虎心不動TOP

.com/txcou

2013年05月11日

岩田は鳴尾浜直行チケットを渡されるのか?





ライアン小川VS岩田

慣れない球場
遠征ホームゲームとは投手達にとっては
実に神経を使うに違いない

ホームゲームでも他球場であるから、結局
裏の攻撃のビジターみたいな感覚になるだろう

土のグランドであるが、マウンド自体は
あまり高さを感じないような気がする

ただ、固い土ではないようだが、、、、
両投手どうも波に乗れない感じがした

小川は低めを意識していた
ストレートの走りは悪くない

対する岩田はボールが高めに集まって
苦労する投球内容だった

特に岩田は投げにくそうに見えた感がした

低めがどうも決まらないし
スライダーにキレが全くないんだよね
シュートとフォークに頼る配球


これは小川監督の作戦勝ち
全員右打者と言う単純明快な岩田攻略に出た

こんな強気な打線を組めるのもヤクルト打線
岩村を引込めてでも岩田を攻略する

そんな強気な姿勢が伺えた


日高もフォークを多用したり、シュートや
カットボールを多用して凌いではいたが。。。

やはり高めに集まると打たれますねぇ。。。。

シュートに精度とフォークの精度に安定感がない
更にスライダーのキレがイマイチなので
やはり、スライダーを振らせる左打者が一人も
居ないとなるとね。。。。。

シュートとフォークがカギを握るんですよね
このフォークとシュートがイマイチだと
全員右打線には相当キツイ配球になるでしょうね


3回3分の1投げて5失点6安打1四球3奪三振

ただ、残念な判断もあった

ランナーサード宮本
セカンドゴロでファーストへ投げれば1アウトだったが
無理してバックホームをした西岡

1点も与えられない
何とか岩田に勝たせてあげたいという気持ちが
空回りした瞬間だったのかも知れない

ギリギリの判断力だったが、あの場面は1塁送球で
アウトを一つ稼いだ方が良かったのかな

スクイズの場面も岩田の目の前に転がった
落ち着いて投げられず、焦りが前面に出てしまった


岩田が悪いなりのピッチングが出来ないのは
どうしようもない

右打者全員並べる

小川監督は大したもんだなっと思うわけだが
それに迎え撃つべきシュートとフォーク
更に詰まらせるためのカットボールが
全く機能しなかったのは実に残念



それを払拭させたのが左の加藤
どうよ?
右打者相手にスライダーとストレートだけで
ピシャリと抑えてしまった


低めにボールゾーンへ逃げるスライダーを
右打者全員では使えないかもしれないが
先発ローテを守り抜いた岩田にとって
シュートとフォークのキレは絶対に不可欠

もう一度チャンスを与えるのか?
それとも鳴尾浜直行チケット購入になったか?

それは後日明らかになると思う

マウンドが合わなかったは理由にならない
まずはリリースポイントもそうだが。。。
身体の開きから重心の全てを見直さなければ
駄目なラインまで来てると思うんですよね

まぁ交流戦に入りますし、藤浪も貼りで抹消
どうなるんでしょうか?


鶴はピンチを1球で凌ぎ、翌回もしっかりと抑えた
しかし、この投手はスライダーありきですね

ストレート、スライダー、フォーク

ほぼこの3球種で戦ってるんですよね

カーブ、カットボール、シュートも投げられるのですが
キレがイマイチなんでしょうね
あまり配球で使われないんですよね

シュートをもっと極めればもっともっと
いい投手になるだけに残念ですねぇ


3種だけではなかなか戦えないよ
よっぽど低めに決まって球威が好調ならいいけど
そんなに良くない日だってあるんだから
そこに詰まらせる球を使いこなせれば
もっともっといい投手になると思うんだけどね

ストレートとスライダー主流だけでは
先発は厳しいと思う
だからこんな場所で2イニング専門で居るのかも

立派なお役目なんだけどね。。。。。
もう一つ上のステージに上がって欲しいですね


筒井の跨ぎは意味不明だった
この点差であっても中継ぎとして使うのであれば
彼は1イニングで切るべきだ

藤原だって居るわけなんだし、AFKを温存する
必要性はどこにもないわけです

むしろ使うべきなんです
結構休んでるんだから

結果2イニング目ピンチで安藤を投入

だったら最初から出した方がずっと良かったと思う

便利屋じゃないんだから


福原ですが。。。。
ノーアウト満塁になって開き直りましたねww

高めだろうがなんだろうが
腕を振ってほぼオールストレートwwww


畠山に対しても本気で腕を振って
真ん中高めをフライアウト
これは運が良かった

その次の三輪が圧巻の3球三振
オールストレートだったが
アウトコースに渾身のストレートで
攻めまくったのが良かった

最後の中村もストレートで押しまくって
カーブをボールゾーンに挟んでの
最後は渾身のストレート
ど真ん中っすよwwwwww

あり得ない配球ですが。。。。。
ありゃ気持ちでセカンドゴロを取りましたね

満塁になって打者三人を打ち取ったのですが
ボール宣告されたのは3球のみでした

ノーアウト満塁から9球で打者3人を
ビシっと抑えたが、8球がストレート


まるで球児の様な強気のピッチングでした


自分のストレートを信じて思いっきり投げる

危険なボールも多々あった9球でしたが
それも野球
これも野球

これが福原の不調気味になってた下降線を
大きな自信と共に上昇線を描いてくれれば
結果オーライって事で

藤井は肝を冷やしたシーンが
何度もあったでしょうww


結果的に岩田の5失点以降は
筒井の2イニング目の失点2で収まった

鶴がピンチを1球で抑え
加藤が3人でぴりゃりと抑え
安藤が筒井のピンチを救い

福原が失点ゼロで終わった

不安視されている中継ぎ陣も
ギリギリOKでしょう


後は久保がいつ出て来れる状態になるか?
ギリギリまで調整に励んでいると思いますが
その成果が出るお披露目がいつだろうか?

まずセーブがつくつかないよりも
リラックスして投げさせる環境で
一度投げさせて欲しいですね




さて、今日は鳥谷と西岡が大活躍でした

鳥谷は5打点猛打賞で1本塁打しかも3ラン
クリンアップはこうでなきゃいかんです

四球も選んでますので、4打数3安打5打点1HR

クリンアップはこうでなきゃダメですねwww
四球で出塁も立派なお仕事ですが
やはりこうやって打ってもらわないと

西岡は固め打ちで打率をまた上げた
巨人戦の大不振を払拭するには
今日の成績では十分だと思う

何しろ西岡の積極走塁が凄い
西岡1塁で大和エンドラン
サードゴロの瞬間宮本が前に出てスローイン

サードがガラ空き状態の瞬間を狙って
激走で3塁まで突き進んだ


畠山がサードに急いで投げたくても
フォローが居ないので一瞬投げられなかった
見事なまでの走塁だった


この判断力と行動をする決断力

この男は本当にクレバーな選手である


この激走が得点に繋がったのは言うまでもない

新井兄弟はちと心配なシーンがあった

2打席連続兄弟三振wwww

まぁ低めに踊らされた弟良太
緩急に振り回された兄貴浩

決して状態は悪くないが、後半の
2三振は兄弟にとって大きな課題ですね

狙い球とコースを今一度冷静に見て
しっかりと壁を作って溜めを作って
明日の八木との戦いを見てみましょう


明日は能見ですね
藤浪が抹消の都合での能見登板です

完投後の中5日なんですよね

あまり無理をさせたくないですね

明日も全員右打線で来るかな?

能見のスライダーとチェンジアップの
キレが楽しみです

今日の岩田との配球の差を見比べて見たいです

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方
更新の励みとなりますので、よろしければ
ポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

当サイトではコメントシステムを行っておりません
記事へのご質問ご意見はメールにて受け付けております
遠慮なくメールをガンガン送ってくださいね

正悟にメールする方はここをクリック!


虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 23:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers