虎心不動TOP

.com/txcou

2012年06月10日

駄目だこりゃ。。。。

昨日の試合で一番痛かったのは
マートンの送球です

握り損ねたんですよね

解説の佐野さんはのんびりって表現をしてましたが
あれね、握り損ねて遅くなって、更に逸れた形
だったと思うんですよね

確かに前進守備であってもダッシュが遅かったんです
その上握り損ねたでしょ?

握り損ねて暴投って外野手として致命的なミスです

あの緊迫した場面で、準備不足
それが一番の原因だと思います

もう少し緊張感を持ってプレーしてもらいたいです


さて、そのマートンも含め、
ストライクゾーンで首をかしげる選手が多い

今日の金子はコーナーをうまく突いたピッチング
コントロールの良い投手が相手となると
見逃し三振や見送りで簡単にストライクカウントを
献上するケースを多く見られる

やる気を無くして
やってらんない位の表情でベンチへ戻る
金本やマートンを見て


いつまでこんな事やってる?
こんな状態だから打率が低いんじゃないの?
ふて腐れるなら現実を受け止めて戦えよ!


ふて腐れるだけならうちの娘でも出来るぜ?


そう思いたくなるのです


私はワイドになったストライクゾーンに対して
理解を示そうとせず、怒っているだけの
阪神打撃陣に対して怒っています



ワイドになったストライクゾーンを認めないと
絶対に勝てないと思う

だってそれが今季のストライクゾーンの規定であり
ルールなんだもん

納得行かないって怒ってるだけだから
こんな低打率なんでしょ?

改善対策にやる気だそうよ


何やってるんだ?首脳陣!!
そして各バッター達!!


って思うわけです

イデホは来日してキャンプ時、ストライクゾーンについて
お手上げ状態のコメントを出している

しかし、その彼はアウトコースのボールを
左中間へセンターへバンバン飛距離あるボールを
飛ばしまくっています

ワイドになったストライクゾーンを対策し、
更に攻略している



これぞ、プロ精神
これぞ、プロ魂


そう思うわけです

岡田さんの野球は、選球眼第一

岡田阪神は低打率であっても、しっかりとタイムリーを放ち
勝つゲームを続けていた

その裏には選球眼という最大の武器があったからです

ストライクゾーンについては出来れば、今夜あたりでも
図を作ってアップしてみたいと思っています

まぁ、時間があればって事で^^;


昨日、能見のコントロールが悪く、小宮山も四苦八苦していた
左打者に対して、インコースが攻められない

どうする小宮山?

彼は右打者に対して、アウトコース一辺倒でストレートを
投げさせて、何とか球威を向上させようと努力をしたが

やはり中に入ってしまう

そこを打たれて失点を重ねてしまった

球威を上げるためには、まずボール球
中に入ってくるボール球も計算した上で
ミットを構える事も大事

ストライク先行した時こそ、貫いて欲しかったかな?

能見はやたらと肘を気にして揉み解しているシーンが
目立ち、気になっています

張りだけならいいのですが。。。。。。


最後にマートンのブラックジョーク
マスコミも書くブログでも大きく書かれています

ちと精神面で追い込まれている状況なんでしょうね

まずはストライクゾーンの定義を納得してもらって
ファールの練習から

それしか方法が無いよ

今季は我慢です

巨人がこんなに打てて、和田阪神悔しくないのかな?

さて、甲子園でのソフトバンク戦

相性で何とか。。。。連勝して欲しいです

まだ借金2

奇跡だwww

各打者の選球眼の向上
ストライクゾーンへの理解力の向上

待ってます

今の首脳陣じゃ。。。。。無理か。。。。

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers