虎心不動TOP

.com/txcou

2013年10月24日

マートン退団の危機にどう対応すべきか?




マッドマートンの帰国は実にストレートだった
MLB希望を前面に出しての帰国

まぁよくやるんですけどね(汗)
契約の交渉の手段として、代理人から
そう言われて動くケースは少なくないのだが。。。


いずれにせよ、
マートンが抜けたらかなりヤバいです
守備云々にマートンを誹謗するファンは少なくない

しかし、守備以上の仕事を打撃で見せてくれたのは
誰が何と言おうが確かなんですよ

この大砲不在の一番苦しい時期に戦えたのは
4番マートンが居たからである

私は彼に心から感謝しているし、凄いと思った

彼の打撃も水谷マジックの一人だった

彼の飛距離が実に伸びた
俊介、今成、マートンの3人はとにかく水谷さんの
最後のいい仕事の成果だったと思う

サヨナラホームラン
西武戦とロッテ戦で見せたあのホームラン

正に、パワー重視で見せてくれた
新4番の見事なお仕事だったと思う


シーズン中に4番に座り
スイングの根本をパワーモードに切り替える

この作業がどれだけ大変か?分からない人は
簡単に誹謗できると思う



まぁ、いい様に使われた感があって、マートンも
嫌気がさす原因になったのかも知れない
と思うとやはり、胸が痛む


4年間の通算打率が 3.12 です
凄いですね?オマリー以上ですよ

4年間で690安打です
このペースも異常です(汗)

本塁打は4年間で54本です
これも意外とそこそこ打ってましたね


特に注目すべき点は
2010年の17本塁打は飛ぶボール時代です
今年の本塁打19本塁打

つまり飛ぶボールよりも本塁打を多く放っており
統一球で本塁打を多く記録したいたという現実



これは4番としての責務を果たす為に
バットコントロールを多少ブラしてでも
大きい当たりを狙っていた証拠であります

さすがに最後は安打数を増やすのに3番に座って
大きい当たりを狙うのをやめたのですが

その直後から安打量産体制を見せてくれた

やっぱりこの選手は凄いなって思ったわけです


結果的にリーグ最多安打を3回目の受賞

4年居て、3回ですよ
(笑)
こんな凄い選手を要らない?????

おかしいよwwその考えはwwwwwwww

ただ、MLBでの野球を希望しているマートン
まぁ、大学院でやり残した事もありますしね
MLBでの挑戦も視野に入れ続けたのも事実だし

契約の駆け引きだと思いたいが
何とも言えないのが現状ですね


本気なのか?駆け引きなのか?


私としては、彼は来季も絶対に必要だと思っている


新助っ人が大当たりなんて
ぶっちゃけマートン以来誰もいないのだから

来年の阪神の4番だって空転してる状態

本当に深刻化しているのだから
絶対にマートンは必要
だと思っている



では、最悪マートンが退団してしまった
最悪のケースを考えてみる

メッセに関しては後日ね。。。。。

どう対応するか?ってのがタイトルでしたので
ここは書いておかなければならんでしょうね(笑)


正直言って、マートンが抜けたら
若虎の外野ポジションの席が一つ空く形になる

俊介(柴田)、大和、福留(今成)の状態で外野を
再形成する形が可能となるのは事実である

そこに伊藤隼太の席取りゲームの参戦率も
非常に高くなるのだ

決して悪い状況でもないが(笑)

マートン並みの打撃の活躍は絶対に無理難題www

だからね、
マートンって居なくなって初めて痛感する位
凄い打者だったわけですよ


勝負強さも持ってるマートン不在の外野構成は

落合ドラゴンズの様に、守備重視という形となり
ワンチャンス、クリンアップで得点重視みたいな

一人抜けただけで、打線の繋がりがボロボロになる
可能性も同時に秘めているのだ


もう一つここで出て来るのが
マートン退団となれば。。。。。

結果的に二人の助っ人を
獲得する方向性になる



大砲が欲しい。。。。助っ人が
一人はコケても傷を浅く出来る方法がある

ファースト新助っ人で貴浩と競争させるのは
現状と変わらない


そこに日本球界経験者である
サードバルデリウス獲得である



オリックスの契約切れたバルの出戻りは、
大型FA補強よりもずっとずっと見栄がもいい(笑)

更に助っ人ダブルでお試しか?よりも
日本球界を知っているバル獲得は
手堅い選択だと私は思っている



まずバルの守備力に関しては問題ないだろう
むしろ鉄板になる位凄い守備力である



新助っ人がコケてファーム行になったとしよう

そうなっれば、
バルをファーストに就かせて、サードを
上本で起用出来る可能性だって出て来るし
坂にだってチャンスは出て来ると思う

貴浩が調子よければ起用もあるし
今成だってチャンス到来である


まず日本球界経験者と言うのが一番手堅いし
更に古巣である阪神は
彼にとって居心地は悪くないだろう


私はイデホなんて高給取りだったら、バルだと
最初から思っていました

イデホの何分の1の金額で獲得できるだろうか?(笑)

まぁ、助っ人両名が活躍したとすれば、
当然、若虎のチャンスはまた苦しくなると思うが、
それも運命であるし、どの球団でも抱える事である

バルちゃん確保はどんな形であれ
とっとと動いてほしいですね

え?マートンとバルだと打線に厚みがない?

ないかもね(笑)

でも今年よりはずっとマシだと思うよ

オマリーの指導力に期待しましょう


マートンが残留してくれることを願って
この記事を閉めたいと思う^^

明日は運命のドラフトですね
和田監督の運の強さに期待しましょう^^

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers