虎心不動TOP

.com/txcou

2013年03月27日

ペナント制覇よりも投手育成のシーズン




投手陣について今日は書こうかと

今年の阪神は大補強を敢行したが、ぶっちゃけ
打撃陣の補強に終始したと言ってもいいだろう

球団側としては
投手陣では五十嵐が欲しかったのが本音

球児という絶対的守護神を失ったが故に
何が何でも抑えが欲しかった

しかし、五十嵐を獲得できなかった現実だけが残った
それはそれで受け止めなければならない


つまり居るメンバーでやりくりをするしかない

守護神先陣の久保については昨日書いた通り

フォークをしっかりと腕を振って投げられれば
オープン戦以上の安定感は見せられるはず


まぁ。。。。捕手次第だと思う

久保が抑えに回り、安藤復帰しても中継ぎへ向かった

安藤に関しては、首脳陣も先発が望ましかったのだが。。。。。
あの球威ではとても先発は任せられない出来栄えである

安藤1軍昇格こそ、突貫工事だったに違いない

彼も先発復帰を目指してただろうし、
先発が望ましかったと思うが、あの球威では
2順目に必ず捕まると私は確信している

正直、まだ1軍レベルの仕上がりではない
経験値で何とか1イニングなら凌げるだろう
そんな安易な考えと同時に、中継ぎ手薄状態に
安藤と言う経験豊富な選手を求めた首脳陣

明らかに焦りを感じる


AFK

安藤→福原→久保
の必勝リレーを描いている様だが
恐らく安藤から崩れるんじゃないかなぁ

あの球威とコントロールでは戦えないと思う
少しでもBADコンディションであれば
とっとと連打されてピンチを招くだろう

分かりやすく表現するならば
二軍時代のコバヒロに毛が生えた程度です

ちと無謀な感がありますよね

筒井待ちってとこだと思います

加藤、川崎、藤原と左の3人が居ますが
川崎のスクリューは右打者にも通用すると思う
加藤藤原は下位打線もしくは左のワンポイントでも
いいと思うのが私の考え

まずは筒井、松田の復帰
更に田面のファームで経験値を重ねて
とにかく試合感と自信をつけてもらいたい


先発陣は以下のローテが予想される



メッセ 岩田 藤浪 スタン 能見 榎田


藤浪は正直反対なんです
虎心不動が騒いでも何の役にも立ちませんのでwwww
反論はほどほどにしますwwwww


メッセは安定度が高いでしょうね

藤浪と榎田が昔風に言うならば谷間って事になります
これが経験値を与えるチャンスってわけです


例えば先発榎田
これは本人にとっても非常に有難いしやりがいのある
シーズンになることは間違いない

榎田本人にとっても先発でゲームメイクを
出来る事が一番の理想だったと思う

それを中継ぎでボロボロになってオペまでした

そして復帰する場所が先発であれば、俄然やる気になる


中継ぎは追われる展開での登板
もしくは同点の緊迫した展開

とにかく先発の様にゲームメイクしながらの投球は
なかなか出来ず、短期決戦の配球が主流となる

今年は先発転向と言う事で配球も大きく変わるだろう

オープン戦でフルボコに会った試合は藤井と納得済み
ストレートとスライダーのキレと緩急をひたすら
確かめるテスト登板だった

球威、球速が物足りない榎田にとって先発になれば
カーブが大きなポイントとなるだろう

中継ぎ時代以上に緩急を使いこなせるのが先発
じっくりと配球を打ち合わせを重ね、

カーブで緩急をつけ、スクリューやカットボール
更に最大の武器であるスライダーを散らしながら
使いこなせるようになるだろう

更に展開によってはフォークも使いこなせる
中継ぎで後逸されるよりも随分展開は楽なのが先発

中継ぎの短期決戦の配球ではなく
ゲームメイクする自分の配球


この差は大きいし、榎田にとってもやりがいがあるだろう

ただ、球威球速が少しでもダメだと
速攻とっ捕まるタイプである事もお忘れなく

コントロールと変化球のキレが生命線となる

カーブが高めに集まった時は要注意ww

ボール先行が続いたら、打線に頼るしかないだろう

でもそれが経験値となり財産に繋がるのだ

榎田の本当の持ち味と進化が問われるシーズンとなる



まず、先発6枚のうち2枚は必ず故障だ離脱だ
更に不調だファーム調整だと、順風満帆に行かず
ファームの選手とやりくりをしなければならない時が
必ず来ます


とにかくファームの投手コーチ陣が
ペナントの鍵を握ると言ってもいい

それ位、ここ2年ファームの育成指導力が酷すぎた
平田監督が復帰し、投手コーチも3人体制
しかも1軍チーフコーチが2人体制となれば
本気度はビンビン伝わってきます


とにかく投手陣の育成のシーズンだと私は考えている


球児が抜けたからこそ表面化しただけであり
投手陣育成の課題は、2年前から深刻化していた

球威不足、制球の安定度、決め球の習得など

捕手育成同様、阪神にとって重要なシーズンである

1軍、ファーム共に投手陣育成のシーズン


特に秋山を絶対に腐らせてはならない
彼の球威をとにかく取り戻して欲しいし
彼のコントロール向上に久保コーチには
全身全霊を賭けて指導して頂きたいと願っている


私は根気はペナント制覇出来なくてもいいと思っている

この投手陣でペナント制覇したとしたならば、
85年のダイナマイト打線復活しかないと思っている
それを願っているのが本音だが。。。。。。

Aクラスで下克上日本一でもOKだと思っている


数年後を見据えた投手育成を逃げずに断行して欲しい


それを実行したのであれば、成績が例え悪くても
私は現首脳陣を支持するだろう

出来ないと思うけどwwwwwwwwwww

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


当サイトではコメントシステムを行っておりません

記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております

遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

レスは極力即日対応を心掛けておりますが、
受信メールの量によっては当日レスが出来ない場合が多々ございますw
必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;
皆様のメール心よりお待ち申し上げます

正悟にメールする方はここをクリック!
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 19:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers