虎心不動TOP

.com/txcou

2013年04月15日

東京ドーム決戦の鍵は福留とコンラッド




さて、明日からまたしても巨人戦

今回のカードは気に入らない
何で?こんな同じ対戦投手同士が早期に
当る様な日程になったのか?

出来れば違うローテでの対戦を見たかった


でも今の阪神打線にとっては逆に良かった


宮國、杉内、澤村の3本柱と対戦する事となる

内海やホールトンとぶつかるよりは
絶対に良かったと思う



さて、阪神投手陣が、巨人打線に対し
あの狭いドームラン球場でどこまで勝負出来るか?

AFKはその点しっかりと熟知していると思う
散々戦った球場ですので大丈夫でしょう

能見、スタン、そして榎田
スタンと榎田がどこまで失投を最小限に抑えて
いつも通りの投球が出来るか?

そこだと思う



今回のポイントは2つ

守備と打線だと思う


コンラッドの送球が第一のポイント
エラーしたら負けのフラグ全開だと思った方がいい

貴浩が下がるのか?良太が控えになるのか?
これも気になる所である

この守備力を考えるなら、貴浩のファースト
良太のファースト

どっちもどっちだとwwwwwww
思ってしまうのは私だけだろうか?(笑)


この二人のどちらが?
打撃、守備の双方で少しでも調子がいい方を
使う事となると思うが、下手すればコンラッドが
下がってしまう可能性もある

それだけは勘弁願いたいwwwww

確かにコンラッドはスタメンレッドシグナル
そろそろヤバイ時期に差し掛かっている

ただ、ここ数試合、1安打ずつチマコマと打ち出している

引っ張り専門であるならば、もっと飛ばさなければ
結果は伴って来ない

遠くへ飛ばしたい気持ちよりも、今はアベレージ重視で
る力みが出てしまうパワースイングを一時捨ててでも
力みのないコンパクトなスイングを心掛け
広角打法のイメージで打席に立つのも一つの手段



ただね。。。。助っ人のパワーヒッターとして
GM様が連れて来られた選手ですから・・・・・

水谷打撃コーチはどう指導すべきだろうか?
難しい所だと思う



絶不調の新井貴浩、福留、そしてコンラッド

この3名がどこまでしっかりと叩けるか?


明日からの3連戦はある意味ベンチ能力を試される
試合になります

何故ならば、同じ対戦投手と短期間での対戦
データーは揃っているはず


どのボールでストライクを取りに来ているか?
配球を変えるならどのパターンで来るか?
狙い球はこの球種に絞ろうか?

この様なデーターが綺麗に揃っているはずです

そのデーターと実際の対戦で前回と何が違うのか?
特に配球

これをいち早く見極め、対応策を練って実践行動に移す

この動きがどこまで可能であるか?



例えば、明日の宮國をどう分析しているか?


そしてどれだけの打者がそれに対して
対応出来る打撃力を持っているのか?



宮國の場合ストレートは50%以下の割合
その中にカットボールも含まれておる

スライダーが30%以上フォークが15%程度

フォークの割合を見れば分かるが
三振を狙うか?カットボールとの抱き合わせにて
詰まらせる事を前提とする決め球である

スライダーはファールも取れるし空振りも取れる
決め球としても使えるし、打たせて取る手段としても
使えるが、割合をみて分かる通り、相当自信がある
変化球と言ってもいいだろう


残りの数パーセントがカーブである

何故?カーブが数パーセントなんでしょうね?

ファーストストライクを取りに行くボールだからです



このカーブこそ、本当の意味での突破口と
黒田ヘッドと水谷コーチが狙ってくる事を願っている

先制点を狙う早い回であれば、カーブの狙い撃ちは出来る


例えば西岡カーブでヒットが出たとしよう

大和がバント

鳥谷かマートンがカーブの狙い撃ちをしたとします

先制点が取れるチャンスでもあります

ただ、初回はスライダー主流で来る可能性が高い
最も得意の変化球であるスライダーとカットボールの
確かめに入る配球が絶対にあるわけです


っとなると

初回辺りは、ストレートとカーブを徹底して狙う


当然カットボールも想定しての話である

スライダーの緩急とキレに惑わされれば
一発で阿部の配球が勝ってしまう


ちなみに阿部の配球には元尾花投手コーチイズムが
しっかりと備わっており、フォークで2ストライクを
狙いに来る配球が絶対に織り込まれてきます

このフォークに対応出来るか?
惑わされて振り回して凡打の山を築くか?



これだけのデーターの打撃が出来るのが。。。。。。
恐らく西岡と鳥谷マートンの3人位しか居ないのが
現在の阪神打線の現状であると考えられる


だからこの打線は低打率であり、打点が低いのだ


相当厳しい環境下の阪神打線である



この3連戦、打線の鍵を握るのは

西岡でもマートンでもない
5番福留と7番コンラッドである

この不調2人がどうやってこの3連戦
1本でも多くヒットで出塁
最悪でも四球で出塁出来るか?が
大きなポイントとなるだろう


久々の日本球界復帰の福留
更に初めての日本球界の実戦

福留とコンラッドの両名にとっては
先日3連戦で当ったばかりの先発投手陣の
データーが、救いの神となる可能性が高いのだ



福留とコンラッドがデーターを元に打席に立ち
全く打てなかったらどうしようもないって事になる


力みを我慢して軽く振り抜いても
ホームランになるのがドームランである

コンラッドと福留の両名に関しては
この球場できっかけを作ってもらえると
本当に嬉しい限りですね

特にコンラッドはスタメンレッドシグナル点灯中
福留より遥かに打率もいいのだが。。。。
打点が一つもないのが気になる所である

チャンスで平凡な外野フライがいかに多いか?
首脳陣はそこを見ていると思う


コンラッド!力まず振り抜きゃドームランだぜ!



焦ったら力むだけだと思う
平常心の精神で東京ドームに挑んで欲しい

明日からの3連戦は根比べの戦いとなるか?
巨人の一方的なゲーム展開になるか?

そのどちらかしかないだろう?

福留とコンラッドが目覚めれば
阪神投手陣が楽な展開が期待されるが
今の二人を見る限り、難しいよね。。。。

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
更新の励みとなりますので、よろしければ
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


当サイトではコメントシステムを行っておりません

記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております

遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

正悟にメールする方はここをクリック!
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 22:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers