虎心不動TOP

.com/txcou

2013年09月15日

猛虎打線復活は見えてきた




皆さんは、今の阪神打線を見てどう思われますか?
私は、徐々に上向き加減になって来ていると思います

新井貴浩の一本足のスイングは、溜めをしっかりする為に
実戦で執り行っているだけであって、フォーム改造ではない

速球に対して振り遅れている事
アウトコースの変化球を引っかけてしまう応急処置として


ゆっくり間合いを取りなさい
テイクバックしても力まずに!



という意味合いで行っているものであり
数試合後にはズリ足気味になる可能性が高い

いずれにせよ、アウトコースのストライクゾーンの
ボールを引っ張れる為にも頑張って欲しいですね

インコースのストレートに対する対応力
更にアウトコースを引っ張れる腰の回転力

もっと軽くしっかりと振り抜けば
貴浩の肉体であれば、フツーに飛ぶよ
躍起になってフルスイングするから
力んでバットコントロールが乱れるわけでしょ?

軽くしっかりと振り抜いてごらんなさいよ
甲子園で引っ張れば、城島並みの弾道で
ギュンギュン打球は伸びる筈なんだから

その前にゆっくりとタイミングを取る為に
足を高く上げてると私は感じている

芯に当たれば軽く振り抜いても2ベースは
フツーに出ると思うから
とにかく頑張って欲しいですね



福留のマルチ安打
はストレートとフォーク

高めのボールをしっかりと叩いている
もう少し時間はかかると思うが、
CSは彼が4番を打つべきだと私は考えている



西岡は今日も3打数2安打
振れてます、3割超えもあとわずかです
さすがですね^^


今の阪神打線に足りないモノってなんだろうね?


安打は出始めて居ますので、
後は繋がるだけなんですよ



その一歩手前まで既に到達しているので
そろそろ打ち勝つ打線が来ますよ^^

んで、やはり繋がる打線を形成するには

新井と福留の復調待ち

と言う事になる

僕の中では4番は福留しか居ないと思っている
鳥谷では荷が重たすぎると思う


今、鳥谷は4番の仕事をしてないないです

それでいいんです


マートンの様に力んでアベレージを下げる様な
4番の為のスイングはしていません


だから2割8分3厘をキープ出来るんでしょ?


いいんですよ、よんたまでもシングルヒットでも
4番待ちの御庭番みたいな事をしているだけなんだから


逆に言えばマートンを4番から外して
大正解だったと思う

彼が4番だったらもっと絶不調の状態に
陥ってたと思うよ

そういう意味で、和田さんと水谷さんの
鳥谷4番は破天荒だが、的は得ていると思う

福留が復調すれば、3番に戻れると思う
貴浩は6番がいいよwww5番でなく6番

マートンのアベレージ安定度の高い打者が
5番に座ると、本当に相手バッテリーは嫌だよ



やはり、2番がダメ
柴田を2番に据えるのであれば
私は俊介or大和か?上本ですね

ここに柴田を置くのは私としては反対


1番 西岡
2番 俊介or大和
3番 鳥谷
4番 福留
5番 マートン
6番 新井貴浩(森田)
7番 上本or関本
8番 清水or小宮山



本当は1番上本にしたいのですが、
アウトローがイマイチの段階
当っている西岡を置くと安定するだろう

犠打とアベレージと足
この3つを考えるならば、2番は俊介だろう
仮想平野に一番近いのが俊介だと思っている
怪我から復帰すれば、大和でいいだろう

7番に上本を置いていると言う事は
良太を外してサード西岡の状態です

やはり、清水の前で俊足を置かなければダメ

下位打線で終盤上本安打
清水バント(盗塁成功後が最も望ましい)
代打でヒット

この図式はやはり魅力的だろう


いずれにせよ、新井貴浩と福留の復調待ち

残念だが、今年の阪神の長打力は
この年寄り2人しか居ない

これが現実なんだ、受け入れよう


特に福留の復調で
4番が安定すると感じている

頑張って欲しいですね



マートンのタックル
これはフツーのプレー

吉竹さんの判断も間違えてない
あそこは勝負しなければならない所
GOサインを出さなければダメだった
0−0で6回でしょ?
突破口を破りたいわけでしょ?

あそこで勝負しなきゃ絶対にダメです


あのね、あのタイミングは完全にアウトって言うでしょ?
モニターで見るとそうだよ

でもね走って体感して見ないと分からない
キャッチしてブロックした
あそこで減速したら絶対にダメだから

それこそ、マートンが肉離れする可能性がある
安全な減速はないから、オーバーランしても肉離れする
可能性が高いって事

また相川は完全にホームベースを塞いでいたので
タックルで崩すか?殺人スライディングでこじ開けるか?
しかないのが現実

タックルなので、あれは成功法で安全な策
スライディングが一番危険なプレー足が相川に直撃したら、怒って殴りかかることも出来ず
そのまま担架だったと思うよ


試合後に相川は
「あれは普通のプレー自分が熱くなってしまった」
と反省の弁を述べている

更にマートンは

「キャッチャーがプレート上にいたので、
自分としては何が何でも得点したかったので
ああするしかなかった
相手をケガさせようと思ってやっているわけではない
ケガがないことを祈るだけです
自分としてはあの状況ではああするしかなかった」


と相川を気遣うコメントを出している


当人同士がそう言ってるんだから、手打ちでしょうね
スポーツマンってさわやかでいいですよね^^



バレンティンに対して
渡辺が敬遠をした
あれもフツーの行為である

2点差で負けている もう絶対に1点も取られてはダメな展開

あそこでバレンティンと勝負して3ランなんて食らったら
もう試合を捨てた瞬間と言ってもいいだろう

敬遠をしてユウイチを抑えてしっかりと無得点で
ピンチを切り抜けているので
ベンチも渡辺も清水も当然の策を行い、成功した

ただそれだけである

今、バレンティンの日本新記録がかかっており
かなりバレンティン寄りのファンが多い

あのね
ホームラン打ったら日本新記録
それを見たい気持ちもよく分かる


そんなバレンティンの為の試合の空気に飲まれて
阪神ユニ来ているファンがヤクルトファンと一緒に
ブーイングをしたたのにはがっかりした
渡辺が可哀想である


新記録達成を見たい
だから、応援する球団のユニを来ながらでも
勝利の策、敬遠に対してブーイングをする

こんなのはただのミーハーであり
本当の阪神ファンではない姿
である


もしヤクルトファンと一緒にブーイングした
ファンがこの記事を見たのであれば、
己の球団を応援する姿とはかけ離れていた事を
自覚してもいいのではないだろうか?


この2点に関しては
虎心不動Facebookにて発言させて頂いた

明日は榎田と小川ですか?
これまたキツイ対戦となりそうです


とにかく福留、貴浩待ちって事で
打線が繋がりを見せる日もあと少しで必ず来ます
楽しみにしておきましょう



さて、虎心不動Facebook版で、私が運営しているクラブ
阪神猛虎愛クラブがあります

非公開クラブですので、まずは管理人である
渡邊正悟とFacebookで友達になりましょう

友達になったらすぐに招待を送らせて頂きます


阪神猛虎愛クラブは
試合後にとらほーっとか大騒ぎしてワイワイする
事はまずないクラブでして(笑)

先日私がトラホーっとコメントしたら
まったく無反応のメンバー達がそこに居ました(笑)


技術論とかそっち系の投稿が凄く多いので
野球好きな方には楽しいと思いますよ

試合終了後、サッと一気に投稿とコメントが
パタって止まり、色々と阪神球団について
皆でワイワイ議論をしたりしています


ちなみに女性の方も多いですよ
野球分からない方も多くて、
なるほどなるほど的な感覚でコメントをする
方も沢山いますので、ドンドン遊びに来てくださいね

試合後のトラホーの余韻に浸るメンバーが
ほぼ居ない状態なので、私は阪神タイガースの
野球が好きなんだ!と言う方は居心地はいいかもです^^

記事に使う動画も虎心不動Facebook版が主流です

是非、お友達登録して、阪神猛虎クラブへの御加入
してみませんか?
お待ちしております

*-----------------------------------------------------------*
告知

虎心不動ではFB版も日々投稿中と同時にお友達大募集中です

渡邊正悟で検索をかけて是非、お友達申請願います^^
虎心不動から来たよとメッセージがあれば
即承認させて頂きます

友達申請お待ちしております^^

またFacebookでのリンクシェアを大募集中です
更新の励みにご協力願います

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、

よろしければポチっとご協力お願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、

または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 2013 TIgers