虎心不動TOP

.com/txcou

2013年04月14日

藤浪プロ初勝利 7回迄投げさせて欲しかった




サンデー藤浪が甲子園で見事なピッチングを
披露してくれた

結果から言えば、4−0で阪神の勝利

更に先日の岩田の大乱調で初回6失点以外は
まだ0点が続いている


昨日は藤原と歳内がしっかりと2イニングを抑え
今日は藤浪からAFKでしっかりと完封リレーで
勝利を収めている


投手陣は相変らず好調をキープしている

明後日からの東京ドームでの巨人戦が行われるが、
私は次の3連戦、かなり苦戦するだろうと予想している

まず4番以降が話にならない程の打線である
投手戦になる事は間違いないだろうが
どうやって巨人投手陣を崩せるだろうか?


福留はもう重傷を超えた打者となっている
巨人戦で見せたダイビングキャッチで
首負傷してるんじゃないかな?と心配になるほど
酷い状況である

ストレートもスライダーも全くタイミングが合っていない
更にストライクゾーンが相当ワイドに感じているのは確かだ

スライダーを泳ぎながら空振りしたり
低めのストレートに対して完全に振り遅れたり
これはもう、重症を超えた域に達している


福留という守備力と走力
そしてブランドがあるから
スタメンに居る状態である

相対的に見れば、圧倒的に伊藤隼太の
方が面白いのは確かだろうが。。。。

経験値の高さがあまりにも凄い選手なのは確か

一日でも早く本来のスイングを
取り戻して欲しいと願っている


東京ドームは福留が得意とする球場でもある為
ある意味、ここで期待感を持つしかないが。。。。

あそこまでストレートとスライダーの緩急に
振り回されてしまっている打者が、ある日突然
ガンガン打ちまくる可能性は皆無に近い

逆に引っ張り専門で困っている
コンラッド彼はあの球場で当たれば飛ぶ可能性を秘めている

彼もそろそろデンジャラスゾーンに突入している
良太が帰ってきたら、最初はファーストに着くだろうが
下手すりゃサードを守る可能性もある

そんなバカ起用を平気でやるのが阪神


後は、貴浩と比べてどうか?と言う事になるが
どっちもどっちの状況だけにいかんともしがたい

阪神首脳陣が何を見極め、どの様に判断するか?

だと思う


コンラッドをここで我慢できず落として
代打専門にしたらメンチやフォードと
変わらない状態になるだろう


交流戦中盤辺りまでは我慢の起用
もしくは交流戦はDHで最後のチャンス
位の猶予を与え我慢の起用を求めたい



では横浜戦を振り返ってみます

まず西岡の加入は本当に大きかった
彼がお立ち台にダントツに上がりまくっているが
それだけ、打線は彼とマートンで踏ん張っている状況

今日はその西岡が横浜戦1回戦同様いい所で
追加点を叩き出した

昨日トンネルして2失点献上していただけにね

貴重な追加点を上げることが出来てホッとしただろう

まず、西岡はストレートにもスライダーにもしっかりと
緩急に対応出来ている

壁を作った溜めがしっかりと出来ている
更に踏込からスイングまでもしっかりと足腰が
ブレずに踏ん張れている

この人ね
オフシーズン相当走り込んでいたと思うよ

2打席目のヒットはスライダーを綺麗に弾き返している

3打席目のタイムリーも低めのスライダーを
弾き返してのタイムリーとなった

三浦のスライダーに的を絞って打席に立っていたのだろう
ストレートか?カットボールか?
それだったらスライダーに合わせた方がいい


そんな発想を実戦行動出来るのは、当てる事に自信が
ある選手でなければここまで成功率は高くない

パワーヒッター達と違って当てる方向性
地味に見えるかも知れないが、安打数は
凡打を超える華があるって事だろうなwww


藤浪の投球に私は注目して見ていた

ストレートとカットボール
そしてスライダー
に注目して観戦してみたが

ストレートは150前後
カットボールは135前後で緩急は15キロ

十分な緩急をこの2つの球種でつけている

ゴロが連発していたのはその緩急とカットボールによる
芯を外す配球が功を制した証である


カットボールの後のストレートで空振り
カットボールの連投で空振り


やはり球威が打者の脳裏に焼き付けているし
カットボールの緩急が戸惑いを誘っている


球威のある投手ならではの特権であるし
武器でもある


今日の藤浪はスライダーを抑え気味にした
配球に徹した

殆どがストレートとカットボールに集約していた


今日の一番の見どころは6回のブランコとの対決

腰のラインのインコースにストレートが
入ってしまった

これが大ホームラン並みの弾道でファールとなった

少し振り遅れたのが幸い

カットボールが脳裏にあったのだろう

その後2球続けてカーブを投げて緩急をつけ
最後にはアウトコースボールゾーンの低めに
カットボールを投げて空振り三振

これはバッテリーの緩急をつけた配球の勝利である


藤浪は6回でお役御免となったが。。。。。。
7回までは投げさせるべきだったと思う


もっともっと経験値を与えなきゃ
まだ92球
球の勢いは衰えてなかったし、7回は中村以降は
下位打線だったのだから。。。。

完封リレーもいいが。。。。。。

仮に7回1失点でも7回を投げ抜いたという実績の方が
藤浪にとって大きな財産となったと思う



ちと過保護だよなwwwwwwww


8回まで投げれば、AFKの誰かは温存出来ただろうし
3人投入するまでもない試合展開だっただけに

こんなに早くから酷使モードもいかがか?
感じてしまうシーンだった

確かに久保には4点差ついても、抑えというポジション慣れを
強化する意味では、登板も仕方なかったかも知れないが
よっぽど登板間隔が空かない限り
セーブがつかない時は、私だったら投げさせない



今日はデーゲームでの勝利
しかも完封勝利と言う事でなによりでした

藤浪の投球はもう少し見たかったのが本音です
まだ投げられた段階での、降板だったので
少し残念でしたが、まずは勝利して再び貯金1

巨人戦前に投手陣が完全に好調をキープしている
それが大きいですね



いずれにせよ、明日の休み後、東京ドームにて
宮國、杉内、澤村と再戦する事となる

今の打線で、ビジターで勝ち越すのは苦労するだろうし
5番から後ろがかな〜りショボイ打線なだけに
厳しい試合展開になると思う

福留、コンラッドがどこまで打てるか?

そして
良太が1軍登録可能となる火曜日
打線をどう変えてくるか?

火曜日のスタメンが非常に楽しみになる


さぁ和田さん
貴方は良太がスタメンならどうします?

兄貴浩を落とすか?コンラッドを落とすか?

どうしますか?

私なら貴浩を代打の切り札として起用するでしょうね
怪我明けと言う事もあって、サードを守らせるなら

少しでも負担軽減出来るファーストに着かせると思います

今年はファーストが慣れたポジションになってますので
スタメンならファースト良太での復帰が妥当でしょうね

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
更新の励みとなりますので、よろしければ
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


当サイトではコメントシステムを行っておりません

記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております

遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

正悟にメールする方はここをクリック!
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers

岩田の欠点は立ち上がり




初回6失点ではどうしようもない

デーゲームに弱いと叩かれまくっている阪神
これは和田阪神に始まった事ではないが、
岡田、真弓時代以上に、デーゲームに勝てない
印象が強いのは何故だろうか?

まぁ、野球で負けるときはこんな展開であるが

どうせ負けるなら思い切って負けた方がいい
接戦で負けるのが一番チームとして堪えると言う


昨日の場合は、岩田の立ち上がりが全てだった


彼は運がないとよく言われ、好投した時に
打線が全く援護せず、打たれるときは試合開始
早々とっとと失点しまくってしまう


まぁ何で?こんな展開を繰り返しているのか?

運がないのか?自滅タイプなのか?



岩田と言えば、シュート、スライダー、カットボール
この印象が非常に強いが、これは私個人的感覚である


まず、私が一番注目しているのが、
シュートとカットボール

昨日の立ち上がり、徹底的にカットボールとシュートを
当てられていたデーターがある

カーブやスライダーも当然投げて居るが、シュートは
特に今日打たれまくったかな?


まずシュートが打たれている時は、失点覚悟
これが岩田の投球の悪い典型的パターンです


よくストレートがシュート回転ているって言うでしょ?
ストレートがシュート回転してるのであればシュート?


そう解釈される方がたまに居るのですが、結果的に
ストレートの回転がシュート方向にしていれば、

ストレートの回転がダメって事

つまりノビが全然ない


球速があってもノビがなければ、打者としては当然
合わせやすいって事になるわけです

広島戦と昨日の横浜戦の岩田のシュートは
力がなく、ストレートも力がなかった

つまり、ストレートがシュート回転してしまい
シュート自体が力なく、ストレートに近い状態
しかも、ノビのない球威であった


そりゃ打たれますよ
タイミングが素直にボールが来る
合わせやすいですし、更に高めもボールが集まる

こりゃもう、大量得点のフラグが立ち上がってる事は
いう間でもありませね

受けた瞬間、捕手は分かります
ブルペンの段階でね

カットボールも恐らくストレート同様厳しい状況
だったと思います

だってコントロールが悪いんだから
中に高めに入っちゃうんだからしゃーない


岩田のコンディション不良
不安定なピッチングがここ2年続いています


統一球の縫い目の影響を受けているのか?
怪我の影響が未だに続いているのか?

立ち上がりに不安定な癖があるのか?


私には分からない

ストレートがシュート回転している時は
スライダーを多用するとか、いう方も居ますが
まぁ、コントロールが高めに行ってたらもう
手が付けられません


だからと言ってファームで暮らせと言えない

彼のピッチングが安定したら能見以上の
ピッチングが出来るからです


低めのボールコントロールとシュート回転

BADコンディションが続く状況
不安定なコンディションが続くここ2年


中西さんがどこまで彼のフォーム修正を出来るか?

彼の腕の見せ所です

調整法の変更や、捕手の変更など
様々な角度から彼を助けて欲しいですね

凄くいい投手なんだから


2回以降のピッチングは見事
ストレートにノビも出て、シュートも
しっかりとキレが戻っていた

やっぱり「立ち上がりなんだな」


公示にて岩田の抹消を確認
フォーム修正と立ち上がり対策を
じっくりとするしかないって事らしい

一日も早く復帰して欲しい投手である

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
更新の励みとなりますので、よろしければ
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


当サイトではコメントシステムを行っておりません

記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております

遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

正悟にメールする方はここをクリック!
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 12:12 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers