虎心不動TOP

.com/txcou

2012年06月16日

ブラゼルが見せた 今自分が出来ること


今日の試合も16安打と阪神打線の復調の兆しを
感じさせる感があり、見ていて期待感が高まる

確かに残塁の数が気になるといえば嘘ではない

もう少しタイムリーを確実に積み重ねて欲しいと
欲張りな考えを持つのがファンの心情である


残塁が多いが安打が飛躍的に増えたこの2試合


まだまだな状況だが、主力選手に少しずつ
当たりが出始めている事は確かだ

2安打や3安打4安打でぼやくよりはずっとずっと
マシだろうって思うわけ


これだけ打てばチーム打率も個人打率も上がるわけだから
とても嬉しい事である


問題は明日のVS成瀬の時だろうね

7〜8安打で4点位を取れれば言いのだが(高望みw)

相手はロッテの絶対的エース
また沈黙の虎になる可能性も高い

大事なことはいかに出塁してセットポジションに
持ってきて、少しでも成瀬にプレッシャーを与える
事が出来るか?どうか?

成瀬のリズムをどう切り崩すか?

とにかく出塁することだと思う



野原をカンフル剤に使った和田監督

でも一番の存在は私的には良太である

彼の存在はとってつもなく大きい

浅井、柴田、俊介、田上、そして良太
更に野原

外野だけでこれだけの選手が、スタメンを
奪い取ろうとようやく本気で動き出した感がある

マートンの絶不調がある意味きっかけとなったし
DH制度の試合でアピールが出来た事もいい傾向だ

確かに打撃安定度に関してはこれからの課題でもあるが
若虎達は出塁するとファーストでピッチャーに
プレッシャーを与える事が出来る

二軍でリハビリ中だった上本がようやく
本格的にファームで動く傾向

若虎の活性化が本当に気になる


ここからが若虎達にとって
本当の意味で正念場となる

だってDH制度が明日で打ち切りジャン

生き残りをかけた大事な一戦
それが今日であり、明日なのだ


さて、昨日は新井にスポットを
当てた記事を書いたが今日は良太を少しだけ

今日の良太は素晴らしかった
まず今日の成績ですが

3打数2安打 2四球

この2四球が非常に大きいんですよね

出塁率を上げてますし、打率も下げてません
むしろ今日に限っては打率を上げてます


今シーズンの彼を高く評価したいです


まぁ、守備面でちとマズイ所もあったがww
まぁまぁまぁ。。。。目をつぶりましょうww

彼はドラ時代から徹底的に扱かれまくって
落合野球の原点である過酷な練習を数年経験している
その経験がここに来て開花したと言っても良いだろう

まず、今年の良太の一番いい所は
焦ってストライクカウントを先行されて
力んで雑なスイングをしたり、あっさり三振を喫したり
そんな悪い癖が、今年に限っては
かなり減っている事が分かる



さらに力みまくっての力強いスイングが彼の特徴ですが
真芯に当てなくてもパワーで外野まで飛ばしてます
そして何よりも評価したいのが弾道です

彼の弾道は、フライも多々ありますが、センター前や
レフト前にしっかりと落とすクリーンヒットが
非常に多いってことです

打ち損じてフライを上げてばかりいる主力達にとって
いい刺激を与えたに違いないでしょうね

彼の存在は本当に大きいです



では今日の試合で私が注目したのはブラッズです

ここ数試合、彼のスイングに注目しています

彼は変化球を積極的に狙っています
初回の走者一走の3点タイムリー2ベース

アウトコース高めのチェンジアップ

109キロをしっかりと弾き返しています

109キロを弾き返した所に私は注目しました

しっかりと溜めが出来てなければ打てない速度です
140〜150キロのストレートを基準に
構えますからね

溜めがしっかりと出来ているから
109キロのチェンジアップをしっかりと
当てることだ出来ていると思います


続く2回
アウトコース低めのボール球
完全なボール球ですが、低目を
体を泳がせながらもセンター前に打ち返して
今日4点目のタイムリーヒットを放ってます

6回もアウトコース低めのクソボールの
スライダーをしっかりと流し打ちで
レフト前へ運んでいます

一昨年の、アベレージを狙うスイングが
徐々に戻ってきています

高めも低めもアウトコースも
上手に弾き返してますので

泳ぎまくって当ててる状態なのでwww
決して褒められるスイングではないのですが
これだけは言えます

ボールはメッチャ見えてますし
しっかりと溜めが出来ています


ストライクカウントを狙いに来た変化球
更に、得意なコースの変化球を
しっかりと合わせて打つ

アベレージ思考の今のブラゼルはとてもいいです

大きい当たりを狙って力みまくってたブラッズ


彼は、大きい当たりを捨ててまで
今、自分が出来ることをしっかりとやってます


マートンは彼を見習うべきですね
シーツが世話役として一種間くらい
チームに同行してアドバイスとケアを双方担当
してくれるとの事ですが、

とにかくアウトコースにふて腐れるのであれば
ストライクゾーンに来た球を積極的に打つべきです

彼はブラッズと違って
最初のストライク先行に使われる変化球を
フツーに見逃してるんですよね

まずストライク先行されたら今の彼はキツイ

何しろアウトコースへズドンって投げたら
手が出ない位、ストライクゾーンを否定中なのでwww

一番の薬は
ストライクカウントを取りに来たボールを
狙って打つことでしょうね

今の彼はそれしか打開策が無いのが現状



早打ちで見栄えが非常に悪くなる可能性が高いですが
今は早打ちして積極的に打ちに行くべきでしょうね


そこで溜めが駄目だ
踏み込みだ駄目だって分かるのだから

シーツが居るうちにそこを改善出来ればいいのですが


そこを和田さんが直接指導してシーツの力も借りて
しっかりとケアしながら改善すべきです

スイングのフォームが乱れているはずですから

まずそこをしっかりと修正すべきです

だから積極的に打たせるべきでしょうね


私は思います

片岡じゃ駄目なんだ
シーツ頼むよ

フロントがシーツに助け舟を依頼した
嘆きがあるのではないか?とね

まぁ、いずれにせよ、片岡さんはやるべき事が
沢山ありすぎます

まずはフレッシュは若虎のアベレージ精度を
高めることでしょうね


マートンにシーツが着いてくれたら
片岡にとっても有難い事でしょうねwww


さて明日は成瀬です
どこまで喰らいつけるか?
出塁出来るか?

ファーストでプレッシャーを与えられるか?

各打者が淡白にならない様に気をつけるべきです

これが出来れば、リーグ戦再開で
打線がいい感じでリスタート出来ると
信じています

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers

新井の本当の復活はあるだろうか?



阪神4番と言えば、新井

そう答えるファンは少なくない

しかし、他に居ないからという悲しい現実が
そこにあるという輩も多いのも現状

4番にしてはホームランが少なすぎる

この意見が圧倒的ですよね

まず、今年のスランプについては前回も
書いたのですが、おさらいをして見ましょう

新井は、元々アウトコースを得意とし
流し打ちホームランもバッカンスッカン
打ちまくって日本代表の4番に座りました

それはカープ時代に非常に多かった光景です

狭い広島球場
彼のパワーは流し打ちでも問題なく通用した

更に東京ドーム、ハマスタ、神宮
この球場でも広島時代は流し打ちホームランを
バンバン打ちまくっていた

ではその当時の動画を拾ってきたので見てみましょう



流して良し、引っ張っても良し、左中間、レフト方向へも
バンバン打ちまくってたのが分かりますね

このホームランだと日本代表4番に座れるわけですよ


さて、今回あるゲストさんから
新井さんの記事を書いて欲しいとご要望があったのですが
この動画を見れば満足されたのではないかと思います

それではまたwww





ってなわけには行かないか?wwwww

では、新井さんが何故?阪神に来て4番として
ファンが物足りないとボヤいているのかを考えて見ます

ではまずここ8年間の彼の成績を見てみましょう


広島     打率    打点  本塁打
2004   2.63    36    10
2005   3.05    94    43
2006   2.99   100    25
2007   2.90   102    28

阪神     打率    打点  本塁打
2008   3.06    59     8
2009   2.60    82    15
2010   3.11   112    19
2011   2.69    93    17



上記の数字を見て、まぁとにかく年度別に
ムラがある選手であることが一目瞭然です

阪神に来て4年間でホームラン数は 59本
広島時代の4年間でホームラン数は106本

ほぼ2分の1になる位のホームランの激減です

阪神に来て4年間で打点は346打点
広島時代の4年間で打点は332打点

打点になると広島時代より14点多くなっています


打点に関しては、新井の前の打者達の出塁の成果が
広島よりもずっと優れている体と思いますが
立派な数字ですよね


では今シーズンのホームラン4本の動画を見てみましょう



え〜とですね
1本目のヤクルト戦のホームラン
これが今年一番のホームランです
アウトコースをバックスクリーンへブチ込んでます


これが安定して出来れば超一流なんですけどね

残りの3本は真ん中を引っ張ってます

今の新井は
インコースは打ててません
踏み込みが遅れてますから
当然外野フライになります


当然ホームラン動画などありませんよね


4番バッターは
やはりホームランが魅力
そして打点という数字が必要



この価値観は全世界共通といっても良いだろうが
特に日本プロ野球に限らず
日本球界は4番をチーム最高強打者を求める


では新井が何故?
阪神に来てホームランがバッタリ減ったのか?

3つの要因を私は考えています

これはもう前に書いた記事ですがwww
もう一度使いまわしネタですんませんって事でww


1.甲子園が新井は苦手

2.2008年に起きた腰の疲労骨折が原因

3.田淵以来優れた打撃コーチが不在のチーム



これは言うまでも無いです
新井は広島時代から甲子園球場でのホームランは
少ない

広角強打を売りに彼は日本代表4番を張った

しかし、甲子園球場は浜風が存在しており
この浜風は基本的にライト方向へのフライ系は
ことごとく戻されてしまう傾向が強い

更に左中間へ飛ばしても、レフト方向へ
グングン引っ張られる様に押し戻される
明確に言うなら、押し戻されると言うよりも
飛距離を伸ばせず、レフト方向へ流れるが正解

彼が打ち上げた左中間への当たりは
センターが追いかけて左中間の深い位置で
キャッチされるケースが非常に多い

つまり、左中間へ打ち上げた花火は
スタンドへ届かず、深い位置の左中間で
収まってしまう

もっと明確に言うならば
センターに上げた打球が左中間の深い位置で
伸びきれず取られてしまうが正解かなぁ


統一球になってブラッズも同じ傾向になってるでしょ?

これは真芯に当て切れてないのよね
ほんの少し真芯をズレただけでこうなっちゃうのが
ミズノの統一球って事

だから彼はオフシーズンに筋力増強というお題目をかかげ
太って再来日したが
太れば当然スイングはスマート時代に比べると
瞬発力が落ちるので、スイングが若干遅くなるんです


ダイエットすれば、ブラッズは逆にもっと飛ぶよ


ああ、そうだ新井さんだった

新井はもっと引っ張るべきだと私は訴え続けています
浜風は気まぐれな方向へ試合中に動き回りますが
基本形はライトからレフト方向と言われてますが

右中間から3塁アルプススタンド方向へが正解だと思う

だから左中間が伸びないんですよね


関本や藤井がレフトポール際へ最短飛距離のホームランを
放ってます

あれが右打者にとって一番おいしいホームランなんです


金本や城島が浜風の影響を受けながらもスタンドイン出来る理由


それは弾道です

金本が引っ張ってグングンライトスタンドや右中間へ
放り込むホームランの弾道は

まさに弾丸ライナーなんです


城島のレフトスタンドへ放り込むホームランも
弾丸ライナーでグングン伸びていきます
低い弾道から飛行機が離陸するような弾道

巨人の坂本も甲子園は苦手にしてません

弾道なんです

打ち上げるタイプとライナー性のタイプ

新井は打ち上げるタイプなんです

ちなみに田淵さんも同じ打ち上げるタイプですが
彼は浜風を知り尽くした天才バッターでした
だから甲子園を本拠地にしても、あそこまで
ホームランを打ちまくったんです

何故?私が彼に引っ張れといい続けているのか?

ホームランアーティストにこだわりを今以上に
強く強く持っていただきたいからです



西武の中村は


遠くへ飛ばすなら引っ張るしかないでしょ?
一番遠心力を活用出来るスイングは引っ張ることだから

だからレフトスタンド目がけて引っ張ってます




甲子園なら尚更そうすべきなんです

レフト頭上に打ち上げれば、浜風に流されながら
レフトポール際へ流れてホームラン出来ます

最短距離で稼げるホームラン軌道ですね^^

これも甲子園を本拠地にするホームランバッターの
量産への秘訣なのだから

新井も引っ張るべきなんです


ただ、問題が生じます
彼はアウトコースを積極的に引っ張ることを
広島時代からしませんでしたので
アウトコースを引っ張れと強制させると
ボッカンスッカン凡打のヤマを築き上げます



すでにそれは新井自身が挑戦して実戦済です


彼が得意なコースは真ん中ですし
アウトコースの腰のラインです

インコースを振り遅れる癖があるのですが

恐らくそれは、腰を怪我した2008年以降
非常に不安定なスイングが今でも続いています


間違いなく、梅雨時期とか、疲労蓄積した時期に
騙し騙しのスイングで凌いでいる時期があるはずです

だから彼は1シーズンに3回位スランプが
2008年以降続いてしまうと思っています


その腰に爆弾を持っている新井に対して

広沢打撃コーチ、和田打撃コーチ、片岡打撃コーチ

この3名の打撃チーフコーチが明確なアドバイスを
して助けてあげることが出来なかったと思うんです

こう言う表現は虎ファンとしてしてはいけないのですが

ぶっちゃけ田淵打撃コーチ以来
ズバ抜けたホームランバッターを育てられる
打撃コーチが居ないんですよね

彼に明確に

引っ張るスイング
コンパクトに振り抜いて飛距離を飛ばすスイング
弾丸ライナーを飛ばすスイング


このスイングをしっかりと指導できるコーチが
ぶっちゃけ居ないんです

だから私は、デーブが欲しい
オマリーをもう一度コーチにしてくれと
騒いでいるんですよね


落合監督は、腰痛を抱えて移籍した和田に

こんなスイングしてたら一発でやられるぞ

そういってスイングを改造させたそうです
それ以降、彼はほとんど腰でリタイアすることが
無かったそうです


打撃コーチの指導力については
新井は阪神に来て恵まれていないと思います


まずは新井には引っ張って欲しい
アウトコースも引っ張って欲しい



ただ、今の段階ではそれは無理な話


アウトコースをしっかりとライト方向へ
インコースの踏み込みのタイミングを少し早くする

真ん中とインコースは引っ張る

これを徐々に段階を経て行けば

もう一度全盛期到来もあると思うのですが


今はとにかくアベレージを上げて
チャンスで落ち着いて力まないように
心がけることからしないといけないですね



とにかく個人的にはアリアスを化け物にした
オマリーがどうしても欲しいですね
彼はジャイアンツへ行ってボロボロだったです

甲子園でホームランを打てる選手を育てられる
身近なコーチはオマリーでしょうね


彼は溜めを作らせるスペシャリストなので
踏み込みに関しても凄い指導力を発揮すると
思うのですが。。。。。。

スカウト弾いちゃったからなぁ。。。。。

デーブが居れば新井は伸びたかもね
星野さんサクっと雇ったのを見て
さすがだなって思いましたよ


私は4番は新井か?城島しか居ないと思っています

甲子園ですもん
右打者が4番の方が絶対にいいんだよね

まずは腰を気をつけながら
コンパクトにしっかりと振り抜くこと
インコースの踏み込みを何としてでも
早くすること


これが出来れば、まずはアベレージは上がるでしょうね

当てる事が出来れば、絶対に弾道が変わると思います
フライではなくてライナー性の強い当たり

これを私は待ち続けています

それはブラッズにも金本にも鳥谷にも求めています


真芯よし若干上に当ててしまっているんだもん

バンバン打ち上げ花火上げて飛距離が伸びないわけよ

オマリーが欲しい正悟君でした

それではまた
*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers