虎心不動TOP

.com/txcou

2013年02月22日

藤浪の調整指導は、これでいいと思う



主力よりも若手主体
それが練習試合であり、オープン戦序盤である

特に今年はWBC開催と言う事もあり、各球団の
エース級、主力中の主力選手が、日本代表の合宿に
出かけており、若手達にとっては、この上ない
アピールのチャンスである

ああ、ちなみに阪神は2名だけだからwww

それでもオープン戦までの間
開幕1軍ベンチを奪い取る内容をしっかりと構築させ
実戦でアピール出来るか?

まぁそれがキャンプからオープン戦への流れなんだけどね^^;


阪神は能見と鳥谷がWBCへ出場するが
投手陣に関しては、先発投手陣と同時に中継ぎ陣も
まだ調整段階であるし、明確化されていない部分もある

失点が多いから不安

確かに実戦形式での失点は不安要素を持つが
別にシーズンじゃないから、私は構わないと思っている

悪い部分を今のうち、全部出した方がいい
シーズン始まってからじゃ取り返しがつかないのだから
今のうち悪い部分を出して、開幕までに修正が出来れば
それはそれでいいと考えている

それが出来なきゃ鳴尾浜へ行けって事でしょ?w



首脳陣がキャンプ、オープン戦での実戦形式は
あくまでも開幕に向けての物差しを測ることが第一

新戦力の発掘、成長
ベテラン陣の調整と状態の確認

これを全て見定めて、開幕をベストオーダーで挑む

これがキャンプからオープン戦への流れなんですよね

特にベテラン陣はオープン戦中盤以降にトップギアを
入れるケースが多い

まだまだこれからですよ^^



さて、先日投手陣は我慢のシーズンになるだろうと
先日記事に書かせていただきました


私が今現在重要視しているのが安芸のベテラン陣

安藤、加藤、西村、久保田、川崎、そして筒井

これだけのベテラン陣が開幕までに何人間に合うか?

加藤と安藤、筒井だけはとにかく頑張って欲しい

特に加藤と筒井は中継ぎとして重要性を秘めています


長いシーズンを考えるならば
ベテランの活躍と、新戦力の若虎の融合が必要

安芸の久保投手コーチは開幕までにどれだけ
ベテラン陣の調整を開幕まで間に合わせる事が
出来るのか?

これが開幕前のファームコーチの重要なお仕事です


まず、左の加藤と筒井でしょうね
この二人がしっかりと仕上がっていないと。。。。
接戦した試合をモノに出来なくなってしまう

若虎だけの戦力ではダメ
やはりベテラン陣の経験値を必要とするのも
長いペナント上での不可欠なオプションなんです


松田、田面、伊藤など、期待する若虎の発掘も
今現在は順調に来ている

中継ぎとして期待される松田と田面の両者は
とにかく、どこまで球威とコントロールを
向上させることが出来るか?だと思います

藤川が抜けた中継ぎ抑え陣
とにかく球威も必要なんですよね


若虎の成長が可能となるシーズンです
藤川が抜けた穴は久保が行いますが
それはあくまでの開幕でのパターンであり
久保の状態だって開幕後どうなるか?分からない

ベテラン陣が安芸でしっかりと仕上げて
開幕に間に合うとは限らない

ここが若虎達のチャンスでもありますので
とにかく貪欲な気持ちを第一に精進してほしいですね


榎田は今日もコントロール、ボールのキレがイマイチ
あれでは捕手は手が付けられないです

だからと言って安芸行きが即決まるか?
それは首脳陣が現在の球の走りなどを見極めて
決めるでしょうが。。。。。

いずれにせよ、開幕まで一ヶ月以上あります

山口コーチや中西コーチが修正できる範囲なら
まだ沖縄に残るでしょうし、時間がかかる作業だと
判断した場合、安芸へ送還されるでしょう


だからと言って開幕はOUTか?と言うとそうじゃない

開幕までにしっかりと仕上げていればOK

それが春季キャンプであり、オープン戦の時期の
首脳陣と選手達のお仕事だと思うから


まだまだこれからっすよ^^



最近藤浪の調整が遅いとか指導を何もしていないと
多方面で首脳陣が指摘されています

確かにスローペースを超えた超スローペースです


藤浪に関しては、首脳陣は最初から
開幕はファームからスタートさせるつもりで
キャンプインしていたと、私は読んでいます


まぁ、それが一番だと思うんです
このペース調整は間違っていないですよ


広岡さんや色々な方々から、調整が遅い
何も指導してないと叩かれてますが、

首脳陣としてはそれでいいと最初から考えていると思います

私もそう考えています


まずは体力を作ってフォームをじっくりと時間をかけて
修正点を治していく

その修正点を探すには、自分のスタイルをまずやらせる

高校時代に学んだ調整法で好きなようにやらせる

それをしないと、本当の意味での修正点は絶対に見つかりません

自分達の価値観を押し付けて、藤浪のいい部分を消す
それが一番まずい展開であって、それでスランプに落ちたのが
秋山だったと思います



まずは沖縄で1軍合流させて、1軍コーチ陣の目で
しっかりと彼のフォームや守備力を見定める
ここからスタートしたキャンプだったと思う

大物とは言え、怪物ルーキーとは言え
高校生に変わりはないのだから


まずは体力、そして修正点をしっかりと見極める

高校球児の練習とプロの練習には大きな違いがある

それは長いシーズン戦い抜く体力作りとバランスを
徹底しなければ、1シーズン通してエースとして戦えない

山口、中西コーチがしっかりと修正点を見極める
そして沖縄に合流しているファームコーチである湯舟さんに
しっかりと修正内容のメニューを伝え
鳴尾浜でしっかりと治す

最初はそれでいいと思います


私個人的には、藤浪のキャンプの指導は間違えていないと思う


大谷を二刀流で指導している日本ハムの方が
ずっと危険な指導を行なったと考えています

やる気を持たせる意味での特効薬ですが
即効性はあっても大義を見失う可能性も秘めている


大事なのはコンセプトをしっかりとすること
二刀流で口説いちゃうと、こうなるんだなぁっと

日本ハムもそこはしっかりと分かっている事だろうけどね


大谷と藤浪の指導を見比べると
圧倒的に阪神の方が、藤浪の将来を見据えた指導を
最初から手堅く行ったいると思います

いずれにせよ、長いシーズンを戦い抜ける体力

これがルーキーの一番の重要課題メニューなんだと
私は考えているから

このスロー調整は私個人的には支持します

大物ルーキーだからってね
球威があるからってね
変化球を沢山持って投げれるからってね
松坂の様にいきなりフル稼働出来るとは限らない

大事なのは10年位は最低でも球団でしっかりと
活躍してもらう事なんだから

まずは基礎体力をしっかりとつけて
バランスを重視したフォームをしっかりとじっくりと
身につけること

吸収力は本人の実力だと思うから
きっと彼なら早めに習得できると確信しています

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません

記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております

遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

ちなみにメールから記事作成のケースが当サイトは多いです
皆様からのメールが記事内容になる事が殆どです
遠慮はいりませんぞ^^;

レスは極力即日対応を心掛けておりますが、
受信メールの量によっては当日レスが出来ない場合が多々ございますw
必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;
皆様のメール心よりお待ち申し上げます

正悟にメールする方はここをクリック!
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers