虎心不動TOP

.com/txcou

2012年07月18日

投打噛み合わないのは首脳陣の起用と指導力が原因



さて、中日戦、ヤクルト戦、巨人戦
上位との戦いが続いておりますが

投手の件につきましては
また後日にじっくりと書こうと考えています

今日は配球と打撃一本で記事を書こうと思います



私が顔を出している寅之助さんのサイトは

4番新井良太を提案する記事が書いてあった

とても大胆でストレートな記事の内容で
非常に面白かったです

まだ彼には早いだろう?と思いたくなるタイトルだが
実際に今のクリンアップを見てると良太しか
居ないだろうと私自身も考えたくなる


それ位、今の阪神打線は打ってはいるが。。。。
得点になかなか結びつかない

それだけクリンアップがらしさを見せられていない


今日も負けてついに借金2ケタの10となった



ここまで来るとさすがの私もw



逆転優勝とかね
奇跡の連勝街道とかね


もう発想も湧かなくなるわけwww


ここまで来ると願いは一つ


若虎とベテラン選手をふぐいにかけ
思い切った起用をすべき


この成績ならフロントの方針云々関係ない

思い切った起用が出来る状況になった

そう思えば応援のし甲斐が違った意味で
湧き出てくる



使えない選手はとっとと下へ落として
期待感溢れる若虎達に伸び伸びと試合を
やらせてほしいと思うわけです

助っ人?過去の実績の高いベテラン?

そんなの関係ない
今現状の状態が全てなんだから
それが元来の野球界の鉄則なんだから

温情?
イランよ そんな優遇



フロントの無駄使い&要望に応えて
この結果なんだから

これから思い切った起用を見せて欲しい



ただねwww
ちと誤った起用もあるわけです


今成を起用している大きな要因は
城島の残像を追いかけている首脳陣の考え



打てる捕手の醍醐味を味わった首脳陣にとって
今成は繋がる打線を形成してくれると
期待感溢れているに違いない



しかしその期待感は心中を超えた
博打以前の期待感と起用である

今の今成は当たり前だが
城島になれるわけがない


それが私の本音です



私はここ数試合、じっくりと各先発投手の
配球をメモに取り
昨年や開幕当初の各投手の配球と
見比べてみた


そこには耀さまに大きな違いが如実に現れていた



私は今成ではなく小宮山がマスクをかぶっていれば
昨日も今日も失点は抑えられたと確信した


それはインコース高めとアウトローへの
配球センスの大きな違いが現実として
存在しているからだ


読まれている配球


そこにボールがストレートに来る
高めでボール球が来るから脇を締めて
コンパクトに振るイメージを持って待ってれば
必ずそこに来る配球をしているのだから


だから長距離をバンバン打たれている


更にアウトローへのスライダー
これも非常に分かりやすい配球ですが

ここが一番重要な部分です


今年の久保や能見、岩田、スタン、そしてメッセ
この先発陣が打たれまくっていますが。。。。


お気づきでしょうか?


捕手経験のある私は、昨年といや、小宮山が
低打率でスタメンマスクを張っていた時期と
今の先発陣に大きな違いを感じています


それは切れ味鋭いフォークの配球です

ランナーが出ると

各先発投手は
思いっきり腕を振ってフォークを投げれてません


フォークを投げたとしても
高めにフォークを投げる状態が増えています

つまりチェンジアップの感覚で
フォークを投げている状態


ホームベース手前でワンバウンドするフォークを
各先発投手が、ランナーが出ると投げなくなっています

つまり決め球を捨てている状態です

これではゲームメイクするのも一苦労な筈です



三振を狙いに来るボールはフォーク
しかしランナーを背負ったら違う(特に得点圏)

アウトコースへのスライダーか?チェンジアップ
フォークは高めにしか投げて来ない


これを完全に各球団に既に読まれている現状


それは今成がスタメン捕手になってからです

フォークを取れないわけではないのですが

やはり投手と捕手の間には信頼関係という絆が
存在しなければ、本気で腕を振るフォークは
なかなか投げられません

恐らくブルペンの段階で厳しいと思う
相当投げ込んでいると思うし受けてると思いますが

まだ完全に信頼出来る捕球が今成には出来ていないと
思うのです


ランナーが出て
フォークで後ろにそらされるのであれば

手加減したフォーク
もしくは、アウトローへ
スライダーもしくはチェンジアップ
ツーシームもしくはシュートで詰まらせる


配球が限られてしまいます


これが今の決め球を捨てる苦しい先発陣の
現状があるわけです


さすがに各先発投手の防御率が一気に
悪化し始めています


これは投手本人にとってどう思うか?
来年への契約に大きく響く査定に直結します

いい気分ではないのは確かでしょう


しかし、和田さんは今成に対する期待感を強く持ち、
ディフェンスで手堅い小宮山を切り捨てた状況

それだけ打撃力が
小宮山は酷くて、今成が優れている


この部分を重要視して起用しているのだろう


ただ心中レベルではない
まずはセリーグの配球を頭に叩き込む事
各打者それぞれの欠点をしっかりと頭に叩き込んで
投手の特性と融合させた配球を組み立てる様になること

それ以前に、決め球のフォークを受け取れるようになる事



城島も藤井も当初は散々苦しんだフォークです



それだけ阪神にはフォークという
落ちる球で三振を取る投手が多いんですよね


心中覚悟であったとしても
ここまで防御率を跳ね上げられれば

信頼関係を強くする配球を確立する前に

投手陣と首脳陣の間に亀裂が生じる可能性が
ある事も最悪想定しておいた方がいいでしょうね




続いて打撃面での問題点です


さて、阪神投手陣が狙い撃ちされている
インコースと低めのボール

では阪神打者としてはどうでしょうか?


@インコースストレート

これは踏込みが遅くて振り遅れている選手が多い

代表的なのが、現在の新井選手と鳥谷選手
更に平野選手もそうです

詰まった当たりと空振りが多いのが特徴的ですね

ブラッズもそうなんですよね

その原因がアウトコース対策に没頭した結果
インコースへの対応力が低下しているのだと
私は感じています


アウトコースとインコース
溜めを作れば打てるのですが
その溜めの原動力が、踏込みのタイミングです

インコースへのストレートに踏込みが遅い
つまり体が追いついていない状態

これは明らかに打撃コーチの責任と言ってもいいです


まずランナーを背負ってピンチを迎えても
相手バッテリーは落ち着いた対応が取れます

カーブを投げてアウトローでストライクカウントを
稼げば、相手バッテリーはインコースへストレートを
選択すれば、空振りもしくは詰まった当たりで
抑え込める確率が非常に高いって事

だから得点圏の場面での三振や、アウトが多いわけです

巨人バッテリーと中日バッテリーはそこを突いてきます

その結果、対戦成績にこんなに大差をつけられ
借金二桁まで追い込まれてしまったのだから



左投手であっても
クロスファイヤー(右打者へのインコースストレート)で
抑え込めるわけだから

相手バッテリーからすれば、
左投手でも
今の阪神打線はそんなに右打者は怖くないと思います



では、対策としてはどうすれば良いのか?


まず踏込みのタイミングの修正でしょうね

アウトコースとインコースの踏込みのタイミングが
同じでは、まず打率が3割なんて行くはずがない

このチーム打率、個人成績を見ても納得します

つまり。。。。溜めが出来ていない打線を
和田阪神は継続中であるって事です



溜めが出来ていれば、アウトコースであれ
インコースであれ、変化球であれストレートであっても

タイミングを計って踏込みの瞬間を捉えられます

そこがまず出来てないのだから

片岡さんはチーフコーチではなく
サブとしてのコーチの方が向いているのかも知れない




Aアウトローへの対応と力み

インコースをダメにしたアウトローへの特訓の成果は
全く見られていません

ヤマを張れば、低めだって打てる選手は阪神にも
沢山居るはずです

ストライクゾーン
そんなの言い訳にもならんです

だって他球団はストライクゾーン対策に力を注ぎ
対応して打ってるんだから。。。。

それだけ阪神打撃コーチが
統一球とストライクゾーンに対しての対応力が
あまりにもなさすぎるだけの事です

アウトローで際どい球はカットする
その指導が徹底してません


際どい球でも手を出して打ちに行ってる

だから相手バッテリーの思うつぼなんです

ヤクルト、中日打線、そして巨人打線は
低めのボールを積極的に狙って打ちに行ってますし
安打も放っています

それだけ狙い球として、低めのボールも
しっかりと対策をしている証拠です

阪神打線は低めのボールを救い上げて
フライになって深い内野フライ、浅い外野フライを
バンバン打ち上げています

対して、ヤクルト、巨人、中日打線は
セカンドショートの頭上を越えた当たりを
しっかりとイメージしたバッティング

目立っています

この大きな差が勝敗やチーム打率、順位に
大きく影響しているのだと思います


統一球は力みが大敵と私は書き続けています
それはバットコントロールがブレて真芯を外して
凡打の山を築くからです

まずは当てる事から。。。。そう書き続けましたが
パワフルに振っても3割超えているバッターが
良太なんです

彼のスイングには力みと言う姿形がハッキリ見えます

しかし、彼は打率もいいし、チャンスにも強い

その原因はコンパクトなスイングを心掛けているからです


力んでバットコントロールを乱しているパワーヒッターは
もうスタメンには要らない


そんな時代はもうとっくに過ぎているんだ

小笠原を見てください
パワーヒッターでフルスイング

誰がどう考えても真芯を外しまくるわけです

打率と打点と本塁打の全てで結果が出てますよね

原監督も我慢の起用を超えて2軍で送ってます

力んで芯を外す選手はイランのですよ

今の主力で誰がイランのでしょうね?


B緩い変化球への対応力

はず阪神打線は、カーブを打てる選手が少ないです
これも相手バッテリーはデーターに入ってます

大胆に腰のラインの高さにカーブを放り込む
相手投手を良く見かけますが
普通に見送ってるケースが非常に多い

つまり1ストライクを
簡単に見送って献上
しているのだから
立ち上がりにコントロールに苦しむ投手にとっては
非常にありがたい状況になります

こんな打線だもん

スコアラーが優れている球団には勝てないよ


カーブマシーンあるんですけどね@球団

どうしても大きいのを狙う傾向があるし
力む打者がズラズラと並んでいるからね

フライを上げてしまうんですよね

溜めがしっかりと出来ていないので
それを打てという方が無理なんでしょうね



ではまとめに入ります

今の阪神打線の大きな欠点は

@溜めが出来ていないから
変化球、速球、アウトコースインコースへの
それぞれの対応力が非常に乏しい

Aストライクゾーンの際どい球を
カットしないで打ちに行く打線だから
凡打が多い


B緩い変化球を絞り球から外している
もしくは対応出来ない打線となっている



この全ては首脳陣の対応力と指導力
更にスコアラーの洞察力と報告内容の乏しさが
原因であることは明白です


片岡さんでは大砲を育てるのは無理
私はそう確信しています

一昨年の飛ぶボールであっても
ブラッズと城島の二人で量産してましたし
マートンも鳥谷もそこそこ打ってました

和田打撃コーチ以上の存在感あふれる
打撃コーチのスペシャリスト
真弓さんが監督だったことでしょうね


当然の事ながら
現体制で行うしかないのだから
片岡打撃コーチと和田監督の両名が
高橋打撃コーチと3人で力を合わせて

この力み大振りで芯を外しまくる
飛ぶボールの過去の栄光を引きずっている
選手たちをどこまで改革できるか?

だと思いますが。。。。無理でしょうね


この首脳陣で戦うのであれば
まず機動力野球をするしかないでしょうね

つまり若虎発掘しかないってことです

彼達にホームランバッターを育てる能力は
ないでしょうね

だからこんな本塁打数なんでしょうね

坂井オーナーと南球団社長は
出来るだけ球団OBのスタッフで
構成をしたいのだと思う

だが、打撃コーチだけは
現OBではホーム量産を作り上げる
存在はごくわずかしかいない

特にこのストライクゾーン、ミズノの統一球
この2つの敵に勝てる打撃コーチは

オマリー、掛布、真弓、田淵、岡田

この5名以外は。。。。OBでは
ホームランバッターを育てるのは
無理かも知れませんが
見ての通り、監督クラスの顔ぶれです

オマリーが一番現実的でしょうね

私は阪神球団が大きな失態を犯したのは
真弓政権を守って星野さんを叩き出した事

あそこで星野政権を復活させれば
間違いなく、田淵さんもベンチに居ましたし
彼の権限で、オマリーや大久保さんだって
呼び寄せる人脈がありましたからね

まぁ、過去の事は今さら言っても仕方がない

確かにこう考えると
打線を構成するなら、血の入れ替えが
唯一の方法なのかも知れない

ホームランを打てるクリンアップを
作れなかった和田政権


この指導力では、
今の成績と順位は納得出来ます

これからの和田政権に求めるもの
世代交代のフィールド作成

それ以外は何も求められない

坂井さん、南さん
貴方達が作った首脳陣ですよ

ファームから即1軍通用可能な選手が
どれだけ乏しい状況か?


その現実から目を離し続けているから
阪神ファンのストレスが限界値に達している

観客が減り、視聴率が減って
初めて会議を開くような馬鹿オーナー社長では
野球界の球団トップにはふさわしくない

私はそう思っている

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールを送ってくださいね
ちなみに、私は亀レスで有名なんですw

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers