虎心不動TOP

.com/txcou

2012年06月16日

ブラゼルが見せた 今自分が出来ること


今日の試合も16安打と阪神打線の復調の兆しを
感じさせる感があり、見ていて期待感が高まる

確かに残塁の数が気になるといえば嘘ではない

もう少しタイムリーを確実に積み重ねて欲しいと
欲張りな考えを持つのがファンの心情である


残塁が多いが安打が飛躍的に増えたこの2試合


まだまだな状況だが、主力選手に少しずつ
当たりが出始めている事は確かだ

2安打や3安打4安打でぼやくよりはずっとずっと
マシだろうって思うわけ


これだけ打てばチーム打率も個人打率も上がるわけだから
とても嬉しい事である


問題は明日のVS成瀬の時だろうね

7〜8安打で4点位を取れれば言いのだが(高望みw)

相手はロッテの絶対的エース
また沈黙の虎になる可能性も高い

大事なことはいかに出塁してセットポジションに
持ってきて、少しでも成瀬にプレッシャーを与える
事が出来るか?どうか?

成瀬のリズムをどう切り崩すか?

とにかく出塁することだと思う



野原をカンフル剤に使った和田監督

でも一番の存在は私的には良太である

彼の存在はとってつもなく大きい

浅井、柴田、俊介、田上、そして良太
更に野原

外野だけでこれだけの選手が、スタメンを
奪い取ろうとようやく本気で動き出した感がある

マートンの絶不調がある意味きっかけとなったし
DH制度の試合でアピールが出来た事もいい傾向だ

確かに打撃安定度に関してはこれからの課題でもあるが
若虎達は出塁するとファーストでピッチャーに
プレッシャーを与える事が出来る

二軍でリハビリ中だった上本がようやく
本格的にファームで動く傾向

若虎の活性化が本当に気になる


ここからが若虎達にとって
本当の意味で正念場となる

だってDH制度が明日で打ち切りジャン

生き残りをかけた大事な一戦
それが今日であり、明日なのだ


さて、昨日は新井にスポットを
当てた記事を書いたが今日は良太を少しだけ

今日の良太は素晴らしかった
まず今日の成績ですが

3打数2安打 2四球

この2四球が非常に大きいんですよね

出塁率を上げてますし、打率も下げてません
むしろ今日に限っては打率を上げてます


今シーズンの彼を高く評価したいです


まぁ、守備面でちとマズイ所もあったがww
まぁまぁまぁ。。。。目をつぶりましょうww

彼はドラ時代から徹底的に扱かれまくって
落合野球の原点である過酷な練習を数年経験している
その経験がここに来て開花したと言っても良いだろう

まず、今年の良太の一番いい所は
焦ってストライクカウントを先行されて
力んで雑なスイングをしたり、あっさり三振を喫したり
そんな悪い癖が、今年に限っては
かなり減っている事が分かる



さらに力みまくっての力強いスイングが彼の特徴ですが
真芯に当てなくてもパワーで外野まで飛ばしてます
そして何よりも評価したいのが弾道です

彼の弾道は、フライも多々ありますが、センター前や
レフト前にしっかりと落とすクリーンヒットが
非常に多いってことです

打ち損じてフライを上げてばかりいる主力達にとって
いい刺激を与えたに違いないでしょうね

彼の存在は本当に大きいです



では今日の試合で私が注目したのはブラッズです

ここ数試合、彼のスイングに注目しています

彼は変化球を積極的に狙っています
初回の走者一走の3点タイムリー2ベース

アウトコース高めのチェンジアップ

109キロをしっかりと弾き返しています

109キロを弾き返した所に私は注目しました

しっかりと溜めが出来てなければ打てない速度です
140〜150キロのストレートを基準に
構えますからね

溜めがしっかりと出来ているから
109キロのチェンジアップをしっかりと
当てることだ出来ていると思います


続く2回
アウトコース低めのボール球
完全なボール球ですが、低目を
体を泳がせながらもセンター前に打ち返して
今日4点目のタイムリーヒットを放ってます

6回もアウトコース低めのクソボールの
スライダーをしっかりと流し打ちで
レフト前へ運んでいます

一昨年の、アベレージを狙うスイングが
徐々に戻ってきています

高めも低めもアウトコースも
上手に弾き返してますので

泳ぎまくって当ててる状態なのでwww
決して褒められるスイングではないのですが
これだけは言えます

ボールはメッチャ見えてますし
しっかりと溜めが出来ています


ストライクカウントを狙いに来た変化球
更に、得意なコースの変化球を
しっかりと合わせて打つ

アベレージ思考の今のブラゼルはとてもいいです

大きい当たりを狙って力みまくってたブラッズ


彼は、大きい当たりを捨ててまで
今、自分が出来ることをしっかりとやってます


マートンは彼を見習うべきですね
シーツが世話役として一種間くらい
チームに同行してアドバイスとケアを双方担当
してくれるとの事ですが、

とにかくアウトコースにふて腐れるのであれば
ストライクゾーンに来た球を積極的に打つべきです

彼はブラッズと違って
最初のストライク先行に使われる変化球を
フツーに見逃してるんですよね

まずストライク先行されたら今の彼はキツイ

何しろアウトコースへズドンって投げたら
手が出ない位、ストライクゾーンを否定中なのでwww

一番の薬は
ストライクカウントを取りに来たボールを
狙って打つことでしょうね

今の彼はそれしか打開策が無いのが現状



早打ちで見栄えが非常に悪くなる可能性が高いですが
今は早打ちして積極的に打ちに行くべきでしょうね


そこで溜めが駄目だ
踏み込みだ駄目だって分かるのだから

シーツが居るうちにそこを改善出来ればいいのですが


そこを和田さんが直接指導してシーツの力も借りて
しっかりとケアしながら改善すべきです

スイングのフォームが乱れているはずですから

まずそこをしっかりと修正すべきです

だから積極的に打たせるべきでしょうね


私は思います

片岡じゃ駄目なんだ
シーツ頼むよ

フロントがシーツに助け舟を依頼した
嘆きがあるのではないか?とね

まぁ、いずれにせよ、片岡さんはやるべき事が
沢山ありすぎます

まずはフレッシュは若虎のアベレージ精度を
高めることでしょうね


マートンにシーツが着いてくれたら
片岡にとっても有難い事でしょうねwww


さて明日は成瀬です
どこまで喰らいつけるか?
出塁出来るか?

ファーストでプレッシャーを与えられるか?

各打者が淡白にならない様に気をつけるべきです

これが出来れば、リーグ戦再開で
打線がいい感じでリスタート出来ると
信じています

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

新井の本当の復活はあるだろうか?



阪神4番と言えば、新井

そう答えるファンは少なくない

しかし、他に居ないからという悲しい現実が
そこにあるという輩も多いのも現状

4番にしてはホームランが少なすぎる

この意見が圧倒的ですよね

まず、今年のスランプについては前回も
書いたのですが、おさらいをして見ましょう

新井は、元々アウトコースを得意とし
流し打ちホームランもバッカンスッカン
打ちまくって日本代表の4番に座りました

それはカープ時代に非常に多かった光景です

狭い広島球場
彼のパワーは流し打ちでも問題なく通用した

更に東京ドーム、ハマスタ、神宮
この球場でも広島時代は流し打ちホームランを
バンバン打ちまくっていた

ではその当時の動画を拾ってきたので見てみましょう



流して良し、引っ張っても良し、左中間、レフト方向へも
バンバン打ちまくってたのが分かりますね

このホームランだと日本代表4番に座れるわけですよ


さて、今回あるゲストさんから
新井さんの記事を書いて欲しいとご要望があったのですが
この動画を見れば満足されたのではないかと思います

それではまたwww





ってなわけには行かないか?wwwww

では、新井さんが何故?阪神に来て4番として
ファンが物足りないとボヤいているのかを考えて見ます

ではまずここ8年間の彼の成績を見てみましょう


広島     打率    打点  本塁打
2004   2.63    36    10
2005   3.05    94    43
2006   2.99   100    25
2007   2.90   102    28

阪神     打率    打点  本塁打
2008   3.06    59     8
2009   2.60    82    15
2010   3.11   112    19
2011   2.69    93    17



上記の数字を見て、まぁとにかく年度別に
ムラがある選手であることが一目瞭然です

阪神に来て4年間でホームラン数は 59本
広島時代の4年間でホームラン数は106本

ほぼ2分の1になる位のホームランの激減です

阪神に来て4年間で打点は346打点
広島時代の4年間で打点は332打点

打点になると広島時代より14点多くなっています


打点に関しては、新井の前の打者達の出塁の成果が
広島よりもずっと優れている体と思いますが
立派な数字ですよね


では今シーズンのホームラン4本の動画を見てみましょう



え〜とですね
1本目のヤクルト戦のホームラン
これが今年一番のホームランです
アウトコースをバックスクリーンへブチ込んでます


これが安定して出来れば超一流なんですけどね

残りの3本は真ん中を引っ張ってます

今の新井は
インコースは打ててません
踏み込みが遅れてますから
当然外野フライになります


当然ホームラン動画などありませんよね


4番バッターは
やはりホームランが魅力
そして打点という数字が必要



この価値観は全世界共通といっても良いだろうが
特に日本プロ野球に限らず
日本球界は4番をチーム最高強打者を求める


では新井が何故?
阪神に来てホームランがバッタリ減ったのか?

3つの要因を私は考えています

これはもう前に書いた記事ですがwww
もう一度使いまわしネタですんませんって事でww


1.甲子園が新井は苦手

2.2008年に起きた腰の疲労骨折が原因

3.田淵以来優れた打撃コーチが不在のチーム



これは言うまでも無いです
新井は広島時代から甲子園球場でのホームランは
少ない

広角強打を売りに彼は日本代表4番を張った

しかし、甲子園球場は浜風が存在しており
この浜風は基本的にライト方向へのフライ系は
ことごとく戻されてしまう傾向が強い

更に左中間へ飛ばしても、レフト方向へ
グングン引っ張られる様に押し戻される
明確に言うなら、押し戻されると言うよりも
飛距離を伸ばせず、レフト方向へ流れるが正解

彼が打ち上げた左中間への当たりは
センターが追いかけて左中間の深い位置で
キャッチされるケースが非常に多い

つまり、左中間へ打ち上げた花火は
スタンドへ届かず、深い位置の左中間で
収まってしまう

もっと明確に言うならば
センターに上げた打球が左中間の深い位置で
伸びきれず取られてしまうが正解かなぁ


統一球になってブラッズも同じ傾向になってるでしょ?

これは真芯に当て切れてないのよね
ほんの少し真芯をズレただけでこうなっちゃうのが
ミズノの統一球って事

だから彼はオフシーズンに筋力増強というお題目をかかげ
太って再来日したが
太れば当然スイングはスマート時代に比べると
瞬発力が落ちるので、スイングが若干遅くなるんです


ダイエットすれば、ブラッズは逆にもっと飛ぶよ


ああ、そうだ新井さんだった

新井はもっと引っ張るべきだと私は訴え続けています
浜風は気まぐれな方向へ試合中に動き回りますが
基本形はライトからレフト方向と言われてますが

右中間から3塁アルプススタンド方向へが正解だと思う

だから左中間が伸びないんですよね


関本や藤井がレフトポール際へ最短飛距離のホームランを
放ってます

あれが右打者にとって一番おいしいホームランなんです


金本や城島が浜風の影響を受けながらもスタンドイン出来る理由


それは弾道です

金本が引っ張ってグングンライトスタンドや右中間へ
放り込むホームランの弾道は

まさに弾丸ライナーなんです


城島のレフトスタンドへ放り込むホームランも
弾丸ライナーでグングン伸びていきます
低い弾道から飛行機が離陸するような弾道

巨人の坂本も甲子園は苦手にしてません

弾道なんです

打ち上げるタイプとライナー性のタイプ

新井は打ち上げるタイプなんです

ちなみに田淵さんも同じ打ち上げるタイプですが
彼は浜風を知り尽くした天才バッターでした
だから甲子園を本拠地にしても、あそこまで
ホームランを打ちまくったんです

何故?私が彼に引っ張れといい続けているのか?

ホームランアーティストにこだわりを今以上に
強く強く持っていただきたいからです



西武の中村は


遠くへ飛ばすなら引っ張るしかないでしょ?
一番遠心力を活用出来るスイングは引っ張ることだから

だからレフトスタンド目がけて引っ張ってます




甲子園なら尚更そうすべきなんです

レフト頭上に打ち上げれば、浜風に流されながら
レフトポール際へ流れてホームラン出来ます

最短距離で稼げるホームラン軌道ですね^^

これも甲子園を本拠地にするホームランバッターの
量産への秘訣なのだから

新井も引っ張るべきなんです


ただ、問題が生じます
彼はアウトコースを積極的に引っ張ることを
広島時代からしませんでしたので
アウトコースを引っ張れと強制させると
ボッカンスッカン凡打のヤマを築き上げます



すでにそれは新井自身が挑戦して実戦済です


彼が得意なコースは真ん中ですし
アウトコースの腰のラインです

インコースを振り遅れる癖があるのですが

恐らくそれは、腰を怪我した2008年以降
非常に不安定なスイングが今でも続いています


間違いなく、梅雨時期とか、疲労蓄積した時期に
騙し騙しのスイングで凌いでいる時期があるはずです

だから彼は1シーズンに3回位スランプが
2008年以降続いてしまうと思っています


その腰に爆弾を持っている新井に対して

広沢打撃コーチ、和田打撃コーチ、片岡打撃コーチ

この3名の打撃チーフコーチが明確なアドバイスを
して助けてあげることが出来なかったと思うんです

こう言う表現は虎ファンとしてしてはいけないのですが

ぶっちゃけ田淵打撃コーチ以来
ズバ抜けたホームランバッターを育てられる
打撃コーチが居ないんですよね

彼に明確に

引っ張るスイング
コンパクトに振り抜いて飛距離を飛ばすスイング
弾丸ライナーを飛ばすスイング


このスイングをしっかりと指導できるコーチが
ぶっちゃけ居ないんです

だから私は、デーブが欲しい
オマリーをもう一度コーチにしてくれと
騒いでいるんですよね


落合監督は、腰痛を抱えて移籍した和田に

こんなスイングしてたら一発でやられるぞ

そういってスイングを改造させたそうです
それ以降、彼はほとんど腰でリタイアすることが
無かったそうです


打撃コーチの指導力については
新井は阪神に来て恵まれていないと思います


まずは新井には引っ張って欲しい
アウトコースも引っ張って欲しい



ただ、今の段階ではそれは無理な話


アウトコースをしっかりとライト方向へ
インコースの踏み込みのタイミングを少し早くする

真ん中とインコースは引っ張る

これを徐々に段階を経て行けば

もう一度全盛期到来もあると思うのですが


今はとにかくアベレージを上げて
チャンスで落ち着いて力まないように
心がけることからしないといけないですね



とにかく個人的にはアリアスを化け物にした
オマリーがどうしても欲しいですね
彼はジャイアンツへ行ってボロボロだったです

甲子園でホームランを打てる選手を育てられる
身近なコーチはオマリーでしょうね


彼は溜めを作らせるスペシャリストなので
踏み込みに関しても凄い指導力を発揮すると
思うのですが。。。。。。

スカウト弾いちゃったからなぁ。。。。。

デーブが居れば新井は伸びたかもね
星野さんサクっと雇ったのを見て
さすがだなって思いましたよ


私は4番は新井か?城島しか居ないと思っています

甲子園ですもん
右打者が4番の方が絶対にいいんだよね

まずは腰を気をつけながら
コンパクトにしっかりと振り抜くこと
インコースの踏み込みを何としてでも
早くすること


これが出来れば、まずはアベレージは上がるでしょうね

当てる事が出来れば、絶対に弾道が変わると思います
フライではなくてライナー性の強い当たり

これを私は待ち続けています

それはブラッズにも金本にも鳥谷にも求めています


真芯よし若干上に当ててしまっているんだもん

バンバン打ち上げ花火上げて飛距離が伸びないわけよ

オマリーが欲しい正悟君でした

それではまた
*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年06月14日

株主総会でマートンNO!



私のサイトでリンクしてある寅之助さんの
素人トラ番評論家で面白いことを書いてあった

今年のタイガースは3点のビハインドで
1度も勝てていない

しかも14連敗中



とデーターを表示している

彼はデーターで表現する記事が非常に長けている
その3点ビハインドを今年ようやく逆転して勝ちを
収めた

逆転勝利って奴ですね

彼の記事は常に的確にゲームを捉えた記事で満載です
是非、リンクから訪問してください

かなりいい記事書いてますよ^^


ではまず試合内容から


阪神打線に大きなテコ入れが行われた
ファームで4割1分3厘の野原将がついに昇格した
遅いくらいの昇格だったが、昇格していきなり
スタメントップバッターでの起用

それだけトップを貼れるバッターが不在である

彼の昇格によって
平野が定ポジの2番に座ることが出来た
これで阪神打線のリズムが出ればいいのだが、
思い切った起用も大事な状況

和田監督はよく決断したと思う

平野2番は彼自身を最大限にフル活用できるはずの
打順であると確信しています



今日の西口はボールが高めに浮いていたが
変化球はアウトローへ丁寧に投げていた
しかし、阪神打線はアウトローに喰らいついていた

喰らいついてヒットも出ていたが。。。。
タイムリーがなかなか出ない

西口を相手に阪神打線は何しろ
残塁残塁で得点をなかなか重ねることが出来ない

安打数は出てもどうしてもここ一番で打てない
印象が強いゲーム展開だった

その流れを変えたのが新井兄弟である
新井のスイングは決して悪くなかったのだが
力みがどうしても邪魔して、ライナー性の当たりが
どうしても出ず、打ち上げ花火が続き、外野フライが
目立っていたが、マイケルの甘い球はさすがに逃さなかった

左中間を深々と破った2ベースヒット

新井をホームに返したのは、弟、良太であった

新井兄弟で作った貴重な同点打は
何だか見ていて心地良さすら感じた

堂上兄弟よりなんかいい感じwwwwww



スタンリッジは悪いなりのピッチングが出来たと思う

中村が怪我で途中交代してくれたのは大きかったね

序盤の1、2回でいきなり3点を献上してしまったが、
3回からは四球以外は踏ん張って投げてくれた
6回途中まで
ヒットは打たれなかったし失点も許さなかった


やはり四球ってのは駄目だね
一人で自滅するイメージがどうしても強い

4回以外は、四死球でランナーを必ず出していた
ただ、要所要所しっかりと抑えてくれた

5回3分の2で5安打3失点
最低限のゲームメイクは出来たかな?
悪いなりに良く頑張ってくれたと思う

2アウト満塁の場面、スタンリッジに代わって
マウンドに立った筒井は見事だった


彼が平野をピシャリと抑えた事で
阪神に流れは来たと思う

9回の逆転のシーンは
まず金本の技ありのヒット
代走は田上
ここしかないタイミングで彼が登場

新井がレフト前にヒットを放ち
ノーアウト1、2塁になった
ブラゼルはセンターフライ
田上タッチアップで1アウト2、3塁

ここで大和
今日はここがポイントだったと思う

スクイズだけは絶対によせ

ウイリアムスもスクイズを完全に警戒している

絶対にスクイズをするな
打たせろ!


3−1でストライクカウントを取りに来たとしても
ここは強打で勝負しろ

内野ゴロでも田上はホームイン出来る

そう願いながら観戦をした

3−2で打ったのはピッチャー強襲の
タイムリーを放った
大和自身はアウトになったがいい仕事をした

田上のスタートダッシュは凄いね^^

ありゃ早いよ

さて、今日は球児でなく福原が抑えになったが
アップはしていたとの情報

球児に何かアクシデントがなければ良いのだが。。。

しかし福原のストレートは凄い
圧巻のピッチングでしたね


ヒーインの新井良太
ベンチでとにかく声を出して盛り上げていたのが分かった

彼のようなムードメーカーは絶対に必要


13安打で4得点14残塁
と課題も多かったが
とにかく勝てたことが良かった
安打が出だした
これがロッテ戦でも続けばいいのだが。。。。

これでまた借金2
4にならないだけ良かったと思う



さて、株主総会

打撃不振
それを助けられない首脳陣達

そして若手育成面の物足りなさ

更に、巨額主力選手への甘い対応


ここを重点に叩かれまくって
南球団社長も脂汗をかく総会でしたね

チーム状況が悪ければ当然総会はこうなる


去年は金本が叩かれまくってましたねww
今年の叩かれ役はマートンでした

彼の暴言問題は
マスコミのネタにされた形であり
ブラックジョークが過ぎただけの事

能見自身がマスコミ批判を表明している位だし
ファンもそこは理解を示していると思う

ただ、首脳陣も能見同様に
マートンをかばってあげなきゃ。。。。
記者と一緒になって怒ってる感じがして
非常に気分良くない


選手を守るのも首脳陣の役目だろう?

ただ、ストライクゾーンで悩んでテンパってる
状況でふて腐れた態度が目立っているし
やる気のなさがプレーに出てしまっているのは確か

打撃面でチームメイトのブラゼルと比較して欲しい
彼は現在、際どいボールを見逃さずに食らいついて
何としてでも安打にしようという必死さがある


確かに追いすぎて引っ張ってブラゼルシフトにかかる
セカンドゴロも見られがちだが、それでも
アウトコースは流そうという意識は強い

その努力の甲斐があって、彼の打率は徐々にだが
上がり始めている

またスランプに落ちる可能性も高いスイングで
不安だが、食らいつこうと言う姿勢は高く評価したい

そのストライクゾーンを助けて上げられない
和田阪神首脳陣


ついに罵声も始まり、首脳陣交代の声も大きくなり


フロントも
そろそろ監督が前面に出ていいんじゃないか?
とハッパをかける状況

マートンと平野をまず助けてあげなきゃ
阪神打線の繋がりは成就しないだろう

更に、今日1番に座った野原
彼に対してもしっかりとケアして
自信を持たせることが大事です

マートンがいつ?
ストライクゾーンに理解を示してくれるだろうか?

金本だってそう
ワイドになったストライクゾーンに相当手こずっている

選球眼の良い金本ですらしっくり来ないのだから

何としてでも、このワイドになったストライクゾーンの
見極めをいち早く対策してあげて欲しい



マートンがやり玉に上げられたが
確かに彼のプレーの態度は傲慢と叩かれてもしょうがない

しかし、今日の見逃し三振を見て思ったのだが
全くワイドゾーンについていけてないのだから

そこは打撃コーチが親身になって助けてあげなければ

打撃コーチの役目は全く果たせないって事

叩かれてるマートン
確かに本人にも問題は多々あるが
ある意味被害者でもある

打撃コーチが助けてあげられてない現状

そこをもっとファンは重視してあげてもいいと思う


やる気と理解を得れば、彼は安打製造機に戻れるのだから

戻れるのかな?wwwwww

もう少し温かい目で見守ってあげてもいいんじゃないかな?

2年間俺達は
彼に頼りまくって
数え切れない助けをもらったんだからさ

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年06月13日

石井完封負けは自爆して起きた




石井に完封負けの原因


今日の石井は非常に上手い投球を見せた

チェンジアップとスライダー
そしてストレート

ほぼこの3球種だけ で阪神打線はやられた

まず私は今日の石井のスライダーを称えたい

113キロから129キロまで
スライダーだけで緩急をこれだけつけている

見た目がカーブっぽい軌道に錯覚を起こしてしまう

彼のスライダーのキレは抜群だった

そしてストレートとチェンジアップでも
緩急をつけ、阪神打線のタイミングを完全に
最後まで取らせなかった


完封&無四球


今日の阪神打線なら、石井は無四球は出来た


なぜならば、阪神打線は最後まで
スライダーに合わせる事が出来なかったからだ

簡単にボール球に手を出すわ
ストライクカウントを取りに来たスライダーを
簡単に見逃す始末

西武バッテリーとしては、非常に投げやすかった


ストレートをストライクゾーンへ堂々と投げてくる
チェンジアップとの見分けが困難だった

今年の石井はフォームが非常に安定している
だからあの球速でも打たれない
ストレートとチェンジアップの見分けが困難なのだろう


今季すでに石井は6勝している


140キロ程度のストレート
迷いながらのスイングがバンバン出てくる

140キロのストレートに振り遅れている


屈辱以外表現が思いつかない



さて、私がカリカリしたのは

小宮山と、大和のバントの構えである

二人とも、初球のボールをバントの構えで
バットを引いてストライクを先行されていた


こんなストライク先行のされ方が一番駄目


何がしたい?
バントの構えの意味は?



非常にイライラした瞬間である

この仕草を見て、全く首脳陣が対策を出来てない
事を相手バッテリーに教えた瞬間である


スライダーをことごとく見逃す阪神打線

これではどうしようもない

ファールして打つ姿勢を見せないのだから

ストレート狙いだと相手バッテリーは確実に
分かっていた中で
バンバンストレートで勝負してくる

ここ一番で投げるチェンジアップが非常に有効


ストレートか?チェンジアップか?

それが全く読めない打線



何故?無四球で石井は最後まで投げきったのだろう


簡単です
ボール球に手を出す以前に問題があります

早打ち戦術と

ストライクカウントを簡単に初球で与えているからです

初球のスライダーは殆ど見逃してます


ストライク先行

これはバッテリーにとって非常に楽な展開

初球にスライダーを投げれば見逃す
ボールゾーンへスライダーを投げると引っ掛ける

スライダーに緩急をつければタイミングが取れない

これではどうしようもない


こんなストライク先行をさせて早打ちをさせた

石井の球数は試合終了時点で108球


1回12球ペースで進んでいる計算になる

どれだけ早打ちをやっちゃってるの?



相手バッテリーに
リズムとペースを無条件で献上しているのだから

石井にとって今日は各打者全員がカモ状態


何故?早打ちを最優先する戦術を立て続ける?
こんな負け方ばかりを繰り返して
何故改善しないのだろうか?

最終的にエコ投法で打たせて取るピッチングを
意図も簡単にやらせてあげたのだから


ストライクカウントを見逃すなら
タイミングを計る事を念頭に置いて
ファールすべきだと思う


スライダーの緩急に目で慣れるだけでなく
体で覚えようとしない打線に腹が立ってました

和田阪神は
カーブに関してはオールスルーする打線
ストライクカウントを取りに来ているカーブを
見逃しても怒らない首脳陣

デカイの出なくても合わせれば安打に出来るはず

それをやらせないのだからどうしようもない


思い出して欲しい

開幕20試合
あの巨人は阪神打線以上に酷い状況だった
山なりのボールで緩急をつけさせ
変化球も積極的に打たせることから始めた

1ヵ月後には交流戦優勝目前

この現状に阪神ファンも屈辱を感じているだろう


和田監督、有田ヘットコーチ、片岡打撃コーチ

何がしたい?
何をしている?


何故?改善せず、ここまで底に落ちているのだ?


もう一度、溜めの見直し
更に、アウトコースへの選球眼向上

そして変化球への対応

ストレートとスライダーだけが得意では
相手バッテリーはなんぼでも効力出来ます


この打率を何とかしてくれ
スタメン連中で一番打率がいいのが鳥谷

2割5分7厘

あり得ん!!!
暗黒時代でもこんなのなかっただろう!!

打撃コーチ出身の監督で作り上げた体制

真弓体制の方がまだ明確さはあった
珍采配は迷走采配はあったけどね
ここまで打撃は悪化させなかった

最後に金本ですが。。。。。
どうなんでしょうね?
ストライクカウントを間違えてキレるってwwww


あんなの、はじめて見ましたwww
審判の責任にしては駄目

ただ、金本が抗議しているのであれば
例え負け戦でも、多少は熱く抗議すべきだよね

和田さんなんもせんのだから

和田監督の見殺しは真弓以上だと思う

全然熱くないwwwwwww

マートンも鳥谷をはじめ、チーム全体(特に打撃陣)の
モチベーションの低さが余りにも目立ち過ぎてます

内部崩壊し始めてなきゃいいんだけどね
ギクシャクはしてるんじゃないかな?

安藤の足が心配です
安藤の後、しっかりと0で抑えた
それだけが唯一の収穫でした

明日は西口
緩急つけて攻められたら
今の打線ではキツイ

何としてでも出塁する事を第一に
頑張って欲しいですね

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年06月11日

岩田が報われた夜



今日は山田と岩田の投げ合いとなった

この二人の投げ合いは非常に見ごたえがあり
緊張感溢れるいい試合だった

山田はストレートとスライダーを主流に
カーブ、チェンジアップを織り交ぜた配球

何しろ、スライダーのキレが抜群だった

スライダーに的を絞ろうとしても
チェンジアップで緩急をつける

細川のリードも上手い

いい投手が、コントロール球威球速が好調であれば
ストレートと、スライダーだけでも十分戦える

ストレートの球速は140キロにも満たない
タイミングが取りにくかったのが良くわかる

岩田も負けていなかった
岩田は楽天の試合から調子が上がっている

球威球速も良し、変化球のキレも良く
コントロール精度も抜群

ワイドになったストライクゾーンを最大限に
有効に使いこなしていた

ツーシームも良かった

小宮山のリードも抜群だったと思う


今日の試合で一番良かったことは
山田、岩田共に、8回を投げて、四球ゼロ


引き締まったいい試合内容だった



では、私が非常に頭を抱えたのは
3回裏の阪神の攻撃

またやっちゃった小宮山バント
和田監督は小宮山に勝負を託す度胸が無いようだ


打撃コーチが一番悪いんだけどね
くだらない采配はもういい加減にして欲しい

3回裏
新井良太が2ベースヒットで出塁
ノーアウト2塁
バッターは8番小宮山

ここで和田監督はバントをさせるケースが多い

ノーアウト2塁で8番捕手にバント
1アウト3塁

外野フライでも1点が取れる展開

確かにバント成功で小宮山はサイン通りの仕事が出来た

しかし、9番ピッチャーに勝負させる現状がそこにある

もっと奥深く言わせて貰えば

9番ピッチャーは駄目で元々
1番平野に一気にプレッシャーを与える結果となる


私は1番は平野に向いていないといい続けている

更に寅之助さんは
こんな展開に鳥谷を使うべきだと唱えている

ノーアウト2塁

キャッチャーだったら打たせるべきではないだろうか?
ヒットを打てばタイムリーになる

勝負させないと駄目だよ
ピッチャーじゃないんだから


ここで勝負させないから小宮山は成長しないし
圧倒的にリードで劣る今成の評価が良く感じ

今成の方がいいと錯覚をファンに与えるのだ

駄目でも1アウト2塁の展開が残る

そこで岩田バントでもいいと思う

捕手に送らせて投手に打たせる

こんな野球をしているから駄目なんだ

9番投手に勝負させる

でも本当は1番一発勝負なんだよね
2アウト3塁まで計算済みのベンチ


ここに大きな問題を感じるわけです

8番捕手にバント
終盤で投手で代打シーンでやることでしょ?
3回にそれをやってたんじゃどうしようもない

あそこでは小宮山に結果問わず打たせる事が大事


皆さんにどうしても伝えたい事は

小宮山だけを責めるのではなく

2軍で全く打撃が向上させる
ことが出来なかった八木コーチ

そして1軍に昇格させても
全く打撃向上させる事が出来ない、
片岡、高橋両コーチ


怒りと疑問をぶつけるべきだと思います

何のための2軍行きだったんだ?って事です


今日のブラゼルのヒットもクゾボールの
アウトコース低めのスライダー

彼はファールせずに引っ張りきった
ライン上に乗って2ベースを放った

彼のヒットは打撃フォーム上、
決して褒められた内容ではない
むしろ、ファールにすべきだったと思うが

今日の山田はスライダーのキレが非常に良かったので
よく泳ぎながら喰らいついたなっと感心しました


細川の暴投に助けられた
いや、報われた岩田


確かに山田は良かった
でも、相変わらず金本はインコースの
ストライクゾーンに戸惑っている

まずファールしようよ

際どいと思ったらファールしようよ

1球でも多く投げさせようよ


これを全員でやったら、絶対に意味のあるアウトで
納得の行くデーター収集や
失投が来る確率を上げる事が出来るのだから


早打ちで打ち損じ
ストライクゾーンで見逃して納得行かない表情



もっと粘って意味のあるアウトを積み重ねようよ
相手投手のリズムを良くするだけのアウトの
積み重ねをしちゃいかんでしょ?



片岡コーチ
何やってんだ?
いつまで選手に任せて腕組んで見てるんだ?

若虎ばっかり鍛えて、ベテラン放置してるんじゃないの?

でも全体が全く駄目な打線

これは勝っても負けても、投手陣への負担が
あまりにも多すぎる

ストライクゾーンの攻略
選球眼の向上



まずはこれでしょう!

片岡コーチ逃げずに取り組んで欲しい

平野と小宮山をまず送球に助けて欲しい

あ、そうか。。。。時間がかかるんだった。。。

再び借金2 何とか借金ゼロで交流戦を終えたいですね

残り4試合はビジター戦
DH制を上手く活用していいゲーム展開を作って欲しいです
*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

阪神首脳陣はストライクゾーン対策を逃げている


ボール球を振りまくる阪神打線

今日はストライクゾーンについて書こうと思います

今年の阪神打線の特徴として一番目立つのが
積極的に打ちに行こうという姿勢

僕は、その方針は、高校野球レベルだと思っている

まず、現在は交流戦
対戦が殆どない投手同士が当たるわけですが
重要なのが、相手投手のデーター収集

スコアラーから提示してあるとは言え、体感は別物

じっくりとボールを見極め、ファールで粘って
球数を少しでも多く投げさせる

配球データーも揃うし、疲労も呼び込める

まぁ、早打ち作戦を敢行し続けている阪神ですが

その大きな理由が

追い込まれると厳しくなるから
甘い球が来たら積極的に行こう


非常に単純明快で分りやすいです

私が相手バッテリーで捕手ならば
こんなに有難い相手はないです

ボールゾーンへ逃げる変化球でストライクカウントを
稼いで、決め球をブチ込めばいいのだから

楽です

まず、阪神打線はボール球をバンバン振りまくります
何故?ボール球を
バンバン振りまくってるのでしょうか?


選球眼のチェックを首脳陣が怠ってます
まず、選球眼の悪い選手は、スタメンから外すべき

そうでないとミズノの統一球には絶対に勝てない

と言いたいが、球団全体として選球眼が悪い状況


鳥谷、平野、金本、関本

この4選手は本当に四球を取れる選球眼を持っている

前回も書いたが、岡田阪神時代の主力選手は、本当に
選球眼を根本に鍛えられたのだと思う

真弓政権から和田政権へ移行したが
選球眼は落ちまくっている

当時、打撃コーチであり、守備走塁コーチであった
和田監督だが、どうも選球眼に関しては
口うるさく選手には注文しているが、反映されない


やはり指導力に問題があるのだろう

そしてワイドになったストライクゾーンに
全く対応出来ないからだろう

統一球になってセパ審判が合体された
パリーグの主審に苦しんだセリーグ各打者

今年になって更にストライクゾーンが広がって
更に阪神打線は対応が厳しくなっている


まず、見逃して首をかしげたり
主審に文句を言ったり
憮然とした表情でベンチへ戻ったり

いずれにせよ、ワイドになったストライクゾーンを
未だに認めようとせず、否定的な考えが
各打者に杜根ずいている

これではいつまでたってもミズノの統一球と
ストライクゾーンに勝てないのは当たり前

低打率でタイムリー欠乏症軍団になるべきして
今現在の阪神打線が存在していると思う


1.jpg

この図は私個人的に作ったのだが
青いボールが今年からワイドになったと言われる
ストライクゾーン

赤いボールが統一球前の段階のストライクゾーン


ご覧の通りこれだけの差があるのだ

これは体感する打者にとっては天と地位の
凄い違いがあります

今でも赤いボールのコース見決まれば
ストライクを宣告されても、納得する

んで、青いボールであるワイドゾーンのボールを
ストライクを宣告されると

え?うそだろ?

と阪神打者は、首をかしげ、納得行かなくなる

少しでもホームベースにかかればストライクを宣告される

審判の感覚によっては
ホームベースにかかっていないギリのボール球でも
迷ったらストライク宣告をするので
かなり厳しい状態であるのは確かです


特にサイドスローのコントロール精度のいい投手は
ストレートの状態でもオーバースローと違って
斜め気味に球が走ってくる
ホームベースに斜め角度にホームベースにかすった
ボールがストライクと宣告されるのが、今の野球
オーバースロー以上に、ストレートが遠く感じる事だろう


ジェンがサイドスローにしたのは
コントロール精度を上げるためであるが
彼のコントロール精度が上がれば、このストライクゾーンは
大いに活用できるだろう


サイドスローで切れ味鋭いスライダーなんて投げると
バッターからすれば随分遠くへ感じるだろう


多分、このストライクゾーンのまま
国際試合へ出ると、逆に通用しなくなるだろう
間違いなく四球が増えるだろう
それだけ、投手にとっては国際試合でも通用しない
激甘ストライクゾーンが認められているのだ


しかし、プロの世界は勝負の世界
さらに勝負の世界の審判の宣告は絶対である

各球団納得しようが、しなかろうが
このストライクゾーンに対応しなければ
勝てる試合を作るのは難しくなり
今日のメッセの様に、好投見殺し状態の
試合展開が生じてしまう


積極的に行け

違う!!

際どいボールはファール


ワイドになったストライクゾーンを
攻略するにはこれしかないのだ


これを完全に浸透させなければ
阪神打線はシーズン終了まで
崩壊状態を続け、とんでもない結果を
引き起こしてしまうだろう

しかし、逆に浸透したとしたならば
苦手な杉内だって今以上に苦しめる事が
出来るはず


積極的に打ってる場合じゃないのだ


さぁ、和田監督、片岡打撃チーフコーチ
そして高橋(あえて呼び捨て)

際どいコースはファールにしろと
しっかりと伝えているだろうか?

ファール技術の指導は出来るのだろうか?


平野というファールの教科書を持つお手本が居る

鳥谷、金本という選球眼のスペシャリストが居る


こんな素晴らしいお手本が沢山居るのだから
首脳陣は、もっともっといい指導が出来るはず
なんですが。。。。重要視してないんだろうね

ボール球に手を出しやがって

程度の感覚で居ると思う


ファールは当てる事が仕事

2ストライクに追い込まれて焦っているようでは
まず一流選手に離れないだろう


27個のアウトの中で、どれだけ意味のある
アウトになれるか?



3球三振と8球粘って三振

明白でしょ?

そこでファールで粘ったとしたら
四球のチャンスだって増えるし
更に失投も呼ぶことも出来る

そして何よりも、狙い球の
シナリオのボールが来る確率が
ハンパない数字で跳ね上がるだろう

それが一番いい野球が出来る証だと思う

2ストライクを恐れずに
平常心で居られるか?どうか?


ストライクゾーンの攻略を
アウトコースを打てるようにすると
勘違いした選手も多いと思うが

ボールゾーンをやたらめったら狙ってたら
間違いなく正しいフォーム崩れてしまい
スランプばっかり生じてしまうだろう

アウトコースを追い続けて大スランプに
なった選手が新井であり
城島だったんだから

ファールする技術と精神力を
どこまで成就できるようになるか?


それをファームも含め、徹底すれば
阪神打線は巨人以上に怖くなるだろうね

最後に一番駄目なアウトは
見逃し三振である

それは少年野球もプロ野球も一緒だって事

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012 Tigers

2012年06月10日

駄目だこりゃ。。。。

昨日の試合で一番痛かったのは
マートンの送球です

握り損ねたんですよね

解説の佐野さんはのんびりって表現をしてましたが
あれね、握り損ねて遅くなって、更に逸れた形
だったと思うんですよね

確かに前進守備であってもダッシュが遅かったんです
その上握り損ねたでしょ?

握り損ねて暴投って外野手として致命的なミスです

あの緊迫した場面で、準備不足
それが一番の原因だと思います

もう少し緊張感を持ってプレーしてもらいたいです


さて、そのマートンも含め、
ストライクゾーンで首をかしげる選手が多い

今日の金子はコーナーをうまく突いたピッチング
コントロールの良い投手が相手となると
見逃し三振や見送りで簡単にストライクカウントを
献上するケースを多く見られる

やる気を無くして
やってらんない位の表情でベンチへ戻る
金本やマートンを見て


いつまでこんな事やってる?
こんな状態だから打率が低いんじゃないの?
ふて腐れるなら現実を受け止めて戦えよ!


ふて腐れるだけならうちの娘でも出来るぜ?


そう思いたくなるのです


私はワイドになったストライクゾーンに対して
理解を示そうとせず、怒っているだけの
阪神打撃陣に対して怒っています



ワイドになったストライクゾーンを認めないと
絶対に勝てないと思う

だってそれが今季のストライクゾーンの規定であり
ルールなんだもん

納得行かないって怒ってるだけだから
こんな低打率なんでしょ?

改善対策にやる気だそうよ


何やってるんだ?首脳陣!!
そして各バッター達!!


って思うわけです

イデホは来日してキャンプ時、ストライクゾーンについて
お手上げ状態のコメントを出している

しかし、その彼はアウトコースのボールを
左中間へセンターへバンバン飛距離あるボールを
飛ばしまくっています

ワイドになったストライクゾーンを対策し、
更に攻略している



これぞ、プロ精神
これぞ、プロ魂


そう思うわけです

岡田さんの野球は、選球眼第一

岡田阪神は低打率であっても、しっかりとタイムリーを放ち
勝つゲームを続けていた

その裏には選球眼という最大の武器があったからです

ストライクゾーンについては出来れば、今夜あたりでも
図を作ってアップしてみたいと思っています

まぁ、時間があればって事で^^;


昨日、能見のコントロールが悪く、小宮山も四苦八苦していた
左打者に対して、インコースが攻められない

どうする小宮山?

彼は右打者に対して、アウトコース一辺倒でストレートを
投げさせて、何とか球威を向上させようと努力をしたが

やはり中に入ってしまう

そこを打たれて失点を重ねてしまった

球威を上げるためには、まずボール球
中に入ってくるボール球も計算した上で
ミットを構える事も大事

ストライク先行した時こそ、貫いて欲しかったかな?

能見はやたらと肘を気にして揉み解しているシーンが
目立ち、気になっています

張りだけならいいのですが。。。。。。


最後にマートンのブラックジョーク
マスコミも書くブログでも大きく書かれています

ちと精神面で追い込まれている状況なんでしょうね

まずはストライクゾーンの定義を納得してもらって
ファールの練習から

それしか方法が無いよ

今季は我慢です

巨人がこんなに打てて、和田阪神悔しくないのかな?

さて、甲子園でのソフトバンク戦

相性で何とか。。。。連勝して欲しいです

まだ借金2

奇跡だwww

各打者の選球眼の向上
ストライクゾーンへの理解力の向上

待ってます

今の首脳陣じゃ。。。。。無理か。。。。

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年06月09日

これぞ4番!泥レスを制した逆転HR


まず、今日の甲子園は田んぼ状態
日本一水捌けの良い球場とはいえ
強行開催、強行試合と言えるほど
ぬかるんでました

まず盗塁なんてしてはならない
それ位、総力が激減するほどの田んぼ状態

大和なんてヒットで出塁しても
お爺ちゃんみたいな走塁だったし

新井さんはボール避けたら
泥レス状態のユニになったしwww
こりゃ相当ぬかるんどるワイと思ったわけww

雨でマウンドもぬかるむ
そこでスパイクが気になる神経質な投手は
間違いなくコントロールが悪くなる

相手投手の西は雨を気にしない投手だったようだ


さて、スタメンマスクは予想通り小宮山でした
今成を1軍に残しておく意味はある
代打としてかなり使える

今日も今なりは代打でヒットを放っている
アウトコースのフォークを狙いすました様に
きっちりと弾き返している

今成の打撃センスは抜群だ

捕手を続けるのであれば、まずは1軍に残して
出来る限りブルペンで球を受け続けること

まずはここからでしょうね

小宮山と合体しろ!!

外野コンバート案が出てる記事がありましたが
それはまた後日書くことにします

今はブルペンで受けさせるべきです
自球団の投手の球を沢山受けて学ぶところから
始めればいいんですよね

まずは味方チームの投手陣の配球データーを
組み立てることが大事です

じっくり行きましょう


やはりロースコアが狙える小宮山

矢野、城島から受け継いだ抜群のリードを
久々に1軍で見せてくれた

スタンリッジはコントロールが定まらなかった

そこで小宮山はストレートを主体としながら
選択した変化球はスライダーとカーブ
雨で滑る事を考えてフォークを配球に入れなかった

緩急をつけてボール球を振らせる事
これは功を制した形となった

雨でゴロが遅くなると判断しては、ストレートを
アウトハイにズドンと投げさせるなど
工夫をしながらスタンリッジをリードした

球数が多かったのも、雨の影響だっただろう

鳥谷の送球ミスで運のない失点だったが
スタンリッジに悪いなりのピッチングを
小宮山は上手くリード出来たと思う

阪神は西のスライダーにやられていた
ストレートの球威とスライダーのキレ
更に低めに来るカーブの緩急

この緩急に手こずっていたが、徐々に
西のスライダーを捉え始める打者も出てきた

6回途中で西を引き摺り下ろした
100球を超えて四球をダブルで出した時点で
岡田監督はロースコアなもんで
とっとと西を下げるしかなかった



積極的に早撃ちを片岡さんは指示するタイプかもです

そればかりやってると、よんたま減って打ち損じが多くなる
日ハム線とマー君戦がその典型的な例ですね

ただ、交流戦後半に打線が良くなるって書いたのですが

間に合わなかったのが現状かもです

ただ、今日の様に選球眼が良くなれば
よんたまからチャンスが出てくる

ミズノの統一球の一番の攻略は選球眼
よんたまを選んだら、それは得点のきっかけとなる
ケースが多い

選球眼は徐々にチーム全体で良くなっていると思う


そんな中、さすが4番の一振りを見せてくれた金本

149キロのストレート

見事に振り抜いての逆転3ランホームラン

かなり思いっきり振ってますねww

彼の弾道にしては高く高く打ち上げてましたので
思いっきり統一球を力でねじ込んだホームランです

凄いパワフルですね^^;

彼の逆転3ランは本当に嬉しかったですね

お立ち台でも笑顔の金本
状態の良さが伺えます

1500打点前に、凄い力んでたんですよね
ただ、ここ数試合いいスイングになってます

彼のスイングはフルスイングタイプです

真芯を外して凡打が多く打率低下も
ミズノボールが原因です


飛ぶボールだったら、3割近い状態を
キープしているだろうと思うわけです

彼は線k乳がんが非常に良い選手
四球をしっかりと選べるので、
2試合連続無安打でも、意外と8打席で
3つの四球とかあるんですよね

つまり2試合で5打席連続無安打
8打席無安打ではなく、5打席なんです

これって大きいですよね

スランプの波はありますが、新井さんの様に
長くないのがいいですね

統一球前みたいに、力でねじ込むってのは
正直凄いと思う

149キロのストレート
スイングが早いんですよね
まだまだ俺は打てるぜ?みたいなね

スンゲェオヤジ様です

柴田は2安打でしたが、やっぱり彼は1番タイプか?
7番タイプですねwww
バント失敗が目立ったですわww
ありゃ、2番向きじゃないですわwww


でもね、結果オーライを否定する方も多いでしょうが
今日のポイントはバントも大事だけど
アベレージを上げることが最重要だと思う

だから僕はバント失敗の後に2塁打を打った柴田は
プレッシャーに勝って男だぜみたなww

結果オーライです
アベレージ上がったんだから


さて明日は千尋ですね
どう攻略するか?

また泥レスになる可能性もあるので
楽しみですwwwww

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 03:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

2012年06月06日

打撃重視の今成か?リード抜群の小宮山か?


藤井は大事を取ってまず治療
これは私の中でも想定内でした

そこでファームで打撃がようやく上昇してきた
小宮山がついに帰ってきましたね


打撃重視で今成か?
リード重視で小宮山か?



和田監督の答えは打撃重視で今成でした

私は小宮山を使って欲しかった
打撃不振でファームへ行きましたが
リード面では全く問題なかったし
むしろ、藤井を凌ぐ勢いだったですから

相手投手は楽天のエースでもあり
日本球界を代表する投手でもあります

私はいい投手が相手なら
絶対に我慢比べを選択します
我慢比べの展開は阪神は得意です


安藤との相性は岡崎、実績は小宮山
私だったら小宮山を選択してました


我慢比べをした方が、絶対に試合は絞まるんですよね


我慢比べの試合には
絶対的に信頼出来る
捕手のリードが必要



絞まった試合は阪神は得意ですから
昨日の試合がそうでしたよね

打撃重視
気持ちはわかりますが、我慢しないと
まずはディフェンス重視しなければどうしようもない

今成は3安打猛打賞としっかりと打撃面で答えを出した
9回2アウトで14球粘っての2ベース
ありゃ確かに凄いです

やっぱり打撃センスは抜群にありますね
いい打者です^^さすがです

しかし、配球面で言うとどうでしょうか?
やっぱり敗戦という授業料がかかります

安藤は今日スライダーが駄目だったんです

彼にとってスライダーは生命線ですので
スライダーのキレ、コントロールが悪い時は
どうしてもシュート、チェンジアップを
ストレートと抱き合わせて凌ぎながら
スライダーのキレが良くなることを祈りつつ
我慢のリードをするべきです

ボールゾーンへスライダーをチョコチョコ投げて
徐々にスライダーのコントロール精度が良くなるのを
待つのですが

今成は完全にスライダーを捨てて
他の球種に頼ってしまった


ストレートを狙い打ちされ、フォークも狙い撃ちされた

もっともっとチェンジアップとシュートを上手く
使いこなせなければ、楽天デーブ大久保打線には勝てない

淡白なリードが目に付きましたね^^;

久保に対しても、渡辺に対してもちと淡白ですね

久保に関しては、チェンジアップをもっと使うべきでした
スライダーに頼ってしまって狙い撃ちされてます


まぁ、見事に打たれまくりましたね


高い授業料だと思って我慢の観戦を
今成とお付き合いするか?

いやいや、ロースコアを狙って小宮山を選ぶか?

貴方はどっち?



難しいでしょ?www

私は小宮山でゲームメイクを重視します


田中投手は立ち上がり球が上ずってました
鳥谷がタイミング合ってたんですよね
チェンジアップとストレートの見分けが
そんなに難しくなかったのですが

日本球界を代表する投手です

尻上がりに球威が上がってきました

その前に打ち崩せなかったのが痛い

球数を投げさせれば、早めに降板させられた
試合だったのは確かです

ファールで粘る野球が出来ない

それを見せてくれたのが今成であり平野であり
最後の打席のブラゼルでしたが
やっぱり最後に討ち取られてしまう

疲れる前に、高めにボールが上ずってる時こそ
ファールで粘って欲しいですが

無理か。。。。

早打ちするなら。。。。
狙い球をしっかりと絞って
コースもしっかりと絞った戦術を
ベンチがしなければならないと思う


それが出来なかった

選手任せだけでは勝てる試合も落としてしまう


試合展開が悪すぎたので132球も投げさせて
完投勝利を与えてしまった

しかし、今成の打撃センスは十分見せられた
田上のタイムリーも見れた
若虎の打撃を最後の最後で楽しめたのが唯一の救い


打撃センスの良い今成
背中合わせに配球面での課題


有田さん、吉田さん、彼を使うのであれば
毎球サイン出して助けてあげないとね

今日はある程度本人にリードさせてたと思いますが

まだ早いよ@自身でリードさせるのは

タイガースの一員になってどれくらいよ?

任せると今日みたいになるからね

防御率バンバン落とすと投手陣とも
ギクシャクしちゃうから。。。。


有田さんと吉田さんが助けてあげないとね


再び借金2

まだまだ打撃陣の冬は続く

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

和田監督が若虎達に与えたバント隊


若虎の仕事はバント&バスタースクイズだけなのか?


昨日、一昨日の練習風景の記事を書いたのだが
予想通りの展開が起きてしまった


若虎達にヒットを打たせないつもりなのか?

ランナーが出たらバントもしくはバスターエンドラン

3塁にランナーが居るとスクイズがやたらと多い


スクイズってのは相手の裏をかく戦術である


やたらめったら使うと相手バッテリーの配球も
対策としてまとまってしまう


工夫が足りないし、思いっきりが良くない采配


犠打とスクイズが大好きな和田監督


まぁ、こう書くと誤解を招く言葉になるがw
3回の場面と9回の場面にはさすがに腹が立った

まず3回
藤井ヒット
柴田バントでフィルダーチョイス
平野送りバントで1アウト2−3塁

ここで大和に打順が回った


スクイズはよせ
ここは打たせるべきだ
3者連続バントは見え見え過ぎる


犠牲フライでも1得点になるケース
サード走者は藤井

こりゃスクイズだな。。。。


予想通りスクイズだが。。。
アウトコースワンバウンドの完全なクソボール

スクイズのサインであれを当てられれば
確かに技術者としては評価をもらえるが
大和にあのクソボールを当てんかい!!
って事になると酷な話というもの

配球をしっかりと研究しないでスクイズサイン

無能な首脳陣の戦術を露呈した形だった



バント3連発(最後はスクイズ失敗)



そして9回の藤井のスクイズのシーン

新井が牽制球アウトになったシーンだが
藤井のスクイズの構えも非常に中途半端

サインミスか?それとも
意思疎通が全く出来ていないのか?

二球連続してスクイズの構えを藤井がやったが
非常に中途半端にしか見えなかった


憮然とした表情でベンチへ戻る新井
新井自身、俺が悪いのか?と言わんばかりの表情が
私の目に焼きついた

サードコーチャーは何を見て、
何を指示しているのだろう?

あんな打席見てると打者、走者以上に
サインを出す首脳陣に対して
プロフェッショナルさが欠けて見える


スモールベースボールを目指すのはいい

だけどね、これはスモールベースボールじゃない

もはや若虎と打率の低い打者に対して
打撃技術をバント系に絞った指導


これではバント部隊を作り上げているだけの状況


こんな野球ばかりをしているから
追加点、先制点を沢山逃しているのだと思う


若虎にもっとチャンスで思いっきり打たせる野球

これをしない限り、中途半端な経験値しか与えられない

こんな事ばっかりやるから若虎の打率が低いのだと思う


バント、バスターの練習漬けだったらしいが。。。


他にやることがあるだろう?


まずストライクゾーンの対策

確かにボールストライクの見極めは
各打者、徐々に浸透していると思うが
それは明らかなボールを振らなくなっただけ

ワイドになったストライクゾーンに関しては
全く進化していない阪神打線

コーナーに決まった美馬のカーブ、スライダー
みんな見逃して三振もしくはストライクカウントを
取られてる

ワイドゾーンのコーナーに変化球を決めれば
簡単にストライクを奪える状況

こんな打線が活躍する筈が無い!!

こんなストライクゾーン対策を取れないチームは
どんなに投手が頑張っても勝ち星なんて増えない


和田監督と片岡打撃コーチは
ストライクゾーンの対策を甘く見ている?
もしくはスコアラーとの連携が全く取れていない?

いずれにせよ、杜撰な首脳陣である

まずは打線全体に
アベレージ向上を第一とした指導を徹底的に
行なわなければならない時期



誰一人スランプから助けられない
若虎達のアベレージ向上が成就しない
こんな状況が続くといずれ、打撃コーチは
更迭も最悪あり得ると思う

今は借金1程度
それは投手陣の踏ん張りという恩恵のもと
打撃コーチ陣が救われている状態だと思う

我が身に対しての危機感を強く持ち
まずはアベレージ向上の為のスイング指導
ストライクゾーンの対策を徹底的に行わなければ

以後、対杉内戦は全敗する可能性だって高い


打撃コーチ陣には少し呆れている


さて、岩田だが頭丸めましてね

一休さんみたいに可愛いと家内は言ってましたが
あれ、僧侶ねwwww
彼は野球選手だから

岩田も危機感を持ってマウンドに上がっていた

ストレート(ツーシーム)が非常に有効でしたね

まず球威球速が、前回とは別人でした
思いっきり投げてみたとインタビューで答えてましたが
まずフォーム修正がしっかりと出来てましたね

さすがです



金本は毎年の様にKスタでホームランを打っている
大学時代お世話になった球場
相性がいいのだろう

彼はスランプになっても打率が急降下しない
四球を要所要所で選べるってのは凄いですね

選球眼が優れていれば、多少打ち損じをしても
トータル的に打率が下がらない
彼が今でも現役続行できる理由がそこにある

4番を任せられる人材が今現在、金本が一番
適しているという現状

新井復活まで彼に踏ん張ってもらうしかない

その新井ですが
スイング自体は悪くないので
しっかりと振り切れてますが。。。。
力みがまだ抜けてない時があります

真芯でなく、上や下で当ててしまう状況が
続いてますが、ジャストミートをすること
更に選球眼は良くなって来ています

今はロングティーで弾道を確かめても
酷いスイングにはならないでしょうね

今日のVS田中でどう答えが出るか?

ストレートにしっかりと当てて欲しいですね


昨日の9回のタイムリーですが

ブラゼルの選球眼はイマイチなのは続いてますが
徐々に良くなってきています

チャンスの場面で、高めの吊り球とアウトコースの
ボール球に気を張っているのが判ります

後は得意の低めのボールを
きちんと見極められるかどうか?

9回のタイムリーは軽く振り抜いた形で
非常に綺麗なスイングと弾道だった

ホームラン性の弾道ではないが
タイムリーとしての手堅い弾道を見せてくれた

ブラッズも今は当ててアベレージを上げることが先決

1−3で勝利したゲームだったが
もっと得点は出来た試合だったと思う

ベンチの弱腰の采配
行き当たりばったりのスクイズサイン

首脳陣がチャンスに勝負させないければ
クリーンヒットのタイムリーなんて
滅多にお目にかかれないと思う

さぁ、今日は田中です

ストレートにどこまで喰らいつけるか?

1点勝負になるとは限らないと思って見ています

楽しみな夜になりそうです

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 12:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers