虎心不動TOP

.com/txcou

2012年12月01日

田上、1番センターを取りに行け!



契約交渉も次々と決まっていく中、田上の交渉も終了
650万ですか。。。。。
ぶっちゃけ、私の年俸より低いです

若手って大変なんだなぁっとつくづく思ったわけです

生活に困る金額ではないのですが、プロである以上
徹底的に稼ぎまくる結果を出して欲しいですね

私が何故?彼に対して安いと感じたのか?

代走要因に回されてしまったでしょ?
調子良くて打率もいい状態で、控えに回されたんですよね

彼に期待していた私にとっては、あの起用は納得いかなかった
使い込んでなんぼだったと思うし、特に盗塁は代走じゃなくて
スタメンで何回も体感して欲しかったなっと思うわけです

田上を見て、どうしても赤星とダブらせて見てしまう
体格も似ているし、ポジションも一緒
盗塁に関しては徹底して強気の攻めと走りを行う

今の阪神に一番足りない、機動力の要となるのが
大和でもない、柴田でも俊介でもない
誰がなんと言おうが、韋駄天田上だと私は思うから


まず田上にスタメンを取るには様々な条件がある

年間通じての出塁率の高さ

誰がなんと言おうが、まずは出塁率である

四球、安打、そしてセーフティーバント
三塁線にコロコロとフェアゾーンへ転がせるか?
ピッチャーとサードの間にコロコロと転がせるか?

とにかくバント技術の高さと選球眼が彼にとって
一番鍛え上げてほしい部分である

俊足系の出塁は、相手投手、バッテリーに対して
リズム感を狂わせる大きなきかっけとなる

何しろ、セットポジションにさせて、投球に集中力を
欠かせる事が出来るランナーは本当に貴重だ

防御率、勝利数がトップクラスのエース級相手なら
尚更効果絶大である事も言うまでもない


センターのポジションは大和が居る
彼は元々内野手だが、彼の打撃センスと足の速さを
高く評価した首脳陣は外野コンバートに着手した

大和の守備範囲の広さと、ガッツあふれるプレーは
凄まじかった

彼の超ファインプレーで何度投手が助けられたことか。。。

そんな彼を相手に戦わなければならないのだから
そりゃ大変だと思います

守備範囲は負けてないと思いますが、肩とガッツさに
大和に勝てるかどうか?

そして最終的には出塁率はどうだろうか?って事になります
大和もバントは上手くない方でして。。。。
セーフティーで出塁するトップバッタータイプではない

しかし監督の起用面で難題が起きてしまう
盗塁数が良くても、和田監督は代走で使いたがる癖がある
代走で盗塁という考えが強い監督なんですよね

真弓さんにも和田さんにも言える事なのですが

俊足系はスタメンでつかってなんぼ

代走で使うなら、守備要員系にした方がいい
田上と大和は絶対にスタメンでつかってなんぼの選手

相手バッテリーのリズムを崩す
盗塁で得点圏に進む
バントでも犠打になっても1アウト3塁になるケースが多い

犠牲フライでも1点が取れるのが俊足1番バッターなんですよね

まずはバントと選球眼を徹底的に鍛え上げて欲しいですね

ライトには福留が来る可能性がある

ライトは良太、福留、平野(残留なら)などポジション争いが
激化する場所です

そこに田上を置くのであれば、彼はセンターだと思うんですよね


代走で起用するなら絶対に田上はスタメンで使うべきです

まずはキャンプで紅白戦で、オープン戦でしっかりと
技術で結果を出してもらいたいですね


阪神に俊足系のトップバッターは絶対に必要
韋駄天のトップバッターは、打線の上でトータルバランス的に
非常に重要性を秘めていると思います

赤星以来、韋駄天スタメンが固定化されていないのだから

真弓さんも和田さんも逃げましたね。。。。

ここは田上に頑張って欲しいですね

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

ちなみにメールから記事作成のケースが当サイトは多いです
皆様からのメールが記事内容になる事が殆どです
遠慮はいりませんぞ^^;

レスは極力即日対応を心掛けておりますが、
受信メールの量によっては当日レスが出来ない場合が多々ございますw

必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;
皆様のメール心よりお待ち申し上げます

正悟にメールする方はここをクリック!

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2012 Tigers