虎心不動TOP

.com/txcou

2012年11月24日

新守護神の条件は?


先日、浜風に吹かれてさんの記事で、守護神能見絶対反対と
ストレートな意見を述べていた。

確かに、彼は先発タイプだと思う

例えばね、
桑田が抑えをせずに先発を貫いていたらどうだっただろう?

全盛期の最後の方で抑えやってた記憶があります

彼は、監督から言われればなんでもやりますと謙虚な姿勢で
最後まで、監督の意見は絶対というプロ魂を見せてくれた

しかし、結果的にその後の成績は下降線を辿ってしまった。

先発タイプには先発タイプの特徴がある
立ち上がりがイマイチでも何とか0点もしくは1失点で
抑えられれば、尻上がりに調子を上げられるケースも
OKなのが先発投手の特権。

更にこのご時世、先発ローテは6枚が基本形であり
5枚のチームは先発投手が手薄と言われる時代

それだけしっかりと中5日は休めるのだ
6枚なら、9連戦でない限り、中6日以上のゆとりが
あるのだ

中継ぎ陣はどうだろう?

まず立ち上がりが良くない投手は絶対的に向いていない
更に、1失点が命取りと言うかなりシビアな世界

更に展開によっては連投当たり前の世界
2点を追う展開でも、勝ちたい一心で、
酷使起用も当たり前の世界でもある。

疲労、故障の確率が非常に高い危険な世界

これが中継ぎ投手陣の大変な所である。

守護神でも辛いケースがある
2イニング跨いでの当番、翌日も当番
更に翌日は延長戦で当番

連投もよくあるケース

しかもこのご時世、防御率が1点台でないと
ファンが安心して守護神として見てもらえない世界



では、守護神の絶対条件はなんだろう?

速い球?重い球?伸びる球?
それ以上に重要なことがある

三振が取れるピッチャー
内野ゴロが取れる投手
四球を出さない投手



この3点でしょうね


球児の全盛期のストレートは異常です
彼をベースに考えるのはやめましょうwww

クルーンを例えてみましょう
彼は球が速かったが、コントロールが悪かった
高めに浮くと打たれるケースが多かったが、大体が
四球でランナーを出してからリズムを崩してしまうタイプ

防御率がそこそこ良くて、セーブ数がそこそこ良くても
見てる側としては、冷や冷やもんの投手だったと思います


先日ザラテを育てろって記事を書いたのですが
彼はクルーンに似てる展開なんですよね

だからコントロールとセットポジションを
かなり鍛えて貰わないと困るわけです


久保さんの復帰が本当に有難いです

まず、持ち球なんですよね
抑えのケースで一番はストレートでしょ?
フォークでしょ?
スライダーでしょ?
カーブ

この4種投げられれば大体抑えは出来るんです

問題はコントロールと球威なんでしょうね


そして適性と言う部分で度胸でしょうね
肝っ玉が座ってないと、まず戦えない場所です


メッセ、出来ません

能見はある程度出来る器ではあると思います

まず三振が取れる投手
打たせて取るチェンジアップの精度も良い
フォークの切れも最高
立ち上がりも悪くない



でもね、抑えタイプか?どうか?となるとですね

適性としては連投タイプではないんでしょう
連投するととっとと打たれまくります
調子が悪いときは、中6日でも球威がないですから
あの球威は抑えタイプではない

疲れたら球威がガタ落ちするタイプは絶対に守護神は無理


よって、私も能見は先発タイプですね

ザラテは育成時期、能見は先発タイプ
誰が居るだろう?

現実的には、福原しか居ないんですよね

福原と筒井と藤川を比べてみましたら

防御率
藤川 1.32(48試合登板47.2イニング)
福原 1.76(60試合登板51.0イニング)
筒井 3.24(58試合登板50.0イニング)
加藤 0.83(41試合登板32.2イニング)

失点
藤川  7失点(48試合登板47.2イニング)
福原 13失点(60試合登板51.0イニング)
筒井 19失点(58試合登板50.0イニング)
加藤  4失点(41試合登板32.2イニング)

奪三振
藤川 58奪三振(48試合登板47.2イニング)
福原 43奪三振(60試合登板51.0イニング)
筒井 46奪三振(58試合登板50.0イニング)
加藤 34奪三振(41試合登板32.2イニング)

四球数
藤川 15四球(48試合登板47.2イニング)
福原 12四球(60試合登板51.0イニング)
筒井 19四球(58試合登板50.0イニング)
加藤 11四球(41試合登板32.2イニング)


かなり加藤がいい感じしますでしょ?
でも彼は守護神タイプではないです

左対策として最強な駒として使うべき投手ですね
彼のストレートとスライダーは左打者から見れば
遠くへ感じるんですよね

ただ、右打者にクロスファイヤーで勝負できるか?

。。。。。1シーズンを通して見れば絶対に無理
そんな球威を持つタイプではないから

彼は左打者相手にナンボの投手だと思います

筒井は中継ぎタイプの筆頭です
彼は今年非常にいい経験が出来ましたね
ブレイクしましたもんね
問題は1シーズン通して戦えるスタミナが
夏場切れてしまった事ですね

とにかく走りまくって身体を作り上げて欲しい


こうやって見ると、福原が一番適してますね
150キロ超えるストレートは球威溢れ、重い
福原が今年一番進化したのはコントロール精度です

低めにボールが集められましたね

カーブが低めいっぱいに決まれば彼は最強でしょうね

投手陣は結構いいと言われてますが、
実は駒がくたびれてるのも現状なんです

渡辺、久保田、榎田、西村
この4人が酷使による怪我や不調が続いている

スタンとメッセが居なければ、かなり先発陣も
手薄になるのも現状

こうやって考えると、やはり
山口コーチは若手投手の球威をしっかりと向上させる為に
ファームでじっくりと指導してもらいたいですね



若手投手の育成もかなり重要なのは事実です
久保さんの復活はOBであっても有難かったですね

来年の試合終盤は藤川が居ないだけに
ヒヤヒヤで祈り満載のシーズンですねwwww

そうならない為に、打撃補強に躍起になるGM
気持ちは分るし間違ってもない
少しでも得点を上げて有利に進めたい
絶対的守護神が居なくなるのだから

守護神模索出来る為の打撃補強となれば
我慢して応援するから若虎の投打共に
育ててくれよと思っているファンが
50%以上居ると思うんだけどね。。。。

田植えのシーズン担当の和田監督であれば
我慢の観戦を覚悟出来るファンは沢山居るんだけどね


目先の勝利や優勝を選択しているから
気がつけばベテランリストラ地獄が数年後に来て
若手が気がつけばファームで30代手前が
ゴロゴロするんだろうなと思うと

優勝よりも育成の時期だって大事だと思う

同じ失敗だけは繰り返して欲しくないですね
*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

ちなみにメールから記事作成のケースが当サイトは多いです
皆様からのメールが記事内容になる事が殆どです
遠慮はいりませんぞ^^;

必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;

皆様のメール心よりお待ち申し上げます

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers