虎心不動TOP

.com/txcou

2013年05月03日

先発乱調対決はメッセが踏ん張っての勝利




GWはデーゲームが多い
今日はメッセVS石川

石川をどう打ち崩すか?と考えてたのですが
その心配は要らなかった

前代未聞と言ってもいい程
石川のコンディションが最悪
だった

球のノビも勢いも、変化球のキレも
挙句の果てにはコントロール
その全てがズタボロだった

阪神は石川のおかげで打率を個々が
軒並み上げさせてもらった状態

2回を投げた段階で9安打8得点

あんな石川を僕は見た事がない
うなだれて今にもガックリと腰を落としそうな
あの石川の表情は初めて見た


福留を下げて伊藤隼太が出て来たが
怪我でなければ、これは余りにも早すぎる判断
と思ったら、無理をさせなかったとの事

何故ならば、メッセの状態が、一歩間違えれば
石川以下のBADコンディションだったからだ

今年のメッセは一度完封をしているが
全体的にかなり悪い
低め低めのコントロールが全然ダメ

高めにボールが浮いてしまう
デーゲームとはいえ、まだ肩は冷える気温
風が冷たければ、尚更のことである

球威も球速も完全なる状態ではないが故に
彼のストレートは当たれば外野までは飛ぶ


うむ。。。。。
統一球の恩恵を受けていたメッセにとって
昨年まで抑えられてた、いや、オープン戦まで
抑えられてたボールが弾き返されている感覚が
あるのではないだろうか?

来日当初のメッセのイメージがどうも付きまとう
高めに少しでも行けば、彼の球威でも外野に飛ぶ

やはり球威があっても低めが大事って事です
低めにしっかりとボールを集めていれば
高めの半分以下の確率で安打も飛距離も減る

飛ぶボール時代の配球

それプラス芯を外す配球

低め重視




3回までメッセは86球も球数を放っている
3失点、5安打、3四球 3奪三振

決していい投球内容ではないし
むしろ5回でアップアップになるだろうと思った


石川とメッセの大乱調のせいで
試合開始2時間経過で3回裏の攻撃がまだ終わってない

こりゃズルズルと行くだろう
メッセも4回捕まったら終わりだなぁっと

そう思っていた私の嫌な予感は外れてしまったwww


野球とは面白いものでwww
メッセは4回から急に
別人の様な投球に変貌w

低めにボールが集まる様になりwwww

4回から7回までの4イニングを
1安打1奪三振 0四球
外野フライのアウトは3つ

後は内野ゴロで仕留めている

しかも4回以降の球数が40球と言うwwww
超エコの投球が実現しちゃっているwwwww

低めにボールが集まると
しっかりと抑えられる


高めに集まると飛ぶボールほどではないが
去年よりは飛んでるのは確かだと思う

真ん中にツーシームやカットボール
大胆にフォークを投げれば、芯を外して
打ち取れるシーンが目立った昨年

今年はそれが通用しない

巨人は高めのボールを徹底して打ちに来ている
低め重視のコントロールが可能な投手であれば
抑え込むことは可能なはずだ

榎田があれだけ四球で崩れても
被安打が少ないのもうなずける
低めの今トールが定まらず、自滅しているが
高めに逃げる配球を日高はさせない


飛ぶボール時代の配球をしっかりと行える
コントロール精度の良い投手が防御率を
昨年同様維持できるだろう

統一球の恩恵を受けた投手は軒並み
ファームへ落ちる生活になる可能性が高い

明日の注目は岩田がどこまで低めのコントロールを
改善出来たか?だと思う


さて、今日の阪神打線は猛虎打線そのものだった

石川があり得ない程のBADコンディション
大場も同様であった

後は負けパターンの投手リレーである

勝ちパターンに比べるとやはり質が落ちる

フルボコにして当然のヤクルトの系統に
阪神打線は活気づいた


3割を切っていた西岡も猛打賞で3割安全圏

大和は犠打、四球を含め、5打席で猛打賞、凡退ゼロ

マートンも猛打賞で四球2つ選んで、凡退ゼロ

新井貴浩も猛打賞で打点4、打率を2割7分台まで引き上げた



まぁやりたい放題ですねww
こんな試合で打者達はきっかけを作ってくれればそれでいい


初回、メッセのバスターエンドランが成功した
あのメッセのヒットが大きく流れを変えたと
思われる方も多いと思いますが、私は違います


あの石川を打ち崩せなければ、ヤバイでしょ?wwww


それ位、今日の石川は、スライダーもシンカーも
チェンジアップもストレートも全く駄目だった

榎田じゃないけど、正にボールを置きに行った所を
阪神打線に捉えられた

いやいや、流れとしてメッセのヒットがぁ!!

いや、あの石川では
どの球団でも楽に打ち崩せましたからwww

あの出来栄えの石川を打ち崩せなかっとしたならば
そりゃ阪神打線は終わりですwwww



小川監督が一番悔やんだのは石川以上に大場
代打出さずに続投して自滅されて降板


ありゃルーキーでも相当怒られてるだろうな。。。。


とにかく、石川が大量失点で降板、負けパターン
これは各打者にとっては、きっかけをもらえる
数少ないチャンスを公式戦で得たのだと思っている


勢いをつけて欲しい
感覚を掴んで欲しい


それを明日のヤクルト戦に
巨人戦に繋げて欲しいですね


さぁ明日は岩田VS小川ですね

岩田はとにかく制球です
低めにどこまでボールを集められるか?
そこが第一のポイントです

対する小川ですが、ストレート重視ではないです

ロマンの小さい日本人版見たタイプでして

ストレートは30%程度
カットボール20%程度
残りの50%が以下の球種です

シュート15%程度
フォーク
チェンジアップ
スライダー



カットボールで詰まらせながらも
緩急でも詰まらせる
内野ゴロのオンパレードを取れるタイプかな?

ロマン同様、ストレートに球威がないわけではない
147キロのストレートもしっかりと投げている


カットボールに騙されて詰まらせるのであれば、
チェンジアップ狙い
もしくは、シュートが狙い目かな?


狙い球を何に絞るか?
ストレートの半分がカットボールだと思ってもいいです

私ならシュートか?チェンジアップを狙います
後はファールでwwwwwww

明日勝てば念願の貯金4ですわ

初顔合わせの小川に対して、どこまで
打ちこむことが出来るだろうか?

打てると思っています

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
更新の励みとなりますので、よろしければ
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

正悟にメールする方はここをクリック!


虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(2) | 2013 TIgers

繋がる打線で交流戦を迎えるべし




さて、早いものでもうすぐ交流戦です

ヤクルト3連戦 巨人3連戦
そして1日空いてまたヤクルト3連戦

また石川からの先発ローテでしょ?
またまた、同じ顔合わせになるんだよね

ん〜〜また同じ投手との顔合わせかぁ。。。。

なんかね
この対戦カードっておかしいんですよね
同じ投手と何回も顔を合わせている様な
なんかね
マンネリ化した錯覚と言うかね。。。。

もう少し散らばす様な上手な対戦カードを
組めないのかね?

もしかしたら巨人戦はまた宮國、杉内、澤村?
3度目の3連戦の9試合でさ
同じ顔合わせが3カード
更にヤクルト戦も同じ顔ぶれになる

なんとかならんかったのかね?

いつになったら阪神はホールトンや菅原と対戦
出来るのだろうか?


投手陣にとってはこれだけ何度も同じ顔合わせで
戦えばね、データーだって双方揃っているはずです

どうやって凌ぐか?って事になります


先日のマエケン戦で単発5安打完封負けという
屈辱的な負け方をした阪神打線

しかし、水谷打撃チーフコーチにとっては
交流戦前に、修正個所の真意を突く事が
明確に出来た試合でもあったと思う



阪神打線は繋がらないだけであって
しっかりと当たっている選手も多い

まず藤井がいい
彼がここまでこの打率をキープ出来ている事が
繋がらない打線の中での幸いな要素である

8番捕手があそこまで打てれば首脳陣としては
有難い存在となっていると思う


鳥谷も徐々に調子を上げて来ている

新井兄弟も決して悪い状態ではない

しかし、この新井兄弟の打ち損じの内容が悪い

投手によってスライダーが見えない
それは仕方のない事だが、、、、、
それでストレートに振り遅れるという
本末転倒的なwww打撃スイングが根深く
存在しているのも事実

だから3割が遠いのさwwwwwwww

新井良太も貴浩も交流戦辺りは
4番打者復帰を賭けた戦いを本気で
取り組んで熾烈な争いを繰り広げて
もらわなければ困る

いつまでもマートンに4番を張らせて
いれば、打線の繫がりに期待感は持てるが
本塁打を放てる4番打者の存在感のない
球団のままでシーズンが進んでしまう


長打力を誇る4番
これが一番相手投手陣が嫌がる構成である
この二人が打ち損じが多いのが
マートン4番継続の大きな原因であることは
言うまでもない


福留を含め、長距離打者はどうしても
飛ばすために力を要するため
そこには絶対に力みと言うものが存在する

その力みを最小限に抑えて長距離を打てる指導力に
定評があるのが水谷打撃コーチである

彼の育成指導力の実績はハンパない
数多くのパワーヒッターとアベレージヒッターを
育て上げた球界屈指の打撃コーチの一人である


水谷コーチは
基本はストレート
ストレートとしっかりと叩けないのでは
どうしようもない

とキャンプ当初からストレートに対する
対応力を口にしていた

スライダー、チェンジアップに振り回されて
ストレートに振り遅れている


緩急に対応出来ていない証拠である


スライダーをしっかりと叩けても
ストレートを振り遅れて凡打する

カーブを投げてその後にストレートを
投じればど真ん中の打ってくださいストレート
でなければ大丈夫

そんなデーターが新井兄弟、鳥谷、そして福留
この4選手に通用してしまっている

それだけこの4名が緩急の間合いに苦しんでいる

速い球から緩い球への緩急のタイミングは
そこそこ取れていると思うが、その逆がダメ

とにかく振り遅れてファールでなく空振ってる
ストレートとスライダー位の10キロから15キロの
速度差の、遅い球から球威あるストレートへの
対応力が余りにも欠けている

その欠けている打者が全員パワーヒッター
つまりクリンアップから7番までである

この状況では打線が繋がらなくて当たり前である



鳥谷はシャープにコンパクトなスイングを
ここ数試合心掛けていることが分かる


センター前の当たりが実にいい
コンパクトに打って打球も速い

引っ張りにこだわっていたスイングが
少しだけコンパクトに振れるようになった
のかも知れないが、センター返しはあくまでも
イロハのイである

左中間を深々と破る2ベースヒット
マートン同様中距離打者であり、ホームランも
20本は量産出来る才能を持っているだけに
今の段階はイロハのイの段階である

まずはアベレージ重視
その工程の中でベストスイングが出来る時を
後は待つのみだと思う

選球眼は球界屈指の打者なのだから
この先時間はかからないと信じている

西岡が3割を超えて
新井貴浩が2割5分と6分辺りを
行ったり来たりしている
この打率の大きな差はなんだろう?

私はカーブへの対応力の差だと思う

実は西岡はスライダーを見逃して
カーブを打ちに行って、ストレートを
弾き返している安打
が非常に多いのだ

遠くへ飛ばす事よりも、当てる事を主とした
安打量産型の打撃スタイルをしっかりと
貫いている行動が打率3割を超える
安定したアベレージを残して居るのだと思う


100キロから120キロ程度のカーブを
ファールする

ストレートとの緩急を絶対に忘れない
しっかりと壁を作ってスイングをする

だからカーブでも当てに行ける

スライダーだって対応出来る
ストレートが一番打てる

だから3割を超える打率を誇っている

そんな彼も大きい当たりを狙いだすと
横浜戦の様にスランプ気味な成績へ
陥ってしまう


大事なことは緩急に対応出来るスイング
それがしっかりと出来ていないからこそ
カーブを打ち上げてしまってる

私はカーブは遠くへ飛ばす必要性はないと思う
内野頭上を越えるヒットで十分
だと思っている

カーブを力んでスイングすれば、当然力みが出て
芯を外してバットの上で叩いてしまう

そうなれば打ち上げ花火の如く高く高く上がり
飛距離が出ず、結果的に平凡な外野フライになる
ケースが非常に多い

だからと言って2ストライクに追い込まれるまで
カーブを見逃して涼しい顔をされては困るわけ


溜めを作ってしっかりと腰を軸に足腰で
コンパクトに振り抜く
脇をしっかりと閉じてスイングのブレを防ぐ

その心がけをしっかりとしていれば
カーブとストレートの緩急にも体が着いて来るはずです

ストレートとスライダーは大きな当たりを狙ってもいい
チェンジアップはコースによって大きな当たりを
狙ってもいいと思うが、本塁打を狙うスイングほど
力んでは凡打の可能性も高くなってしまう

カーブは単打でもいい

それ位の割り切りがあれば、結果的に
相手バッテリーは配球に息づまるはずです

それが良太と貴浩に出来ていないのが現状



福留はアウトローの距離感が掴めていない
特に左投手のスライダーに手こずっている

あれでは2割行かなくて当たり前の状態

アウトローのスライダーが来る前に
ストレートを叩きたいが、踏込みが遅く
スイングも遅れ気味

コンパクトに振りきれていない彼の苦悩

その苦悩する状態は必ず、交流戦中に
改善されると思っている

もう少し時間がかかるスイングなのは確かです

しかしここ数試合、安打数は相変らずだが
鋭い打球が少しずつ増えて来ている
正面の当たりで運の無い部分もあるが

いずれにせよ、ジャストミートでないから
外野までライナーを飛ばせていないのかも知れない

右の脇を締めて窮屈なスイングに
抵抗感があるのかも知れないが
もうじき改善される傾向色が強くなりつつある

選球眼は鳥谷西岡同様悪くない
むしろいい方である

もう時期、間違いなく当たり出すから
もう少し長い目で彼の苦しみを見守って行きたい

福留が当たり出したら絶対に打線は繋がりますし
長距離打法で打点を叩き出す日も遠くない


カーブからストレートへの対応
これがキーポイントになるはずです

明日のヤクルト戦の先発は石川

彼は必ずここ一番でシンカーを多用します
カットボールで芯を外して来ます

狙うなら右打者はスライダー
左打者はカットボールでしょうね

シンカーを当てるならば
単打でいい
繋がる打線を積み重ねることが
石川攻略への一番の近道になるはずです

2番大和が一番のキーポイントになるでしょう
彼が鳥谷マートンへ繋げることが出来るか?
犠打でチャンスメイクを広げることが出来るか?

石川をセットポジションにしてプレッシャーを与え
投球への集中力をどこまで崩せるか?
犠打で西岡をしっかりと送る事が出来るか?

打線が繋がらない状況で
2番大和の役目彼自身が一番分かっていると思う

さぁヤクルト3連戦から
まずは石川を叩きましょう

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
更新の励みとなりますので、よろしければ
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

正悟にメールする方はここをクリック!


虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers