虎心不動TOP

.com/txcou

2013年05月08日

巨人3タテ!久保が壊して桧山が決めた!




ここに来て福留を諦めてファームへ
今日の判断。。。。。。

ヤクルト戦の後は交流戦
2勤1休制が殆どの為、試合数のお休みは
少なくなると考えてもいいだろう

どうせだったらもっと早く落とせばいいじゃん?

と思われた方も沢山いらっしゃったかも知れない

東京ドームで代打の切り札として残しておき
連勝出来ての判断なのかも知れない
あの打率でも勝負強さは健在!


でもね
1軍ベンチに怪我人はイランのよwwww
無理させるのであれば、鳴尾浜でしっかりと
リハビリして、更にカーブマシーンと戯れて
しっかりと緩急対策とフォーム修正
ガッツリと出来ればそれでいいと思っている


まずはしっかりと治して
本調子になって戻って来て欲しい



3タテを狙って挑んだドーム戦ラウンド3

榎田VS澤村の戦いとなった

澤村は上出来のコンディション

スライダーのキレが抜群であり、ストレートも重い

まず、ボールゾーンへ逃げるスライダー
アウトロー一杯に決まるスライダー
空振りと見逃しが多く出て、結果的に
ストライク先行する展開だった


そして今日一番厄介だったのが、
シュート

ツーシームの代用品だと思うが、あの曲がりは
ツーシームの域を超えてたので
あれはシュートである

このシュートにトコトン詰まらせた


阿部も澤村の配球が読まれない様に
シュートを多用して来た事が功を制した

逆に阪神打線は、狙い球の的が1球種増える
結果となってしまった

そのシュートを詰まらせる事で
澤村の球数を多くさせる作業も手こずった

結果澤村のスタミナ温存配球が成就し
榎田の方が辛抱の展開となった


さて、榎田だが。。。。。。
低めを攻める姿勢が四球を呼ぶ

確かに強力巨人打線
しかも長打力、ホームランが怖い東京ドーム

低めを攻める姿勢が、多くの四球を呼んだ

まぁ榎田は奪三振タイプではない
能見の様な切れ味鋭いスライダーを持っても
タテに大きく落ちるチェンジアップや
打者を騙せるフォークもない

空振り三振を取るタイプでない榎田にとって
スライダーの切れ味
特に左打者に対して、アウトローギリギリの
スライダーで見逃し三振がなかなか取れない

結果的に
ボール球を振らせようとして見送られる

決め球のスライダーを悉く見送られる
まぁこれが左打者へ対しての四球の大きな要因


右打者に対してはどうだろう?
チェンジアップとストレート
これが右打者に対してアウトローが決まらない


ここでしょうね

左投手で奪三振が取れないタイプが
決して悪い事ではない

打たせて取る事が第一のスタイルであるが

配球上で
散らしの段階で完全なるボール球が
多いって事が一番の修正点


日高に言いたい
もっとカーブを多用してみてはどうだろうか?

榎田に言いたい
カーブの精度を上げてみてはどうだろうか?

カーブが使えればかなり良くなると思うが
とにかく縦に大きく変化するボールが欲しい


ただ、カーブは角々のインコースに決まらなければ
極めて危険なボールである

右打者に対してのアウトロー対策
左打者に対してのスライダーのキレ


この2つが大きな課題となるだろう


3安打で7回を投げ切った
今日も四球を7出してしまったが、何とか抑えた


良く抑えてくれたと言う結果オーライ的な表現となる

しかし、先発ローテを1シーズン任せられる
大投手に成長して欲しいのであえて苦言を

アウトローを攻める気持ちを第一に
次の登板頑張って欲しい

完全に見送られるクソボールは要らない
ストライクゾーンからボールゾーンへ
逃げていくボールを必要としている




澤村は100球で球が上ずってきた
今日はそこを狙うしかなかっただろう

ボール先行が急に目立ちだした8回

伊藤隼太のバースデー2ランが
ライトスタンドへ突き刺さった

ガックリとうなだれる澤村

この瞬間を待っていた


この動画は虎心不動のFacebookにてシェアで貼ってます
良かったらご覧くださいませ


隼太は福留の代役をしっかりとバットで応えた

2−0で後は中継ぎ陣へ


福原は球が走っていた
村田に打たれたのは完全なる失投

日高が構えた遥か上にストレートが
抜けた形で入ってしまった

ソロホームランだったのが幸いだった

カーブはしっかりと低め一杯に決まってました

まぁ失投って事で仕方のない1球であり
本当に悔やまれる1球であった

福原は心配ない
球は走ってるし
カーブも低めに決まる

失投が気になるだけなので
さほど心配しなくてもいいと思う



守護神久保

やはりシュート回転している
しかし、それ以上に問題点だったのが
ハートだったと思う

ストレートがシュート回転する為
7割程度でコントロール重視で
大げさに言うなら置きに行く感じ

駄目だ!
守護神は思い切って腕を振ってなんぼ!


何の為に球威球速を上げたのだ?
恐れることなく腕を振らなければ
ストッパーなんて絶対に務まらない

キャンプから何の為にメニューを守護神
モードに切り替えて練習を重ねて来たのか?

その全てを捨ててしまう投球内容だった

坂本に投じたストレート
日高はインローに構えた
それが真ん中へ入ってしまった


この時ばかりはシュート回転しないwww

身体が開くのを抑えて球威球速が落ちた

シュート回転してでも、ハートで投げて欲しかった

まぁ、長野でダブルプレーが取れなかった
野球の神様は久保に試練を与えたのだろう

いいボールは何球もあったか?
今日は無かったに等しい

久保のチェンジアップはどうなんだろう?
フォークはどうなんだろう?

思い切って腕を振れよ!!
ホームベース上にフォーク落とす度胸が欲しい
でなきゃ、三振なんて取れない

空振り三振を取れない守護神は不安になる


このままだと、本当に
フロントが外国人抑えを探し出すと思うし
もしかしたら既に調査が進んで居るかも知れない


まだ久保に対する和田監督の信頼は厚い
とにかく次のヤクルト戦

思い切って腕を振って欲しい

点差に余裕がある状態でも一度投げさせるのも
いいと思う

交流戦が近いしね、2勤1休制は調整に時間が作れる

頑張って乗り越えて欲しいですね



坂本の打球だが
伊藤も落ち着いて打球を追いかける事が出来なかった
本人が一番悔しい場面だったと思うが

東京ドームの距離感がまだつかめていなかったのだろう

これも伊藤隼太にとっては試練であるし
逆に経験であると私は思う!
頑張れ!隼太!


ロペスの打球をジャンピングキャッチした俊介の様な、
超ファインプレー
だって出来るさ!


同点で終わった事で延長戦
これ幸い


阪神の盤石のリレー

加藤は凄い

榎田に対しての教科書の様なストレート
お手本となるスライダーを如何なく発揮

彼が居たおかげで安藤は1イニングで凌げた

加藤の存在が昨年から光り輝いて見える
左のワンポイントじゃない
右打者も空振りが取れるんだから

加藤は本当に貴重な存在である


延長12回
田上の四球
本当に良く選んで四球をもぎ取ってくれた
この出塁率を私は田上に求めている

その俊足は選球眼が優れてなんぼである


そして桧山の快心の決勝タイムリー

いや、マシソンのオールストレート
阿部ちゃんに桧山も舐められたもんですw

その150キロの高めのストレートを
ラッキーなバウンドで点々とした当たり

田上が勝負のエンドラン走塁も功を制し
延長12回に決勝点を上げた

和田監督も勝負に出たエンドラン
絶対に勝ちに行くと言う姿勢が伺えた


桧山のタイムリーの動画も虎心不動のFacebookにてシェアで貼ってます
良かったらご覧くださいませ


意地で勝ち取った勝利
流れを最後まで渡さずもぎ取った勝利

今日の勝利は阪神にとって本当に大きい

さぁ貯金はついに6

巨人戦ビジター東京ドームでの3タテの
勝ちはとてつもなく大きい

独走を食い止め、ついに勝利も負け数も2つ差

横浜も負けてついに2強体制に突入した

野手全員を使い切っての総力戦でもぎ取った勝利

最後の最後まで桧山を残してい置いた和田監督

この3連戦は巨人から奪われた失点ははわずか4点

東京ドームで低め一杯を意識し、実践行動出来た
阪神の投手陣に感謝感激である

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
更新の励みとなりますので、よろしければ
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

正悟にメールする方はここをクリック!


虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers