虎心不動TOP

.com/txcou

2012年05月19日

交流戦終盤までは我慢の観戦が続く


日ハムとの連敗は想定内でした
勝てるとしたならば、四球から
ランナーを出してセットポジションにして

そこからが勝負だと思いました

しかし吉川は四球を殆ど出さなかった

二戦目のウルフ
こっちの方が厄介だと思ってました

ストレート
ツーシム
そしてカットボール

3種類のストレート系を持っている


カットボールは前回説明したとおり
小さな曲がりのスライダーで
速度はストレートに近い状態

ツーシーム
これはカッターと表現する場合もありますし
ファーストボールと表現する場合もあります
MLBではポピュラーな球種でして
カットボールとは対照的に
シュート回転するストレートと表現しても
間違いないと思います

小さいシュートで速度はストレート

動くストレートそのものです


スライダ回転するカットボールと併用すれば
まさに魔球そのものです

真芯を外すストレートを二種持っている
ウルフは変化球がストライクゾーンへ
決まらなくても
ボール先行の辛い立場になっても
このツーシムとカットボールを有効に使って
阪神打線を抑えて勝てた

四球を選ぼうと選球眼と研ぎ澄ましても
ツーシームとカットボールには
どうしても手が出てしまう

今の阪神打線にウルフの攻略は厳しい
ただ、コントロールが非常に悪い状態でした
ランナー出しても、このツーシームと
カットボールにやられまくっての敗戦


ん〜普通にストレートが打てない打者が
3人もいる状態ですので。。。。。
ウルフなんて打ち崩すなんて厳しいですよね

確かに観戦しててストレスが溜まりますね


平野とブラッズのエラーによる失点
安藤もやってられない気持ちになっただろうが
彼もスタン同様、悪いなりのピッチングで凌いでた

本当に我慢比べに耐えていたと思いますが
内野ゴロでの2失点はちと精神的に参るかなぁ。。。

今年の阪神打線は
恐らく昨年以上に苦しんでいると思います

間違いないね
昨年のほうがまだ、選球眼もあったし
力みもなかった
昨年も交流戦前半までは打てない打線でしたが

今年みたいに、ストレートをこれだけの打者が
踏み込みを遅れて手打ち状態になる状況は
私でも想定出来ませんでした

今年のタイガースは、早々打てないと思います

ストレートを振り遅れている段階ですから
重症患者があまりにも多すぎて
首脳陣もお手上げに近い位厳しい状況です

しかし、交流戦は2連戦もしくは4連戦で
合間に移動休暇が6連戦のペナントよりも
幾分か時間が空きます

先発5枚でいける球団もありますしね

その時間をいかに
打撃不振の打者たちにメスを入れて
改善させて有効に時間を使えるか?

出来れば、交流戦後半には打てると思います

色々なブログを拝見しましたが
かなりストレスが溜まっている記事を見かけます

今は我慢です

交流戦で打撃改善が出来なければ
借金地獄に突入している事だろうと思います

吉川もウルフも選球眼を根本にし
力まず芯を狙う心がけを今以上に打者各々が
気を張って打席に立っていれば

特に吉川をKO出来たと確信しています


今成が阪神1軍デビューしましたね
配球面ではちと不安してましたが
まぁベンチを見ながら難なくこなしてくれました

打撃を見ると、今の阪神にとっては
本当にいい打撃が出来るほうですね
レフト方向に綺麗に流せてましたので
広角打法もいい選手だと思うし
いい状態をキープしてウエスタン時代の
良いスイングを維持出来ていると思います

とにかく徐々に阪神とセリーグの野球に慣れて
活躍して欲しいですね

浅井の当たりも良くなって来ました
引っ張ってなんぼの選手になって欲しいです
彼にとっては最後のチャンスではないが
ここでスタメンを奪い取るチャンスなのは確か

若虎の打撃安定度がイマイチならば
ベテランが奪い取ってもいいんじゃない?

その代わり、浅井、金本超えを急務としている

切磋琢磨して奪い取って欲しい

若虎達の打撃安定度が本当に欲しいですね

当てるのが上手くなれば、遠くへ飛ばさなくても
アベレージは上がるのだから
チャンスは十分ある

若虎たちは、まず当てる事から見直せば
それだけでも十分好機が訪れると信じています

片岡コーチ
そして高橋(あえて呼び捨て)

ブラゼルとマートンだけは潰して欲しくない
この二人は実践式の打撃練習なんかよりも
ストレートの踏み込みのチェックして
修正すれば絶対に打てるから

まずはフォーム修正だけでいいんだから

ちゃんと仕事して下さい


あと少し時間がかかると思いますが
必ずチーム打率が向上し
打てるチーム、得点力が上がるチームに
交流戦終盤には出来るはずです

オマリー、阪神の打撃練習に
遊びに来てくださいwww

貯め指導のスペシャリストオマリー

来て欲しいですね
*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 03:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年05月17日

城島とブラゼルの憂鬱


城島がオペを決断ましたね
各報道を見る限り、

1ヶ月でコルセットが取れて練習再開を目指す


交流戦絶望

今季絶望

前半戦絶望



記事の内容がバラバラなんですよね

腰ってね本人が一番分かってることですし
本人しか分からない怪我でもあります

本人がやる気むき出しになって
強行で練習復帰して痛めたら
それこそマイナス方向に進んでしまいます

今回もギリギリ迄我慢して
悪化してしまったんでしょうね

無理する事だけはもう勘弁して欲しい

まず、彼に伝えたい事は


しっかりと治してから
もう一度奇跡を起こして欲しい


捕手として重要な
肘、腰、膝の全てを壊してしまった

肘が限界だと漏らしている報道も流れましたし
腱がヤバイとかね
もう捕手は出来ないとイチローに話したとかね

色々な報道が流れてましたが
本人の口から出た言葉は


もう一度捕手をやることが大前提


僕はその本人の言葉を信じてるんですよね

だからどんな報道内容にもブレない様にして
彼の正捕手復帰を今でも信じてます


捕手に全てを捧げた城島にとって、
厳しい精神状態と肉体状況が2年間続いています

阪神に来て魔物に取り付かれたのか?と
オカルト的な考えを持ちたくなる位
タイガースに来て一気に体を壊した

でもね
それは、時期的な事だけなんですよね

捕手としての限界を極めた為に
長年の肉体疲労の蓄積が噴出したものであって
年齢、時期的な問題です


まずは治して欲しい


まずは、腰に負担のかからない防波堤で
大好きな釣りでもして
リフレッシュして欲しいですね


ダイエー時代、マリナーズ時代に
とことん肉体を痛めつけながら
キャッチャーとして
そして打撃理論を極めた人物です

彼はある意味
日本球界の捕手として
更に日本球界の打撃面にしても
貴重な存在だと思います

引退したとしても
立派なコーチになれるし
なると思います

その前に、もう一度
捕手として
縦縞をまとい
正捕手として復帰して
タイガース一筋で現役生活を
貫いて欲しいですね

フォークをしっかりと受け止めて
見事なリードを我々ファンに見せつけて

厳しい評価を下すタイガースファンに
捕手として意地のプレーを見せて欲しい

タイガースファンは活躍すれば
神様扱いに変換できる熱いサポーターです


まず、完全に治さなければ
中途半端な状態で強行出場してもね
ぶり返す可能性が非常に高いんだから

ね!

まずは腰のオペをして
しっかりと治して
同時に、肘と膝もしっかりと休ませて



辛いでしょうが、じっくりと長期戦の治療を
しっかりと行なって欲しい

それをしないと奇跡の捕手復帰はないでしょうから


正捕手復帰を本気で考えているのであれば
迷惑や自分の不甲斐なさを痛感して
無理をするよりも

しっかりと治して、ベストコンディションの状態に
戻してから

再チャレンジするべきです


小宮山や今成、そして藤井、更に岡崎

彼らをなぎ倒して正捕手復帰をするのだから
そりゃ大変です
彼らも闘志むき出しにして、捕手がんばってるんだから

だからね
中途半端な治り具合では勝てないんだから
自分にも、彼らにも勝てなんだから

まずはじっくりと治して頂きたいです


今年のオープン戦
腰を痛めるまでは
球団ダントツの打撃力

それは実証したのだから

体さえ治せば全然打てる



城島ファンの方々からも沢山
悲痛な叫びをこんな私にww
ぶつけて来たゲストさんが居ます

城島ファンの皆さん
彼が居なくてもテンション下げずに
貧打線タイガースを見守って
ペナント制覇を信じて応援しましょうね^^




さて、ブラッズの憂鬱ですが
ストレートが打てない状況です


これは西武時代にもなかった程の大スランプです

彼も相当精神的に疲れてると思います

まず城島との併用
これはプライドの高い助っ人に
絶対にしてはならん起用法だったのかも知れません

キャンプ当初、私は
併用に賛同してました
しかし、ブラゼル主が条件で賛同してました

城島VSブラゼルではなく
城島とブラゼルのコンビとして
併用するならOK
でもブラゼル主は譲らない形での賛同

でも、プライドの高いブラッズにとっては
あり得ないコンバートとして
受け止めてたかも知れません


ブラゼルからすれば
寝耳に水状態でキャンプインしたのは事実です

今思えば、胸中穏やかではなかったんだなぁっと
思うわけです


俺は阪神タイガースの助っ人として呼ばれたはず
若手選手みたいな扱いをされて
城島とファーストを争うなんて冗談じゃない



もしかしたら、首脳陣とギクシャクしている
部分があるのかも知れませんね


今回、城島が戦線離脱しました
それはチームにとってもファンにとっても
非常に痛い状態です

特に交流戦は楽しみにしてたコンビだっただけに
非常に残念ですが


ブラッズにとっては
集中できる環境になった


ここで本腰入れてスランプ脱出してもらわないと

助っ人としてどうなんだい?

ってことになる状況になったと思います


守備は上手いです
恐らく城島やどんな若手が束になってかかっても
彼のファースト守備、特に捕球面に関しては
絶対に彼に勝てる選手は、現在居ません

だから、今は打撃不振を治す事一本でいいんです


スライダーは飛ばせて、ストレートは凡打


これがもっと続けば間違いなく
ファンも見切ってしまいますし
フロントも本腰入れて動いてしまいます


確かに首脳陣の城島コンバートプランは
ブラゼル本人にとってヘソを曲げる
行為だったかも知れない

でもね、城島、ブラゼルの両名が
これだけの打率でこれだけの本塁打で
これだけの打点だとね

首脳陣にもフロントにも勝てない

実績と結果が全ての世界なんだから

ただの共倒れにしか見えない
それが現実



まずストレートの振り遅れ

これは力みと踏み込みが原因

踏み込みが遅いとどうしても
腰より先に手が出てしまう


上体でスイングしてしまうので
大げさに言うと手打ち状態

腰の回転を軸に出来ていません


どんなにパワーに満ち溢れていてもね
手打ち状態だと

スマートな大和よりも飛ばなくなりますし
いいライナー性の当たりすら出ません

本人も分かってるんでしょうけどね

ライナーでなく打ち上げてる

だからフライでアウトになる

左中間、右中間の深い位置に飛ばしても
外野手が追いついちゃう


今のブラッズは失投しなければ怖くないです


踏み込みが遅れて力んでるから


まぁね
あの助っ人と大喧嘩出来るデーブ大久保ですら
西武時代、打撃指導で手こずった過去もありますから

頑固な部分もあるんでしょうし
焦ると力みが取れない性格でもあるんでしょうね

中日戦の対中田戦では非常にクレーバーな
スイングを見れて
ブラゼルシフトをあざ笑い
ライトへレフトへいい当たりを見せてくれたのですが

まぁ踏み込みが遅ければ
速球派はもちろん、状態のいい投手には勝てません



まずは踏み込みを早くして貯めをしっかりと作ること



選球眼向上する為に、打ちたいボールが来ても
タイミングが完全に見切れるまで我慢して
ファールで粘ることを心がける事

これが出来ればスランプのトンネルの出口は
意外と早く見えてくると思うのですが

ブラッズ自身の性格面でも
焦りが出ちゃったり、どうしても大きいのを狙ったりね

精神面でもリラックスさせないとね

城島とのファースト争いは
ある意味、逆効果になったかも知れない
結果を出さなければ、城島に取られるという
焦りや不安を生み出し
空回りをさせたのかも知れない

和田さんもちとドライな部分が強すぎて
彼を持ち上げたり、褒めたりすることが
足りなかったかも知れない

助っ人も若虎も同じ扱いをする

かっこいい響きですが
和を大事にして行かないとね

城島が居なくなってもね
ブラゼルの状態が悪ければ
喜んでファーストに着ける選手が居ます

新井さんと関本さん

だから城島がいなくなっても同じです



今の片岡さんの指導は空回りしている

何やっても駄目だからロングティーを
やらせてリフレッシュさせたのかも知れないね

まず片岡さん自身が
統一球(特に動くストレート)の攻略が
全く出来てないんじゃないかな?


ただ、フォーム修正は上手い筈なんです
特に左打者のフォーム修正はピカイチなんですよね

フォームがしっかりとしていれば
貯めも作れる
最後までボールを見極めることが出来やすくなる

コンパクトに振り抜く

それだけでスタンドイン出来る体持ってるんだから

力んで引っ張る必要はない

コンパクトに振りぬけばいいんだよね



コンパクトに振りぬければ
彼はフォークだって放り込める天才です

今、ここで修正しないと来期のブラッズの
縦縞姿は見れない

そう思ってます

交流戦って6連戦じゃないので
2試合やって移動休み
4試合やって移動休み

ペナント以上に修正が出来る時間が
約1ヶ月強あるわけですから

ここでじっくりと治して欲しい

まだ今ならギリギリ間に合うと思う

ヒットが続けばまだ打率はすぐに上がる時期です


城島とブラッズのファースト起用
残念な事に怪我と大スランプと言う
共倒れの状態に陥ってしまった


城島は治療と闘い、ブラッズは己自身のフォームと戦う

この二人の重なり合う憂鬱

この時期を互いに乗り越えて
二人の活躍が見たいですね


*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

首脳陣が負けゲームにした日ハム戦



昨日アップしました記事に、本拠地での試合で
勝つことが重要である事

更に、ID野球を徹底して行うことを
書かせて頂きました

日本ハムの打者を見て思ったのが
とにかく各打者の選球眼が
阪神よりもずっとずっと優れていたことです

変なボールには手を出しませんね。。。。

パリーグの打者は確かにすごいなと

感心しましたね


今日の試合は3−1で負けました


まず先発スタンリッジは悪かったですねw
高めにボールが集まっていたので
藤井も配球で相当苦しんでたと思いますが

まぁ、6回まで投げて
2失点で降板しましたね
悪いなりの投球が出来て
最低限のゲームメイクは出来たと思います

だからスタンは悪いなりの投球で
最低限の仕事は出来ました




問題は、吉川攻略が遅すぎた首脳陣である


これは前々から書こうと思ったのですが
今年の阪神でよくある記憶が

打者1順目の9人をパーフェクトに抑えられる

つまり試合序盤の1〜3回まで全くランナーを
出せない試合が本当に多いんですよね

先制点の確率は当然下がりますし
主導権を相手に渡して投手陣が我慢の投球になる

こんな展開になってるんですよね



ファールで粘るって野球の基本です

ず、ファールってタイミングを合わせるのに
必要不可欠なんです

球数を投げさせ、あらゆる球種を投げさせ
各球種に対する貯めを作る対策が
打席上で出来るのだから。。。。。

あの低打率の駄目コーチと叩かれた
岡田時代の広沢コーチだって徹底してました
その効果が、現在の、平野、鳥谷、金本、関本の
よんたまトレ〜ル隊を作りあげたのだから


たまに中途半端なバッティングをして内野ゴロの
アウトを見ませんか?

よくTV実況とかプロ野球ニュースとかでさ

「中途半端なバッティング」
とか言うシーンに出くわしたことないですか?


私も高校野球のころ、ファールを狙って手先で
合わせたつもりが、フェアーゾーンへ転がってしまい
凡打で終わって監督にごっつう怒られた記憶があります

あれは、打ち損じのひとつですが
明確に言うと、ファールしそこなって内野ゴロが正解


タイミングを合わせる
もしくは、球種を確かめている最中に
ミスを犯してアウトになるケースです

阪神ではブラッズがたまにやりますね

これがね、実は、ファールをしながら
緩急や剛速球のストレートなどに球種の
軌道(球筋)やタイミングを計ってるんです

昔、巨人に在籍していた箕輪選手がよくやってました
彼がファールで散々粘ったあげく、
本塁打を放つシーンを何度が見た記憶があります

タイミングが合ってジャストミート出来た証拠です


実はファールで粘るのが上手い選手は
安打数が多かったり、ホームランが多かったり
打点が多かったり
更によんたまがよく選べたりする事が出来ます



ファールで粘るという利点はいくつもあります

相手投手の配球を精神面苦しませて失投を待つ戦術

相手投手の球数を沢山投げさせてスタミナを奪う

ファールで粘りながら球種ごとのタイミングを計り
絞り球が来たら、しっかりとスイングを出来る


だからね
ファールで粘れる打者って極めて技巧派であると
共に安打数が多くて四球も選べる選手

つまり出塁率も打率も良い選手が多いって事です


代表的なのがイチローですね


では、今日の様に交流戦という土俵にあがると
お互いに普段戦う機会がない投手と対戦します

その時、必ず試合前のミーティングで
相手投手のデーターを話し合い、
攻略の糸口を確認し合います

それでもなかなか打てないから野球って奥が深い

その場合、一番いいのがファールで粘ること

まず、各打者がファールで粘れると
相手投手のデーターが試合中に
バンバン作成されます

阪神もそれを常に行なってはいますが

いかんせん。。。。貯めが出来ない大スランプ打者が
ズラズラとおりますのでwwwww

ついつい、甘いコースに来たボールを
ミスショットで凡打して相手投手のリズムを
謙譲してあげちゃうケースが非常に多いんです


更に今日の吉川は左打者から見て
非常に球筋が見づらい状態だったと思います
タイミング合わせられませんでしたから。。。。



阪神が序盤相手投手の様子を1順目で見ます
しかし、今現在は大スランプ打者が多いため

ファールで粘れず、結果的に
早打ちをして淡白な攻撃で終わる


こんなんじゃ、打者からのデーター収集は
乏しい内容量になると思います


まずは狙い球が甘いところに入ったとき以外は
ストライクゾーンへ来たらとにかくファールで粘れ!

ファールで粘ってタイミングを掴め!

これ位厳しく各打者に厳しく言わないとね
初者、苦手投手の攻略なんて出来ない

相手投手が不調な時はどの球団だって打てますから


まず、序盤はファールで粘る。。。。

和田政権になって平野も不調なのが響いて
なかなかファールで粘れる選手が居ないんですよね


選手にある程度
好きにやらせているじゃないだろうけど

それに近い状態に見えてね

今の首脳陣(和田、有田、片岡)3兄弟は
選手に合わせた状態で本当に後手に回ってる
首脳陣に見えて仕方ない。。。

と思うのですねwww



今日の吉川相手に対しても序盤ランナーも出せずじまい
マートンの落球出塁も4回でしたが
相手エラーが初出塁。。。。

確かに勝てないわけですよ
序盤にファールで粘って攻略の糸口を
探っていないんだもん



まず対戦が殆ど無いパリーグとの対戦
立ち上がりこそ慎重にボールを見極めなければならない


今日の吉川は左打者が、杉内のスライダーの様に
全く歯が立たない状況下に陥ってしまった


まず今日の吉川のストレートは急速以上の球威を感じました
伸びてるんですよね
加速している最中にミットに届いてた感じがします

やっぱね、投球フォームの改造に成功し
リリースポイントの精度が上がった状態の
速球は凄いですね

しかし、それ以上に凄かったのがスライダー
左打者にとっては非常に厳しかった様です

距離感が全く掴めていませんでしたね

あのスライダーがワイドになった
ストライクゾーンにバンバン流れるように
コーナーにビシィ!って決まってたんでしょうね


まず序盤の吉川を見て
片岡打撃コーチは、どんな指示を出したのだろうか?

左打者達に
スライダーを絞り球から完全に切り離し
スライダーはファールで凌いで
ストライクゾーンにストレートが来るのを待て

とにかくファールで粘ってタイミングを掴みなさい


こんな指示をしていれば、
もう少し早い回に吉川を降ろせたのではないか?
と思うわけです

まずスライダーに対し左打線のスイングを
が泳がされてしまっていた

相当キレの鋭くコーナーを突いて来てたと思いますよ


今日の金本とブラゼルは特に吉川と相性が悪かった
金本はスライダーにやられまくってましたが
ブラゼルに関してはストレートにやられてました

ブラゼルは5回、新井のヒットの後、4球全部ストレート
しかも、ど真ん中のストレートで三振しています

ちなみにその4球のストレートは全て130キロ台です

吉川のフォームとボール軌道が本当に見えにくかったの
でしょうが、あまりにも淡白すぎます

ブラゼルは貯めが全く出来ない状況の大スランプ
もうすぐ1割台に突入する勢いです
そんな貯めの出来ないブラゼルに対し、ロングティーを
強行した片岡さん


状態が後ろに行ってるからそこを修正した


いやいやいや、貯めが出来ないんだから
ティーバッティングしながらのフォーム修正

そっちのほうが絶対急務だよ


貯めが出来ず踏み込みが遅いから
ストレートを綺麗に弾き返せない時が多い

つまりブラッズは大スランプバッターです


まずは貯めをしっかりと作るフォーム
踏み込みのタイミングをしっかりとしたフォーム


まずこれをティーバッティングで徹底して
フォーム修正を行なわなければ
なければ、
絶対に打率なんて上がるはずがありません


体重が後ろに下がるからロングティー


ん〜それ以前に貯めと踏み込みでしょう!!!
踏み込みが遅れてストレートに振り遅れている状態

こんな状態でロングティーをやると言うことは
私個人的には無謀だと思ってます

ロングティーはフォームがしっかりしている状態に
行うことがもっとも望ましいわけだから

貯めが出来ないで踏み込みが遅い選手が
ロングティーをやると。。。

大振りの原因を作り、今日みたいなど真ん中のストレートを
振り遅れて三振したりする原因を作ってしまうって事

確かに飛距離は伸びるかもしれない
でもアベレージが上がらなければ、全く意味がない

低打率でたまにホームラン

そんなブラッズなんて見たくない


鬼になってでも踏み込みと貯めを根本とした
打撃フォーム修正をしなければならんのです

それが片岡さんが出来ないのか?やらないのか?
私には分からないが。。。。やらんことは

タイガースのブラゼルを潰す事に繋がっていく
状況であることを分かってもらいたいですね


最後に彼は大阪のベンチリポートの土井さんに
冗談でも言ってはならんことを吐いた

パリーグの投手は全然分からんよ

スコアラーやデーター収集はどうなん?
行き当たりばったりでやっとるんちゃうの?

と誤解を持たれる発言をしては絶対にならん立場です

例え冗談であっても絶対に発言してはならんことです

冗談を言える打撃状態ではないってことを
まず理解していないと思い、ガッガリさせて
頂きました

まずファールで粘れる打撃フォームをちゃんとしてるか?

大和が見せた5回の11球の粘り
ゴロでアウトになったが、あの粘りこそ
バッテリーが嫌う打者です

代打で出た新井良太
インコースのストライクゾーンのストレート
2球連続で見逃し
最後はスライダーのクソボールを三振

淡白過ぎます

片岡打撃コーチ、高橋打撃コーチ

どんな指導をやってどんな改善策を持ってるのだろうか?

こんな体たらくな指導内容では
ミズノのボールはまず打てないでしょう
ペナント所か?Aクラスも厳しくなります

でも必ず、交流戦後半には、ブラゼルもマートンも
平野も打てるようになっているはずです

貯めさえ作れれば何とかなる実力者達です

もう少し我慢の観戦試合が多く出てくると思います

最後に球数を投げさせるファールの技術と
よんたま選びの仕事が出来れば
吉川はもっと早い回に捕まえて
マウンドから引き摺り下ろせたと思います

確かにいい投手です凄い投手です
攻略が難しい投手です

でももっと打てたと思います

首脳陣の仕事は頑張っていると思うのですが
もっともっと各打者を助けてあげる指導力が足りてない

そう思っています


*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:57 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012 Tigers

2012年05月15日

ホームゲームが重要な交流戦


明日から交流戦が始まります

私が毎年思うことがありまして
セリーグのファンの方は、パリーグを過大評価
している傾向が本当に強いなぁと。。。

私から言わせてもらえば、
パリーグが強くて当たり前

だってそうでしょ?
公式戦では、投手は投げるだけでいい
バッターボックスに立つ必要性なんてないんだから

セリーグの投手以上に、練習の段階から
常に投球だけに集中できる

非常に恵まれた環境化で過ごしているわけです

セリーグの投手は、高いバント技術を非常に求められます
阪神の投手陣はバントが非常に上手いですし
バッティングもそこそこ頑張れます


結構打撃練習してるんですよ


打撃の練習をしなくていいし、打撃にも立たなくてもいい
故障だって少ないです
打ってランしなくていいんだもん
一昨年の能見、走塁で半年棒に振ったんですよね

打席に立つか?立たなくていいか?
これは天と地の違いですね

パリーグの投手は、試合展開の都合で
代打で泣く泣くマウンド降板なんてないんです


ダルビッシュがセリーグで
相手投手も好投してたらどうだったんだろう?
そんな想像をして下さい?

シーズン通して、代打のシーンだって絶対にあった
と思うんです
マエケンみたいな感じになると思います


だから、セリーグはパリーグ以上に
中継ぎ陣が1、2枚充実してないと
1シーズンは戦えないんです



だから浅尾や久保田の様に
便利屋救援投手が出てきては
酷使で肩を壊して、シーズンを棒に振る

とにかく浅尾が敵ながら心配です


セリーグの方がずっと厳しい環境下で
戦っていると思うんですよね

元来の野球スタイルって奴です

パリーグで防御率がセリーグより悪いチームは
戦力的に問題があるチームだと思っています


パリーグの方が投手力が上だから交流戦は厳しい

当たり前ですwwww
常日頃の環境が違うんだから

だからセリーグが勝つためには
まず、先発投手をいかに早く降ろせるか?

そこが一番のポイントですね



次にDH制度


守備が下手、もしくは年齢的に
フル出場で守備打撃両方厳しい選手が
打撃力で評価されれば、一人だけ試合に出られる

打撃専門の選手が一人設置できる

多少の怪我でもバッティングだけなら試合が出来る


それがDH制度です


守備が下手でも、出来なくても4番に座れる
環境がある

守備で怪我をする確率がないに等しいんです

だからDH選手は
足が遅くて代走意外は、打撃に集中してればいい

新井とかDH制度があったら凄いんじゃないかな?ww
スランプ短く済むと思いますよwwwww
守備の集中力の神経要らないんだから
打撃フォームオンリーで集中できるんだからwww

それがパリーグなんですよね

打撃専門が一人設置出来る
投手は投げるだけの環境下でもいい

そりゃ、
パリーグの方が
投打にレベルが高くて当たり前


ただ、DH制度の凄い所は

投げる専門でいい投手相手に
打撃陣が戦い続けていること

これは打撃陣のレベルが上がって当然の環境下です

それは凄いなっと思うわけです


セリーグ派の私としては
守備も打撃双方で結果を求められる環境
投手陣もそれを当たり前だと考えてます

逆にパリーグはそんな環境が必要ない
投手陣、更に主砲が一人居座れる環境

パリーグが強くて成績がいいのは当たり前なんです


だからセリーグの打撃記録保持者って凄いと思うよ
全部こなしての結果だもん
もっともっと高く評価されるべきです



DH制度ってMLBでスペクタクルな野球を楽しめる
様に作られた制度です

私個人的には、元来の野球スタイルって大事だと思う
投手陣だって、打撃面で迷惑をかけたくないから
バントや打撃の練習も兼ねて行なう

守備が出来なくなったらスタメンを外されて
代打専門になってしまう

そんな厳しい環境下が元来の野球のスタイルであり
それを貫くセリーグはエライと思うわけです


だから金本って凄いと思う
本当に4番に戻ってきたんだから


ただ、逆に言わせて見れば
日本シリーズを見ても、交流戦を見ても
セリーグってDH制度を上手く活用出来てないねwwwww

お試しか!!

と突っ込みを入れたくなる様なww
とりあえずのDH打者を置く傾向も強い

だから交流戦惨敗するんだよね



昨日、城島の記事を書きました
あんな記事でも有難い事に結構な反響を頂きまして

城島はパリーグへ行くべきではないのか?
DH制度へ行けばすぐに野球が出来ると思う
それが彼の為かもよ


というメールも数通届いておりました

捕手もファーストも出来ないけど、せめて打撃だけでも
野球を続けたい

そんな最悪の状況に陥れば
それもありだと思うのですが
まず、今現在の城島という選手を理解してないんです

まだその発言は早いでしょ?
彼は今、阪神の一員です

彼は守備が大好きな選手だと言う事
捕手に誇りを持って戦っているし、
奇跡の大復活を願って今、この瞬間も戦っている

日本代表の捕手の誇りを捨ててる選手だとは思えないし

阪神球団に対して、何とか恩返しをしたい
阪神投手陣のボールをもう一度受けたい

まずフォーク取れるようになれと言いたいですがwww

そんな気持ちでリハビってると思うんですよね

そこをもう一度考えて頂いて発言して欲しいのが私の本音

彼がそう判断した最悪の悲しいケースになった場合

怪我が原因でしょ?しゃーないよ

給料ドロボーって送り出して彼の今後の活躍を
祈ってあげればいいと思っている


ただ、今は彼は阪神球団の一員として戦ってる


だから私は、もう一度マスクをかぶる
かぶりたい彼の意思を信じてますので

今、彼にDH云々を問うことは早いと思います

彼にDH云々は、今年捕手を断念したから
交流戦の12試合のDH制度で活躍をして欲しい

それが球団の意向であり、ファンの願望だったんだけど
今、福岡でリハビってるんだもん
諦めるしかないね

彼自身が最初のシーズンで打撃成績を残せても
捕球面でずさんだった事を反省して
来シーズンの課題として取り組んでた時に
怪我して現在に至るわけだから

年齢的にも怪我の状況にしても
最後の怪我との戦いと覚悟してリハビってるんだから

本人が一番危機感を抱きながら戦ってるんだから

阪神の一員である以上
今は阪神の選手としてリハビってるんだから
今の段階で彼の為を思ってDH制度へ行けと言うのであれば
それは阪神城島を応援してるのとは違うと思うのです

彼は奇跡の捕手復帰を阪神で実現する為に
その日を目指してリハビってるんだから



もう少し暖かく、長い目で彼のリハビリを見守って欲しいです


小宮山や藤井の方が圧倒的にリード面がいい
でも、打撃や全ての面においてひっくるめて見てみたら
打てる捕手ってのがどれだけ有難いか?
巨人の阿部ちゃんだってどれだけ凄いか?って事が分かるよ


捕手に結構な確率で代打

あり得んでしょ?
今は仕方ないけどwwww
こんなんで過大評価をしてはならんです

そんなんで城島よりいいなんて言っちゃいかんでしょ?

救援、守護神には代打で下がって違う捕手
そんなんで真実の正捕手なんて絶対に認めない
打つのが駄目な捕手じゃ守護神の球受けられないじゃん

リード、スローイン、投手のメンタル的部分での気遣い

そして打撃
その全てが兼ね揃って初めて正真正銘の正捕手であり
誰もが認める頼れる捕手になれると思うから

城島には勝てないと思ってる

投手が不調時にどこまで凌げるか?

ここが捕手の一番評価すべき所ですね

もし彼らが城島超えを完全に果たせば
それはそれで世代交代や正捕手を実力で
奪い取った真のプロ精神の勝利だと思う

それが達成されたら僕はその捕手を称えるし
心から信頼して応援もします

城島だけが正しい捕手ではないので
彼も人間だから間違いやミスだって多いよww

正捕手の立場ではない事は城島本人が一番分かってるし
一番危機感抱いているのだから

今は彼の怪我との戦いを応援してあげましょうね^^



ああ、そうだww交流戦ねwwww
どうも城島の記事になると熱くなる癖が抜けないww
捕手出身のブログは偏りがあっていかんねwwww

んじゃ交流戦www

阪神というか、セリーグのチームは

本拠地のゲームをいかに取るか?

そこなんですよね

まずそれを達成しなければ、交流戦で上位に食い込む
事が出来ないはずです

更にDHをどこまでフル活用できるか?

セリーグのDHの使い方は
普段代打で出場機会が少ない選手がDH制度により
一人出てくるわけですから
ベストコンディションでないケースが多いんです

それじゃ全くDH制度の活用性の意味がないんです

代打の選手、守備要員の選手、控えの選手のいずれかの
選手がDH制度により一人増えるわけです

つまり打線が繋がらないと全く意味がないんです

その選手が投手並に、4タコとかすればね
パリーグの思うツボです

控えの選手の中で、状態のいい選手を交流戦に作れるか?
そして出せるか?

その選手が力まずキチンと練習とおりにコンパクトに
振り抜けるか?

落合さんが上手かったですよね
あまりにも打線全体が打てなかったから
交流戦優勝を逃しましたが
セリーグで一番交流戦良かったシーズンがありましたね


更にID野球の見せ場でもあるのが交流戦

普段戦ってないでしょ?
絞り球、狙い球をどこまで攻略できるか?
スコアラーって重要なんですよね

特にミズノのボールになって重要性が高まってます

ストレート
いや、微妙に変化してる

ここをしっかりとデーター化しないと打てません

なんでもストレートで一縛りにしてデーター献上してたら
打てるわけない
これがミズノのストレートなんです

選手とコーチ、スコアラーで情報交換をもっともっと
更にもっと綿密にしないと、ミズノ統一球の
ストレート攻略は無理ですね


バレンティン
スライダー打つでしょ?
ストレートよりもスライダー狙うときが多いです

微妙にストレートが動くと思ったら
芯を捉え易い得意球種のスライダー待つんですよね


だからストレートはファールしてるとき多いですもん

ブラゼルにそこまでのゆとりの打席が出来ればね
あんなクソボール空振りしてストライク先行に
ならんのですが。。。。


そろそろバレンティンも下降線に辿ると思いますww

ストライクカウントを取りにくる変化球を
いかにクリーンヒット、真芯に当てられるか?


これも交流戦の重要課題でもあります


今の阪神の打撃陣を見るとww
厳しいですねwww
ストレートバンバン詰まらせてますし
甘い変化球を絞り球に入れずに見送っちゃいますから


ストレート狙いだけじゃミズノにもパリーグにも
リーグ戦でも勝てんぜよwwww
動くストレートをもっと嫌いなさいよww
ストレート来た!!じゃなくて
動くストレートは詰まるから嫌だって
もっと動くストレート嫌いなさいよ!!!www



マートン、ブラゼル、平野
この3人の調子が上がればなんとかなるのですが

片岡さんモタついてるからなぁ。。。。
タイミングを合わせる事を根本に指導しないと
両外国人一歩間違えると来季ヤバイよ。。。。


この両外国人だけは潰されると困るから。。。
こんなにいい外国人助っ人早々揃わないからね

片岡さん頼むからとっとと修正頑張ってよ




今年のオープン戦、城島が絶好調な時は
こりゃ交流戦イケルかもって思ったのですが

林ちゃん来てますでしょ?www
彼に頑張ってもらいたいけど
今のタイガースの交流戦は、機動力の投入の方が最優先すべき
多分寅之助さんもここは同じ意見じゃないかなぁ


若虎守備は上手いんだから、即使えます
大和と柴田、良太の使い方が鍵になるでしょうね


その機動力向上を考えたDH起用選手の起用法は重要です


今成も代打だけでも使い込めます

関本と林は代打の切り札的存在にした方がいいでしょうね
ここ一番で必ず必要になると思います

林スタメンで使っちゃいそうだなぁwwww

機動力、守備力を最優先したほうが
パリーグは嫌がるはずなんだけどね

抑えるだけ考えればいいもん

ランナー出て緊張感と緊迫感与えて
ゆとりのないセットポジションにしないとね
パリーグにもペナントにも勝てないよ


ミズノ統一球に対して一番勝てる方法の野球だと思う


今年の交流戦も、前半は苦しむはずです
だからこそ、ホームの利点をフル活用して欲しいです

岡田オリックスにだけは負け越すなって感じですね
京セラも使ってるんだから

打撃陣は交流戦前半は厳しいと思います
この交流戦の間にどこまで打撃陣の状態を
良く出来るか?

これ出来ないと、ペナントは取れないと思ってますから

まずは日ハム戦
ダルおらんですよ
甲子園なら日ハムに勝てる野球が出来るはず

厳しい試合をなんとか勝ち取って欲しいですね

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年05月14日

城島に襲い掛かる試練


さて、城島が今度は左座骨神経痛で
登録抹消された

復帰の見通しについては不明
現在福岡で治療に専念している

報道はされていないが
当然、膝と肘もしっかりと診断してるだろう


この左座骨神経痛ってのは色々と原因が
考えられると言われているが
恐らく、膝をかばって引き起こした痛みが
原因ではないかと思われる

今年の打撃を見る限り
振り遅れによる凡打が非常に目立っていた

オープン戦あれだけブレイクしていた城島が
開幕直前に一気に打撃不調に陥ってしまった


どこか悪いのではないか?
彼のスイングを見て心配してメールを下さった
ユーザーさんが沢山いらっしゃいます


交流戦でのDHでの打席を見ないと何ともいえない


随分あやふやなレスを続けていました


捕手として尊敬し、正捕手としての奇跡の復帰を
願っている僕にとって、彼の肘、膝の再発が
起きたとしたなら、捕手は出来なくなると分かっている

それだけに、現実を受け止めたくない自分が居て
目を逸らしていたのは事実です
彼の現状をあまり知りたくなかったし
彼の打撃不振の姿を見て、痛々しく見えて
逆に辛かったですね


僕自身、彼の存在感を必要としているし
彼の捕手能力も高く評価している

野村、古田、城島、谷繁

もっと沢山の捕手を尊敬しているが
この4名は僕の中では別格です

強肩だけじゃないから尊敬出来る
リード面だけじゃないから尊敬出来る
打撃だけじゃないから尊敬出来る


捕手って打撃とリードとスローインと
性格面、精神面と他の野手に比べると
負担が思いっきりかかるポジションなだけにね

打撃がそこそこ悪くても甘めに見ちゃうんですよね
小宮山の打撃も甘く見てましたもん


城島が阪神へ加入して見せたリード

必要以上にアウトコース一辺倒のこだわり

これは非難轟々の的となりましたね
正捕手だった矢野や狩野の配球とは
全く別物だったので、ファンが納得しない形となり
非難轟々の形となりました


更にチェンジアップ主流のMLBで5年も居て
フォークを取れなくなってしまった
キャンプ中でも改善できず
後ろへ逸らしてピンチを拡大するなど

叩かれまくってましたね


アウトロー一辺倒についてはファンが納得しなくても
各投手が十分納得して投げていた

アウトローにミットを構えてまた要求

その中には各投手へ要求し続けた事があります


決め球以外のストレート勝負

コントロール精度が向上すれば
アウトローで勝負のバリエーションが増える

今以上にここ一番で
もっともっと抑えられるんだ

だから、4シームのストレートを
思いっきりここに投げて来い!


彼が唱えたアウトローへの執着心

配球が単純だと大誹謗されてましたね
相手に読まれる配球だ
フォークがあれだけ取れなければ
思い切って腕を振って投げられないだろう?


フォークの処理はゴメン
必ず感覚取り戻すから

そんな気持ちを持ちながらプレーして居たのが分かる

ここ一番でフォークのサインを出してましたから


そんな大誹謗が続く中、彼は入団当時から、
今活躍している筒井を一番高く評価していた

筒井のストレートは凄い
右打者に対しても通用する球威がある
その為には、右打者のアウトローへの
配球が重要課題なんだけどね

凄いストレート投げるよ


その筒井は右打者にも通用する
球威溢れるストレートを投げている


強打者、正捕手城島も
流石に怪我には勝てない


膝、肘、そして今度は腰

捕手として重要な部分を全て壊している

膝と肘に関しては長年蓄積された
捕手としての職業病であり
特に無理な体勢でもスローイングで
相手ランナーを刺す姿勢とこだわりが
引き起こした疲労蓄積の怪我


ついに体が悲鳴を上げたって感じかな


自分の体の負担よりも
ひとつのアウトを優先させた
選手生命を縮める行為をしてでも
ひとつのアウトを取ることにこだわりを
持ち続けた結果だと思う

そのスローインで何度も何度も
投手の精神面を助け続けた

ダイエー時代の投手陣が一番知っていると思う



彼の阪神加入は本当に頼もしい限りだった


初年度はフォークへの対応に手こずり、
ファンから非難を浴びる格好となった

しかし打撃面では大活躍

打率3.03 本塁打28本 打点91

この数字は主力選手の中でも素晴らしかった


そんな彼も入団1年目の終盤、走塁時に膝を痛める

そこからは地獄の日々が現在も続いている


今回の戦線離脱

あれだけオープン戦爆発していた打撃が
オープン戦終盤の4タコを皮切りに別人のように
打てなくなってしまった

今思うと、

オープン戦終盤から、膝をかばって
腰に違和感があったのかな?


っと察する所があったんですよね


まず踏み込みが遅いスランプ連中の中で
城島のスイングが一番酷かった


無理してるんじゃないかな
膝が悲鳴上げなきゃいいな


そんな思いで観戦してたので、今回の離脱が
腰と聞いて、膝が痛むからかばったんじゃないのか?と
心配してますし、

無理せずしっかりと治して欲しい

その思いだけで、彼の復帰を祈るばかりです



もう一度彼の打撃面での活躍を見たい
貢献して欲しい
入団当時、城島が豪語していた

高い評価をもらってこれだけの契約金を頂いて
本当に有難いし、球団に感謝しています
活躍した結果として球団に還元したい

その言葉に二言はないんだから


だから無理せず、まずはしっかりと治して欲しい


中途半端に活躍されても困るんだよね
無理して調子崩されても困るんだよね
無理して膝、肘の再発が勃発したら困るんだよね


二度と捕手出来なくなるじゃん?
今でさえ、奇跡を信じている状況なんだから

だからベストコンディションになって戻ってきて欲しい


もう一度、彼のマスク姿を見たい
それが僕の願望です

もしそれが無理ならその時に考えればいいこと

中途半端にファーストやるならブラゼルに任せればいい

捕手として戻るのを城島本人が求めているのであれば

絶対にリハビリに時間を費やして欲しい

我慢して苦しんででも今はリハビリ一本でいいじゃない?
その地獄の底から奇跡の大復活劇として
正捕手城島健司として這い上がってきて欲しい


落合さんが虎バンで言ってたね

俺が監督ならファーストなんてやらせない
彼を捕手としてどうやって復帰させるかを考える



和田さん、有田さん、本当に頼みますよ

本人の意思を受け入れるだけじゃ
選手ぶっ潰すぜ


あれだけの打撃不振

原因がどこにあるのか?


それをしっかりと見極めてなければ監督コーチ失格


ギリギリまで我慢してどうしようもなくなって
痛みを申し出るのが選手


その前段階に英断が欲しかった
それが僕の本音です

交流戦絶望
それは仕方ない

これは野球の神様が与えてくれた
リハビリの機会だと思って
彼を見守って行きます

奇跡の正捕手復活の為のリハビリ

私はもう一度彼のマスク姿を見たい

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

いつまでも三浦を打ち崩せない理由

昨日は仕事が忙しく更新ができませんでした

三浦を何故?打てないのか?

このようなメールを10通以上頂きました

その答えは「俺には分からん」ですwww

持論として少しだけ書いてみますが
捕手出身とはいえ、プロ野球選手ではないので
限界がありますのでww
軽く読んで下さいwww


まず、三浦と言えば元々は2段モーションの
スペシャリストとして君臨してましたね
ボークの規定が変わり、フォーク改造を
余儀なくされました

その間、勝ち星に恵まれず苦しんでいましたが

その最中でも阪神は三浦を苦手としていました

その大きな原因がカットボール
よくそう言われています

これは大筋合っていると思います
中日の川上もカットボールの鉄人の一人であり、
彼が日本で一番カットボールを使いこなした
投手といってもいいでしょう


では、カットボールとはどんな球っすか?

ストレートとスライダーの速度差は人それぞれですが

ストレートとスライダーの速度差はだいたい
10キロから20キロ程度です

スライダーはストレートに比べると速度が落ちますが、
変化は使い手によっては魔球そのものです

緩急をつけてタイミングをずらす
更に変化で芯を外せる

ストライクカウントをしっかりと取れる球種でもあり
空振りを取れる球種でもあります


んで、カットボールは、ほぼストレートの速度ですが
バッターの手元で小さくスライダーの変化をします


ストレートの速度で小さい曲がりのスライダー
そう解釈してもOKだと思います


つまりストレートが来たと思って打ったら
芯を外して凡打になる


これがカットボールの特徴です



昨年の統一球導入でそのカットボールを導入した
投手がワンサカ居ます

その芯を外すカットボールに、巨人と阪神は
パワーヒッター大好き打線ですので
力んで芯を外して凡打になるケースが本当に多い


ただ、ストレート表示のカットボールが非常に多い


これがミズノ統一球の一番の焦点です


手元でバッターとキャッチャーと審判が分かる程度の
小さい曲がりが多発している

これが中日前監督がインタビューで話した

手元で曲がるから打てないだけであって
飛ばないわけではないんだ


このインタビューはなんちゃってカットボールの事を
指していると考えても良いと思っています

手元でシュート系の変化をする
ファーストボールはまた違うんですよね
あれはツーシームですので、その話はまた後日


つまりカットボールよりも更に小さい曲がりをする
ストレートが多発している

パワーヒッターの力みスイングにとっては
なんちゃってカットボールでも立派なカットボールになり
芯を外して凡打になる

しかし、当てるのが上手いアベレージヒッター達は
しっかりとボールを見れば真芯に当てることは出来た

まぁこれは私の記事によく書いてますよね^^;



ではカットボールについて焦点を集めて見ましょう


阪神同様、パワーヒッターをズラズラ並べる
巨人は三浦を全く苦にしてません
でも、川上のカットボールは打てませんでした

三浦と川上はカットボールを極めた二人ですが

この二人には大きな違いがあります

その大きな違いはストレートの球威です
川上はストレートがシュート回転するタイプだと
本人か語っています


球威が無ければこのシュート回転気味のストレートは
ホームランボールになり兼ねません

しかし、川上は球威が非常にある選手だったので
このシュート回転の癖のあるストレートをフル活用しました


全盛期の川上のストレートの球威は凄かったです
それに緩急をつければタイミングが当然ズレます

更にカットボールはボール半個から1個ほど手元で変化する

ストレートとカットボールを投げ分けることによって
スライダーとカーブもフル活用できるわけです

球威溢れるストレートに極めたカットボール
更にキレ味鋭いスライダー

この川上の投球、配球は東京ドームでも問題なく
通用しました

川上のストレートの球威に比べると若干劣る
三浦は巨人打線によく捕まります

巨人打線は、ストレートとカットボールの見極めを
タイミングで図りながら打席に立ち、
3順目になる6回から7回にかけて捕まえるケースが
本当に多かったです

阪神と巨人の大きな違いは何だったのでしょう

簡単です
阪神は巨人以上にボール球に手を出す
そして追い込まれる前に打って出るので結果的に
早打ち状態になり、球数を投げさせることが出来ません
これが三浦の術中にはまる阪神の一番悪い部分です

もうひとつが、甘い球を逃さない確率の違いです

今シーズンの巨人の打線は失投さえしなければ
ぶっちゃけ怖くないです
しかし、ストライクカウントを先行するために
変化球を置きにくると、確実に捉えてきます


一方阪神は絞り球でないボールが甘いコースに来ても
平気で見逃し、ストライクを献上しています

新井、金本がその典型的なタイプです
甘いカーブを初球に投げてきた時によく見送ります

ストレートとスライダーに標準を合わせていると
スローカーブを見送る癖があるのだと私は思っています
緩急に対応出来ず、変に引っ掛けるなら見送る

巨人打線はヒットを狙うか?ファールします

次投げたら打つよ

そんな意思表示が出来る
阪神打線は見送っちゃうんですよね


おい!今の甘かったんちゃうんか?
ホームランボール。。。ど真ん中だっただろ?


こんな言葉を口にしながら感染しておられる方が
沢山居られるのではないでしょうか?

私は甘いコースへ来たカーブを見逃した瞬間、
相手バッテリーは配球の組み立てがしやすくなると
思って見ています

阪神は相手バッテリーが嫌がるバッティングを出来ていません

それが巨人と阪神の大きな違いでしょうね


三浦は川上以上にコントロール精度が高い投手です

今年三浦が既に4勝で3完投と絶好調の理由は
スタミナ面の強化の成果
そしてコントロール精度の高さです

ワイドになったストライクゾーンを徹底的に
突いて来るピッチングが出来ているのは
好調の大きな要因といってもいいでしょう

コントロール精度がいいから、ワイドゾーンの
コーナーを突いて来るしそれが出来る


今の阪神打線は頭では分かっていても
体がワイドになったストライクゾーンに
対応出来ず、ボール球に手を出しやすくなってます

アウトコース、高めのボール球に手を出して
凡打の山を築いています


真芯に当てなければ飛ばないボールに対して
ボールゾーンの球に手を出したら

絶対に真芯に当たりません

いやぁ〜もう2年目ですよ
片岡さん達は何をやってるんだろう?と思うわけですよ

そして、インコースのストレートの振り遅れ

これは三浦に限らずタイミングを外すタイプの
投手に当たると、一発で引っかかってしまう状況です

ホームランボールを振り遅れる

こんなんじゃ、チーム打率が悪いのも分かりますよね


更にカットボールへの対応力

この工夫が全く足りてません
この工夫が無ければ、絶対に
三浦苦手意識は払拭されないでしょう


巨人打線はタイミングを図って当てにいきます
絞り球云々ではなく、ストレートとスライダー
更にカットボールへのタイミングを図りながら
打席に立ちます
だから、3順目辺りには
三浦の球数も増え、配球に苦しみを与え、疲労蓄積を
与え続けた結果、終盤に捕まえることが出来る

先日の試合では9回にヒットが出て何とかノーヒットノーランを
免れた形でしたが。。。。打ち崩せる内容でもありました

ストレートの振り遅れへの対応が全く出来ていない


相手の横浜打線はどうだろう?
悪い岩田をとことん追い詰めていました
毎回ランナーを出しては無得点でしたが
ツーシームのタイミングを図り続けていましたし
中盤から、右打者を中心に確実に当たり出していました

今日のメッセのストレートに対しても
とにかくタイミングを図りながら打席に立ち、中盤に捉えました

そんな工夫のあるバッティングが見えないのが情けない


配球面でどこまで追い込めるか?
どこまでスタミナを奪うことが出来るか?

各打者がファールで粘る
選球眼を研ぎ澄ませ、ボールゾーンの球をしっかりと
見送って、ストライクゾーンの甘い球は
逃さず捉える

貯めが出来てなければ
緩急にも対応できませんし
選球眼が良くなければ、ボール球に手を出してしまいます

貯めと選球眼が向上すれば、カットボールでもストレートでも
ホームランは難しくても、ヒットは量産出来る可能性が
高いって事です
四球だって取れるって事です

そうすればセットポジションになるわけだから
そうなると、打撃陣にとってチャンス到来って事なんですが
大振りして相手バッテリーを助けちゃってますからねwww


コンパクトに振り抜けなければ
力んで真芯へ当てることが出来ません



その指導を今日から徹底的に行わなければ
交流戦なんて勝てるわけがない

三浦だって打ち崩せるわけがない

さぁ、ブラゼル、マートン、新井、平野、浅井、城島
この6人が大スランプ継続中です

今日の国吉は自爆した試合であり
阪神打線が凄かったわけではない

今日は勝ちを拾った形です

手をたたいて喜べる試合では無かったです

三浦を打ち崩したら手を叩いて喜べますけどね


三浦を打てない理由

1.コントロール精度の高い三浦のワイドゾーンへの
  コーナーを突いたボールに手を出してしまう
  逆に見送って三振になってしまう

2.カットボールへの対応力があまりにも無さ過ぎる

3.貯めを作れず、緩急をつけた甘い球を見逃してしまう事

4.踏み込みが遅く、インコースのストレートを振り遅れてしまう

5.力みによる大振りで打ち損じが多く、真芯に当てられない


要するに
貯めを作り、コンパクトに振り抜く事
選球眼の向上に努め、ストライクとボールの見極め精度の向上

これをしっかりとレクチャーすれば
三浦に限らず、もっともっと打ち込めると思いますし
チーム打率だって上がります
タイムリーだって増えます
ホームランだって増えます

この短い休暇にどこまで改善が出来るか?
交流戦の間にどこまで修正が出来るか?

それが間に合わなければ、Bクラス間違いないでしょう

投手陣の踏ん張りで3位で超貧打線

だからAクラスなのに打撃コーチ陣がここまで叩かれるわけだ

次回の三浦戦
意地でも打ち崩して欲しいですね
*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 03:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年05月12日

能見貫禄の復調の勝利


今日の能見の投球は実に素晴らしかった
ここ数試合、ボールを置きに行く傾向が強く

腕がしっかりと振れていなかった事と
低めのコントロール精度が悪かった事

この2点をしっかりと修正して来た

立ち上がり、カットボールを多用して
チェンジアップやストレートの的を
惑わしてきた

この配球術は見事だったと思う

二回以降、カットボールは、ほぼ使っていない
スライダー、チェンジアップ、たまにフォーク
そしてストレート
この4球種でも十分なコントロールと球威があった

スライダーのキレも良く
チェンジアップも低めに決まっていた

あの筒香も能見のスライダーには全く
タイミングが合っていなかった
アウトローのストレートの距離感が全く
掴めていなかった様だ

スライダーのキレが良ければ
左打者にとって能見は厄介な投手になる
筒香からすれば、狙い球が絞れていても
全く歯が立たない状態だったと思う

スライダーの切れが良く
チェンジアップの切れも良ければ
筒香にとって、能見のストレートは
球速以上に早く感じていたに違いない

ストレートとチェンジアップの2球種で
ゴロをバンバン打たせて凡打の山を築く

これぞ、チェンジアップの醍醐味と
言わんばかりの絶好調ぶりを見せてくれたが

今日の能見はフォークがイマイチ

だから8回3分の2を投げて三振が5個と
控えめな数字となった

フォークに関してはまだまだの状態です
チェンジアップとスライダーで十分だったと
言えるが、彼のフォークのキレが更に加わると
ここから奪三振のパレードも見られる

次回の登板でどこまでフォークの精度が向上
しているか?
それが出来ていれば、開幕並みの復活となる

交流戦までに間に合えばそれでいいと思ってる

恐らく明日からはフォークの精度を向上すべく
調整も兼ねて交流戦の準備段階へ入るのだろう


では今日の試合ですが
高崎を完全に打ち崩せませんでしたね
8回まで投げさせて、2回の3点のみで
5回以降はパーフェクトピッチングまでされました

まず高崎の持ち球ですが

ストレート、スライダー、チェンジアップ
カーブ、フォーク


と言われており、野球解説者などはスライダーで
ストライクカウントを取れて、決め球もスライダー
狙い球としては非常に絞りやすい選手だと

お前素人丸出しやなwwっと言いたくなる内容を聞いた


いやいや、高崎のストレートは非常にいい
何故ならば、彼はストレート表示という
カットボールをバンバン投げているからだ

芯を外して凡打の山

更に今阪神の課題であるチェンジアップも使いこなせる

チェンジアップとストレートとカットボール
この3種類の使い分けが非常に上手い選手
デニーの指導で更にコントロール精度も球威も向上した

デニーの加入は、我々阪神ファンにとって非常に厄介な存在
インコースを詰まらせる今の虎打線を完全にお見通し状態


真芯を外す戦略
横浜投手コーチであるデニーの戦略は、尾花イズムそのもの

非常に似ている

変化球でストライクカウントを取るだけでなく

ボール球を上手く振らせて
勝負球で2ストライクで取る

最後に真芯を外して打たせて取る



つまりカットボールやチェンジアップでとっとと詰まらせる

コントロールがそこそこ良ければエコ投法も出来る


デニーの指導力と戦術は本当に厄介だ

インコースのストレートを
不利遅れ気味の阪神の右打線にとっては
非常に厄介な配球術である


ストレートとカットボールを投げ分けているから
特に右打者は詰まらせると思う

特にインコースへのストレート表示ですが
あの半分はカットボールかも知れないですね


和田さんの宿題

カットボールを打つ為には
貯めをしっかりと作り
最後までボールの起動を見続ける
振りぬくまでボールから目を離さない

インコースの踏み込みが遅いからww
まずてうち状態だよね

これ改善したらね
横浜はお得意様になるんだけどね。。。



9回に驚いた光景が見られた

新井四球でブラゼル勝負

見ていた私が屈辱を感じた瞬間だった

そのブラッズは凡打で投手ゴロで併殺

アウトローのスライダーを手打ち状態にして
ピッチャーゴロ

本人が一番悔しいだろうね
踏み込みが遅くて本当に駄目な状態

だから手打ちになって凡打になる

片岡さん高橋さん
ホンマ頼みますわwww
インコースの踏み込みちゃんと指導せいw


2回のワンチャンスだけで勝てた試合
能見の好投と榎田&球児で勝てた試合

でもこれも立派な勝利なのは確かです


この貧我慢の観戦はまだまだ続きます


特にマートンとブラゼル、平野が未だ模索中

アウトコースは逆らわず流して
インコースはセンター方向へ
力を抜いて最後まで貯めを作って我慢して
コンパクトにスイング

それが出来ないから振り遅れると
手打ち状態になる

どこまで修正出来るかな?

ブラッズが好調なときは
ニック並みに怖いんだけどね。。。。。

早くブラッズの好調時機を見たいですね

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年05月10日

柴田降格は浅井の為じゃない!


さて、昨日今日の阪神打線を見ていると
当てていく傾向が強くなっている事が分かった

タイムリーも出始めていますし
ホームランも鳥谷が打ってくれましたね

ただ、当たりが全体的にショボイんですよねww
パワプロで言うならいぶし銀的なwwww

鋭いライナーも徐々に出始めてきてますので
期待したいですね

新井さんは4番を外した途端
当たりが良くなってきました

今日のヒットはインコースのスライダー
アウトローのストライクゾーン一杯の
スライダーを共にレフト方向へ引っ張ってます

アウトローを引っ張っている感じを見る限り
かなり状態は良くなっていると思います



新井の場合は大きいのよりも当てる

まずは真芯に当てる事が大事ですよね


ブラゼルや城島、特に浅井辺りは
まだまだ、インコースのストレートを
振り遅れている感が強い


特に浅井はお話にならないでしょう

ブラッズに関しては
スライダーは打ててもストレートが打てない

これではまだまだ駄目な状態でしょう

城島は交流戦のDH制度で4打席打ち続けて
どうなるか?
そこまでは私は様子見の段階です

ただ、アウトコースへのこだわりは
捨ててると思います
今日はサファテのインコースのストレートに

押されて凡打になりましたが、
まぁ、アウトコースを凡打し続けた時期よりは
まだいいんじゃないかな?と思って見ています

いきなりサファテだっただけにね
評価し難いですねwwww

先発タイプだから答えを一発で出すのはキツイねw

ブラッズも城島も、早いストレートに対して
ライナー性の当たりが増え始めれば
緩急に対応出来ている証拠ですが
今はとてもとても出来ていない状態です


ストレートの甘いコースを振り遅れて
ファール、もしくは凡打しているうちは
打率は絶対に向上しません


我慢の観戦がもう少し続くでしょうね


マートンは徐々に当たりが出始めているが
まだ彼もインコースを差し込まれているので
あと少しの辛抱だと思う


インコースのストレート
これをライナー性の当たりを出し始めないとね

踏み込みがドンピリャじゃない証拠なので
ファールの当たり自体がショボイので

まだまだでしょうね

やはり、交流戦中盤位まで
辛抱の観戦が続くと思います

逆に平野のスイングが、
東京ドームの巨人戦辺りから徐々に
おかしくなってきています

インコースは振り遅れ
アウトコースのスライダーは引っ掛ける

スランプになりがちなスイングです

彼のスイングをで一番気がかりなのが
アウトコースの変化球に泳ぎ気味に
振って手打ち状態に近い時が多い


ファールを狙っているのではなく
ファールを失敗したのではなく
打ち損じでもない

打ちに行って体が泳ぐと言うことは

フォームが崩れているって事

だからこんな打率のラインでウロウロしている


この人こそ、今急いで修正に入らなければ
とんでもないことになると思う

片岡さん、
平野の踏み込みと腰の回転のチェックっすよ



さて、今日の記事の起用法について書きます

プロの世界は実力主義であるべきだ

私はそう思っています

先日書いた小宮山の降格も
納得は行きませんが、あの打率です

確かにかばうのには厳しい記事内容でしたね^^;
個人的感情論丸出しの記事で、よっぽど削除しようか
悩んだくらいですww

その今成ですが
ブルペンで汗をかいているようです
とにかく捕球からとコーチ陣が言ってますので
代打のチャンスが巡ってきた時が楽しみですね

田上も今日ついに今季1軍スタートしました
いきなり盗塁を決めましたね

田上は球団ダントツの韋駄天

彼には本当に期待しています
柴田、大和との激しい外野ポジション争い
繰り広げて欲しいです

盗塁だけに関しては
赤星並みの凄い選手です


とにかく打撃安定度が確立する為の1軍昇格でもある

とにかくヒット、四球で出塁率を上げて欲しいです

期待しましょう


柴田を落として大和をチョイスと記事を書いたが
どうやら浅井のチョイスが優先されたようだ

浅井良が2夜連続のスタメン

和田監督にふざけるな!と言いたかった

彼はフリーではいい当たりをするが
実践になると全く打てない

今のスイングで比較するなら
浅井よりも大和だと思います


浅井は捕手から外野手へ転向した時も
左キラー、右のスラッガーとして
非常に期待されてた選手

しかし、彼のバッティングは。。。。

小笠原以上の統一球スランプバッターです

まず統一球になって打率が全く上がりません


彼のスランプを助けてあげられない

打撃コーチ陣に渇でございます

浅井の打撃スランプは
本当にもったいないですし、
チームにとっても本当に痛すぎます


彼の評価は一体どこにあるのだろうか?

まず、守備範囲の広さ、送球の肩の評価
足が速い、捕手も最悪こなせる


便利屋としての評価が高いのは確かだろう


ただ、その一つ一つを掻い摘んでみると
統一球スランプ中の彼に思うことは

代走でも走塁は出来ても盗塁は出来ない
代打では期待感を持つ観戦モードになれない

ただ、送球の肩は俊介以上だと思うが

便利屋以外の長所が肩しか見当たらない

打撃スランプになった状態だと
浅井も厳しいのだと思う


ハッキリと書こう

便利屋的存在だけで
1軍に居られるのであれば
そのチームの世代交代なんて
夢話以前の問題となる



私は1軍のベンチで柴田以上にファームに
近い選手だったと思う

まず打てない
これは昨年からずっと続いていることだ

統一球になって阪神で一番と言ってもいい位
統一球が打てない選手だと思っている



昨年も浅井が1軍ベンチに居続けることを
指摘した記事を何度も書いている

守備要員は俊介でも十分だと思う


私個人的にも、ここまで打てない打者を
いつまでも1軍ベンチに置くのはどうかと思う



それこそ、若虎達の競争意識の向上や
熾烈なポジション争いと言う一番理想的な
構想に水を差す状態ではないだろうか?

恐らくフリーでは当たりを見せているんだろう

片岡打撃コーチから見て
何が一番いい状態の基準なのだろうか?
フリーで飛んで実践で駄目

それは中谷で学んだはずなのにね


浅井にとっては久々のチャンス到来だと思う
スタメンはなかなか与えられない状態が
続いてました

ただ、同じ右の城島との大きな違いは
4打席でなんぼ以前のスイングであることは確かです

このままのスイングだと
打率は小宮山に毛が生えた程度で終わるんじゃないかな?

だからこそ起用面では実力主義で行って欲しいですし
打撃指導に関しても浅井を助けて欲しいですね

今の時期、左だろうが右だろうが
センターは大和を使うべきです
せめて田上でもいいと思いますが。。。。

浅井の打撃力はブレーキになり兼ねない

統一球前の好調時期の白黒写真を見て起用判断されては
若虎達もファンも納得行かないと感じます

大和!本気で争え!遠慮はするな!絶対にするな!

先輩も後輩もない
年齢なんて関係ない
実力者が勝つ世界なのだから
*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012 Tigers

2012年05月07日

異議あり!小宮山の降格に異議あり!


今日のニュースを見て目を疑った

正捕手並みに守備の要であった小宮山が
こんな大事な時期にファームへ行く

代わりに上がってくるのが、
新獲得したばかりの今成捕手である

ちなみに今成選手は
ウエスタンでは1安打も放っていないが
イースタンでは大爆発している選手である

代打起用から始めるだろうが。。。。

岡崎より小宮山を落とした意図。。。。
安藤との相性などありますが、正捕手的存在だった
小宮山との交代に異議ありです


確かに小宮山の打撃は8番として酷い状態だった
それは認める

ただ、これから交流戦に入る手前の一番大事な時期に
岡崎を残して小宮山を落とす
これは藤井に相当の負担を与える事となる

私は藤井昇格で、小宮山の打撃練習時間が与えられると
安堵の記事を書いたが
下に落とせとは書いてない

上で打撃安定度を修復できない首脳陣に責任がある

私はそう思う

例え休息を与えるという言い訳が出たとしても
下で打撃精度を向上させると言い訳しても
絶対に通用させてはならん降格だと思う


下手すれや今のファームの打撃状態は
1軍以下である

それだけ阪神の打撃コーチ陣は崩壊中なのだ


完全にフロントと和田さんが打撃コーチ陣を
チョイス間違えたね
ここまで上下が調子が悪いと厳しいね


いくらイースタンで調子が良くてもね
この状況でいきなり1軍へ上げると言うのは
無謀としか思えない
小宮山の代わりと考えるなら無謀です


ただ、シート打撃やティーバッティングで
いい感じがしているのは間違いないでしょう

日ハムの優秀な首脳陣に鍛えられた選手ですし
イースタンでも大暴れしてますから

阪神の大崩壊した打撃コーチとはわけが違うから
ティー、シートの段階で格が違ったのだろうか?www


今季イースタンでは12試合で打率・361、1本塁打、2打点

ただ、セリーグの投手
いきなり打てるとは思えないんですよね
厳しい昇格だと思いますよ。。。。


てか阪神の打撃指導今年はしくったね
間違いなくセリーグでも遅れを取ってる

イースタンで大暴れしたからいきなり使うってね
それだけ駒を揃えないし
作れないんだろうね。。。。

いきなりセリーグの1軍でマスクをかぶれるのだろうか?
配球は毎球ベンチを見させれば何とかなる
吉田さん、有田さんが毎球サインを出すだろうから

だた、終盤で殆ど受けたことのない投手の球を
確実に捕球できるのだろうか?

福原や球児のワンバウンドのフォークは取れるのか?
後ろに逸らさないか?

そんなファンを抱いたメールがたくさん寄せられた


小宮山は残すべきだったと思う


ファーム陣の打率を見ても酷いもんです
下へ行って一つだけ言える事は

時間にゆとりが与えられる事

とにかく10日間で上がってくる努力を
小宮山本人が死ぬ気になって頑張り抜いて這い上がって来てほしい

今のファームの指導力だと
ほぼ変わらない状態で戻ってくるだろうね

8番でチャンス到来
ここはもう我慢の観戦だと私達は考えていた

馬鹿みたいにスクイズ多用するなよ
こんなの誰が見ても分かりきった作戦だ
ピッチャーの前で送りバントなんてすんなよ!

思い切って振らせるべきだ


と思い続けた

外野フライ一つ打てないのは小宮山だけではないだろう?

そう思いませんか?

ファンが小宮山の打撃に我慢出来たのは
配球面の大成長とあの強肩である


打撃調子がいつ上がってくれるか?
必ず向上してくると信じて我慢の観戦をしてきた

こんなにあっさり首脳陣が見捨ててどうするんだ?

外野選手ならまだしも
小宮山は捕手
捕手の育成は相当我慢が必要
1シーズン泣きながらでも使い続けるべきポジ

打撃不振が理由なら我慢すべきだった

ファンの方が辛抱強いのでは話にならんだろう?



ただ、今成の打撃力は確かに魅力的です
受けてもない投手の球をバンバン捕れるか?

だから代打から使い始めるんでしょうけど

それだけ他が居ないんだろうね。。。。

今成からすればいきなり訪れたチャンス

頑張って答えを出して欲しいですね



ただ、この小宮山の降格は
パワプロ感覚としか思えない
早すぎるよ。。。。。。





もう一人の柴田の降格
これは、大和を優先しますよと言う意思表示に思える

怪我でもしたのか?と心配したが
ニュースを見る限り怪我の報道はない

まぁ、怪我の場合報道に伏せるケースが非常に多いので
何とも言えないのが現状

ただ、柴田は使い込むべきだと書き続けた選手である

落とすのならどうして?
左打者ともっともっと戦わせてあげなかったのだろうか?
全く使い込んでないだろう?

右投手専門でいいように使われて降格では
本人もたまったもんじゃないだろう

他に落とす選手がいないのか?
そんなメールが多く寄せられているが、

結論からすれば、柴田ではなく大和をチョイスした


この決断に関しては私は異議はない


他に落とす選手居ないのか?城島はどうなんだ?
そんなメールにお答えしますが


阪神ベンチとしては
城島は、交流戦のDH制で使い込みたいのだろう

私個人的にも城島に関しては、交流戦のDHの
出来栄えを見てみたい意思があるのですが
ぶっちゃけ城島の状態が良くないと判断したなら
新井良太をもっともっと使い込むべきでしょうね

だから城島の降格は交流戦まではないだろうと
考えています


んで、代わりに上がってくるのが田上である

田上は阪神の中で最も俊足で盗塁がダントツ

上本よりも遥かに足が速いし、盗塁が滅茶苦茶上手いです

ただ、打撃安定度がまだまだの状態だからファーム生活

アベレージが上がったら赤星以来のトップバッターも
夢じゃない凄く貴重な選手です

今の現状は、広島の赤松を見ている感じがする


ただ、田上は盗塁が上手いだけではない


実はよんたまが取れる選手である


今年のファームの成績ですが
打率は2割2分4厘と物足りないが
出塁率は3割3分3厘である



11安打で7つの四球 
そして7つの盗塁を決めている
ちなみに4つ盗塁刺されてます

ファームでは塁に出ると

61%の確率で盗塁をしかけている
成功率は63.6%です


なかなかの数字ですね

走塁コーチが関川さんなので、もっともっと上達すると思います

代走で使えば、上本以上の存在感となる

確かに田上のアベレージが上がったとすれば
赤星を超える逸材になるかも知れない

交流戦を前に一度空気を入れ替えたかったのだろう

柴田の降格はある意味仕方がない事だろう
マートンと金本がスタメンから落とせない
この状況下では柴田を下げるしかなかったのだろう

浅井の評価って高いんだよね
守備もいいし、打率最悪でも大きいの飛ばせるから
犠牲フライ頼むって時に打てるんだよね

だから柴田が落とされたんだろうね

まずは交流戦前
さぁ、田上の足を見せてもらおうじゃないか!

交流戦突入まで何としてでも最低5割キープ
貯金2が目標です

頑張って応援します^^
それではまた
*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年05月06日

和田監督片岡打撃コーチが放置した力み打線


さて、今日の試合は負けましたが
2失点で負けた
メッセのエラーの失点は痛かったですね

でもね、彼はゲームをしっかりと作ってました

巨人も阪神投手陣を打ち崩すことが出来ていない

GWの対巨人戦
打撃不振で苦しんだのは阪神だけじゃない
巨人だって一緒

能見の自爆、ジェンの失投以外は、
1得点奪うだけでも苦労している


さて、今日の沢村ですが
打ち崩さなければならん出来栄えでした
フォークの精度がどうも悪いなぁっと
想いながら見ていました

ハッキリと言えることは

ストレート以外は大したことなかった
これが私から見た今日の沢村です

スライダー
しっかりと絞って
しっかりとボールの軌道を見極めて
真芯に当てる心がけをしっかりと
持った上でスイングすれば
今日の沢村のスライダーは
手がつけられない程の出来ではなかった


当てるのが上手い選手はフォーク捉えてます
平野、ストライクゾーンの低めのフォーク
しっかりと捉えています

当てるのが上手い
更にしっかりとボールを見極めている

ミズノ統一球の一番の攻略法

しっかりと真芯に当てる為に
ボールを最後までしっかりと見る




狙い球が来た

キタ―――(゜∀゜)―――!! エイ!

こんなんじゃ、ミズノの統一球に勝てません
手元で曲がるんだから(ストレート)
真芯じゃないよ、バットの上か?下に当てて
凡打の山だよ



貯めが作れず力んでんだもん

貯めが作れない=緩急にやられる


つまりストレートに標準を合わせていれば
変化球は詰まらせてしまう

逆に変化球の後に早い球が来たら
振り遅れて詰まらせてしまう

この悪循環

どうしようもない

貯めが出来ていない
選球眼が非常に悪い
力んで真芯を外してる



どうしようもない


貯めを作らせる策は片岡さんも
和田さんもしっかりと行ってはいると思うが


恐らく今のやり方では改善は
時間のかかる作業になるだろう



統一球前の指導方針をこの時代にやっても
絶対に通用するわけがない



ここで悪循環に陥っている
中距離&長距離ヒッターの
悪循環について一つの仮説を立ててみた

西武の中村剛志のスイングを基本にした
馬鹿な打撃コーチは少なくない


パワーヒッター達は振り遅れの対策の一環として
少し前にミートポイントを置いて打つ

これでしくったのが巨人であった

当たり前だ
手元で曲がるストレートなんて絶対に
捉えきれないに決まってるwwww


ミートポイントを前にしたら
余計スイングが崩れるし
真芯なんて夢話だべよ?wwwww


中村だから出来たスイング
彼はミズノの統一球に対応出来るスイングを
数年かけて作り上げたんだ


決して統一球対策で編み出した打法ではない
彼自身が数年かけて作り上げたスイングなんだから



いくら経験豊富だからと言ってね
真似してすぐに出来る程
簡単で単純明快なスイングではないってこと


力み外して、貯めをしっかりと作って
コンパクトに振り抜く感覚を身に着ければ
自ずとミートポイントが手前に来て
ジャストミートが出来る


大事なのは中村の真似をするんじゃなくて
力みを外した自分のスイングを心掛ける事



力み外さないでミートを手前に置いた巨人は
最悪なチーム打撃状況に陥ったのは言うまでもない



打撃不振の原巨人は、改善策の一貫として
大きく打撃練習の方針に舵を切った


山なりカーブを打たせる練習をして
緩急をつけさせる練習を行い
貯めを作り、引き付けて打つ

その練習に切り替えた途端、
坂本、長野は一気に打率が向上した



本塁打は少ないが、徐々にチーム打率が向上し
打撃ベストテンに名を連ねる選手が出てきた

しかし、それで改善されたのだろうか?

されてないのが現状である

ここ10試合良くなってきたが
いい投手に当たれば、ロースコアの戦いを
やるしかない

つまり、シングルヒットが出ても
タイムリー欠乏症は阪神同様の症状である




では阪神打線はどんな症状なんだろうか?


私は少しだけ原因が分かった様な気がしました

これは私個人の仮説ですが
当たってる可能性も大きいと思います


スイング速度計測器導入による
力み打線の集団誕生と
放置した打撃コーチ陣



実はこの貧打線開幕からではないです

オープン戦、いや、紅白戦から始まってます
いやいや、シート打撃からです
続いていると表現した方が正しいですね



今年、楽天から来た関川コーチが導入した
バットスイング速度計器の導入
みんなこぞって速度を計測し
日々、バットスイングの速度を上げるために
精進したのは報道で示されています


バットスイングが速かった選手はどうなったか?

その現象の筆頭頭が中谷である

キャンプチーム1の柵越え連発で
報道陣の脚光を浴びる

しかし。。。。

シート打撃でもゴロのヒットが殆ど
実戦となった紅白戦、オープン戦でも
内野ゴロ、深い内野フライ、浅い外野フライの
凡打の山を築き続けた



最も代表的なのが中谷であるが、彼だけじゃない
今1軍で活躍している選手の殆どが同じ状況だった

力んでもフリーでは柵越え連発
ブラッズ、城島、新井、金本

誰しもが、2年目の統一球に対して
猛虎打線が対応していると安堵したが

蓋をあけると全員が中谷だった


実戦形式になった途端
驚くほどボールが飛ばず凡打の山となり
現在も安打が出たとしてもタイムリーが出ない

ランナーがいると力み爆発現象



つまりスイング速度計測導入は結果的に

力んでスイング速度を早くしただけであって
フリー打撃の柵越え以外は何も役に立たなかった


力みを増加させた結果に繋がったのではないだろうか?


その仮説が当たったとしたなら
オープン戦から開幕そして現在に至るまで
力みまくったこの貧打線が出来たのも頷ける

一番大事なキャンプの時にね
力みを外さないで様子を見たコーチ陣
様子見続けて、手遅れになった


オープン戦序盤でも手遅れな状態だったと思う
キャンプ中に力み軍団にメスを入れたのは
若虎ばっかりだったのではないだろうか?


更に今でも鬼の徹底指導を怠っていると思う


中谷、隼太、俊介の伸びしろをぶっ潰したのも今の首脳陣だと思う

片岡、高橋、八木コーチに言いたい


今日から毎日首を洗え


バットスイングの速度も大事でしょうが

ただ、力ますコンパクトなスイングを心掛ける指導を
完全に怠ってしまったのは確かである


だからファームの打線もボロボロなんじゃないのかな?


まず和田さんって昨年まで打撃コーチでしたよね

その打撃コーチ上がりの監督が
オープン戦の段階で力みを外せなかった

打撃コーチ二人に緊急指導を指示してなかったのだろう


ベテラン陣に対して
監督、首脳陣が

開幕には何とかなるだろう

開幕してからは
実践で何かを掴んでくれるだろう

こんなふざけた信頼を抱きながら
指導を怠った代償は大きい


指導者だろ?
選手よりもずっと上の立場だろ?

金本さん。。。。。片岡ぁあああああ!!!
呼び捨てにせんかい!!!

こんなコーチが選手達に舐められるんだよ




どうしようもない監督と打撃コーチだなと

呆れた状態である


その金本がなぜ?調子がいいのか?
彼は肩の怪我からの復帰で
相当コンパクトなスイングを心掛け
オフシーズンからリハビリを兼ねて
バットスイングを言及し続けた

いかに早く、コンパクトに

フルスイングタイプの彼でも
コンパクトに早く振りぬく為に
オフシーズンから自宅にトレーナーを呼び
自主トレをやり続けた

その努力が、打撃コーチ陣が
手を加えなくて通用するスイングを生み出し
腐っても鯛が鉄人復活に蘇生したのだと思う

まず選球眼がいいから
だから彼はよんたまも取れるし
打率と得点圏打率でも信頼が出来るのだ

今年の彼を見て私は尊敬している

本当に4番に帰って来たんだなっと

彼の送球だってブログや板でたたかれる程
酷くないんだよね

ただ、捕球した段階でホームアウトが無理だと
判断したらセカンドへのんびりスローしてる

見てくれは悪いが、ありゃエコだよ

投手だって納得してるもん


では、今の打線にどうメスを入れるか?

まず左の平野ブラッズの両名
この二人の左打者を何とかしないとダメです

引っ張って内野ゴロがホントに多いんですね


徹底的に左中間にロックオンさせることでしょうね

ブラッズの場合、スライダー以外は絶対に
引っ張るなと徹底指導すべきです


しかし、ブラッズはスライダーだけは引っ張らせるべきでしょうね
彼のホームランボールはスライダーです

スライダーだけは引っ張らせてもいいと思いますが
それ以外は、平野同様、左中間にロックオンした
スイングをさせる事です

平野はショート頭上を越えた安打が増えるでしょうし
ブラッズはブラゼルシフトをあざ笑うことが出来ます


右打者で急いで改善すべき選手は
マートンですね

小宮山、藤井はこれから徐々にやるしかないです
この8番が余りにも打てないのが痛いんですが
とにかくまずはマートンでしょう

マートンの空振りで目立つのが力みです

しかし逆言えば、力みを取る以外は
何もせんでいい状態です

力みとってコンパクトに振れるようになれば
マートンなんて打率すぐに上がりますが

問題はその指導力でしょうね

言い方、教え方ひとつで
彼がヘソを曲げる可能性が高いだけに
難しいところですが

ここで鬼になれなければ、阪神の打撃コーチなんて
勤まるわけがないです

それだけのベテランがそろってる球団なんで

新井さんは先日書いた通りです
インコースのストレート対策
緩急のタイミングを指導してあげれば
チャンスでも打てるはずです

力みを取ってコンパクトなスイング

これをキャンプからしっかりと怠らずにやっていれば

こんなに苦労しないで済んだのにね

過密スケジュールは一旦終了

巨人はエース3枚を容赦なく2度ぶつけてきました

明後日から幾分かは楽に向かい合えると思います


明日休んで2連戦と3連戦

それが終われば交流戦です


パリーグの方が投手力上だからキツイ?

いいんじゃないの?
2日試合やって1日休みの工程が出てくる

打撃陣にとって、フォーム修正が成就しやすい
時間が出来るわけ

DH制も半分使えるから
その時に城島とブラッズを併用できるわけだし
交流戦は色々な意味で、阪神打線の打撃陣にとって
査定出来る環境であり
打撃不振を払拭させる時間を作れる時期でもある


だから私は交流戦中盤から終盤までの
我慢って言い続けてます

一度ついた癖を外す
大変なんですよね


金本と鳥谷が何故?こんなにスランプが短いのか?

金本は肩が良ければスランプは元々短い方です

選球眼がいい選手はスランプが短いです

打撃安定度が板についた平野もスランプは短いはずです

マートンとブラゼル、俊介、城島
この4人の調子が上がれば
間違いなく繋がる打線になると思います

さぁ、和田さん、片岡さん
力み外してコンパクトにしましょうよ
引き付けて流せるスイング作りましょうよ

遅いよ
それキャンプにやるんだから

話にならんでしょ?

もし、スイング速度測定器が原因で
こんな打線になったとしたら

それを放置した監督(前打撃コーチ)と
打撃コーチ陣全員に大きな責任がある

選手達も彼らに対して信頼という言葉を
見失っているのかも知れない

まともな指導が出来ないコーチ
若虎にしか指導出来ないコーチ

そんなんじゃお話にならない

オマリーに臨時コーチに来てもらえれば
楽に改善出来るんだけどね

。。。。無理か?

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers