虎心不動TOP

.com/txcou

2013年02月09日

良太&隼太の急成長が一番の収穫




今年キャンプで第一クールから飛ばしているのが
新井良太と伊藤隼太と言ってもいいだろう

この二人の共通点は、しっかりと振り抜いて
長打力をアピール出来ている事だろう

まだ第二クール初日の段階なので
これが全てではないが、この時期から結果が出せている
シート打撃でも打てる

これは昨年騒がれた中谷にはなかった事である

シート打撃で本塁打を打てる

実に頼もしい若虎コンビではないか?^^


新井良太のスイングは昨年と比べるとどう違うだろうか?
気持ちだけテイクバックが小さくなった感がある

踏込みと同時に素早いスイングで打球をとらえているが
見た目以上に力みをさほど感じられない
だからこの時期でも140キロ台のストレートをしっかりと
弾丸ライナーでスタンドイン出来たのだろう

彼の練習を見ていると本当に気持ちがいい
何しろスタメンの対抗馬が兄の新井貴浩
そして新加入のコンラッドなのだから

そらぁ本人もやるしかない立場だし、やりがいも感じているだろう

シート打撃はある意味実戦形式となる

球種もコースも駆け引き上で行うのだから
当然この時期はストレート狙いでアピールするのが定石

良太はしっかりとストレートを狙って能見の甘いコースの
ストレートを落ち着いて振り抜いてのホームラン

昨年の4番打者の経験がここに来て自信となり
更にスタメン争いという闘争心に火が爛々と灯している


しかし、私がそれ以上に注目しているのが伊藤隼太です

彼も大和とセンター争いを繰り広げている
大和と伊藤隼太はタイプが違って非常に興味深い

完全なる俊足派であり、守備力に定評がある
盗塁だって上本と並んで、相手バッテリーを本気で
警戒させる実力も備えている

彼の欠点は、年間通じてのアベレージの安定度だろう
右投手に対して、若干詰まらせられる傾向がある
だからと言って左投手専門で使うのは余りにももったいない
右投手に対しても、しっかりと振り抜いて、クリーンヒットを
沢山見せてもらいたいものだ

彼には経験値をドンドン与えるべきだろう
特に、左投手の内海や杉内などのチェンジアップの神の域の
投手に対して、どこまで食らいつけるか?

考えただけでもワクワクしてくる


その大和の対抗馬が、田上と伊藤隼太と言ってもいい


田上の俊足は球団随一の韋駄天であることは言うまでもない

田上の盗塁成功率は、赤星を超える可能性だって秘めている

ただ、残念な事に、守備面での送球や出塁率の面で
相当鍛えなければならないのも事実である

つまり、足だけではスタメンが取れない世界だって事

死に物狂いで打撃練習と守備練習で徹底的に鍛えまくり
1軍ベンチを掴みとる事が重要である事は言うまでもないが
田上の場合、中途半端に1軍ベンチで走塁専門で残るのであれば
ファームで実践全般を徹底的に、平田監督の元
鍛え上げてもらった方が、逆に近道になる可能性もある

それだけ、今年のファームのスタッフは昨年以上に
充実していると考えてもいいだろう


新井良太と同等に、大きな声を出し、ムードメーカーとしても
キャンプで目立っている伊藤隼太

彼の眼を見て、目力が鋭くなり、スタメンを奪い取る位の
自分との戦いに本気で取り組んでいる姿が見て取れる


まず、彼自身が元来身に着けていた、打撃センスが
今年は見事に開花された感がある
それはキャンプを見ている全ての人々に伝わってる事だろう

飛距離を伸ばすために弄られたテイクバックの拡大オペ
完全に彼は迷い道へ引きずり込まれた形となり
昨年一年を棒に振った状態だった

同じ失敗は二度と繰り返したくない
そう悔やんでいた時に目の前に現れたのが水谷コーチだったと思う


テイクバックを小さくし、コンパクトに振り抜けている
これが昨年との大きな違いである
テイクバックを小さくしたことにより、
バットコントロールがしっかりと安定していることが分かる

これは高橋由伸打法云々と報道されまくってるが
そうじゃない

これは秋季キャンプから打撃コーチ陣が付きっ切りで扱いた
成果であるのが本当の話だと思う

更に溜めがしっかりとしている

鶴が投じた、カーブか?スライダーの中間の様なwww
恐らくカーブが正解だと思うがw
あの緩急つけた変化球を、初球から迷わず弾き返し
しっかりとスタンドイン出来た収穫は
本人以上に、首脳陣を大喜びさせたことだろう

二神のストレートはしっかりと引っ張ってライト前にヒット

このヒットも弾道が速く、綺麗に1−2塁間を抜き去った打球

綺麗に振り抜けている証がそこにある
真芯でなくとも芯には当てているから、あれだけの鋭い打球が
地を這って駆け抜けている


恐らく、良太以上に溜めがしっかりと出来ている段階だと思う

大和が総合的に評価が高いのは事実
でも、伊藤の打撃力は本当に魅力的である
鳥谷クラスのアベレージと長距離が期待出来る選手

守備が下手くそで使えないわけではないので
これは首脳陣にとって、センター争いは嬉しい悩みのはず


良太と隼太のコンビが、若虎の勢いを見せてくれている

ベテラン、スタメン安泰と思われている選手を
本気で脅かしている両選手



こんな展開を誰しもが、待ち望んでいた事だろう

彼達が成長し、実戦でもOKであれば、
阪神のベンチ層が強烈に厚みを増し、他球団にとっては
非常に厄介な状況に出来る可能性が高い


まぁ、とにかくだw
二人とも、鬼のノックを沢山受けて、捕球に送球
バンバン鍛え上げてもらって欲しい

チーム内のポジション争いの仁義なき戦い

これが一番理想なチーム状況ではないだろうか?


伊藤隼太
彼のスイングはキレキレモードなのは確かです

大いに期待しましょう^^

まだ第二クールの初日を終えた段階

これからまだまだ投手陣も本調子へ徐々に近づいてきます

良太&隼太がどこまで現状の調子を維持できるか?

今年のキャンプは昨年と違って本当に面白いです

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません

記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております

遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

ちなみにメールから記事作成のケースが当サイトは多いです
皆様からのメールが記事内容になる事が殆どです
遠慮はいりませんぞ^^;

レスは極力即日対応を心掛けておりますが、
受信メールの量によっては当日レスが出来ない場合が多々ございますw
必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;
皆様のメール心よりお待ち申し上げます

正悟にメールする方はここをクリック!
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers