虎心不動TOP

.com/txcou

2013年08月11日

藤浪がナゴドで魅せた9回3安打ピッチング



2日間の更新お休みでした
暑くて忙しくてどうしようもなかったですww

試合の方は何とか見ることが出来ましたが
如何せん、記事を書く元気がありませんでした

グッスリ寝ないと、仕事の面で身体がもちませんw

言い訳はこれ位にして、ゲームに行きましょうか?^^;


鬼門ナゴドと言われ続けて何年経ったでしょうか?
真弓時代から言われてましたので、4年間ですか?

私はまず、マウンドだったと思うんですよね
土が非常に硬い、独特のマウンド
ドーム球場ならではの、固いマウンドでしたが
ビジターの投手陣は、このマウンドを苦手、嫌う傾向が
実に強かったと思います

その反面、ホームである中日投手陣は
この固いマウンドで好投
を続けていた

正に、ホームの利点だったと言っても過言ではない

このホームの利点を効かせて、ホーム圧勝劇を
阪神に限らず、ここ数年、落合時代に続けていた

その反面、甲子園、神宮、横浜などの球場では
落合時代から、ビジター常勝傾向が薄かったのも事実

監督が変わり、投手コーチも変わった

対策も練習内容も変わった

その全てが、空回りしてきた瞬間
ホーム圧勝劇だった落合中日のイメージが
徐々に徐々に薄れてきた
事は、言うまでもない


高木監督になって、投手陣、守備陣の全体のスキルが
下がってしまったと思うのは私だけでない筈

明らかに、鉄壁の守備陣を誇っていた中日の姿は
色褪せ始めている

監督首脳陣が変われば、チームもここまで変わるのだ


落合ドラゴンズのナゴドの戦いに隙はなかった
鉄壁な守備力、マウンドに馴染んだ投手陣
ここ一番で打点をあげる打撃陣

最少失点を争う地味な展開が多かっただけに
迫力はなかったが、1点の重みを強く感じるゲームを
阪神ファンは沢山味わったことだろう

この球場を鬼門と思わぬファンは少なかった筈です

その鬼門が今、外されようとしている
確かに本塁打は出にくい状況下ではあるが
粘り強い投手陣の頑張りで、試合に勝てるようになった

昨日の延長戦の勝利が大きかったと思う
延長戦でようやくもぎとった点数
守護神福原が、アップアップで抑えた

アップアップだろうが、なんだろうが勝てばいい

1点差であろうが、3点差であろうが
同じ1勝に変わりがない


福原がしっかりと修正して次のゲームに
マウンドで仕事が出来ればいいだけの事

鬼門名古屋で、リードをアップアップでも
守りきった事が大事だったと思う



今日の勝ちは、
3ゲーム連続の勝ち越しカードを決めた試合
甲子園に今月末まで、変えることが出来ない環境化で
今日の勝利と、カード勝ち越し

鬼門名古屋で踏ん張れたことは、
今の阪神にとって実に大きい事だったと思う


私個人的に思うに、高木監督のドラゴンズ打線は
そこそこの怖さを感じるが、今の阪神投手陣から見ると
横浜、巨人に比べると、劣る部分が強い

沖縄の様にうまく勝てないと思ったが
それでも、決して鬼門と言われるような無様なゲームは
しないと信じて居た



主力である福留も居ない、西岡も居ない
でも、その2選手は昨年存在しなかった選手



そう思えばいいんだよ

今いるメンバーで勝つしかないのだから



この3連戦、阪神はビジターの立場として
戦力が劣る中、精一杯の戦いをしたと思う

やはり俊介の存在が大きい
彼のスイングは、今成同様、進化した


速球におっつける技術が身に付き、広角打法も
しっかりとコントロールを定め、振り抜いている


今成や坂がブチ当たっている壁は疲労である
疲労蓄積真っ只中に、好調時と同じスイングを
求めること自体、間違っているのだが、

どの選手もその壁を乗り越えなければ、
スタメンなど絶対に取れないのだ



今日の藤浪は立ち上がり酷かった
とにかく制球が定まらず
藤井が構えた場所にボールが行かないのだ

それでもカットボールのキレで三振を奪い
ストレートの球威で何とか抑え込んだ

初回ルナに投げた、インコース腰のラインの
ストレートにはヒヤっとしたが、球威が勝った

2順目の左打者から、徐々にツーシーム
活用し出した

これは藤井が素晴らしかった

1順目になかった左打者陣に、ツーシームを
投げた事によって、立ち上がりから
若干球威が劣るであろうストレートに
迷いを与える事となる

そのツーシームの使い方が功を制す


更に、右打者に対しては
カットボールだけでなく、スライダーを投げ
手元で曲がるカットボールとストレート
更にスライダー
球種を増やすことにより、選択枠を増やした

それによって、カットボールとストレートの
使い勝手が実にやり易くなった

3かい途中から藤浪の制球が安定してきた


そう
名古屋のマウンドに馴染んで来た


8回のピンチ
1アウト2塁

1点も与えられない場面

左打者の藤井に対して2球連続して
カットボールでセカンドゴロ

左の大島に対してはストレート主体
グイグイ151キロのストレートを投げて
カットボールで緩急をつけ
最後に151キロのストレートでセカンドゴロ


左打者もものともせず、しっかりとピンチを
切り抜けた藤浪に大きな成長度を感じた


元々度胸がある投手
その藤浪に自信という経験値がまた一つ
上積みされた事は嬉しい事である

初めてのナゴドで9回投げ抜き
132球 被安打3 奪三振7 四死球4
失点実績点共に0

大した高卒ルーキーです

9回行かせたのは球が走ってたからだろう
132球は私達100球肩に馴染んだファンにとって
不安材料が残る起用となったが、ベンチとしては
球が走っていたと判断したのだろう

私個人的には勝ち投手になって良かったね

でも松坂みたいなタフガイではないと思うが故に
今は120球を限界値し欲しいのが本音かな。。。。
9回投げ抜けた経験はいいことだろうが。。。。。



8回の満塁での坂

これはかなり怒られたでしょうね
私も腹が立ちましたwww

1−3で山井はボール先行でアップアップ状態
ストライクを入れるのが精一杯
際どいコースは投げられない状況

あの場面、坂は1−3の段階で打ちに行って
結果的に凡打となった

あの場面は誰が何と言おうが
2ストライクまで見るべき状況だったと思う

それは結果論だろ?

そーだよ結果論だよww
結果論で何が悪いwwwww


ただ、あそこで打ち損じた段階で叩かれるべき

プロなんだから


あそこで打って凡打になるならば
もう1球様子を見る技術と精神が欲しかった

まぁ1流選手に限らずね
2ストライクに追い込まれたから
コースを見極めて打ちに行く

まぁそれが出来ないから
打って凡打になった結果がそこにある訳でしょ?

結果論として攻めているのですが(笑)
これを積極的に行った結果として捉えるのも
一つの野球観だと思うが

1点勝負の終盤ならあそこは、見るべきだったと思う

打てる自信満々とはかけ離れた当たりがそこにあった

だから打ち損じって奴ね


坂ファンには大変申し訳ないが
怒られて、凹んで修正すべきシーンだったと思うし
それと同時に、これも立派な経験値なのだから
次につなげて欲しいですね


10回の攻撃は2アウトから得点に繋がっている
鳥谷の1つの四球が全てを変えた

マートンは初球のストレート
インコースボールゾーンの高めの球

迷わず振り抜いた

良く飛びましたね
オーバーフェンスはしませんでしたが
鳥谷を返すまでの当たりが出来ましたね

小熊の吊り球が凶と出た瞬間だった
次の緩急の為に投じたストレート
抜けて高めのインコースへwwww

多少ボール為でもしっかりと振り抜いた
マートンは凄いと思う

これで藤浪に勝ち星をプレゼントする事が出来た


鬼門ナゴドで見た藤浪の投球
高卒ルーキー1年目とは思えない投球

気がつけば、チェンジアップ以外は
全て解禁状態になっている

中西コーチと山口コーチの指導力が
どれだけ凄いかと言う事が分かる

このカード勝ち越しは大きかった

優勝出来る出来ない以前の問題で
この戦力で、鬼門ナゴドで勝ち越し

これは違った方面でいい財産となるはずである
-----------------------------------------------------------*
告知
虎心不動ではFB版も日々投稿中
渡邊正悟で検索をかけて是非、お友達申請願います^^
虎心不動から来たよとメッセージがあれば
即承認させて頂きます

友達申請お待ちしております^^
*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
よろしければポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  

Facebookをお持ちの方、この記事をシェアして頂けると
大変うれしいです 是非ご協力願います

この記事をシェアする

記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております
正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら


虎心不動のツイッターはこちらになります


御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 20:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers