虎心不動TOP

.com/txcou

2013年08月17日

安藤VSバレンティンのギリギリの攻防戦




京セラドームのいい所は裏の攻撃
あとホームランが出やすい事

これ位しか見当たらないのが本音w

昨日も本塁打2本で勝利

しかし打てない打線です
この時期完全に夏バテモード炸裂中
一気に打線がビタっと止まりましたね

各打者がもう疲労蓄積で相当スイングが
乱れてしまっていると思う


まぁ、ハッキリ言って
走り込み不足だね

こんなに一気にバテテどうすんのよww


巨人とか結構走ってるよ
あと鬼のノックとかもやってたしね

阪神は連携とか手堅い練習が多い
全く走ってないわけじゃないだろうけど
落合さんがハッキリと言った

阪神は練習が緩すぎるってね

これだけバテちゃうのがゾロゾロ出るとね
やはり基礎体力面でオフシーズンから
走り込んでないとこうなると思う

まぁ少しの間の辛抱だと思うが。。。。
そろそろ各打者が良くなってくるはずです


さて、西岡が今日ようやく1軍復帰
いきなりマルチ安打を放ち、存在感を見せた
やはりいい打者ですね

ベンチの雰囲気もいいでしょうし
何しろ投手にマメに声をかけてくれます
彼の存在感は本当に大きいですね

彼が復帰した事により良太の場所がなくなりました

坂がサード
間違いないです



こんな体たらくな打率とアウトコースの対応力の無い
パワーヒッターよりも、坂の守備力とそこそこの
打撃力に期待した方がずっと手堅いのだから

良太下がって坂先発は間違ってない


西岡復帰効果がここにも出ていたと思う


さて、能見のピッチングから書きましょう


能見は悪いなりにいい投球を見せた
さすがエースである

チェンジアップのキレで
高めに浮くボールを制御していた


能見も今日は京セラドームのマウンドに
ヤキモキしてたに違いない

彼は交流戦で1安打ピッチの完封を今年
この京セラでやってのけているが、
夏場の中5日はちと気の毒である

やはり疲れ気味だったと思いますね
スライダーのキレが良くなかった


こんな状況であっても
ローテは6枚で回す事は大事
谷間を作る度胸だって首脳陣は必要


岡田に出来て、真弓、和田に出来ない


こうやって考えると、岡田さんは賢い監督だった
確かに中継ぎへの酷使は異常だったが
先発への考慮は過保護な位しっかりしていた

おかげで先発は6回投げればいいや位の
とんでもない環境を与えてしまったのだがw


それでも中5日という無謀な事だけは
この時期には絶対にしなかったと思う


記憶違いであればすんませんwww



やはりコース
縦に落ちる変化球



高めに行っても、右打者に対して
スライダーではなく、チェンジアップを
活用してそれが通用した

ヤクルトの右打線が、能見のチェンジアップを
厄介に感じてくれた事が幸いだったと思う


バレンティンに打たれたボールは
完全なる大失投であった
フォークが抜けてど真ん中に行ってしまった

どーぞ打ってくださいボール

を投げてしまったのだ

当然バレンティンはその大失投を逃すわけがない

これはもうランナーが居なかった事に
感謝するしかない位の大失投だったのだから
能見自身悔やんでも悔やみきれない所だったはず

フォークは抜けて高めに行けば
ホームランボールになっちゃうから
怖いんですよね(汗)



能見は立ち上がりは特にスライダーを抑えた

高めに上ずっているボールに
横の変化球は禁物である


実に合わせやすいのだ

チェンジアップのキレが良かった
これが能見にとって助かった要因である



さて、新井貴浩が同点ホームランを放ってくれた
完全に疲労蓄積でスイングが乱れて
どうしようもなかったが何とか、ここで打ってくれた

バンバン打率を下げ始めていたので、心配していたが
当たり自体は悪くない打席も徐々に増えて来てたのは確か

併殺イメージが強いだけに呆れるがw
当たり自体は良くなってきていたと思う

ちなみにマートンも当たり自体は悪くない
そろそろ安打製造機モードに入ってくれると思う

新井が放った本塁打はスライダー
インコースへ投じたスライダーだったが
木谷もおかしい

スライダーに合わせるのが大好きな新井に対して
2球連続してスライダーを投げてインコースの腰のライン

馬鹿にするのもいい加減にして欲しいねwww


打ってくれて助かったよww
あれ凡打したら僕怒ってましたwww



では
バレンティンVS安藤のシーンです

実はこれ、安藤も藤井はアップアップでした
最後のストレートは押し出し覚悟でした


投球練習の段階で安藤のボールは
能見同様高めに浮いていた

これでは絶対にスライダーは投げられない

ストレートとフォーク、チェンジアップ
もしくはシュート
これでバレンティンと戦うしかない


特にバレンティンはスライダーに合わせるのが
得意中の得意であり、大好物である

ストレートの次にホームランを打ってる球種が
スライダーである事を藤井は分かっていた

どうやって?フォークで空振りを取るか?

藤井はそれだけを考えていたと思う


ではこのシーンの配球を書いてみよう


1球目 ストレート インコース高め   見逃しストライク
2球目 ストレート アウトロー     見逃しストライク
3球目 シュート  インコース     腰のラインストライク
4球目 フォーク  アウトローボール球 ファール

5球目 ストレート アウトハイボール球 ファール
6球目 フォーク  アウトローボール球 見逃しボール
7球目 フォーク  インローボール球  見逃しボール
8球目 ストレート 真ん中高め吊り球  空振り三振


3球目のシュートは完全なる博打です
藤井的にはもっとインコースにえぐり込んで
詰まらせる予定だったと思いますが、見逃してくれた

私から見ても、絶対に次はフォークだと分かった

安藤のチェンジアップは持ち球として完全な
得意球の分野ではない

アウトロー一杯のスライダーなんて投げられない
腰のラインに上ずったら一発でグランドスラム

フォークしか勝負球がない
2ストライクで先行したいた事が幸いだった
それだけシュートが効果的だったと言える

まず私が藤井に文句を言いたいのが

3球目のシュートの後のフォーク

何故?フォークをアウトローへ構えたのか?
アウトコースに敏感だったバレンティン


ストレートを初球見逃した段階で
完全にスライダー待ちだった事が分かっていた

2ストライクにあれば、なんでも打ちに行くだろうが
まずはスライダーを待っていたのは間違いない

その為にフォークを活用するはずだった
アウトローに構えるのはナンセンス

見逃す確率メッチャ上げてしまう配球でだからだ

私なら安藤を信じて真ん中に構える
ベース上に落としくれよと信じて構えるだろう
そうすれば、一発で振ってくれたと思う

アウトローに逃げた分ボールカウントが増え
最後の吊り球が博打になってしまったのだから

ただ、結果的に空振りを奪えた
それは、フォーク連投が呼んだ緩急によるもので
ストレートがより早く体感したのだろう

完全に振り遅れて居た事も付け加えておきたい


いずれにせよ、よく抑えてくれた
あそこで安藤以外だったらどうだっただろうね

スライダーを捨ててしっかりと抑えた

さすがの一言で締めくくりたいと思う

9回の追加点はマートンで決められなかったのが
実に悲しかった

右方向意識してれば、いい打球が飛ぶはずだったのだが
あの場面はどうしても犠牲フライを選択しなければならない
ダブルプレーも怖いしね

打ち上げたらセンターの浅いフライだった

右方向へ狙ってごらんなさいよとwwww
いつものマートンだったら右中間へ飛ばせる
シーンだっただけにね

力んで打ち損じたマートンに対して
ここで打たなければ波に乗れないだろう?と
言いたくなった自分が居た

新井さんのパワーで何とか連勝

明日は鶴VSライアン小川

京セラドームに鶴を持ってきた
スライダーとカーブとフォークが売り

高めに浮けばスライダーはフルボコに合うはず

カットボールを実用出来れば話は別だが
キツイ試合になるんじゃないかな?

小川もそれは同じだと思う

意外と阪神打線は小川を打ち崩せるかもしれない

連勝伸ばして欲しいね

気が付けば連勝で貯金は再び12だった
更に3位との差は11.5ゲームねw


有難いよwしたがモタモタしてるだけにね
本当に有難いです

明日の鶴は個人的にはメッチャ心配ですね
打ち勝つしかない状況になる可能性は高い


最後に巨人の投手陣も疲れが出て来たかも知れない
彼達はお盆過ぎには必ず調子を戻して来るので
今連勝して勢いつけて欲しい所ですね

だから鶴の持ち球は心配(笑)
*-----------------------------------------------------------*
告知
虎心不動ではFB版も日々投稿中
渡邊正悟で検索をかけて是非、お友達申請願います^^
虎心不動から来たよとメッセージがあれば
即承認させて頂きます

友達申請お待ちしております^^
*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、

よろしければポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


Facebookをお持ちの方、この記事をシェアして頂けると
大変うれしいです 是非ご協力願います

この記事をシェアする

記事へのご質問ご意見はメール、

または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers