虎心不動TOP

.com/txcou

2013年07月15日

藤浪が番長に勝った夜




横浜相手になかなか勝ち星を上げられない
巨人相手に黒星を簡単に上げている割には
阪神相手には必ず互角の戦いをして来る

まぁしょうがないでしょう
阪神にエース2枚を容赦なくぶつけて来ますので
藤井と三浦はどの球団でも打ちあぐむですよ

その二人をどうやって?打ち崩すか?
それが大事なんですよね

昨日の藤井はしゃーないでしょう
低めに変化球が決まり過ぎてそれに踊らされた

では今日の三浦はどうだったでしょうか?
三浦が苦手と言うよりは、藤井が苦手という
イメージが強くなってきた今年の阪神

三浦は相当調子が良くない限り
既に打ち崩せる相手になっていると思う
綜合的には虎キラーでしょうよ

でも今年に限っては、打ち崩す事は可能な相手

それ位の打撃力がなければ、絶対に
巨人と直接対決して勝てるわけがない


昨年の阪神と今年の阪神の大きな違いは
いう間でもなく打撃力

大補強した割には、西岡以外は、ファームで
調整中であると考えるならば。。。。。。

昨年から居るメンバーで本当に良く頑張っている


藤浪の投球は前回の広島戦から変わった

今日の数球だがツーシームを投げて居る
2回にブランコに打たれたのは

ど真ん中のストレート

アウトコースに構えた藤井のミットより
遥か中へ入ってしまった大失投

ストレートとカットボールにヤマを
張っていた証拠である

150キロのストレートであっても
ど真ん中に入ればブランコは飛ばしてくる

藤浪の唖然とした顔が印象的だった


藤井はその直後からカーブとフォークを
多用し、的を絞らせない配球へ切り替えた


すると面白いように横浜打線が打てなくなる

フォークを多用する事で面白い現象が起きた
カットボールが低めに決まる様になった


低めのカットボールで4つも三振を奪っている

それだけキレが抜群なのだ

このツーシーム解禁によって
藤浪の左打者苦手の印象が一気に無くなった


ストレート、カットボールオンリーだった藤浪

ストレート、カットボール、カーブ、フォーク
そしてツーシーム


解禁されたこの球種だけでも十分戦える

巨人と横浜相手するならこれ位の
配球をしなければ絶対にとっ捕まる

左打者にはツーシームも投げ込む

芯を捉えた様な当たりでも
外野フライで収まる状況を見て

これは巨人戦でも全然通用すると確信

数球のツーシームが彼の投球を本来のモノへ
進化させたことを改めて痛感した

左打者に弱いと叩かれた藤浪だが
打たれた5安打のうち、左打者は2本

ツーシームを配球に居れただけでこれだけの
効果が現れているのだ


藤浪は6回を投げて
79球 被安打5 四死球2 奪三振7 失点1


次の回も行ける準備はしていたのだろうが
ビックイニングに突入モードにより
彼は6回でお役御免となった



昨年の阪神打線では、三浦のシュートやカットボール
に翻弄されてズルズルとしたはずですが

やっぱり今年は違う
疲れて来た所をとっ捕まえることが出来ます


三浦はスライダー、カットボール、シュート
そしてフォークを主体に攻めて来ますが

シュートとストレート
ストレートとカットボールの
見分けがつき難い投手だからこそ
打ちづらいわけです

そのシュートとストレートの見分けがつけば
後は低めさえ気を付けていれば
おのずと打てる筈なんですが

当然疲れて球が上ずる
更に失投を逃さないことが条件となる


より多くの球数を投げさせることが肝要である

それは三浦に限らず、マエケンや菅野に
対しても絶対不可欠なのだ

特に梅雨明けのこのクソ暑い時期は
球数を多く投げると当然投手はバテて来る
中継ぎ陣も疲労蓄積が激しい時期

先発投手さえ早めに崩せば、何とかなる打線

それが今年の阪神打線である

やはり、スライダーとシュート主体で
球を絞らせないいつもの配球で攻めてくるが

スライダーを深追いしない右打者達

ファールで粘る
もしくは見逃してボールカウントを増やす


それは何を意味するのか?

球数を増やす作業をしっかりとこなしているって事


右打者から見てスライダーは外へ逃げて行くボール
そのボールを深追いすると凡打する可能性が高い

だからアウトコースへ逃げるボール高まはしっかりと
見極めることが大事

シュートは右打者にとって詰まらせるための球種
球が走っている間は、そのシュートに右打者達は
芯を外され引っかけて苦しまされた

ただ、球数は多く投げさせていたと思う


夏場になればバテるのが早めに来る
80球を越えた辺りから三浦のボールが
急に上ずっりだした

ボールとストライクの見分けもつきやすくなった

満塁で迎えたバッターは今成


初球のフォークを狙い撃ち

アウトコースの腰のラインのフォークを
引っかけず、しっかりとい振り切って
逆転2点タイムリー

やっぱり打撃センスは抜群のモノである

この時点でもう三浦はアップアップ状態

藤井に投げたストレートも133キロ
もう限界ですというストレートを
見事タイムリーヒットで3点目で

中畑監督は三浦の続投を断念した


三浦を5回3分の1でKOすることが出来た


変わった大原から途中出場の新井良太が
見せてくれました

グランドスラム

インコース腰のライン136キロのストレート

綺麗に振り抜いてのグランドスラム

この1打は見事の一言に尽きます

ただ、次の打席がまたしてもダメwww

長田がストレートを避けてスライダーで
投げ込みをすれば、アウトローのクソボールを
簡単に空振り三振

全く持ってスライダーにタイミング合っておらず
選球眼もサイテー

大不振極まりない良太の姿がそこにあった


あのホームランは大失投を捉えた
たまたま打てたグランドスラムだったんだなぁっと


水谷コーチも試合後に
あのホームランはまぐれだ
でも良くあの場面で打ってくれた
これがきっかけになればいいのだけどね


とベタ褒めのコメントとはかけ離れた
発言をしている


森田が今日急遽1軍登録している

8回に代打で起用され、初球のストレートを
見事に弾き返して、いきなりタイムリーを
放つと言う相変らずの名刺の出し方をしてくれた


流れが横浜に傾いてただけに彼のタイムリーは
実に貴重な一打であったことは言うまでもない


結果的に8−4で阪神勝利だが

ボイヤーが2ランを浴びて
制球を乱したり、肩が出来てない安藤が
タイムリーを打たれるなど、、、、
ボイヤーをきっかけに無駄な失点を3点も与えた

結果的手に7−1で楽勝ムードが一転

気が付けば勝利の方程式のリレーをして
巨人戦前に無駄な継投を行ってしまった


過ぎた事は仕方ないが、あの点差でなければ
ボイヤーはまだ使えない事も分かったし
イライラしてセットポジションになったら
制球がガタ落ちする事も明るみになった


勝利したが課題も多く残した横浜戦


とりあえず勝てて良かったと思う


巨人が負けて中日に3タテを食らった
阪神はこのカードを勝ち越したので
気が付けば1.5ゲーム差になっている


明日からの3連戦が実に楽しみにである

明日は杉内先発になるが今成は絶対に使うだろう

また良太使うんだろうなぁ。。。。。
関本使って欲しいと思うのは私だけだろうか?

杉内クラスならバットを短く持って
バッターボックスに立つ関本が見たいね

*-----------------------------------------------------------*

この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、

よろしければポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


Facebookをお持ちの方、この記事をシェアして頂けると
大変うれしいです 是非ご協力願います

この記事をシェアする

記事へのご質問ご意見はメール、

または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^

*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers