虎心不動TOP

.com/txcou

2013年09月02日

横浜戦は藤井外して清水で行くべき




さて、今日は移動日です
明日から横浜戦でございます

4番マートン復活あるか?
そこが私のポイントでもある訳です

まずは三浦、須田ですね


もし、藤井と加賀美だだとどっちがいい?

藤井ですね

私は加賀美が一番嫌ですね

加賀美のチェンジアップは苦労すると思うからです


明日の対三浦を楽しみにしましょう


阪神は完全にCSモード宣言をしましたね
明日の先発が白仁田ですから

経験値を与える事はとてもいい事
こうでなければ、いつ?経験値を若虎に与えるのだ?

しかも3位とは11ゲーム差まだ開いている

この時期だからこそ、出来る

先発投手お試しか?

これは大歓迎である

白仁田でしょ?
カーブ、スライダー、SFF
このSFFの精度がどうか?ですね
カットボール投げれれば、SFFが更に活きるんですけどね(汗)


打ち勝つ方向性で考えるならば、やはり、打順を
改めて考え直さなければいかんでしょうね

それ以前に、
捕手は絶対に清水で行くべき


藤井の配球は完璧に横浜に読まれてます

長打を恐れてのアウトコース一辺倒
アウトローのストレートが高めに浮けば
アウトコース腰のラインに来ます

それを横浜は待って叩いているのだから


どうやってファールを打たせて、どうやって
ストライク先行に持って行くか?

ここでしょうね

そうなると清水の配球が面白いですよね
完全に読まれている捕手なら清水を使うべき
そうやって、谷間と横浜打線をかわすのも一つの手段



では、今日は配球って事でしたね

統一球が導入されたのが2011年
低反発素材の存在が、投手完全有利の図式を作ってしまった

多少芯を外しても力で持って行けた当たりが
全く通用しなくなった事が一番の特徴だった


まず、芯を少しでも外せば、
もう打球の勢いと飛距離が
ガタ落ちするボールになってしまった


各球団、こぞってフォークの使い方を変えた
とりあえず、フォークが投げれます
キレとフォームには自信がありませんけど。。。

こんな二流投手が堂々とフォークで芯を外して
凡打の山を築き上げたのだ

どんでもない過保護化した投手有利のボールだった




フォークは元来、ホームベース上辺りでバウンドさせ
ショートバウンドのボールを捕手が取って空振りさせる



なんで?こんな低めのクソボール振るんだ?


そう思いながらフォークを見ていた人は多いだろう


このフォークは打席に立って
体感しないと分からない世界


ストレートの軌道にそっくりで迫ってくるのだ
打者視点だと手元でストンと落ちている感じがする


元々バッターボックスよりも、
ピッチャーマウンドの方が高いんでしょ?


通常のストレートでも斜め角度で走ってるんですよ

高い所から低いストライ行くゾーンへ投げるわけだから



ちなみに球児のホップアップストレートを
浮いていると勘違いして居る方も多い


あれ浮いてんじゃないよ(爆)


あれは高いマウンドから吊り球を投げて居る感じです


通常のストレートと球児のストレートの違いは
マウンドからの真横視点から見ると一発で解決する


凄く単純だが、一番分かりやすい図がこれ(笑)

配球0.jpg

真横から見ると、斜めに下がりながら
走るのが通常のストレートですが

球児の場合は、マウンドからキャッチャーミットまで
下がらずに真っ直ぐ走ってるんです
これ自体が化け物技なんです


打者からすれば
高さの距離感が、普通のストレートと違うわけです

だから。。。バットがボールの下を通過して
空振りが取れたわけです


なんで浮いて見えるのか?


簡単です 錯覚なんです

バッターボックスが一番低い
マウンドの方が高い
更にTVカメラはマウンドよりもはるかに高い

更に望遠なので距離感も現実とは違って映る

その結果、浮いてる様な錯覚動画になっていると言う事

ただそれだけの事なんです(笑)

この理屈分かると思います


フォークは全く持ってその逆と考えてもいい
速度がストレートよりも落ちるが、

ストレートよりも同じ軌道で来るように
体感するのがフォークです
本当のフォークは真下にしか落ちません

徐々に落ちて行ってるんですよ

速度差を錯覚起こさせる為に、
わざとボールゾーンにフォークと同じくらいの
速度のストレートを投げる投手も多いんです

上原がよくやってましたね^^
能見もよくやってます


130キロ後半のストレートを投げた時は

捕手経験のある僕は
ああ、次はフォークか?チェンジアップだなって

結果論として言えば、このフォークってのは、
マウンドとバッターボックスがフラットな
草野球レベルだと、ただのクソボールに等しい(爆)


では、フォークとホップアップストレートを
書いた所で、本題に入りましょうか?



統一球導入により、芯を外す傾向が強くなった
カットボール
これを習得する投手が多かったんです

ストレートと握りは一緒、縫い目を変えるだけで
腕の振りさえマスターすれば、ストレートの速度に
近い状態で、小さく手元でスライダー気味に変化する

このカットボールを習得して
二流選手がバンバンスターダムにのし上がったんです

しかし、公式で見るとストレート表示になっている

そう、カットボールと認定されない
なんちゃってカットボールだったんですね

本当に手元で小さく曲がってたんです
そこで芯を外して、凡打の山を築いてたわけです

更にフォークを極めていない投手が
堂々とストライクゾーン低めにフォークを投げて

元来のフォークである空振りを取る球種ではなく
芯を外す役目として投げて居た投手が本当に多かった


実はメッセも統一球の恩恵を受けた一人
SFFが冴えわたってツーシームも冴えわたっていた


代表例が、横浜の山本だったと思います

しかし、元々ボールが高め、フォークも
とりあえずの持ち球程度、阪神打線は3回めの
対戦の段階でぶっ潰しましたね(笑)


今年になって飛ぶボールにすり替わり
なんちゃってカットボールを投げて
意気揚々としていた二流投手達は、
ボコボコに打たれてしまい

芯を外すフォークもフルボコ状態になりました

統一球の恩恵を受けた二流投手達は
ファーム暮らしの生活にに戻っているケースが多い


つまり、芯を多少外しても力と振り抜きで
しっかりと飛ばすことが出来る様になった
ボールが変われば、こんなもんです


ざまぁみろって奴ですよ

そうなってくると、生き残った投手達は
しっかりとした変化球のキレ、ストレートとの
緩急を使いこなしてバッターと対峙しているわけです


では飛ぶボールになって何が変わったか?
なんちゃってカットボールは通用しない世界
芯を外すフォークも通用しなくなった
高めのカーブも普通に打たれる状態になった


そう、ここ2年間通用していた配球が
全く駄目な状態になったわけです



昨年と違い、打たれる可能性のあるコースを
比較する様に図に示してみた

配球1.jpg

低反発が軽くなるとここまで安打、長打の
コースが増えてしまったのだ

フォークにしろ、チェンジアップにしろ、
カットボールであれ、スライダーであれ
狙い球とコースが一致した場合
昨年と違って、投手有利ではなく
ほぼ互角の状況
に陥っているのだ

陥っているのではない
これが本来の野球の姿なのだろう

どれだけ、投手が甘い汁を吸い続けた2年間か?が
分かって頂けたと思う


昨年までの2年間は、高めに行かなければ
大体凡打に抑えられてた
芯を外せば良かったのだから


アウトコース腰のラインのスライダー、
ストライクゾーン、真ん中低めのフォークなど、
狙い球がとこーすが一致した瞬間に
ヒット、長打が出る様になった

見ている分には本当に楽しい展開だ


特に巨人戦、横浜打線、バレンティンは
真ん中低めも要注意である

フォークを低めのストライクゾーンに投げると
一発で合わせて打たれてしまうケースが多い


大きな違いは、真ん中低めと
アウトコース腰のラインは
狙い球があった場合は、打たれるという事

配球2.jpg

これが今主流の配球である
赤がストレート 青がスライダー、チェンジアップ系
黄色がフォークです

谷繁や石原はこの配球を活用し
ここ一番でアウトローのストレート

後は出来るだけ変化球でボール球を
どうやって振らせるか?
ファールさせてストライク先行へどうやって
持ち込んでいこうか?
決め球はどのコースでやろうか?

工夫に工夫を重ねて配球していることが分かる




阪神捕手陣はどうでしょうか?

では藤井と日高の共通点を書いてみましょう

二人とも超ベテランですが、残念なことがある

1.調子の良い投手であれば問題ないが
  コントロール、球威のイマイチのコンディションの
  投手に対しては、ストレート一本調子となり
  コントロール調整を試合中せず、目先の凌ぎ中心となり
  無駄な球数を増やさせてしまう


2.ピンチになるとアウトコース一辺倒になり
  逃げ腰丸出しになり、アウトローストレート
  アウトコース腰のラインのスライダー系で
  勝ち越し打やダメ押し打を食らうケースが多い

3.フォークをストライクゾーンへ堂々と投げさせ
  長打を浴びる癖が一向に治らない


では、ここ一番で打たれてしまっている
藤井と日高の共通点のBADコースゾーンを
見て頂こう

配球3.jpg

あ。。。ちなみにこれ全然大袈裟じゃないですww
これは本当にここ一番の時の、二人の配球そのものです

赤がストレート 青がスライダー、チェンジアップ系
そしてきいろがフォークである
このコース一辺倒で攻めて来るので
打者はアウトコースの腰のラインでストレート
もしくはスライダー系を待ってればいい

ただ、それでも100%打たれるわけではない事も
付け加えておきたい
打ち損じや、投手の緩急の使い方などで
打ち取ることだって出来るのだから


ただ、狙い球とコースは滅茶苦茶絞りやすいです

先日の秋山が打たれたフォークはど真ん中であった
打ってくださいの大失投の様に見えたが

捕手出身の私からすればまれは藤井が悪い

インローにフォークを要求してた

あり得ない配球を要求していたのだ

フォークをインローに狙って投げられる
技術が今の秋山にあるとは到底思えない


慎重になれば、フォークなんて抜けるケースが多い

その最悪のケースで抜けてしまい
ど真ん中に入ってしまったのだ

何故?ホームベースど真ん中の上でバウンドさせろと
真ん中低めに構えなかったのか?

それは捕球技術に問題があるのではないだろうか?



更に、先日の巨人戦

ボイヤーが打たれた村田のタイムリー
いきなり初球にアウトローのストレートで打たれた
カーブから入って緩急をつけようとしなかった


能見が村田に打たれた9回同点タイムリー
これもアウトローのストレートだった

この配球もあまりにも単純過ぎて笑えるのだ

今の村田は、インロー以外のストライクゾーンは
全部打てると思っていい
それ位、バットが振れているのだから

警戒心のなさ、藤井や日高の引き出しのなさに
呆れてモノが言えない瞬間だった

松田が長野に打たれたサヨナラホームラン
打たれたのはストレートは真ん中高め
スライダーとカーブを使って緩急を使わず
いきなりストレート2連投で打たれた

この様な単純配球は、昨年までの統一球なら
打ち損じの確率が倍以上だろうが
今年はここ2年間とはわけが違う

芯を多少ズレて振り抜いたミスショットも
東京ドームならギリギリスタンドインしたりするのだ



では最後に村田対策、長野対策
私ならこうするを図に書いてみました

能見の場合はフォークでもチェンジアップでも
スライダーでも使いこなせるわけでしょ?

ボイヤーはカーブとフォークで緩急はつけられる

松田も、カーブとフォークとスライダーで緩急を
つけられる

3人とも村田と対峙するなら私はこう配球します

配球4.jpg

どうやって?2ストライクに追い込むか?

これ以外何も考えません

どうやってボール球を振らせるか?

どうやってファールを打たせるか?


それ以外何も考えません

松田とボイヤーの球威なら、
2ストライクに追い込めば
絶対にストレートで勝てるからです


アウトコースへスライダーもしくはチェンジアップ
ボイヤーなら低めのカーブ
ボイヤーの場合は見せ球でストレートとの後に
あえてカーブを打たせに行きます(博打)

これでファールを打ってくれれば儲けもんです


能見の場合はインローストライクゾーンに
博打のスライダーを投げさせます
ボールゾーンでも振ってくれると思いますが
握力が厳しければ、真ん中低めのフォークで
空振りを狙います

2ストライクに追い込めば

ボイヤー、松田は高めの吊り球
3ボールなら尚更振ってくれます
インハイなんて絶対に村田は食らいついて来ます

能見の場合は、
フォーク、もしくはチェンジアップで三振を狙います


それで四球でたらごめんなさい

打たれるよりずっとマシです


藤井と日高は、良い捕手です
しかし、ここ一番でどうしても打たれる
決勝打を食らった時の球種
更にそのバッターへの配球が

完全に逃げ腰なんですよね

ここをどうやって払拭するか?
清水の強気のリードは確かに頼もしいですね

ここ一番で見せるインコース攻め

捕手はドS位の性格の方が丁度いい


今日はザっと配球を書いてみました

分かりやすく書いた配球論なので、
クレームは受けないからね(爆)

それではまた明日更新でお会いしましょう^^

*-----------------------------------------------------------*
告知

虎心不動ではFB版も日々投稿中と同時にお友達大募集中です

渡邊正悟で検索をかけて是非、お友達申請願います^^
虎心不動から来たよとメッセージがあれば
即承認させて頂きます

友達申請お待ちしております^^

またFacebookでのリンクシェアを大募集中です
更新の励みにご協力願います

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、

よろしければポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、

または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers

疲労困憊で溜めのスイングが出来ない輩達




阪神は今日も負けましたね
今日から3日程度、私は試合とは全く
関係ない記事を書く事にしました(笑)

実はですね
あるFBのお友達様より
こんなメッセージを頂いたのです


「虎心不動で勉強させてもらってますが
 配球は難しくてどうしてもよく分かりません」



難しいですよね^^;
オタクでない証拠で健全でいいじゃないですか?www


その配球を簡単に書こうと思いますが
配球を書く前に、それに対抗すべき
打撃スイングの基本を書く事から始めます




打者から見た配球を書くにはですね
溜めのあるスイングから説明しなければあかんですね

溜めのあるスイングが出来ないと
緩急にも変化球の軌道にも合わせられないです

そこを理解してもらえば、配球の説明がすんなりと
入ってくれると思います

だから今日はスイングね(爆)


バッティングってね
当てればいいってもんじゃないんです
芯に当てて振り抜かなければ、打球は飛びません


特に低反発球になって、飛ばなくなりました


スイングの基本がしっかりとしている打者が
低反発球でも、やはり打ってますし、打率も高い



打者には様々なタイプがありますね


ホームランバッター、長距離打者
別名パワーヒッタータイプ



そして
当てるのが非常に上手い技巧派


共通点は溜めのあるスイングがしっかりと
出来てなければ、活躍は無理
なんです


阪神で技巧派と言えば、鳥谷、福留、西岡、関本です

そして、日高も実に当てるのが上手い選手です

当てるのが上手い
これは何を意味するのでしょうか?



変化球に合わせるのが上手
緩急に対応出来るスイングが出来る
速球に力負けしない



と私は説明しています


ストレートが早い投手が居ます155キロ位投げる
その投手がスローカーブを投げた 99キロ
その速度差は 56キロもあります

これが緩急をつけたピッチングになるわけです


それを、ストレートと同じ様にフルスイングで
ジャストミートを簡単に出来るか?

これが難しいんですよ

バッターボックスに立たないと分からないです
緩急をつけた投球に対峙するとですね


カーブはタイミングが合わない
ストレートは振り遅れ気味になる


どうしようもない状態になります


溜めのあるスイングが出来ていないと
緩急のある投球に絶対に対応出来ないんです




では、溜めのあるスイングってなんぞや?



バッティングは絶対に上体で打ってはダメ

どんなに体格が凄くても、上半身だけで
スイングすると、絶対に力任せとなる


前のめりに体重移動がかかるので
バットコントロールも乱せる


上体だけでスイングするのを
手打ち状態って言います



手打ち状態になるとどうなるか?


身体全体で重心を支えず、上体でスイングすれば


当然、
頭がブレるんです
そして力みが生じます



頭がブレると、目もブレますので、
ボールの高さと横の位置の距離感もズレます

そして力みが入ったスイングでバットの軌道も
ズレてしまいます

結果的に
バットコントロールがブレて芯に当たらんのです


バットの芯に当たらない打球ってどうなるか?

バットの先っちょとか、バットの上側とか下側とかね
変化球に合わせられず、芯に当てられなかった場合


内野ゴロとか高く舞い上がったフライとかになるんです
当然、打球の力がないので、飛びません



変化球に泳がされたスイングとかね
まさに手打ちです


手打ち状態になると
バットコントロールがブレやすい
ってか絶対にブレます
だから芯になかなか当たらないんです

打ち損じの一番の原因


これ大事ですから




バッティングってね
足腰の回転力を使ってスイングしないと
絶対に力が加わりません



その足腰の回転力
足腰で打てと言われるんです


例えばでんでん太鼓

芯棒が足腰ですよ
芯棒が回転して初めて太鼓が鳴りますよね?


バッティングの足ってさぁ
軸足があって踏込足があるでしょ?



バッターボックスに立って
まず軸足の部分の土をならすバッターが
多いんのですが、これは軸足にしっかりと
体重をかけられる為なんですよね


ピッチャーがモーションに入る


踏込足を上げる(ズリ足の打者も多い)
軸足に重心をしっかりとかけながら
タイミングを計る


ボールが走って来た
タイミングを計って踏込足を着地させます


それでも軸足に体重を乗せたまま
これが重要なんです


踏込足が着地して
すぐに踏込足に重心をかけると手打ちになります




踏込足が着地した瞬間
軸足の股関節に重心をかけると言いますが
軸足の太もも辺りとでも表現すれば
分かりやすいかもですね(笑)


これが溜めの瞬間です
壁を作った溜めって正にこの瞬間です
直ぐ振りたいけど我慢している瞬間です



変化球でも対応出来る溜めを
作っている瞬間なんです


タイミングが合う瞬間に
スイングに入ります


当然速球なら溜めの時間は短いですし
緩い変化球であれば、溜めの時間が長くなる

コンマ何秒の世界ですが、
変化球に対応出来る溜めのスイングは

踏み込んでも急いでスイングに入らない
我慢の溜めが出来ているんです


変化球に対応するには
速球と変化球の速度差の緩急に
対応すべきスイングには
絶対に溜めがなければ駄目なんです



そしてスイングに入ってから
初めて踏込足に重心をかてて振り抜く



バットコントロールが乱れない様に
出来るだけコンパクトに振り抜きます


大振りだと振り遅れやバットコントロールの乱れが
生じる為、コンパクトに振った方がいい


これめっちゃ簡単に書いてます(爆)
本当はもっと細かいんですよ(笑)
素人でも分かりやすく書くのはこれが限界かな?


この溜めのスイングの指導者の第一人者が
実は阪神タイガースの水谷打撃コーチなんです



だから凄くいい打撃コーチが来たと
私は大喜びしたんですよね



ではその溜めのスイングが非常に上手い
スペシャリストの打者って誰?


神レベルの打者は2人
広島の前田と巨人の高橋ですね


この二人の溜めのスイングは神の域ですよ


踏込足が着いてから、タイミングを合わせながら
初めてスイングに入ります

ちなみに踏込足が着いてからコンマ何秒の世界です




んで、虎心不動のFBに8分くらいの動画を
リンクシェアさせてもらっています

広島の前田のスイング特集です

FBで友達登録してない方の為に
一応URLも転がしておきますね

この機会にFB友達登録どうぞ 詳しくは下の告知で^^


http://www.youtube.com/watch?v=_KZ4BRPRTOc



まず動画の一発目のスイング
ヘッドがブレてません
素人目でも分かる筈です


流し打ちだろうが、引っ張ろうが、踏込足の向きが
ほぼ打球方向に向いており、打球方向に向かって
しっかりと足腰で回転しているのが分かります


この動画を見て、前田の凄さを改めて思い知りました

全てが溜めの天才レベルですよ

変化球にも速球にも普通にタイミングを合わせて
しなやかに振り抜いてるんですよね

ガツガツしたスイングとは程遠い
柔らかいスイングである事が分かります



高橋と前田は怪我さえなければ、もっともっと
早くに二千本安打達成出来たでしょうし
もっともっと本塁打も量産出来たと思います

彼らは怪我と苦しんで成績をダメにして
苦しんだ選手なんです
天才であっても、苦労はある訳です



んで、話は戻りますが、
当てるのが上手い打者はやはり、打率は高いですが
中距離打者が多いんですよね
ホームラン争いに面を出せる打者は早々居ません

阪神なら鳥谷がそうですね


パワーヒッター
ホームランバッターならではのスイングってあるんです

ただ、パワーを入れるとどうなるか?
先ほども書いたように、力みが出るんです
そうなると、当然、ハイアベレージではない
ホームランバッターが多くなります



だからね
バースとか、ローズとか今年のバレンティンとかね
落合もそう、王さん、松井秀樹なんかはね

三冠を取れる天才の域なんですよね
彼らはもう球界の神様の域です



これを阪神ファンは求めているんですよね
至難の業ですから(笑)


そんな外人を取れないと
中村GMは無能と罵るんですよね(爆)
あり得ないから(笑)



そんな選手を探して失敗を重ねていますが
なかなか見つけられないのが現状ですよ


バースを筆頭に
アリアス、ブラッズ以来、本当にホームランバッターは
おらんのが現状です

じゃあ、なんでおらんのか?
そんなに当たり外人、他球団でも早々獲れないよ
隣の芝が青く見えているだけだよ(爆)



イデホだって新井貴浩レベルだよ(笑)


日本の野球とMLBの野球の違いに
戸惑って終わっている打者が多いんです

ムーブするボールが多いMLBに対して
日本は変化球のキレと緩急で勝負するスタイル


もちろんMLBでも緩急と変化球のキレで
勝負する投手はゴロゴロ居ますし
日本人以上の凄い投手なんてゴロゴロ居ます

スライダー技術は
韓国、台湾、日本の3か国は凄いですね
もちろんMLBにも凄い投手が沢山いますが
体格が違い過ぎますので、緩急と変化球のキレ

これに関しては、MLBに通用するレベルに
達していますし、コントロール精度も
かなり日本人は優れているはずです


もう変化球のキレは鍛えまくっている
ここ数十年の日本球界です


日本球界の投手陣の変化球は世界レベルです
特にMLBでは御法度気味にされているのが
フォークです

このフォークの技術は
世界最高峰の技術を誇る日本です



このフォークに面食らった打者は
大体、日本で飯を食って行けません


フォード、メンチ、コンラッド

チェンジアップのキレキレボール以上に
ストンと落ちる軌道だけでなく
投球フォームがストレートと見分けがつかない

この投球技術こそ日本球界の凄い所なんですね


器用な選手、日本球界に適した助っ人
これを発掘するのは本当に大変なんですわ


日本人では金本以来、30本超えの
ホームランバッターはおらんのが現状ですから
城島が一番近い位置にいたよね 28本でしたね

まぁ新井貴浩さんが20本超えはして欲しいですが
あと1月程度で5本打てるか?どうか?の
そんなレベルなんです(笑)


その溜めのスイングの大敵が何か?
疲労蓄積なんです

だからね、よっぽど走り込んで
足腰を丈夫にしておかんと、
直ぐに夏場疲れて、足腰に本来の力が入らずね
足腰を根本とした溜めのスイングが出来なくなり
不調に陥る訳
なんです

特に長期ロードの後は、移動も続いて
宿舎での夜の生活などが続いてね

疲労蓄積はピークに達するんです

正に、今が一番疲労困憊がマックス状態です
一気に不調者が出てますので我慢の観戦ですね

もう少し我慢して観戦しましょう^^

さて、溜めのスイングが説明したので
明日はその打者達に向かう配球面に
入りたいと思います

最後にそんなん溜めの説明になってない
間違ってると言うのでお許しくださいませ^^;

女性にも子供にも分かりやすい文章を書いたつもりです

完璧派の方には大変申し訳ない時期になりました

ご了承願います

*-----------------------------------------------------------*
告知

虎心不動ではFB版も日々投稿中と同時にお友達大募集中です

渡邊正悟で検索をかけて是非、お友達申請願います^^
虎心不動から来たよとメッセージがあれば
即承認させて頂きます

友達申請お待ちしております^^

またFacebookでのリンクシェアを大募集中です
更新の励みにご協力願います

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、

よろしければポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、

または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:55 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers