虎心不動TOP

.com/txcou

2012年05月29日

新井さんのスランプはもうすぐ終わる


まずは結果からですが3−0で完封負け

メッセは気の毒でしたね
115球を超えて、7イニング目に続投
足にボールをぶつけて133球目
最後の渾身の力を振り絞って投げた150キロの
ストレートでしたが無情にも3ランホームラン

まぁ、あの場面
本人が行けると言ったし、ランナーも背負ってました
あと1アウトでチェンジ

難しい判断だったのは確かです

勝たせてあげたかったし
あそこは何としてでもメッセ本人に
凌いで欲しかったのでしょう

ただ、勝ちを取るためには、非情な起用采配も
絶対に必要な時がある

もう限界か?あと少し行けるか?
球速はまだ出てたんですよね
ただ、球威が落ち始めていたのも事実

まぁ、難しい判断だったのは確かです

次の試合でリベンジして欲しいですね

西武は上手かった
球数を徐々に積み重ねさせましたから
さすがだなっと
エースを崩す攻略をしっかりとしていました



本日の西武先発は牧田
セリーグでは滅多にお目にかかれない
アンダースローの選手です


私は今回の交流戦はロッテの渡辺と西武の牧田で
苦戦すると予想していた


ではアンダースローの特徴をいくつか
あげてみましょう

まず、下から投げる投法なので
ストレートは下から上へホップアップする様な
感覚をバッターが錯覚をします

つまり、球速以上に球威を感じるはずです

また、スライダー、シンカー系の変化も
非常に有効度の高い曲がりを見せます

何しろ、このご時世、アンダースローを
投げる投手が非常に少ないので
アンダースローの投手を打てない
苦手とするバッターは非常に多いです


オーバーやスリークォーターに比べると
アンダースローのストレートの速度は遅くなる

しかし、渡辺、牧田、や往年の山田さんもそうだが
アンダースローのストレートは速度よりも遥かに
体感速度が速く感じる

今日の牧田が正にそうだった
阪神打線の各打者が、全くタイミングを掴めなかった
振り遅れ気味になってる打者がバンバンフライを上げていた


では牧田や渡辺のアンダースロー攻略はなんだろう?


アンダースローはランナーを背負ったとき
クイックモーションが他のフォームに比べて
非常に遅くなってしまうことです

とにかく四球でもデッドボールでもいい
ランナーに出てプレッシャーを与えること

これも立派な戦術になります

ただ、低めに決まるストレートを尽く
フライにしてしまう各打者が目立った

ローボールヒッターはそんなに苦にならないだろうが
それでも普段感じることのない違和感の中
ボールを捉える作業となる

ちなみにマートンとブラッズはローボールが得意
この二人はしっかりと安打を放っている

しかしフライの山をドンドン築き上げる

こりゃ苦労するなと思いました


今日はレフト金本を下げて柴田を起用
少しでも足を使ってプレッシャーを与えたい
そんな和田監督の考えは間違いではない

柴田も大和の経験値をどんどん積み上げる時期だが

やはり最後の打者となった金本を見て痛感


微妙な三振でアウトになった金本だが

やはり、他の打者に比べると
圧倒的に技術精神面で違いが明らかだった


まぁ、21年目の大ベテランと比較するのもあれだが
その壁を乗り越えてなんぼの世界だと思う


速く打ちたい気持ち
2ストライクに追い込まれてからの平常心
ファールで喰らいつく闘争心と技術



この技術と精神力を片岡打撃コーチは
全くレクチャー出来ていないのは確かだろう


まぁ、今日は牧田のコントロールも冴えていました
ブラゼルの敬遠以外での四球は2つだけ

ただ、最後の金本のようにファールで粘り
ボールを見極めるシーンが非常に少ない

早打ちをして打ち損じが目立つ
非情に悪循環な試合展開だった事は確かです


初モノに弱いといわれる阪神ですが
やっぱりねぇ
絞り球、狙い球が展開の中で掴めないケースが多く

何しろファールで粘ってタイミングを図るという
一番基本的な攻略を出来ていないのが
和田阪神の悪い特徴だと思います



もっと粘れる打線作りをしなければ
まず、初モノも牧田とのリベンジでも
淡白な攻め、単発な攻めで
打ち崩せないでしょうね


どんな打線を組み立て
トータルバランスのとれた打線作りをしたいのか?


また意図が見えてきません


FA名ばかりの選手をズラリと並べているだけでは
いい打線は作れないでしょうね

今の打線では、球数を多く投げさせるのが
下手でしょうね

逆に6回でメッセは115球を超えてた
投げさせられているんですよね



さて、新井さんですが
実はね、今日彼を見て思ったのが
そこそこスイングが良くなって来ている

スポーツ紙ではクソみそに書かれるだろうし
ブログでも叩かれるだろうけど

私は新井さんのスイングを見て

ああ、後もう少しだな

っと確信しました

彼がアンダースローとの対戦が余りにも機会がないので
まぁ、やりずらかったのは事実です

ここ一番で力みまくりの性格が前面に出て
今日もチャンスで凡退を喫し
ブーイングを浴びていましたが

彼にとってもはこのブーイングは試練です

打てば神に即効変換されますからww
それがタイガースファンです^^



まず4回の2アウト3塁の場面ですが
セカンドゴロでチャンスをぶっ潰したのですが
インハイのストライクゾーンのボール

好調なら彼にとってはホームランボールですが
力みで真芯を外してます
セカンドゴロで凡退

これが彼の一番悪い癖なんですよね
力んで真芯を外す

ミズノの統一球は
真芯を外せば、THE ENDです

力んだらOUTの世界が現在のNPBです

これは統一球以前からの続く新井さんの課題ですね

ミズノの統一球になって尚更
内野ゴロのゲッツーが多くなった

ただ、今夜の新井さんは踏み込み自体は
そんなに悪くなかったんです


むしろスイングのフォームは良かったです


腰で回転して振り抜いていました


真芯を外さなきゃ、グーンと飛んだか?
鋭い弾道のゴロが走ったと思います

今日の新井を見て私は


あれ?一晩でここまでフォーム改善したの?



そう思ったのが本音です


6回も2アウト1−3塁でのチャンスの場面
ブラッズ敬遠で屈辱の新井のバッターボックス

上手いね@渡辺監督

カリカリして力む新井を待ってたんですよね

新井は力んでしまいましてwwww
アウトローのストレートを力んでしまい
真芯を外してのライトフライ

でも、当たりは悪くなかったと思います
結果的にはライトフライで凡退でしたが
腰で回転してスイングしてるので、
あそこまで飛んだんだと思います

あれね、力み外したら、ライナーで飛んだと思う
力んで真芯外して打ち上げちゃったので
ライトフライになってしまいましたね


結果論から言います

新井さんの踏み込みと腰のスイングは
かなり改善されていました


ブラゼル同様、選球眼と力みが課題

そこまで改善が進んでいます

ブラッズも今日は低目を左中間へヒットしました
2ストライクからしっかりとファールで粘り
ボールを見極めての安打でした


新井さんは、踏み込みと腰でスイングが定着したら
あとはアウトコースのボール球に手を出さない


つまり選球眼の向上
そして力みを抜く意識改革


ここを重点的に指導していけば

間違いなく当たり出します


ただ、力みですよね
大きいのを狙うとどうしても力みが出ます
まずは、大きいのを狙わずにアベレージを上げる事

アベレージ向上一本に絞って
真芯に当てる意識とコンパクトなスイング


そこからスタートしなければ、また力みまくりで
スランプへ逆戻りしてしまいます


実は、鳥谷、平野も同様なんですが

必ず徐々に打者達が調子を上げてくるはずです


私は新井より、

鳥谷、平野の方がフォーム修正が急務
そう思っています
とっとと修正成就してもらわないと困りますね

この二人が打てないといかんせん
打線が繋がりませんから。。。。

交流戦中盤までは良かったり悪かったりが続きます

後半戦には必ず、チーム全体が当たり出す筈です


もう少しの辛抱です


ますは明日は移動なしの休日です
ロッテ戦を前に、各打者のフォーム修正だけは
休日返上で行って欲しいですね

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers