虎心不動TOP

.com/txcou

2013年03月30日

岩田好投報われず 猛虎打線石川シンカーに撃沈




石川が開幕投手を張らなかった理由はただ一つ

館山が虎キラーという称号を持ってるが故に
石川は第二戦目に登板をしたかも知れない

対戦相手が阪神以外であれば、間違いなく
開幕投手は石川だったと思われる

2戦目にあえて石川を設置し
連勝を狙う図式として
小川監督が描いたのかも知れない


さて今日の対戦のポイントは
石川VS虎打線である

緩急の帝王と昨日書きました
ストレートとカーブの緩急は最大で80キロ
惑わされるなと言う方が無理な域である

それ以上に脅威なのがシンカーの使い手である

シュート方向に変化しながら沈む球種
トレートと速度が近いシュートと比べると
10キロ程度の速度差
がある

カーブと抱き合わせで投げると非常に効果的

シュート、シンカー、ストレート
更にカットボールがある


スライダーにカーブにシンカー

更に更に今年習得したフォーク

合計8種類の球種を投げまくる投手です

更に石川はストレートとシュートの速度調整が
非常に巧みな投手である

同じ球種を二球投げても、15キロの緩急を
つけてくる事が多い


シュートに的を絞ればシンカーが来る
ストレートに的を絞ればシュートが来る
ストレートとシュートに対応しようとすれば
カットボールが来る



完全に芯を外して打ち取るタイプなのは確かだ

三振タイプではないが、確実に打ち取ってくる


東京ドームで巨人打線を嘲笑う事が出来る
完全なる技巧派投手である


140キロ前半のストレートしか投げられない
小さな体の絶対的エース、それが石川なのです

コンディションが良ければ、
かなり苦労する投手の一人です

シーズン開幕直後にこの技巧派投手が
コンディションが良ければこうなっても仕方がない

案の定、シュートとシンカーにチンチンに
詰まらせれまくってしまった
6回を終わった時点で1安打という内容

力んで引っ張って詰まらせて
センター返しをしては芯を外され詰まらせて
この連続が続いた


まずベンチが仕事をしなければならない試合である
狙い球を絞ってしっかりと対策を出来ていなかった

私がベンチに居たら、試合序盤から
右打者にはシュートを狙わせたと思う
140キロに満たない球速と球威なのだ
問題は緩急だったと思うが、

シュートを絶対に引っ張らず、
流してライト方向を狙え


と徹底してたと思います

シュートとシンカーでやられているのだから
とにかくシュートを軽く振り抜く事が大事
タイミングを合わせるのが一苦労の状態だったが

まぁ今日の石川の状態は良かった
しゃーないという感覚も強い

球数は7回を投げ終えて102球
結構投げさせてたんですよね
粘って投げさせてたのは事実だったので
本当に残念でならない展開が続いた



7回の藤井のエンドラン失敗。。。。。
あの場面はどう考えてもバントに代打新井でOK

藤井にエンドランは余りにも酷だったと思う
打者がエンドランタイプかどうか?
その見極めを考えるならば、あの場面は手堅く
バントで代打新井がスマートに思えた

まだまだベンチワークがワケワカメである
バスターしないだけまともだがwwww
いずれにせよ、あの場面はフルカウントまでは
あまり走らせたくなかったのが私の考え

エンドラン失敗はあくまでも結果論にすぎないが
適材適所を考えるならば、あそこは勝負するならば
新井貴浩に託した方が良かったのではないだろうか?



石川は7回2アウト満塁のチャンスでも打席に立った
あそこは1−0で追加点がどうしても欲しかった展開

あの場面で代打を出さない事が小川監督の博打魂
石川に対し、

追加点よりもお前の投球を信じる

という明確な意思表示

ウチの監督とは大違いだwwww


シュートに絞ればまた違った展開があったのかも
知れないが。。。。。如何せんシュートだけでも
15キロ以上の緩急をつけて来てましたし
間にカーブ入れたらその時点で緩急が30キロ以上

コントロールはイマイチにしても崩れなかった

今日の石川の出来であれば、厳しかっただろうね


さて一方の岩田だが
立ち上がりもしっかりと打ち取ってたです
バウンドが高いアンラッキーなヒットでしたから
まぁ完全に打たれた失点ではなかっただけに

初回は残念で仕方ない


藤井のフォーク処理
これは結構厳しいですね
ホームベースの所でバウンドしたフォークを
処理できないシーンが多々見られました
フォークの処理さえ出来ていれば
初回無失点で切り抜けていた可能性が高いだけに
非常に残念な処理でした

石川以上の出来栄えだったと言ってもいい程
かなりいいピッチングを披露してくれた

7回4安打5奪三振1四球1失点
立派な成績だった

これで勝利投手になれないと言う事は
仕方がないの一言に尽きる

昨年同様、いい投球をしながらも勝ちに恵まれない
不運のエースなのかも知れない

それ以上に思いっきり腕を振ってフォークを投げられない
この環境を一切改善できない首脳陣に言いたい

フォークを武器としている投手がゴロゴロいる球団
ここはMLBではない、阪神だ
阪神の捕手でフォーク処理が苦手な捕手が正捕手固定

これでは投手達はたまったもんじゃない

山田コーチ、黒江ヘッド更にファームの吉田コーチ
フォーク処理徹底指導してもらわないと
勝てるゲームを死ぬほど落としまくるよ


今日は石川に脱帽の敗戦だった
シンカーにシュート
カットボールにストレート
この4球種に緩急をつけまくっての好投だった

岩田は良く投げたと思う


明日の対戦は面白くなりそうだ
藤浪VS八木

八木はストレート次第では打ち崩せると思う
左打者に対してのアウトローへのコントロールが
絶妙な選手だが、阪神打線はさほど苦手ではないタイプ

明日も打線が藤浪を助けてくれると信じています
そういえば。。。。初めての対戦だっけ?。。。。


明日の藤浪公式デビュー戦は本当に楽しみですね
堂々と投げ込んで欲しいですね

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


当サイトではコメントシステムを行っておりません

記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております

遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

レスは極力即日対応を心掛けておりますが、
受信メールの量によっては当日レスが出来ない場合が多々ございますw
必ずレスはする主義なのでw亀レスの件につきましては
どうかご理解願います^^;
皆様のメール心よりお待ち申し上げます

正悟にメールする方はここをクリック!
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 17:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers