虎心不動TOP

.com/txcou

2013年04月27日

小嶋よ!鳴尾浜へ帰るべし!




昨日10−5で大勝した阪神
一方の横浜は4連敗を喫してしまった

藤井と小嶋の先発になった試合

試合前に横浜は選手ミーティングを行い
勝つ意識を全員で高めた様だ


中畑監督の胃も痛かろうに。。。。
その気持ちを選手一丸となって勝ちに対する
意識を高めて挑んだ試合となった


それを迎え撃つのが阪神打線であり
先発投手である小嶋であった

前回力投を見せ、崖っぷちの状態から
見事な完封リレーを見せて変貌を遂げた小嶋

問題は今日のビジターのマウンドに対して
どこまで小嶋が対応出来るか?


土の柔らかい甲子園球場
ホームゲームとしては実に投手有利の球場
土が柔らかいと、体が開きにくくなる

つまりシュート回転しずらいマウンドとなる

ちなみに横浜スタジアムは柔らかめである

後は高さの若干の違いも当然影響が出てくる


しかし、マウンドが変わっても影響のない投球が
出来なければ1軍で戦えるわけがない

絶対に務まるわけがない

それを経験と感覚でしっかりと感覚を掴んで
投げ切るのがプロなんだと思う



更にもう一つの注目点があった

前回の登板は打線が大不振の状態だったヤクルト
今回は打線だけは調子がいい横浜打線


この横浜打線にどこまで
小嶋が強気の投球が出来るか?



小嶋に期待したファンも沢山いただろうが
今日の小嶋はノーコン極まりない投球だった

リードする小宮山もあのコントロールでは
戦えなかったと思う

ボールは高めに浮きまくる

インコースに構えても逆球になる始末

ノーコントロールとはこの事を指す

制球が悪いだけではない
ストレートの力も感じられない

完全に体が開いてシュート回転気味になっている


ああ。。。長く持たないな。。。。。
そう感じたのが初回
あの状況は立ち上がりが悪いレベルではなかった

完全にフォームバランスが崩れている投球
立ち上がり云々以前のステージだった


更にインコースを小宮山が要求しても
小嶋自身が強気に攻められない


ノミの心臓ではプロ野球1軍の先発投手なんて
絶対に務まらない


先日、前田に骨折を負わせる四球を投じた江村

大御所前田に本気で怒鳴られ、歩み寄られ

涙目になっている目の前でコーチが胸ぐらを掴みあう
乱闘寸前のイザコザが起きた

それでも江村は続投し、後続をしっかりと抑えた

インコースは今後も攻める気持ちに変わりがない

江村はそう発言している


前田の死球に関しては残念な結果となったが
その後をしっかりと抑えた江村の度胸
更に、インコース攻めについても
方針を変えない姿勢を貫く

前田の四球に対しては、謝罪にて
手打ち状態になっている


賛否両論ではあるが、
プロ野球選手はそれ位の度胸と信念と強気な姿勢が
なければ、絶対に一流選手にはなれないのだ



その度胸を小嶋には是が是非とも持っていただきたい

阪神の投手である以上
巨人打線、横浜打線、中日打線とも
常に対戦しなければならない立場なのだ

あともう一度チャンスを与えられるかも知れないが
今日の小嶋の状態では、ファームへ行くのが妥当

しっかりとフォーム修正をかけ
更に球威を見直さなければ、1軍では通用しない

私はそう思っている

今日の小嶋は1回と3分の1を投げて
8安打6失点、1四球2三振であった

完全に試合を独り相撲でブチ壊してしまった


小嶋よ!
鳴尾浜へ帰れ!


もう一度徹底的に鍛え上げて這い上がって来い
その球威ではとても戦えない

悪いなりのピッチングが出来ないのであれば
お話にならんだろう

絶不調のヤクルト打線と広い甲子園に助けられた
投球内容だけで1軍に入れる様な甘い世界ではない

もう一度球威とコントロールを鍛えまくって
再度チャレンジすればいい

貴重な左投手であり、期待大の左腕なのだから



今日の横浜は選手一人一人に勝ちに対する意識が
プレーに強く現れていた

いい当たりを悉くキャッチする
強運とファインプレーが目立った

崩せそうでも崩せない藤井

低めに突いて来る、スライダーとチェンジアップ
これに対応出来なかったのが新井兄弟

完全にこの新井兄弟がブレーキをかけたw


藤井のフォームから繰り出させる
140キロ程度のストレートに
120キロ台のスライダーとチェンジアップ

その緩急に完全に振り回されていた

なるほど。。。。この速度の緩急に対応出来ない
山本昌など打てる筈もないwwwww

逆にこの兄弟は
150キロ近くのストレートの緩急には
対応出来るだろう

だから野球って面白いんでしょうね



横浜の気迫に押されてシュンとなってしまっている
阪神打線を見ている感がしてどうも面白くない

まず藤井攻略に対応しきれていない

ストレート(カットボール)
チェンジアップ
スライダー


ほぼこの3球種にしてやられている

どうしてもストレートとチェンジアップの
緩急に対応しきれていない


今日の藤井はスライダーのキレが抜群

左打者からすれば
まるで杉内と対戦している様な
感覚に陥っていたに違いない


そこで8回に筒井の打席で
代打、左の伊藤隼太でしょ?


なにやってんの?って事ですよ
結果的にスライダー空振ってたでしょ?

今日の藤井は左打者からすれば
あのスライダーがどうしようもない程
キレまくってたのだから
距離感が全く掴めない状況だった

あそこはどう考えても関本
ん〜〜どう考えてみてもね
右の代打が1枚足りない気がする

藤井と関本しか居ないんだよね
左はゴロゴロ残ってただけにね

いかんともしがたいベンチ構成
今成と伊藤の昇格がちと意味不明である

打てるから上げよう
ではなく
バランスを重視
して欲しかった
投手一枚増やしてもいい位だ

9連戦だもん



2ストライクに追い込まれては
チェンジアップ、スライダーにチンチンに
やられまくっていた

ストライクカウントを狙うのに
ストレートを多用していた

そのストレートはカットボール表示されないが
手元で若干曲がっている様に見えた

そのカット系のストレートに完全に
振り回せれた形となった

甘く入ってきたスライダーとチェンジアップ
それを叩けないのは何故だろうか?


溜めが出来てない証拠だって事
狙い球を明確に絞っていないかったって事



9回は新井兄弟からの攻撃
藤井にタイミングが全く合ってない
中畑監督も友利コーチも自信を持って
アップアップの藤井を9回のマウンドへ上げた

完全に舐められた形だったと思う

本気で悔しがって明日、やり返せばいい

藤井11年ぶりの完投を許してしまった阪神打線


首脳陣達よ、恥を知れ!
左の緩急派の藤井をベンチが
最後まで攻略出来なかった
崩すチャンスは絶対にあったのだ

左打者へのスライダー対策
右打者へのチェンジアップ対策


何一つ出来ず、物調面で腕を組んでいるだけでは
空回りする打線を試合中に助ける事は
絶対に出来ないのだ


こんな打線
明日の三浦を打ち崩せるのだろうか?
カットボールにチェンジアップにスライダー

藤井以上にカットボールのキレがある

とにかく甘いコースを逃さない事が重要


明日はデーゲーム
サンデー藤浪の登場である

藤浪VS三浦のカットボール対決

藤浪VS絶好調ブランコ
ブランコをどうやって抑えるか?
今日も4安打で2ベース2本に本塁打1本

スイングがキレキレでどうしようもない
甘い球は全部打てる勢いである

スライダーが使えれば
ボールゾーンへ逃げるスライダーが有効となる
フォークも有効かな?

とにかくアウトローで仕留める配球
藤井の散らしのインコース配球は禁物



明日はどんな形でもいいから
何としてでも勝ちを収め、聖地へ帰って欲しい

高崎、藤井、三浦の表ローテと真っ向勝負の時期に
ビジターで対戦中の阪神打線

明日の試合は正念場となる
絶対にこの9連戦勝ち越して終わりたい
その為には絶対に明日は負けられない

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
更新の励みとなりますので、よろしければ
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

正悟にメールする方はここをクリック!


虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers

14安打10得点で見えた好不調の阪神打線




まず、田上2軍降格のニュースを見て
ああ、そうやって対処したか。。。。
まるでお役所体質だな。。。。。


ベテラン陣はトコトンコケテも居座れるのに
若虎は一発退場

確かに、代走と言う役割を果たせなかったのは事実
走塁に自信があるのに代走を出された福留からすれば
たまったもんじゃない

福留は走塁のセンスはピカイチである福留
彼に代走を与えた時点で
福留の胸中は穏やかでなかったと思う

田上が返って、西岡で逆転
最後に久保で締める

そんなシナリオだったのだろうが。。。。


起用もあやふや、吉竹さんもイケイケ

どうやって西岡に繋げるか?
そのビジョンがどうしても薄くて見えない


結果的に田上が表面上の責任を取った形にしか
見えてこないが故に、田上に対してこう思う


走塁ミスは確かにイージーミス
ただ2軍降格一発レッドは気の毒だった

足が速いだけでは飯は食って行けない

ファームで腐らず頑張れ!



どんなに打線を入れ替えても、下でもくすぶってる
選手を上げた所で何が変わるのだろうか?

ファームの質が大事である

さて、榎田の屈辱から一夜明けた横浜戦

高崎から迎え撃つ阪神打線
是が是非でも今日は勝ちを収めたい試合だった


横浜の打線も十分に破壊力がある
メッセの球威でも高めに浮けばかなり厳しい

メッセの制球と球威が大きなポイント

更に苦手意識が板についた高崎の攻略を
どうするのか?に関心を持って観戦した

メッセはランナーを出しても、球威で押し切って
併殺打も取れる状況
球は若干高めに浮いてて気になったのだが
球威があるうちはある程度騙しが効く

一方の高崎は完全なるBADコンディション
球威は感じないは、スライダーのキレは悪いわ
更にボールも高めに集まるケースが多い

スタメン捕手のは鶴岡でなく高城
彼のリードも手探りだった
完全にデーターが頭に入っていない

高城は高崎の制球の悪さに対応しきれなかった


皆さんは今年の藤井を見てどう思いますか?
実は彼、3割超えてるんですよね

捕手と言う立場であり、元々がアベレージヒッター
タイプではないので、次期に打率が落ちる可能性が
極めて高いのですがwwww

実は彼、低めのボールを上手く捌けるシーンが
多々見られるのには驚いている

ここまで変わるんだ、、、、、、

藤井の場合、パワーヒッターではないので
スイング自体はインパクト勝負タイプ
彼の様なコンパクトなスイングは、水谷コーチの
打撃指導がドンピシャにはまったのかも知れない


今日の今成の打席を見て痛感したが
アウトコースのボールが随分遠くへ感じている
緩急にもついて行けていない

ファームで調子が良くて上がってきた割には
散々の内容である


大和は今日猛打賞を放っている
大和は2番と言う重責を背負っての打率2割8分は
本当によくやっていると思う

彼に課題は選球眼である
あれだけの打撃力を誇っても2割中盤をウロウロ
2010年に確変を起こすまえの平野を見ている様だ

ストライクゾーンの選球眼は良いが
ボールゾーンへ逃げる変化球を追いかけては
空振りもしくは泳いでの凡打が多い

だから打率を3割近くで安定させられないのだ

彼はボールゾーンへ逃げる変化球の対応が出来れば
恐ろしい2番バッターになれるだろう
今はとにかく経験である



西岡とマートンがここまで調子を崩さないのは
コンパクトにしっかりと振り抜いているからだろう

今日の高崎の様に高め、甘めに来るボールは
打ち損じる確率が他の選手より圧倒的にに少ない

今日のマートンは猛打賞
西岡はエラーもあったがww
打撃面では4打数2安打(1打数は四球)で
マルチ安打をしっかりと叩き出している

新井貴浩は意外と良い
2打数1安打であった
残りの3打席は四球をしっかりと選んでいる



さて、14安打10得点で大勝した今日の阪神

今日14安打の内、
西岡、マートン、大和の3人だけで
半分以上の8安打も放っている
更に、藤井もマルチでこの4人だけで10安打である
良太が本塁打1本&ヒットでマルチ

鳥谷も本塁打1本放ったが、後は沈黙
福留は1四球の4タコである



やはり、福留と鳥谷が我慢の起用と観戦が続く


この二人は選球眼が優れているだけに
この大不振が長引く恐恐に苛立ちすら感じる

三振が少なければいいってもんじゃない

凡打を築く今が問題である

まずミートポイントが前のめりになっていると思う


確かに2ランを放った鳥谷
しかし、今日の本塁打がきっかけになるとは
到底思えない

まだミートポイントが定まっていないのだから
もう少し時間がかかると思った方がいい


きっかけになるとすれば明日の藤井だろう


明日の藤井のストレートをしっかりと叩ければ
ミートポイントの感触を掴めると思う
スライダーをファールで凌ぐ技術はあるのだから
チェンジアップとストレートの緩急に
どこまで溜めが作ってコンパクトに振り抜けるか?


それが明日の鳥谷と福留のお題だと思う



逆に新井兄弟の調子が本当にいい
選球眼、スイング共に調子が上がっている
彼達は水谷コーチの溜めを
徐々に理解しつつあるのだろう

だから落ち着いて四球も選べる選球眼が
身についてきたのだと思う

良太のスライダー狙い撃ちは凄い
まるで1番ウッドで振り抜く様な
力強いスイングが印象的である

彼は凄い、バットコントロールが
酷く乱れていない

スイングを急がない壁をしっかりと作れている




明日の対藤井戦が非常に楽しみである


最後にメッセは準備不足
5回の6得点ビックイニングの間に
完全にメッセは肩を冷やしてしまった


隙が出来たと勘違いしてはダメ
ありゃ肩が冷えちゃったわけ

キャッチボールきっちりやらせなかった
首脳陣が悪いと思う

MLBではキャッチボールすら禁止の世界

こう考えるとNPBって環境が素晴らしいんだね

ただ、制球が乱れてイライラするメッセ
正にやくざであるwwwwwwwwwwww

怖くて藤井も放置するしかないだろうww
おっかなくて声なんてかけられないよwww

あれがなきゃもっといい投手になるだけに
非常に残念であるww

明日の藤井を叩ければ
勢いは阪神に必ず来ます

スライダーとチェンジアップが主流

狙うならストレート一本で行く方が手堅いだろう

大げさな話、スライダーはファールでいい

そうすれな球数はおのずと増える


明日のポイントは
チェンジアップとストレートの緩急への対応

先発を引きずり降ろせば、勢いに乗れる

藤井のストレートをしっかり叩いてほしい

デーゲームじゃないし^^wwwww

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
更新の励みとなりますので、よろしければ
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

正悟にメールする方はここをクリック!


虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers