虎心不動TOP

.com/txcou

2012年05月02日

和田監督 打撃修正に手を出したか?



世論とは厳しいものだwww
昨日書いたブログは夕方までは大絶賛のメール

しかしブラゼルが猛打賞の瞬間

鬼の様なメールが次々と届いたwwww


ブラゼルは大丈夫や
失礼な記事書くなボケェ!
ブラゼルの代わりは誰がおんねん!



いやぁ〜ユーザー様方々www
打てて良かったですwwwww


今日の中田は立ち上がり非常に良かった
ストレート、カットボール、スライダー
フォークと大体この4種類で投げてきた

まず、ストレートは145キロ台
カットボールが135キロ程度


この緩急に1順目はキリキリ舞いだった
スライダーのキレも良かった
更にコントロールも良かった

この中田を崩すにはランナーを出す事

そう、セットポジションにしてどうなるか?だった

その先陣を切ったのが鉄人金本であった
インコース高めのスライダーを綺麗に弾き返した
彼のバッティングは非常に良い
緩急をつけてコンパクトにしっかりと振り抜いている
何しろスイング速度が速い
44歳か?と思うと尊敬する域にまで来ている


続いてマートンがセンター前にヒットを放った


セットポジションになってストライクゾーンへ
入っていくボールが目立ち、カットボールを
投げて来ない

スライダーとストレートの単調なリードになった
谷繁の強気なリードが慎重になっている



これが持ち球的に
チェンジアップとカットボールの大きな差なのだろうか?

さて今日はブラゼルの3打席を図で作成してみた

1アウト1−2塁でブラゼル

1.jpg
ストレートとスライダーの緩急は15キロある
高めの吊り球に手を出さず落ち着いて見逃した
インコースの攻めのボール球にも手を出さず
落ち着いて対応している

4球目、得意のスライダーがインコースに来たが大ファール
ライトポール1mの差での大ファールだった
低めのスライダーを上手く救い上げた


ストレートを挟んでもう一度スライダー
これがど真ん中に入ったが、ファール
恐らくストレートに標準を定めていたのだろう
もし、カットボールを投げてたとしても
今日のブラゼルならファールで凌げたと思う

インハイのストレートを素直に弾き返して
待ちに待ったヒットがタイムリーとなった


続いて第3打席のレフトフェンス直撃の2ベース
これもホームラン性の当たりでしたが
この打席が大スランプ中のブラゼルにとって
大きい収穫の打席だった

この打席は中田VSではなく
ブラゼルVS谷繁だった打席です
2.jpg
1,2球はアウトコースへストレート
空振り、見逃しで簡単に2ストライクを奪った

ランナーはいないから中田は
セットポジションではない

谷繁は三振を奪い取る配球に徹した

3、4球目は
アウトローへスライダーを2球続けて配球
ボール球になったが、ブラゼルは手を出さない

谷繁はブラッズの選球眼が今日は良い事に
警戒心を持ったはずです


ストレートと見せかけて
緩急つけたカットボールをアウトハイへ要求

ボールゾーンで振らせる配球だったが
ストライクゾーンへ入ってしまった

ブラゼルはそのカットボールを見逃さなかった

緩急つけたカットボールにしっかりと貯めを作って
綺麗に流し打ちをしたがいい打球が上がった

あと1m高ければホームランだったんですよねwww

この打席の2ベースはブラゼルにとって
非常に自信がついた打席となったはず


9回にレフト前ヒット
3.jpg
これも流し打ちですが、この収穫も実はデカかった

ブラゼルシフトの隙間を抜いたレフト前ヒットだったからだ
4.jpg
今年のブラゼルシフトの特徴は
サードはほぼ定位置
ショートがセカンドへ寄り、センター前の当たりを
阻止する役目のシフト
セカンドは深めに位置して内野ゴロ、浅いセカンドフライに
対応している

つまり、三遊間をガラ空きにしているシフトなのだ

内野守備陣形がこれだど
ブラゼル的にはカッカして当然だ

そのブラゼルシフトをあざ笑うかの如く抜いたレフト前ヒット

してやったりの猛打賞であった


さて、今日のブラゼルは非常に良かったが
生き残りをかけた戦いはこれからである

明後日から行われる巨人戦

杉内、内海の両投手が再び投げてくる
スライダーと一番厄介なチェンジアップ
しかも日本球界屈指のチェンジアップの持ち主である
両投手との対戦が待っている

まずは、彼達と対戦する前に
スライダーとフォーク、そして今日のカットボールに
対する緩急の対策
貯めのスイングを少しでも改善することが大事

恐らく突貫で和田さんが打撃指導したと思われる

しかし、一晩でよくここまで選球眼と
落ち着いた貯めを再生することが出来た
これは私の中でも想定外だった

これは素直にブラゼルを称えたい


新井もタイムリーが出来ましたね

私は今年の浅尾は状態が悪いと思っています
彼だって人間
あんな酷使の稼働を数年も続けたんだから
権藤さんがどんなに気を使ってもね

ガタが来てる部分ってわずかながらでも
絶対にあるんです

調子の浮き沈みが球児同様出ています
コントロールが昨年に比べると非常に悪いですね

下手すれば、今以上に悪くなる可能性だってあります

セットアッパー

現代野球においては最も過酷なポジション
丈夫な久保田でも酷使には勝てなかった

セットアッパー陣の査定こそ
一番見直すべきだと思う


榎田と球児が共に打たれてしまったが
私的には負けなかっただけ良かったと思う
彼らは悪いなりによく抑えてます
本調子とは程遠い状態なので
よく踏ん張ってくれてるなと思うわけです


延長で新井の1打でもぎ取ったことの収穫は大きい

明日は左の雄太
仮想杉内、内海には持って来いの投手

ストレート、カーブ、そしてチェンジアップ


どこまで彼を攻めることが出来るか?

明日も胃の痛い試合になりそうです

とにかくブラッズの猛打賞

引き分けてしまった試合ではあったが
嬉しい猛打賞だった

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers