虎心不動TOP

.com/txcou

2012年10月13日

若虎の打撃向上の鍵は河村氏にあり!


河村2軍打撃コーチの就任が正式に決まった

彼はいうまでもなく、イチローの振り子打法を
提案し、作り上げた打撃コーチとして有名

元々イチローは当てるのが上手い選手だった
しかし、タイミングの間の取り方で打ち損じが
目立ったのを見て、振り子打法を提案

イチローのスタイルを見て分かるように、
スマートで、一切の無駄な肉はなく
強靭な足腰を持つ理想的な野球体系

彼の体系なら、イケルのではないか?

ということで、振り子打法に指導を変えたが

当時の反対意見は凄まじい物だったという

当時無名だったイチローのキャシャな体つきでは
1本足で1シーズン戦えない
すぐにスランプに陥って打率低迷を懸念したと思う

彼の足腰は見た目以上に強靭だったわけです

イチロー自身が、タイミングを取る溜めが
イチロー自身が、振り子打法が一番適してると
本人が自覚し、結果を出し続けた

振り子打法のタイミングの取り方
当てるのが元々得意

溜めが定着し、バットコントロールも安定し
イチローはテイクバックを広めに取ることにした

そうの当時、河村コーチはすでに巨人の
打撃コーチとなっていたため、電話にて
指導を受けたらしい

ティクバックのスイング改造に成功し、
彼の打撃力に、長打力が身に着け始めた

真芯に当てるバットスイングコントロールを
完全に身に着けたのだろう


イチローのバットは、通常使われてるバットよりも
若干細めになっている

以前、インタビューで何故?細いバットを使っているのか?
という質問に対し

ファールになりやすいんだよね

私はそのインタビューを聞いて驚いた
真芯に当たらなければファールになりやすいから
あえて細いバットを使っている

つまり、芯をハズせば、ファールになる
内野ゴロやフライよりも、ファールだったら、
その打席の続きが出来るという

そんな当てる技術があったからこそ
細めのバットを気に入って自ら選んでいた



それだけの逸材を無名時代に河村コーチは
見抜いていたのだろう

だから彼に特別な指導をしただろう

細くてスタイル抜群の外野手で
しかも下半身と肩は強靭の筋肉質

彼だからこそ振り子打法を教えたのだろう



だからね、
伊藤隼太や中谷が振り子打法とか
絶対に想像しちゃ駄目よww




河村氏は瞬く間に、イチローの教えの父と報道され
あらゆる球団で打撃コーチを受けている



巨人    1997年 2割5分3厘
      1996年 2割5分2厘
      1997年 2割5分1厘
中日    2003年 2割6分8厘
オリックス 2004年 2割8分3厘



これだけの1軍打撃コーチを経験している
河村氏の実績は申し分ない
OBかき集めの中の期待の打撃コーチです

2004年のオリックス以来、現場は離れているが
とりあえず、寮に住み込み、選手と共に生活をし
徹底的に、鍛え上げる姿勢が嬉しい


まず統一球以前の問題で考えてみましょう

伊藤隼太は完全にスイングがブレまくってます
彼は今年の春のキャンプで弄られまくって
ティクバックを広くして、バットコントロールが
完全にブレまくっており
修正をして1軍に来て、グランドスラムを達成したが

実情は大スランプのままです

シュートや左投手が投げるスライダー
更に右投手が投げるシンカー系
外角へ逃げる変化球にスイングが追いついても
真芯に当たってません

更にアウトローのストレートに関しても
綺麗に流し打ちを出来ず、ファールに
なってしまっています



これでは打率が上がるわけがないです

失投でグランドスラムを打ち
中に入った失投でヒットを打てただけです
失投も打ち損じる始末ですから

かなりの大スランプといってもいい


中谷の場合は
完全に間の取り方が悪く、力みまくりです
パワーヒッターの自覚を持つのがまだ早い段階


しかし、春のキャンプでチーム1番の柵越え選手となり
大いに報道されてしまった

しかし、私は彼のシート打撃を見ただけで分かった

こりゃ駄目だ。。。。1軍なんて絶対に無理

全く溜めが出来ておらず、変化球は詰まらせて
ストレートも押し負けて詰まらせて。。。。
全くいい事がない

6〜7割の力で投げているシート打撃の段階でこれ
当然、紅白戦でも駄目なスイングを露呈してしまった


つまり、打撃練習の緩い球しか打てないパワー野郎

それだけで終わってしまった


伊藤にしても中谷にしてもですね
イチローの様に、元々当てるのが上手い状態ではない

むしろフォームがバラバラでまとまってない状態
重症患者状態からのスタートだと思って間違いない


以下の工程と自覚が絶対に必要


まずはしっかり芯に当てましょう
しっかりと腰でジャストミートしましょう
まずはアベレージ向上に切り替えましょう

それが板についたら長打力に行きましょう

アウトコースを引っ張る必要性はない
泳いで無理な体勢で流す必要性もない

オーソドックスに素直に
センター返しから始めればいいんです
ピッチャー返しではなくセンター返し

セカンドベースの後ろ7〜8mで落ちる
ライナー性の当たりからやっていけばいいんです



それが出来るのがファームなんだから


まずは当てる事から始めなければ
絶対にミズノの統一球を攻略出来ません

それは1軍の水谷さんにも言えること



では統一球視点で捉えて見ましょう


ムーブするストレート
キレ味鋭いスライダー
小さく曲がるシンカー、シュート、パーム
手元で落ちるチェンジアップ


この球種は、統一球導入時にフッと沸いて
出てきた新球種でもなんでもないです

昔からある変化球なんです


ただ、変化が微妙にキレがあるだけです


それに絶対的に必要なのが


鋭い選球眼と溜めのあるフォーム

真芯へ当てるバットコントロール

腰でしっかりと振り抜くスイング



まぁ、これが出来れば誰も苦労しませんが

打者各位が、このクソボールを
信じない、認めない、あり得ないと

統一球の存在に否定的な考えがあるうちは
絶対に攻略が中途半端になります


飛ぶボールの感覚を捨てきれない選手は
金本や小笠原、新井の様になるんです
村田やブラゼルの様になるんです




そして12球団の打撃指導者達の殆どが
統一球で実践試合を経験してない未知の世界です

未知の世界の球筋をいかに?
真摯に受け止め、攻略に着手するか?

基本を忠実に守った攻略法をどうやって
探し出すか?

だと思います


今年の阪神の打撃不振の大きな原因は
関川さんが、春のキャンプで導入した
バットスイングのスピード測定器

あんな馬鹿な機材をね
選手に見せて、計らせてね

馬鹿じゃねーの?って事です

こぞって力んで速度を競い合って
バットコントロールグチャグチャにしただけの
クソ機械であり、クソッタレ企画だったわけです

結局駄目だったじゃないですか?

普通にコンパクトに振らせるだけで良かったのに
数字持ってきたからwwww

力むってばよwwwwww


大体ね。。。。。。
元打撃コーチの肩書きがあるからってね
守備走塁コーチの立場でだww

打撃指導に顔を出す事自体ナンセンスだし
ルール違反なんです

それを見て和田監督は感心する始末

お前は打撃コーチちゃうやろ?
向こう行け!


それくらいじゃないと駄目なんですよ

阪神打撃コーチとして入閣した
水谷さんと河村さん

特に平田監督の下でのファームは重要

平田さんは猛練習の鬼監督です
その監督の下で、しっかりと基礎トレで
身体を作り、スイングを身につけ
統一球を攻略できる事を願っている

ファームが活性化すれば、

お前の代わりはいくらでも居る
文句があるなら、
無理して結果が出せない状態であれば
ファームへ行け


と強気な発言を和田さんが出来るんだろうね

河村打撃コーチの使命感は
恐らく球団で一番重要な立場であり
一番期待される分野でもあるのだ

ベテランにしか頼れない状況が数年続いた

ファームの平田監督、河村打撃コーチで
ひっくり返して欲しいですね


代わりはいくらでもおるよってね

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^

ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます

大変申し訳ないですが、調整願います^^;


当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

ちなみにメールから記事作成のケースが当サイトは多いです
皆様からのメールが記事内容になる事が殆どです
遠慮はいりませんぞ^^;

レスは極力即日対応を心掛けておりますが、
受信メールの量によっては当日レスが出来ない場合が多々ございますw


必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;

皆様のメール心よりお待ち申し上げます


正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 20:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers