっかりと選べる状態だった

阪神が出した四球は岩田の3個

それに対し、オリックスは12個の四球を与えている


審判のストライクの幅がボール半分狭くなっただけで
こんなに違うんだなぁっと

ただ、8回まではしっくり来ない展開でしたが
ミンチェがズッコケてくれましてwww
消化不良だった打線もスッキリさせてもらいました


さて、今日の収穫は
マートンの2本のタイムリーですね



昨日から徐々に当たりが良くなってきています

5打数3安打2打点
いつものマートンの様な素晴らしい結果です

やはり、タイミングが合ってきてます
昨日はまだ踏み込みが早かったのですが
今日はしっかりと腰の回転が出来る
タイミングで踏み込んでます

ここ数日でよくここまで戻してくれました
今日の試合前の練習で踏み込みのタイミングを
掴んだと思います


今日の3安打はいずれもローボールでした
難しいボールを弾き返してます


3回のレフト前ヒットは真ん中低めのスライダー
ちなみにボールゾーン丸出しのクソボールですが
上手く合わせて振り抜いてのヒット

このヒットは評価に値します
調子が良いと、多少のボール球でも合わせる事が出来ます

7回のタイムリーは真ん中低めのシュート
ストライクゾーンです
これもタイミングが合ってるので、センターへ
弾き返す事が出来ましたね

8回のタイムリーヒットは
アウトコース低めのストライクゾーンのスライダー
これもセンター前に弾き返してます
タイミングが合ってるんですよね

真芯にジャストミートはしてませんが
タイミングが合ってるので
芯から少しズレた所でも
しっかりと振り抜いてますので
ホームラン性の弾道は飛びませんが、
安打性の低くて早い弾道は打てます


昨年のマートンはこの弾道で安打数NO.1を
統一球元年に成就してるんですよね

普段のバッティングが出来れば、
きっと安打数を稼げると思います

マートンの打順を下げたことで
彼自身もリラックス出来たのかも知れませんが
いずれにせよ、昨日から当たりは良かったので
これからでしょう!!!

とにかくフォームバランスと選球眼
本来の姿に戻れば、彼は安打を打ちまくれるはずです

緩急のタイミングに踏み込みが合ってきた
今夜に限っては踏み込みもOK
腰でしっかりとスイングしてました

期待を込めて見守って行きたいです


今日はアウトコースのストライクゾーンが
若干狭く見る審判だったことは間違いありません

勝った日にこんな辛口を書くと
寅之助さんに怒られてしまいますがww

微妙なコースだと思えば、まずファール

これは鉄則として各打者が肝に銘じ
しっかりと実践するしかないだろう


見送って涼しい顔をしている様じゃ駄目だし
見送ってカリカリしてる様じゃ駄目

とにかく
微妙だと思ったらファール
ここでしょうね

ストライクゾーンが少しでも狭くなると
投手の配球の幅が狭くなり、ボール先行している
のが良く見えた試合でしたね


あ、そうそう、新井さん
応援ボイコット終わりましたね
今日は2安打1打点
どんどん調子上げて欲しいですね


問題は明後日のソフトバンク戦です

今夜みたいにストライクゾーンは甘くないです
いつも通りのワイドゾーンのストライクのはず

ここでファールで粘れ!

ここであっさり負けてしまうと
ズルズル行っちゃいます

とにかく試合内容をしっかりと見たいですね
滅茶苦茶重要な試合になると思います

勝ち負け以前に打線の対応力
これ大事です

よんたま
ストレートの踏み込み
ファール


これがしっかりとしていれば
そこそこ打てるはずです

次もDH戦
右投手が来たときどう対応するか?

左専門の打線構成は嫌いです
柴田をもっと使い込まなきゃね

DH戦は金本打席専門に出来るのだから
柴田と大和、もしくは良太を
常に使いこなさないと
若手育成は成就しない


浅井には悪いけど。。。。
柴田と大和が居れば結構機動力は上がります

ただ、大和も柴田も調子が下降気味
ここで使い込まないと
もっともっと駄目になるよ
*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012 Tigers

このままでは和田政権は倒壊する


打てる打線を打たせられない
勝てる先発オーダーを組めない


こんな試合を見続けている
私も打線奮起は交流戦中盤から後半と
いい続けていますが。。。。

厳しいかもしれません


今日の試合は交流戦の中で最も
ひどい試合だったと思う
私は今日の試合内容と起用法について
久々に激しく怒っておりますwwww


まず打線。。。。。
どうして大不振のマートンを3番に置くのか?

確かに当たりは少しだけ良くなってきたと思うが
まだ振り遅れている
タイミングが合っていない
腰の回転より手が先に出ている
まだまだの状態

そんな大スランプ、重症の選手をどうして
クリンアップの3番に据える事が出来るのか?

不思議でならない
あり得ない
それだけスイングが滅茶苦茶な重症患者なんだから

まずスイング修正すべきだと思います

修正はやっているのだと思うが、結果に出ていない
全く変わらない状況が続いている

何もやってないに等しい状況が続いている。。。。

全く改善されていないのが分かるだけに
腹が立つわけです

片岡は何をやってんだ?ってなるわけです


林をどうしてスタメンに置いているのか?
右投手だから?
どうしてもパワーヒッターを置きたいから?
私には理解できない


大和と浅井は右投手の時は代走もしくは
守備要員って事で。。。。

右投手で林を使うのであれば
機動力満載の田上を使う位の起用が見たい
林よりもアベレージ精度が高いと思います


名前と過去の実績だけで1軍ベンチに居られても。。。。


大和もしくは浅井は
左右関係なく使い続けるべきだと思います

今日のような交流戦
何の為のDH金本なんだ?ってことになる


大和と浅井は左専門って事になる
大和を使わずして潰す可能性だって高い
今は試合感覚を失わせてはならない時期
もう手遅れに近いかも。。。。


まず
スタメンを固定しないのは
和田さんの一番悪い癖

だと思います

特にセンターの起用
見苦しいですね

日替わり若虎。。。。。

何故?センターだけ?
左右に対応したオーダーを組んでいるのかが
私には全く理解できません



そして今日は絶好調新井良太は出番なし。。。
なんだこの起用采配は?って思いますし
そう思いません?wwwww


力みまくってどうしようもないスランプバッター
我慢してズラズラ並べるのであれば。。。。
機動力を重視してオーダーを組むべき時期は
とっくに過ぎている


だから借金が増え始めている


今日の林先発レフトはないと思う
なんだ?あの3球三振。。。。。
マートン以上にやる気ないじゃない?


何を基準にスタメンを組んでいるのか?


大和も浅井も腐る寸前かも知れません
百歩譲って左なら
田上使えばもっとプレシャー与えられたのに。。。


林を上げるなら狩野じゃないのかなぁ?
彼は唯一ファームで爆発してる選手です


打線の厚みより機動力を重視すべきだと思います
1番田上を使う位の度胸が欲しい
それ位の起用をしなければ
若虎なんて育たない

そう思いませんか?


まず今日の金子ですが
調子は確かに良かったと思いますが
決して打てない状態ではなかった

むしろ、金子に易々と勝ち星。。。。いや
完封勝利を献上しただけの試合だった

金子はストレートを主体とし
フォーク、スライダー、カーブ、チェンジアップと
様々な球種を織り交ぜる配球

狙い球をストレートに絞るしかなかったベンチ

いや、違うだろう?

何故?絞り球以外ファールで粘らせない?
何故?早打ちをさせる?



中5日ですよ。。。。粘らないと。。。。

なぜ100球そこそこで完封食らってるのだろう?


クソボールをバンバン振りまくって
相手バッテリーを大喜びさせているだけの打線



私が一番気に入らないことは
今年、更に広くなったと言われるストライクゾーン

たけどね。。。。。。
ホームベースが大きくなったわけじゃないwww
ホームベースに少しでもかすればストライクになる
ボール1個弱ストライクゾーンが広くなっただけ


クソボールをストライクと宣告しているわけじゃない


その対策を阪神打撃コーチ陣が何もしてない

何もしてないから選手達があれだけ打てない

マートンが首をかしげ
審判に絡んでご機嫌斜め

片岡さん
何やってるの?
何故?今のマートンを助けてあげないの?

ストライクゾーンで悩む選手なんだから
ここは打撃コーチの仕事だと思う
苦しんでいる選手を助けてあげるのが
コーチの役目ではないだろうか?


微妙なボールはファールで粘れって
スコアシート片手に喧嘩する位の
度胸はないのだろうか?


その為の打撃コーチだと思うのですが。。。

片岡打撃コーチはフォーム修正は上手です
しかし、いかんせん修正に時間がかかりすぎます
そんな時間のかかり過ぎる打撃コーチに
チーフの資格ないと思う
高橋打撃コーチは何をしてるのだろうか?

打撃コーチとしての実績がほぼ無いに等しい
何故?彼が1軍打撃コーチ。。。。
いや、打撃コーチをやれるのだろうか?


OBにこだわるから
こうなるんだと思う


片岡打撃コーチ、あと高橋(呼び捨て)
藪投手コーチ
有田ヘットコーチ
最後に和田監督


なぜ?ファールの指導をしない?
なぜ?フォーム修正が成就しない?

なぜ?好調維持している若虎を控えにする?
若虎選手をなぜしっかりと育てない?

なぜ?ピンチで藪はマウンドへ行かなくなった?


有田さんはどうして?
嫌われ役を徹底してやらんでポケェ〜っとしてる?
ヘットコーチはある意味嫌われ役も演じなきゃいけない

君達首脳陣が力にならず
ボケェ〜っとしてるから
勝てる試合も落とし

打てる打線も打てなくして

力みも取れない
ファールも指導できない
ワイドになったストライクゾーンの攻略も出来ない

ストライクゾーンに来たストレートを
完全に踏み込みが遅れて空振り状態

こんな大スランプのバッターがゴロついているんだから
たこ焼きスコアになって当たり前だし
どうしようもない


勝てるバランスの取れたオーダーも組めない

投手陣のストレスをドンドン作り上げ

ギクシャクしたベンチ状況を作り上げたんだから


これじゃ、真弓続投もしくは
梨田参戦の方がずっと良かったと
ファンに見切りをつけられてしまう


ここ数試合の
首脳陣の対応がなっとらんです


何度も書きますが

とにかくスランプ打者の修正が成就しなさすぎる


今の段階借金3ですが
この最悪のベンチ状況であれば
あっと言う間に借金10位に
膨れ上がる可能性もあります


とにかく打撃コーチ陣の舵取り
有田ヘットコーチの嫌われ役
そして鬼になる片岡コーチが
必要であることを強調します


数字以上にベンチの状況は悪いかも知れません

和田野球
私には全く見えない
何がしたいのか?
真弓監督の引継ぎ以上の体たらくぶり

いち早く

ストライクゾーンの対策であるファールの徹底

踏み込みと溜めの徹底

機動力重視

センター我慢の起用

この4項目を実行して欲しいですね

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年05月20日

クリンアップ大スランプ脱出の兆しあり


投手陣倒壊。。。。
まぁ、こんな試合もありますよ
今までが、本当によく踏ん張ってくれた

これだけタイムリーが打てない打線に
我慢し続けたんだから

今日位は、こんな日もあるさ。。。とね

気持ちを入れ替えるもの大事です


注文する部分があるならば
今成は毎球ごとにベンチのサインで
配球をするべきでしょうね

今シーズンは配球を覚えるシーズンなんだから
とにかくベンチの指示通りに配球すればいい

打撃面では問題ないですので
まずは配球をベンチの指示通りに行い
覚えることでしょうね


今日は10−6で大敗しました
これで交流戦4連敗です

しかし、打線の方は、わずかですが
兆しが差して来たと
私個人は考えています


実は初回、釜田はストレート以外は
ストライクゾーンへ入ってない

スライダー、チェンジアップ、フォーク
いずれもストライクゾーンへ入れてない
のではなく、入らない状態でした


カットボールでもないツーシームでもない
単なるストレート

ストレートが振り遅れる阪神打線にとって
この上ない、有難い投手の立ち上がりだった

初回の安打全てストレートであり
ストライクゾーンの球を振り抜いている


では寅之助さんと同意見である問題児3人は?


新井さんはスライダーのアウトローのボール球で
三振

相変わらず、アウトコースのボール球を
簡単に手を出して空振りしてます
当てたとしても、ファールじゃなくて
内野ゴロになったと思います

選球眼がまだ駄目ですね



ブラッズは高めのボール球を詰まらせながらの
流し打ちポテンヒット
まぁ、ドーム系ならショートフライの可能性が高い

マートンも真ん中低めのクソボールのストレートを
ショートファンブルでのラッキーな出塁だが
安打ではない


ストレート以外どうしようもない釜田の立ち上がりを
阪神打線は捕らえて事は捕らえたのだが。。。。。


問題児3人は
相変わらずボール球を
簡単に手を出している



ブラッズに関しては、今大事なのは安打数を稼ぐこと
昨日もセカンドの守備位置がブラゼルシフトだったから
安打になったが、問題は弾道ですね
鋭い当たりとは程遠い打球です
ゴロとポテンフライでしたね


高めの吊球をスイングして詰まらせている
この現実を片岡さんは、安打になったからいいよ
っと黙視している様では駄目

ストライクゾーンちゃうやろ?

ってね、教えてあげましょう

ここを黙認している様では
彼の絶好調はもう少し先になるだろう


二打席目の2ベースもボール球に手を出している
アウトコース腰のライン、ボールゾーンへに来た
フォークを流している

流し打ちを意識して打席に立っていることが分かる

彼自身、アウトコースへの対処法を
なんとなく体で思い出し始めているのかも知れない

問題はボール球に出来るだけ手を出さないように
心がけることだろう
たまたま、ヒットゾーンへ飛んだんだけどね
まぁ、打率が上がるから喜ばしいが。。。。
ストライクゾーンとボールゾーンの見極めって奴に
まだ私は不安視している


9回、小山の投じた高め真ん中のストライクゾーンへ
来た球を、ライトスタンドへ弾き返した
弾道も申し分なく非常に良い引っ張り方だった

149キロのストレート
ここ10試合以上、彼は高めのストレートは悉く
空振りをしていた
昨日今日と、高めの吊球を積極的に打って、
当て始めている

昨日と今日の1打席目はボールゾーンだったので
まぁ、芯に当てる高さではないよね
ただ、空振りを狙って投じたストレートを
当てて安打にしている

ストライクゾーンの高めのストレートなら
ホームラン打てるぜ!

こんなブラッズは相手バッテリーからすれば
脅威になる
吊球が通用しない状態になるからね


だからボールゾーンのストレートの高めの吊球は
手を出してはいけない

ただ、いい部分を表現するのであれば
流し打ちを意識し始めて実践している

踏み込みのタイミングが改善されつつある状態
これが数試合続けば、踏み込みのタイミングが
安定したと言えるのだが。。。。。
もう数試合、様子を見て判断したい

でも、大スランプの出口が近々見られるかも知れない

でも、今日打てて、明日打てない
これがスランプ継続中です
自分の本来のスイングが何処まで取り戻せるか?


1.アウトコースのボールゾーンをしっかりと見逃せるか?

2.インコースのチェンジアップを空振りせずに
  ファールでもいいから、ライナーで飛ばせるか?

3.高めの吊球を空振りせず、しっかりと芯に当てられるか?

4.低めのボールゾーンへの球を見逃せるか?
  (これをホームランに出来るのがブラッズでもある)



皆さんも上記の4点を見極めながらTV観戦して下さい

ブラッズの好調不調は金本以上に分かり易いですから
TV観戦してるだけでも好不調が分かりますよ^^



さて、私が一番問題視しているのがマートンです

彼のスイングは空振りで分かります
踏み込みが遅いので上体で振り切ってますので
顔をしかめる程の力みっぷりです

踏み込みが遅れると、
当然、ボールは目の前に来てます

慌てて手を出すと。。。。。
腰の回転より腕が早く入ってしまい
上体で振ってしまう状態です

急いで腰の回転を加えようとしてますが
手の早さに追っついてません

だから顔をしかめる程の力みが生じるわけ



それと同時に、彼の選球眼の悪さが気になります

彼ね。。。。。
メガネ(サングラス系)かけると打率上がるかも。。。。
特にデーゲームは紫外線によって見えにくいかもです


そして彼は自分のIDメモを基準にして打席に立ちます
彼のデーターは非常に事細かく書いており
審判の癖まで書き上げてるほど凄いメモです

その彼がストライクゾーンで苦しんでいます
特にアウトコースのワイド面ですね
この部分で審判に難癖をつけているシーンが
昨年から続いています

まずアウトコースの球をファールで粘るべきです

ただ、彼はそれをしない

それはボールだと判断しているからです


だから見逃し三振で審判に八つ当たりしてるわけでしょ?

だったら、鳥谷や、平野、金本を見習えと。。。。。
彼らはファールで粘っているから、よんたまが取れるし
ヒット性の当たりの弾道が飛ぶんです

相手バッテリーの立場になって見ましょう

今のマートンなら、アウトコース一杯に投げれば
見逃す可能性が高い


私が捕手なら、

変化球やストレートでファールさせて
でストライクカウントを稼いで
インコースへボール球を投げ込んで
アウトコースへ配球すると思います

それで彼を抑えることが出来ると思います

またボールゾーン真ん中低めのストレートも
打って凡打にする確立も高いです

アウトコースと低めのボール球の見極め

これが出来ないからマートンは駄目なんでしょう


審判に怒る暇があるならファールしろ

「ボールゾーン?ストライクゾーン?」

ファールしたら聞けばいい

踏み込みの遅れが治れば、ブラゼル同様
マートンも打率は上がるでしょう

そこから、本格的なフォーム修正が始まると思う

だから今は、それ以前だって事です


新井さんは選球眼に関しては今に始まったことではない

これはカープ時代からの彼の欠点でもあります

ただ、ボールが見えるときと見えないとき
これは選手の選球眼の調子なのですが

これね、相手投手によって選球眼が崩れるケースが
本当に多いんですよね

彼もマートン同様、ファールで粘るタイプではないです
手を出して凡打タイプなので。。。。。

だから打率が上がらないんですよね
彼のフォームに関しては後日アップする予定です


さて、交流戦4試合終えて、勝ち星がゼロ
これだけ打てない打線だと仕方がない

ここ数試合、今成や良太が打てない打線に刺激を与えている
そして次の試合はDH制度です


さぁ、ここからが本番です
このDH制度が打線復活への鍵です

どこまでこのDH制度を使いこなせるだろうか?

守備固めで交代する金本をDHにブチ込むのが一番いい
4番が途中で消えるってのはDHをフル活用出来ていない証拠

浅井、大和、田上
今成、藤井


藤井はね リードはいいけど打撃が駄目
他が居ないからある程度打てなくても平気と言う
安堵感があったのは事実

今成が来て、藤井のケツに火をつけた
配球なんてベンチから毎球指示出せばいい
捕球と強肩については藤井に負けていない
とにかく城島が居ない今
藤井超えをやって欲しいですね


ここら辺が火花をつらしてくれると打線が繋がると思います

まずはマートン、ブラゼル、新井さん

ここでしょうね

今日は負けましたが、収穫はありました
打線にわずかな兆しが見え始めています

明後日のソフトバンク戦で打てなくてまた駄目
それも覚悟して気を長くして待ちましょう

いい投手に出くわすと、スランプじゃなくても打てないんだから

まず徐々に調子が上がっていく

一気に打率が急上昇
こんなの、平野と鳥谷以外はキツイ状況だと思う

踏み込みが遅れてるという
スランプ以前の状態なんだから

一気ではなく、徐々によくなると思います

交流戦中盤から後半までの辛抱だと思っています

気を長くして我慢の観戦を続けましょう

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012 Tigers

2012年05月19日

楽天戦 逆転負けして当たり前の采配


真弓よりマシ程度の監督
そんな言われ方をしている和田監督も
メッキが剥がれかけている

打撃陣のふがいない状況と
理解不能の起用法で。。。。



今日の阪神は5安打2得点

うむ。。。。我慢の観戦が続きますぜよwww

今日の相手先発は塩見

ストレート、スライダーを中心とし、
カーブ、フォークを織り交ぜるタイプ

ぶっちゃけ、今日の塩見は打てる投手だった

カーブとフォークのコントロールがイマイチ
そこでストレートスライダーの2球種が
殆どと言う内容のピッチングだった

打てない
打てない
打てない

本当に打てない


スライダー的を絞ってもいいんじゃないか?

ヤキモキしながら観戦してましたが
何しろ、ストレートに対しての踏み込みが遅い

このスイングではとてもとても連打や
ダイナマイト打線なんて夢話状態

片岡打撃コーチの胃の痛みも分かるが
とにかく今、何とかしてフォーム修正を
心を鬼にしてでもしなければならない

TVで観戦していても、踏み込みの遅さ
ボール球に簡単に釣られてしまう打者達

TV観戦でも分かるってことは
ベンチなら尚更分かるわけでしょ?


踏み込み、貯め、コンパクトなスイング

この3点セットが出来ない打者達に
何を最優先すべきか?

コーチだったら改善策は分かっていると思うが
どうもおかしい

片岡さんは原因と改善点を今も

模索しているようにしか思えない


まずは踏み込みのタイミングと
貯めのスイングの徹底化

これ以外は何もしなくていい
いや、これ以外しては駄目!



実践方式とかね
ロングティーなんてね

基本スイングを失ってボロボロの選手にね
気分転換とか言ってね
わけ分かんない事タラタラしてると
交流戦内の打線復帰は絶対にあり得ない



まずは徹底してティーバッティングをしながらの
フォーム修正

この一本に絞ってやり抜くことが大事だと思う


コーチが選手に気を使ってどうするのさ?


ここがあかんのや!
踏み込みが遅いねん!

こうやって踏み込んでタイミング合わせないと
あかんやろ?



ってね
徹底的に指導しなければ駄目


きっかけとかね
勢いが欲しいとかね

ちゃうんよね

フォーム修正しなければ
きっかけも掴めないし
勢いもつけない



精神論だけで野球が出来るならそりゃ楽です

技術論に奥深さがあるから野球なんだから


さて、1−0で迎えた7回

能見の握力が鈍って来たのが分かった
ストレートはなんとか球速はあるが
球威が無くなっている

更にスライダーのキレが一気に下降

ボールが中に中に入ってきている

逆転2ランを打たれてしまったが
あの球筋では当然といってもいいだろう


誰がどう見ても代え時だったと思ったが
8回にマウンドに上がった

7回同様球威がない
ど真ん中にバンバンボールが集まっている

こりゃ危険すぎる

そう思ったが。。。。。

それでも和田監督は動かない
藪投手コーチも動かない

能見は投げるしかない

当然のごとく痛すぎる追加点を献上してしまった

誰がどう見ても、球威とコントロールが崩れた
握力が低下しているのは目に見えている


投球数で勘定してたのだろうか?



そう思いたくなる様なベンチのお地蔵さん現象

確かにエースはここで抑えなければならない

それは分かる

しかし、連敗中で今日負ければ借金突入

落としてはならない試合


試合を諦めたのか?
3点目の失点の重さも
分からないのか?



そう言いたくなる様なお地蔵さん首脳陣だった

中継ぎ陣を福原1枚で終えたことは
確かにいい事ですが。。。。。
勝負にかける日に中継ぎ温存はどうだろうね?


また、8回に 代打林 の 代打良太

星野がニヤリと笑う様な采配にしてやられたが

考えなくても分かることです

林は桧山同様、残してもいい状態だった
青山が最後に控えていたのだから
左が1枚余っても、別にいいと思う


能見の代打林を確認して星野監督は
左のハウザーをコール

ハウザー→青山の方程式
これを阪神ファンの僕ですら分かってた

だったら最初から良太で行くべきだと思った

良太は別に左専門じゃないから。。。。。

ダミーで終わった林
もったいないさスギル

9回に残しておいても罰は当たらんだろう。。。。

そう思ったわけです


8回の能見の引っ張り、8回の代打の代打


この起用は真弓レベルと叩かれていますが
真弓さんの方が上かもねって思うわけです

落としてはならない今日の試合で
貯金にゆとりのあう生活状況の采配をされては

勝てる試合も落としちゃうんですよね
迷走したらもう駄目駄目首脳陣では困る


僕だったら林を9回に残してた
だって青山が100%来るって分かってたんだから



打撃スランプ状況は悪化している

金本と鳥谷も仲間入り状態です

鳥谷を見ても、マートンを見ても
金本を見ても、新井を見ても
平野を見ても。。。。。。。。ブラッズも見ても

これだけのスランプがズラズラしてるんだからねww

これだけのスランプ打者を揃えたらね

選手個人の問題だけではなく
ここまで悪化させて修正がなかなか成就出来ない
打撃コーチ陣への批判が高まって当たり前です

フライは上がるけどね
ライナーが飛ばない

ファールを見てもね

フライは上がるけど
ライナー性のファールが少なすぎる

フォームが崩れてるんだし
貯めが出来てないから。。。。。

真弓監督が居たらね
コーチの仕事に極力口を挟まない主義でしたが

鳥谷と新井に関しては
遠慮せず、とっとと修正かけてました


和田さん、片岡さんが出来なかった修正を
真弓監督がやってたんだよね

そう考えると
今のスランプ軍団の状況も理解出来ます



つまり
統一球の対応力があまりにもなさ過ぎるって事

選手補強よりも
オマリー注入の方がずっといいと思う

今の打撃コーチの体制じゃ。。。。
厳しいと思う

踏み込みの修正が出来ないんだもん

あんなスイング計測器なんておもちゃ持って来て
ボロボロにしちゃってね

原因と改善が分からない、出来ない首脳陣

フロントはそこを見極めるべきだと思う
これだけの戦力をぶっ潰してるベンチ

甲子園に空席の目立つ試合が増えると
動くかな?

心から球団と野球を愛するフロント陣でなければ
強いチームなんて作り上げられないよね


まだまだ我慢の試合が続きます

明日打てたとしても
明後日打てない打線

この繰り返しが続いて当たり前
フォームがしっかりしてないんだもん
きっかけなんて
交流戦前にどれだけ逃してる事か。。。

フォーム修正が徐々に確立出来るのを待ちましょうね

我慢我慢。。。。
*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers