虎心不動TOP

.com/txcou

2013年09月01日

ついに10勝!藤浪の勝ち星は清水が積み上げる



私の尊敬する辛口評論家の寅之助さんのサイト
が、清水のリードは私、正悟に任せると(爆)(爆)

記事を書きなおした次第であります(爆)

今日は、鳥谷4番の悪口でも書こうかと思ってたんですよww

なんかね、2得点で犠牲フライで勝ち越しでしょ?
これを叩きたい願望で記事書いてたらさ

なんか気分が乗らなくなってね(笑)
寅之助さんのサイトカンニングしに行ったら

すっかりと新井貴浩へ苦言を書いてくださっており(爆)

やべ。。。全部かぶってんじゃんΣ( ̄□ ̄||)!!!www

忘れてた、寅之助さんは更新超早いの忘れてたんですわww

清水のリード書いた方がええよなww

リンク頂いた以上は、素直に書いてみようかと(笑)
私の大切なブログ主のお友達ですので

藤浪と清水をメインに書いてみましょう^^


今日の藤浪は、決して調子は良くなかったと思う

高めにボールが浮く
カットボールは甘く入る
フォークは空振りが取れない


これが今日の藤浪の現実だった

6回投げて、
94球 6奪三振 6安打 四死球1 1失点

決していい内容ではなかったが、球威でごまかしが
効いているのも事実
これが藤浪の持ち味でもあるのだ

高めに行ったストレートを打っても凡打
ど真ん中のカットボールを打たれても凡打


フォークは振られることがないが
緩急としては使えたのかも知れない


でも、この男はやはり持っている

満塁になってタイムリーをまだ打たれた事がない

ここ一番のストレート、カットボールってのは
やはり本物なんだなぁっと痛感するわけです

清水のリードは実に素晴らしかった


5回、1アウト 満塁で迎えて左打者の丸

清水が選んだ配球は全てアウトコースだった
しかし、藤井との大きな違いはあった


アウトコース腰のラインへ2球連続ストレート
150キロクラスの本気球
丸は見逃しとファールでタイミングは計る
アウトコースへ来ることは読んでいる

この2球連続は勇気ある選択
藤浪のストレートを信じてなければ絶対に無理


ここでインコース要求できるか?
藤井なら高めの吊り球で1球遊んで
またアウトコースへカットボールを要求して
打たれるパターンがある


清水が選んだのは3球勝負だった

同じコースのアウトコースの腰のライン
カットボールで見逃し三振


このアウトコースに構えた時、カットボール
を投げられるか?心配でした
真ん中に入ったら、清水も叩かれる


135キロのカットボール
アウトコース一杯のコースにズドン

ストレートと違った起動
スライスして来るカットボール

ボールゾーンから
ストライクゾーンギリギリのラインへ
緩急つけてズドンですから


ボール球に見せかけた3球目の勝負球

当然、丸は手も出せなかった

お見事の一言であった


更に続いたのが左打者のキラ

インコースへ構えた清水
カットボールか?
ストレートが高めに浮いて空振り

これはラッキーだった

149キロの表示、力はまだある

清水は藤浪をまるで藤川と組んでいる様な
配球を選択した

矢野の様に中腰になった

高めの吊り球、150キロのストレートだ!

見事にキラをっ三塁ファールフライでアウト


この度胸のある配球は、藤井とは違った
インアウトに散らすだけの配球ではなく

相手が何を待っているのか?を読んで
誘って打たせていたり、見逃させたりした


左打者に対して、アウトロー一辺倒になる
藤井との大きな違いは

左打者の膝元に
カットボールを要求出来る事


これが出来る事によって
アウトコースのストレートが早く感じる

この左打者へのインコースへのカットボール
これをファールさせてストライクカウントを
有利に進める配球が目立った

インコースを怖がる藤井に対して
清水はインコースに容赦なくミットを構えた

藤浪も燃えたに違いない

こんな配球を組める清水は実に素晴らしい
怖い気持ちよりも、藤浪を信じているからこそ
あんな強気なリードが出来るのだ



これは藤井や日高にない
強気な配球である




だが、残念な事もあった
やはり、強肩という分野では一歩遅れている

今日も広島に2つの盗塁を簡単に決められている

駄目だww
あの制球では刺せないよ


やっぱり完璧ではないよね
小宮山の方がまだレベルは上だねぇ
配球も強肩もまだ、小宮山の方が経験値が
高い分、上手いと思うね


ここなんだろうねぇ。。。。清水は。。。。


さて、今日は松田と加藤もマウンドへ上がった


今日の松田はヤバかったです

松田は雨のマウンドが気になった様だ
踏み込む足が、どうもダメらしく
身体が開き気味になり、シュート回転していた

これが広島打線で良かったなと思う位
ヒヤっとするボールが何球もあった

ここにバレンティンが居たら持って行かれてた
更に巨人打線でも危なかったし
横浜打線でも怖かったと思う


ただ、疲労蓄積によるフォームの乱れでは
なかったのが分かった

四球を出したあと、マウンドを気にして
踏込足を蹴りあげたら、すかさず貴浩が
マウンドへ行きこそこそ話していた

貴浩が行くのは珍しい

勝利打点が云々。。。。うそですwww


その直後から急に体の開きがなくなり
球威がつきはじめた


ああ、足元気にしてたんだなっと一安心した

事無く無失点でマウンドを降りることが出来た

危なかったよ、今日の松田は

無失点で終われて本当に良かったですもん

腕が振れてた分、力でごまかせました
でも、最後の打者は体の開きが治ってたので
新井貴浩さんの助言のおかげかもです



もう一人のヒーロー加藤

完全復活の加藤

フォーム修正が完全に成就した
疲労蓄積でここ1ヶ月位、イマイチの投球が
続いていた

ストレートの力がイマイチになってたんです

しかし、今日のフォームは綺麗だった
踏込んでからしっかりと上体を下半身で
支えながら腕をしっかりと振れる様になっていた

球威もしっかりとついて
スライダーのキレも抜群だった


左打者の丸には5球連続のスライダー
130キロ前半の5球連続でも
空振り三振を取れる
つまり、キレが凄いって事です

今日の加藤のスライダーは左打者から見て
流れる様に体感するスライダーだったはず
凄いキレて見えたはずです
背中から迫ってドーンって
アウトコースへ逃げて行く感じ

今日のスライダーは抜群でした

更にストレート、140キロ前半でも
振り遅れてた打者が居た

球威があるのと、スライダーとの区別が
つき難い、本来のフォームがしっかりと
出来ていた証拠
でしょうね


まず、加藤は、福原、安藤に並んで
阪神救援陣での貢献度は異常です

億もらっとけっと言いたいですね
それ位凄い貢献をしてくれています

彼は阪神に入団して本当に覚醒した投手

久保さんと山口さん、中西さんの
出会いが、彼の持ち味を発揮させてくれた

リリースポイントの修正と
体重移動の見直し
この全てが、阪神に来て覚醒した事実がある

だから彼にとっては、阪神と言う球団に対し
感謝の気持ちで溢れている事だろう

だから初めてのお立ち台で泣けるんだろうね


これからも彼の活躍に期待したいです



さて、最後にサード西岡4番鳥谷の件ですが
マートンの力みを取る為に配慮したのか?
よんたまを許されないポジに一時的に
着かせたのか?

僕には分からないが、マートンの打球は
明らかに安打製造機モードになりつつある


繋ぐと言う役割を持てば、彼は水を得た魚

しかし、新井を4番にどうしても置けない
彼が4番に座れば、力みまくって、今以上に
バットコントロールを失い、凡打の山が
増える事が私でも怖い

流動的ではないという和田監督の発言を聞いて

早めに対処して欲しいと願うが。。。。。
やっぱり4番鳥谷で大量得点はとても期待できない

こうやってみると、やはり今年の阪神は
良太がコケたのが一番痛かったね
4番不在の大きな原因が彼だっただけにね

寅之助さんも同じ考えだと思うが、
去年あれだけ飛ばないボールを打てた男
これが逆に打てなくなってしまったのだから
ただの不調ではないと感じた

フォーム修正か何か?で水谷打撃コーチとの
相性が合わなかった可能性もあるが、

去年の良太
今年の開幕当時の良太
怪我で離脱後の良太
この3パターンののVTRをかなり見まくってみた

意外と早く結論が出た

アウトローのスイングが、離脱後から
手打ち上体になっている事が明確に分かった


良太膝かふくらはぎか?股の付け根辺りを
痛いのを隠している可能性がある



怪我で離脱して、戻ってきたが
ねずみのように、痛みが慢性化してたとしたなら
オフシーズンに動きがあるかも知れない

あの手打ちを見ると痛いのを
隠し続けている可能性もわずかだが、考えられる

となれば、心配でしょうがないが
これはあくまでも一つの例として考えている


痛過ぎた4番不在

福留の離脱も大き過ぎた
彼に良太の代わりなどお願いは
キャンプの段階で無理だったのだから。。。。


マートンはここまでよくやってくれた
打率を下げてでも、長打を狙ってくれた

ここまで来たら、彼に最後まで4番に座ってもらい
力まず、楽に行けと指示して牛丼食わせて
頭下げてだ(笑)

最後まで4番を頼むとお願いして、鳥谷を3番から外して
トップバッターにでも据えれば、まだ自然体に感じただろう

上本は今日2犠打
を決めて、セーフティー気味の
バントも見せてくれた

離脱中に相当バントの練習をしてたのが分かる
大和の悩み解消の糸口になるかも

そう考えるとサード西岡に頭をさげたくなる
和田監督の気持ちも分かる気がした

鳥谷4番は置いといて(笑)
もう少し、打線の流れを見守って行きたいですね

横浜戦はマートンで行かないと負けるよ

まずは明日の広島戦勝ち越しでしょうね^^

*-----------------------------------------------------------*
告知

虎心不動ではFB版も日々投稿中と同時にお友達大募集中です

渡邊正悟で検索をかけて是非、お友達申請願います^^
虎心不動から来たよとメッセージがあれば
即承認させて頂きます

友達申請お待ちしております^^

またFacebookでのリンクシェアを大募集中です
更新の励みにご協力願います

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、

よろしければポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、

または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers