虎心不動TOP

.com/txcou

2013年03月22日

投手育成と正捕手固定のシーズンにすべき



ここ数日、当サイトに
投手陣がどうもしっくり来ない
この投手陣では優勝はキツイのではないか?
というメールが多数寄せられております

去年だって優勝出来なかったじゃないですか?www
打線が酷かったにしても、抑えられなったですし
ここ一番での失点が目立っていましたから

今年だって同じことだろうなぁっと思うわけです


まぁ一言で言って、投手陣の衰退って形は
今年に始まった事ではないんです

ここ数年間で、足音を立てて近づいて来てました


今年になって表面化しただけの事です

ローテが組めない段階のは事実ですからwww
阪神に限った事ではないんですけどね。。。。。


なるようになる


そう感じながら私は静観しています


安藤が上がって来て、彼を中継ぎで使うのであれば
鶴を先発に回すべきなんですよね


勝つのも大事だけど、若手投手陣に経験値を与えなければ
世代交代が出来ず、FA頼みの繰り返しを展開してしまう

それだけは絶対に避けて欲しいと考える
何のためのドラフトなのさ?って事になるでしょ?


ベテラン勢に頼っては若手を中継ぎで活用しての繰り返し

確かに経験値は与えてますよ@中途半端に
経験値を与えるってのは、決して悪い事ではなかったのですが



一番の原因は、負けゲームと割り切れない首脳陣

これ以上点数を広げられてはたまらんと福原を使う

そうじゃない
鶴以外の若虎にロングリリーフさせればいいんだよ

そこで経験値をたっぷりと与えりゃいいだと思うのです



昔ローテーションで谷間とか言いませんでした?wwww
勝ち星を投手のベストコンディションと打線頼みの試合
失点覚悟の観戦って昔は6試合のうち2試合はあったと思う


例えば、20年くらい前ですが、横浜戦で投げた池田とかね
8失点でも平気で投げさせてましたねwwww
中継ぎ陣もみんな休ませたいのが丸見えでしたねwww

もうね
ハマスタでノーガードの打撃戦でしたからwwww
負けた試合でも楽しかったなぁって印象を鮮明に覚えています


でもね
負けゲームというか、谷間って必要なんですよ

育成と言う意味では本当に大きいんです
経験値を与える事によって自信や慣れが身につくわけです

これは若虎だけでなく、球団にとっても
大きな財産となるわけですから



目先の勝利しか考えられない現在の球団体質には呆れます



だから鶴は先発で使って欲しかったなぁっと思うわけです


何故?こんなに投手陣が衰退しつつあるのか?


ここ数年のファームの投手コーチは酷かった

<strong>まず、スライダーとチェンジアップとカーブ以外で
これといった決め球を持たない若虎投手ばかりです


とりあえず習得したフォーク
使えないんですよwwwwwww持ってるだけの球種なんて
キレや変化が凄くないと空振りなんて早々取れないのだから


球威叱り、球速叱り、変化球叱り
全てにおいて、若手育成の伸びが非常に悪い数年間が
続いているわけですから、

投手陣に不安を感じるシーズンを迎えても
何も不思議に思わないです

来るべき時が来たか?って感じで受け止めています

今年はファームに3人もの投手コーチを設置しました
藪さん、湯舟さんに久保コーチです

コントロール精度は久保さんが何とかしてくれると
確信しているのですが、球速球威に関しては疑問を感じる

やはり山口コーチにはファームでじっくりと
若虎を育成して頂きたいと感じるわけなんです

いずれにせよ、
秋山を筆頭に再生しなければならない投手
球種を増やしてバリエーションを広げる投手
球威球速を向上させなければならない投手


やるべきことが山積しています
育成しなければならない勝負のシーズンです

今年のファームは滅茶苦茶重要です



その投手育成以上に大切なのが正捕手固定です

藤井を主として首脳陣は動いている感があるのですが
私は藤井よりも数年後を見据えて小宮山を主にすべきだと
確信を持って断言出来る


和田さんと黒田さん、山田さんはどうも。。。藤井が大好きな感じw

それが決して悪いとは言いませんがwwww


私は前々から小宮山を正捕手にすべきだと書き続けています

藤井ファンの方々には大変申し訳ないのですが

藤井よりも配球は圧倒的に小宮山の方が攻めの配球であり

投げている投手達は投げやすいのは小宮山だと思うからです


その時の展開やコンディションによって配球は変わります

その場、その時によって配球は変わって当然です


昨年阪神バッテリーに足りなかったのが
インコースを攻める配球
なんですよね


インコース構えてもどうしても中に入りがちなんですよ

肝っ玉が据わってないと出来ないのがインコースのストレート
コントロールが良くないと責められないのがインコースです

インコースは遠くへ飛ばされる可能性を秘めてますし
少しでも中に入ればホームランボールですから


そこで中途半端なカットボールとかねw
とりあえず持ち球程度のツーシームとかね


そんな半端な球種投げたら駄目ですよ
カットボールとツーシームこそ極めないとダメな球種

中途半端な球種を選択するのであれば
ストレートで勝負しなきゃ、今年は打たれますよ

統一球対策がもう各球団進んできましたから
中途半端なカットボールやツーシームは打たれますよ

もう各打者が対応力が上がっているから、今シーズンは
通用しないと思います

極めてなければ絶対に打たれる球種になるはずです

統一球の恩恵はもう終わりになると思います
つまり2流投手はドンドン下降線を辿るはずです

そうでなきゃダメなんです
そうでなきゃ野球人気は下がる一方なんです



BADコンディションの投手を相手に
インコースへ構えるのって結構度胸いるんです

責任は捕手に降りかかってきますから

小宮山はそれでもインコース攻めは結構やってくれます

そして何よりも大きな違いはBADコンディションの投手に
対しての対応力も小宮山が一番良いと私は感じている



アウトローに構えたってさ
コントロールが定まらないBADコンディションの投手が
投げたって、完全に見送れる完全なるクソボールになるんだからw


アウトローに構えて四球出したら何も意味のない配球になるわけ


そうなった場合、投手のタイプによって異なるが
その投手の自信のある球種でストライクカウントを奪う

特にファールでストライク先行させるのが一番なんですよね

スタンリッジやメッセがBADコンディションでボールが高めに
浮くときに、アウトコースへスライダー投げさせて
とにかくファールを打たせてストライクカウントを稼ぐ

城島はそれが本当に上手かったんです
BADコンディションで6回2失点だと凄くいい仕事ですよね

それが出来るのが恐らく小宮山だと私は思うわけです


結果的にね
コントロールと球威がイマイチな投手に対してどう対応するか?
どうやって凌ぐか?だと思うんです

そこで失点以上の信頼関係がバッテリーに生まれるわけです


散らすより攻める

恐れず攻める配球


私は藤井だったら小宮山を正捕手にすべきだと思っています



今年は統一球に対して攻略が本格化するシーズン
なるだろうと私は読んでいます

昨年のキャンプでは各球団まだ手探り的な感じがしましたが
今年は違いますね

本塁打数も多少は増えるシーズンになると思います



阪神投手陣の育成と本格的な正捕手固定

この2点は負けゲームを作ってでも徹底的に逃げずに
成就するまで我慢の試合をする

こんな試合も長いシーズンで必要だって事

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません

記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております

遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

ちなみにメールから記事作成のケースが当サイトは多いです
皆様からのメールが記事内容になる事が殆どです
遠慮はいりませんぞ^^;

レスは極力即日対応を心掛けておりますが、
受信メールの量によっては当日レスが出来ない場合が多々ございますw
必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;
皆様のメール心よりお待ち申し上げます

正悟にメールする方はここをクリック!
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers

新井貴浩 復活か?潰されるのか?



1軍に同行している新井貴浩
今日はホームラン放ちました

水谷打撃コーチの熱血指導により、打撃安定度が
高まったのか?と言うと完全ではない

なんせリハビリで精一杯な状況が続いたのだから

開幕へ向けて突貫工事で上げてきた可能性だってある

まぁスタメンを張るか?どうか?は私達ファンがどんなに
騒いでも首脳陣が決めて実行する事である


祈るしかない


完全復活を祈るし、爆弾が破裂しない事も祈る

活躍しても完全なるベストコンディションではないのは
確かだけに、複雑な思いで彼を見守っている


大事なのは1シーズン通して戦えるか?
そこなんです


何しろ4番打者なもんですから、早々変えたくないのはある

新井貴浩を4番で使いたいならば
早々変えてはならんです
下位打線に落として使う価値観では
新井貴浩の本当の場所を与えないと思う



新井貴浩の記事は何度も書き続けている


阪神に入団した当初は、日本代表の4番であった
何しろカープ時代の最後の方は本塁打が非常に目立った

これぞ4番打者という見事な実績を残していたのだが、
阪神入団と同時に、彼のスタイルが大きく変わった

アベレージが安定しないシーズンがここ数年続いている


水谷打撃コーチという天才指導者が阪神へ来た
彼の打撃指導は日本屈指の天才肌

新井再生を第一に掲げ、沖縄キャンプ中も
新井には時間をかけてじっくりと指導を繰り返していた

まず壁を作り溜めを作ることを徹底指導していた
これは緩急に振り回させない一番の対策であるが
壁を作ることが一番重要だったと思う

壁を作ることにより、溜めが出来る
溜めが出来る事により、コンパクトに振り抜く事が
より可能となった事は事実である



新井の一番の課題は、誰が何と言おうがバットコントロール

打ち損じの原因が、大振りによりバットコントロールが乱れ
芯を外し、打ち損じが非常に多かった事である

それを和田、片岡両打撃コーチが完全に改善させられなかった


コンパクトに振り抜く改造をしてあげられなかった
いや、むしろしなかったと言ってもいいだろう

それを行ったのが、水谷打撃コーチである

4番新井の再生

これは阪神ファンとしては、是が是非でも成就した頂きたい

そんな願いを持つ中、不安要素も共存していた

それが、肩と腰の爆弾である


守備面だけでなく、スイング面でも大きな影響を与えかねない
肩と腰の怪我は、36歳の新井にとっては選手生命を
脅かす程の大きな不安要素であった


今年のキャンプは別メニューでスタート
背中を痛め、ついに別メニューから安芸行き

リハビリを中心にファームで燻っていたが、
状態が少し良くなった時点で突貫工事で新井を押し上げる形で
1軍合流を強行したと言っても決して過言ではない


まずはじっくりと直して欲しい

そんな願望を抱いていた私にとって、新井の背中の怪我と
一軍早期復帰は、複雑な思いで見つめている


プロの世界
契約最後のシーズン


焦るなと言う方が無理な世界であり、状況である


スタメンで使うのか?

サードはコンラッドで行くのか?良太で行くのか?

ファーストは新井貴浩で固定するのか?


真のタイガース4番として最後の復活があるのか?

それとも怪我再発して潰れてしまうのか?



大きな怪我を再発してしまえば、お払い箱の可能性が高い


新井貴浩にとっても勝負であるシーズンである


私個人的には、今は無理して欲しくないのが本音


城島や金本の最後を見てきた私にとっては複雑である

大砲を使い捨ての様な感覚で見て欲しくない

確かに4番に良太という頼もしい存在が居る

和田監督や黒田コーチはどの様な起用法を描いているのだろう?


新井貴浩が代打ならイランですよ
足があった方が絶対にいいと思っている


関本と桧山が居れば、代打陣は何とかなると考えている


彼を代打で使うのであれば、じっくりと肩と腰と背中を
しっかりと治した方がいいと私は感じている


36歳の年齢だからこそ
契約最後のシーズンであっても

最後の復活劇を実現させるには、完全治療が手堅いと思っている


完全復活に繋がるのか?
潰れてしまう結果が待ち受けているのか?


それは新井貴浩本人でも先のことはわからない

最後に、彼を獲得した大きな意味
本塁打を放てる右打者がどうしても欲しかった

その原点を絶対に球団は忘れてはいけない


日本代表の4番をぶっ潰した球団

今の段階ではそういわれても仕方がない

年間30本は打てるポテンシャルを秘めているだけに
複雑な思いで彼を見守っている

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

PC閲覧で文字が小さくて記事が見ずらいッスってお方^^
ctrlを押しながらマウススクロールで文字表示調整が出来ます
大変申し訳ないですが、調整願います^^;

当サイトではコメントシステムを行っておりません

記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております

遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

ちなみにメールから記事作成のケースが当サイトは多いです
皆様からのメールが記事内容になる事が殆どです
遠慮はいりませんぞ^^;

レスは極力即日対応を心掛けておりますが、
受信メールの量によっては当日レスが出来ない場合が多々ございますw
必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;
皆様のメール心よりお待ち申し上げます

正悟にメールする方はここをクリック!
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:23 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers