虎心不動TOP

.com/txcou

2012年07月05日

和田阪神の首脳陣では優勝は難しい


和田阪神のチーム状況は
かなり悪い状況だと思う

投打の歯車が噛み合わない

こんな言い訳はファンはもうウンザリだろう

しかし、こんな状況も新しい組織には
必ずぶつかって来るのが野球のペナントです

ただ、首脳陣もかなり継続者が多いのでw
これも言い訳にならないだろうね。。。


まずチームカラーが成就してない
ダイナマイト打線、猛虎打線
投手王国

どれも成就していない

明確なビジョンがシーズン中盤に差し掛かっても
全くファンには届いていない

スランプ者が続出し、離脱者が続出
本来の選手のスキルを引き出せない首脳陣

そんなイメージを強く持ってしまうのは
私だけだろうか?

和田阪神に期待したのは
トータルベースボール

徐々に浸透していくと信じたいが
田上を落とした段階で私は落胆した


田上は残しておくべき選手だったと思う


昨日の試合も失点の内容が良くなかった

チーム全体に覇気のなさ
を感じたのが本当に印象的だった


明らかにチーム状況が良くない

広島と阪神のチームカラーは正反対

広島は機動力と守備力
阪神は打撃力と投手力(絵に描いた持ち状態)

広島は起動力で何点得点を奪っただろうか?
広島の機動力を阪神守備陣は
どれだけ警戒して野球をしてただろうか?


ストレートとシュートの見分けがつかず
凡打のヤマを築き、配球のヤマを張れない

昨日はそんな負け方でしたね

片岡打撃コーチが歯がゆい思いをしている
のが何度もTVで映し出されていた


昨日のマートンはアウトコースのスライダーに
全く距離感とタイミングが合ってなかった

さらに審判に呆れた表情を丸出しにして
いつもの悪く癖が出てきた



もうシーツは居ないよ


明日からの東京ドーム3連戦と
甲子園でのドラ戦までが本当の意味での正念場

とにかくマートンのアウトコースへの
対応を片岡打撃コーチがしっかりとケアして
あげなければならない

恐らく巨人ベンチはマートンに対して
アウトコースへの変化球を徹底して攻めて来る


彼のアウトローへの対応力
これもキーポイントとなるだろう


ファールして粘れれば、阿部ちゃんも困るだろうけどね


昨日の様な打撃状況だと
間違いなく、巨人、中日との大事な6連戦で
いい得点を展開することは不可能に近い

いい投手に当たると
借りてきた猫状態になってしまったのでは
猛虎打線という看板は絵に書いた餅である


投打が噛み合ってない今の状況
この状況では、得意のロースコア対策が
成就することは難しいだろう



谷繁の配球術だって攻略しなければならない
甲子園のマウンドだと
名古屋ドームほどに阪神打線を手玉に取ることは
谷繁にとっても難しいはず

その為には、まず彼の配球を
どこまでスコアラーがデーター化して
打撃首脳陣へ送り、それを実践できるか?


そこだと思う

今の首脳陣とスコアラーの仕事は
とてもとても一流とは程遠いだろう



昨日もエラーによる失点が大きく響いた


新井の暴投、パスボールでの失点

ノーヒットでの失点献上

まさに草野球である


和田監督は、小宮山に対してクールな表現ではあったが
小宮山に頼るしかない状況がそこにある

藤井がまたしても離脱

35歳という年齢で
捕手がフルシーズン戦う事がいかに難しいか?
と言う事を私自身も痛感した


小宮山にとっては今しかないチャンス


失敗を繰り返してもとにかく這い上がってくる事
プロの本当の厳しさをとことん味わって
成長してくれればそれでいいと思う


昨日のパスボールは明らかに岩田のミス


小宮山が構えたのはアウトコースの低め
来たボールは逆のローボールでワンバウンド

完全なる逆球であり、ワンバウンドという失投

しかし、それを後ろに逸らさず、体で受け止めて
初めて、投手側から真実の信頼を得ると思っている


小宮山はミットで処理しようとする
一昨日の場合は、救いようがないミスだった

昨日の場合も、岩田の失投にしても
体を張って受け止める反射神経と
度胸が欲しかった

3塁にランナーが居るのだから
どんな事があっても体で受け止めるんだ

藤井は反射神経が優れている
彼は逆球が来たときの反応は小宮山よりも早い

そしてワンバウンドのボールの処理では
体を素早く入れて、体で受け止めるシーンも
良く見かけられる

ミットで取れなくても
体で受け止めた瞬間

その瞬間こそ、投手が信頼を強く抱く瞬間なのだ



阪神の投手陣は
落ちる球を決め球としている選手が多い

後ろに逸らしてばかりいると
思い切って腕を振って落ちるボールを
投げられなくなってしまう

とにかく体ででも受け止めて
絶対に後ろに逸らさないんだ


そんなハートを感じられない捕球姿勢が
離脱した藤井と比較される小宮山の大きな課題
なのかも知れない



さて、球児が1軍昇格の報道がされているが
私自身、不安視する気持ちのほうが強い


患部は問題ない、いい球を投げていると
ファーム首脳陣達は記者に伝えているが


球児本人のコメントが全て慎重論に終始している


この温度差に私は違和感を強く持っている


完全に突貫工事で1軍昇格させようと
首脳陣が躍起になっている感がしてならない


確かに球児がブルペンに居るだけで
投手陣の士気は高まるだろうし
ファンも安堵感を抱くだろう

しかし、球児本人が
本調子でなければ全く意味がない


もし本調子でない状況で昇格をさせたならば
これは大きな問題となる

東京ドームで少しでも球児に負担をかけない
投手陣の踏ん張りと打撃人の奮起に期待する

私は球児の昇格が吉と出るか?凶と出るか?
不安視している状況です

今年の球児は福原が居て負担軽減が出来た

福原が今年の阪神のベンチにとっても
中継ぎ陣にとっても球児にとっても、
どれだけ大きい存在であったか?
を分かってもらえると嬉しいです



さて、ここ10試合ほど
阪神投手陣の防御率が非常に悪い
特に中継ぎ陣の失点が目立っている

デカイ失点を中継ぎ陣はしていないのだが
ただ、ここ一番で痛い失点をしている

球児と福原不在という
大きな障害が起きた事が一番の原因なのだが

それ以上に、疲労から来るフォームの小さな乱れや
足腰の強化の部分で、首脳陣の指導力の甘さが
非常に目立っている

こんな時期に中継ぎ陣が疲れている
確かに2枚の看板が不在
これは痛いが、二神や鶴などの
使い方が分からない

久保田に関してもそう
ランナーを背負わせて出してもいい投手なのは
過去の話

今はイニング頭から自分のリズムを
与える環境を与えるべきだったと思う

藪コーチと久保コーチの経験値の差が
この中盤になって如実に現れている


久保コーチはフォーム修正はいち早く取り組み
大きな崩れをさせなかった印象がある

久保田を救ううことが出来なかった藪コーチと
山口コーチ

あの球威では確かに戦えないね
昇格して一発目から大きい当たりをされてたし
球威で飛距離を殺した球ではなかったので

まずはもう一度
下でじっくりとフォーム修正して
球威を上げてから戻ってきて欲しいね



最後に私はスコアラーと首脳陣の連携に
ちと違和感を感じている


バッテリーならば、相手の苦手コースを
どこまで捕手が理解して配球してるか?



どうも。。。。自分の投手に合わせた配球が主流で
相手苦手コースを徹底攻略している
配球ではない様な気がしてならない


更に、打撃陣

相手投手への攻略がここ最近見えてきたが
杉内とか三浦、吉見などの苦手投手の
欠点を突く
或は相手捕手の各投手への配球パターンを
しっかりと読んで、攻略をしている打線に見えない

甘いコースが来たら打て
失投を待て


そんなレベルにしか見えて来ないんですよね

もっともっと工夫をして
もっともっと各選手のいい部分を引き出して

相手投手や打者が嫌がるような
野球が全く出来ていない気がする



今の首脳陣にそれを求めるのが
無理難題であるならば
Bクラス程度の戦術しか
育てることは出来ないだろうね


巨人戦
中日戦

相当キツイ試合になると思うが
そこを跳ね返せるのは、まず打線だろうね

今の打線でどこまで巨人投手陣に喰らいつけるか?

球児がベンチに居る投手陣が
どこまで巨人打線を封じ込めるか?


広島戦が3連戦でなくて2連戦だったこと

今日の休暇は中継ぎ陣にとって
恵みの休日になるといいですね^^

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  
阪神タイガース ブログランキングへ


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2012 Tigers