虎心不動TOP

.com/txcou

2013年11月12日

松田を抑えにするのであれば、呉はイラン! 


今日吉見獲得のニュースが入った
阪神は筒井が先発転向と言う流れにより
藤原の状態によっては、加藤しか居ない

小嶋も立ち上がりが悪く、制球が問題
とても中継ぎとして使えないのは言うまでもない

更に高宮もしんどいと言うのが現状であり
中継ぎの左投手の確保に躍起になっているのも
分からなくはない


吉見は元々先発投手
左右に関係なく戦える投手です

スライダーが持ち味の投手であり
チェンジアップ、カーブ、フォーク

多彩な球種が投げられることが特徴です

彼の球速は140キロ中盤出るか出ないか?
正直、ストレートの力自体は高宮の方が上かな?(笑)

高宮との大きな差は実績である
ファーム暮らしが主である高宮に比べ
被弾が目立ったとしても(笑)なんだかんだ言って
彼の実績は、中継ぎであれば活躍する可能性はある


阪神投手コーチ陣の腕の見せ所である

彼の球威と変化球のキレの再建が
阪神投手陣コーチのお役目である



特にスライダーとチェンジアップが低めに決まるか?
左打者から見てアウトコースへインコースボールゾーンへ
ズドンとストレートを投げられるか?


ここが大きなポイントである

高宮よりも全然期待出来るのは言うまでもないだろう

だから獲得したのだと思う

左の中継ぎがどうしても欲しい
それは、阪神にとっては喉から手が出るほど欲しい



そして、もっともっと
球団が欲しいのが先発投手である



中田と鶴岡獲得へGOサインが出たフロント

更にブルージェイズ川崎や、
ソフトバンクの山崎捕手をも
獲得調査に乗り出しているようだ


まぁ、実現しないだろうから書くが(笑)

川崎が来たらとんでもない内野形成になる
走力ガンガンの二遊間とサードが出来上がる

まぁ今年の広島並みの走力を兼ね揃えて
巨人バッテリーから集中力を奪う事が
可能になる事は言うまでもないが。。。。

それこそ、生え抜きの場所がゼロになる(笑)

上本と荒木を鍛えて欲しいし
走力よりも打撃安定度を求めるのであれば
今成のサードも実に楽しみな存在となる


もう獲得凌ぎの内野陣は、おなか一杯(笑)


その場凌ぎもそりゃ構わんが(笑)

もうそろそろ、
世代交代へ切り替えを重視しなければ
また、ブランド頼みの名ばかり打線を
形成してしまう可能性が高くなる

確かに川崎の守備力と走力、打撃力と闘志は
西岡同様、非常に頼もしい存在となるのだが

微妙な所ですよね
若手を使ってくれないと、必ず息詰まる時期が来る

もう新井貴浩に頼り切って、世代交代を怠った
大失態を二度と繰り返して欲しくない

FA補強の本気のつぎはぎ行為のツケ。。。。
それが怖いのだ



これから半月位の間が勝負になると思うが
私は中田を本気で獲得する必要性があると思う

先発投手だけは本気で獲りに行って欲しい


恐らくゴメス獲得により、スタンの居場所がない
そうなると先発ローテの1枚がおのずと足りない

生え抜き若手の仕上がり具合と

やはり、久保の進退によっては
相当厳しくなることは言うまでもない

如何せん岩田が先発ローテの一角として、
安心して任せられないと言うのが現状が故に

どうしても中田を欲しいというのが阪神サイドの
考えではないだろうか?

逆に抑えの切り札の呉昇桓を獲得するのであれば
私はスタン残留の方が手堅いと感じている

あれだけの防御率であれだけの実績
更にあれだけの阪神愛を強く持ってくれているスタン

有難いじゃないですか?

私はピークを過ぎたと言われる
呉昇桓を獲得するのであれば

来年もベテラン安藤、福原、加藤に踏ん張ってもらい

松田を抑え候補として
育てるシーズンとする


つまり、助っ人は
コンラッドとゴメスが変わるだけ
ボイヤーも残して損はないと考えている


球威のある投手は貴重なんだから
ボイヤーも残しておくべきだと思う


球児の後釜を生え抜きで作ることは大事


それが一番長続きするのだから
松田が安定感増せば、抑えの長期安定化が
実現できる可能性が高くなるのだ

補強や助っ人よりずっといいと思う


更に、ベテラン陣がそろそろへばる年頃で
あることも実に深刻化しているし
目の前に迫っている


スタン残留が手堅いのではないか?と思う
防御率ランクもリーグ2位でしょ?

切る理由が見当たらないのが本音



その反面
福原と安藤の年齢も確かに心配なのも事実

速球派の中継ぎが本当に足りなくなる日が
あっという間に来る可能性も高いのだ

だから大瀬良を躍起になってた
フロントの行動が間違えではなかったことが
分かっていただけるのではないでしょうか?


呉昇桓を獲得路線が、阪神の本線の様だが
一番大事なのが、先発投手を揃える事


更に中継ぎの速球派を何とか国内で獲得
もしくは若虎に覚醒させる事

これが一番の重要な課題である

確かに呉昇桓の球威は魅力的だが
福原の調子が今年同等であれば、
十分、セーブランキング上位に食い込む事は
間違いないと私は読んでいる


松田(吉見)→安藤(加藤)→福原

この流れをしっかりと作っておけば
長いシーズンを戦って行けると確信している

ロングリリーフに鶴と渡辺で形成するのも
ある意味大事だと思う


敗戦処理班を置くのであれば、ロングリリーフ陣を
2人設置しておけば、年間通じて安定度が増した
投手ベンチ構成が出来るのではないだろうか?

渡辺と鶴がポイントになると思う


やはりこう考えると
先発の6人+二人常にファームで待機

その6人の中にスタンは絶対に必要だと思う

速球派の抑え?
確かに欲しいが松田が居る

呉昇桓を獲得する金を使うならば
松田のカーブとフォークのキレと制球を
徹底的に鍛えるべきだと思う


松田にカーブと言う緩急が低めに集まり
フォークが鋭く落ちたなら
速球はもっともっと活きて来るだろうし
三振も倍増する事間違いなしである


球威が足りない球威溢れる投手が欲しい


そんな気持ちがあるのであらば
球威の指導が長けている
山口コーチをファーム常駐させるべきだ


獲得するのもある意味重要
応急処置としては絶対に必要

しかし、それ以上に大事なのが
生え抜きの速球派を育て上げる事だろう


この球威球速への指導力が欠けているのも
阪神の重要課題であることは確かである

私は思う

確かにブルペンに山口コーチの存在は
重要性を秘めていると思う

しかし、
若手育成のお題目が真実であるならば


中村GMに決断して欲しかった

中西コーチの右腕となる
ブルペンコーチを探してでも

山口さんに若手の球威球速の育成指導に
ポジションチェンジして欲しかったのが
私の本音
である

久保、山口投手コーチ陣で
ファームを形成したら凄い若手投手の
育成が可能となってたと思う


呉昇桓を獲得するのであれば
スタンリッジを残すべきだと思う


確かに呉昇桓の球威は魅力的だし
彼の実績も実に頼もしいのも事実

しかし、松田を育てる環境を作り
福原に1年踏ん張って守護神をしてもらいたい


あれだけの成績のスタンを斬る理由は
正直見つからないのが私の本音である

もし、スタンが巨人へ入団したとしたならば
私は恐ろしくてどうしようもない

阪神はカーブが打てなくて有名な球団なんだし
スタンのスパイクカーブは打てないよ

彼を斬るなら呉昇桓獲得を辞めて
松田にいち早く、守護神への道へ
突き進んでもらいたいし、そうさせるべきだ


育成を逃げてはいけない



球威ある投手は必ず、毎年出て来る筈

呉昇桓が全てではない

彼の球威はもうピークを過ぎていると思うが故に

スタンと再契約を結ぶべきだろう
こんなに阪神を愛する投手を簡単に斬るならば
ブラッズの二の舞を味わうことになるだろう


先発の枚数確保が最重要課題なのだから



先日は、縫い目の高さによる空気抵抗を
重点に記事にさせて頂きました

その続きをどうしても書いて欲しいと
沢山のリクエストが来ておりますが

その続きは明日書かせて頂きます

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 04:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011 Tigers

2013年11月11日

掛布、オマリーに対する期待と不安




掛布DCとオマリー打撃補佐が指導に参加して
若虎達の成長が伺える記事に期待感が高まる

柵越えの森田の記事に期待感を深める
ファンは本当に多いし、沢山のメールも頂いている


確かに遠くへ飛ばす記事は、見ていて期待感が
高まるのは言うまでもないが

大事なことを忘れてはいけない


所詮フリーやシート系のレベルだってこと

ぶっちゃけ実践とは
程遠い環境であることを忘れてはならない



実にシラケた記事を書かせて頂くが
これが現実論である事を先に書いておきたい


よく統一球は低反発の数値などを注目されているが
私は昔から違う見方をしていたし
違う観点で統一球を追求し続けてきた


縫い目である

投手の指にかかりやすい高い縫い目
これがMLBの統一球との一番大きな差である


この縫い目が低反発以上に厄介であり
この縫い目の空気抵抗こそ、統一球の
最大の特徴である事を一番に考えて頂きたい


何故?ストレートがムーブするのか?

縫い目ですよ
低反発以前の問題なんです


落合中日もこのムーブするボールを
攻略することが出来なかったのが現状


皆さんは落合を馬鹿高く評価してますが
統一球を攻略出来なかったのも事実です


落合さんは、投手陣とディフェンス力に全てを
賭けて、その結果12球団最低チーム打率で
リーグ制覇を成し遂げた

しかし、その陰には、我々が想像する以上の
苦労と苦悩がベンチにあったはずである


では何故?あの落合中日でも
統一球を打たせることが出来なかったのだろうか?


簡単である

手元で曲がるボール事態がストレートになってたのだから
それを攻略する事など、無理に近かったのだ


巨人打線も今でも苦しんでいるのが現状
ドームで詰まった当たりが本塁打になっている
このドームランこそ、一番羨ましい所である


ただ、逆に投手は相当大変である事も
付け加えておきたい



今年、低反発数値が変更され、飛ぶようになった
この数値が変わったことで何が変わったのだろう?

詰まった当たりが伸びるようになった

しかし、昨年との大きな違いもある

昨年レフト前のヒットが、レフトライナーで
アウトになるケースも莫大に増えているのだ


阪神打線も、外野へライナーでアウトになった
ケースがかなりあったと思う

マートンが打率が下がり出した時の
レフトライナーや鳥谷のライトライナー性の
アウトも、今年の特徴だったと思われる


では、この統一球を攻略した横浜はどうだろう?
恐らく、今年、巨人以上に怖かった横浜打線

彼達のスイングは、実にシンプルであった
スライダーとストレートはとにかく逃さなかった

しっかりとコンパクトに振り抜いて飛距離を
考えたスイングをしていた

バットコントロールを重視している
それが阪神と横浜の大きな違いだった



ブランコは軽く振り抜いていた
中村ノリもそう、見た目より軽く振り抜いている

その大きな理由は、
打率を下げない為である

アベレージを下げれば当然、どうなるか?

打線が繋がらないのだ

横浜打線は違った

芯に当たれば飛ぶんだ

この理屈を分かっている波留コーチは
徹底してコンパクトに振り抜く事だけを
根気強く続けていたと思う



逆に良太は何がいけなかったのだろう?

良太は振り抜く瞬間に、方手打ち状態になる
そのスタイルこそ、アベレージを下げる原因だった



大きい当たりを狙ってのパワースイング

これは9月に福留にもさせていた

結果は御覧の通りであった

フルパワーで真芯を捉えられればそれに
越したことはないだろう

芯に当てる事を重視するならば、どうすればいいだろう?

コンパクトに軽く振り抜く
そう、芯に当てて振り抜くことが第一なのだ



統一球を攻略するには

バットコントロール重視
壁を作った溜めのスイング
コンパクトに最後まで振り抜く



これ以外は絶対にご法度である

大振り、力み、方手打ち
こんなスイング(振り抜き方)で
絶対に統一球相手に、高打率など無理な話である




芯を外せば、飛距離が下がる統一球
数値が変わっても、飛ぶボール時代に比べれば
飛ばないのが現状

芯を捉える為に何が必要なのか?


水谷打撃コーチも統一球を攻略する前に
辞任されてしまった

あの金森さんも、片岡さんも
飛ぶボール時代に通用した一流打撃コーチも
水谷さんの様に統一球を攻略する前に
第一線を外れてしまった


何が足りなかったのだろうか?

打撃フォームをしっかりと指導しても
どうしてこんなに答えが出なかったのだろうか?


統一球の攻略を低反発と捉えればそうなる

そうじゃない

統一球の最大の特徴は空気抵抗を助ける
縫い目なのだ


飛ばないボールをどうやって飛ばすか?
違う!
どうやって手元で小さくムーブするストレートを
弾き返すことが出来るか?


それが出来なければ

阪神が良く見せた、甘いコースの
ストレートを真後ろにファールする現象

バンバン出て来るわけだ

数値ではない!
手元で小さくムーブするボールを
弾き返すことが第一


そこを注目したのが
落合でなく、波留コーチだったと思う

藤浪のカットボールが甘く入れば
絶対に逃さなかった横浜打線

コンパクトに振り抜く打線が
統一球にも打撃戦にも勝てるのだ



手元で曲がるカットボール系のストレート
このカットボール系のストレートこそ

虎心不動で言い続けた
なんちゃってカットボールなのだ

このストレートを芯で捉えられなければ
どんなにパワースイングしても
飛ばないのが、NPBの統一球である


では、阪神打線はどうだろう?

まず良太の打撃改造は確かにコンパクト化を
進めている

彼の振り抜いた瞬間に片手でバットを離す癖が
無くなっていたら、
オマリー、古屋、掛布コーチの誰かが
統一球攻略へ着手していると考えてもいいだろう

はっきり言って新井兄弟には
ダウンスイングでも良い位の勢いで
力みまくったスイングで統一球に挑んでいた


掛布氏は外から統一球に苦しむ打線を
阪神に限らず相手打線も、特等席で
見続けた人である


彼の提案の中に、バットコントール重視の
指導保身があるならば、まず体重を支える
バランスと、ヘッドのブレを徹底的に
無くす指導から始めている筈である


ヘットがブレたら、負け
飛ぶボール以上に負けになるのが統一球である


最後にフリー打撃の柵越えはどうでもいい

でも飛ばせると言うことは、腰の回転で
しっかりと振り抜いている証である

問題は、ヘッド、体重移動、重心のかけ方と
体重を支えるバランスである


コンパクトにスイングさせて
バットコントロール重視の指導を
しっかりとして居なければ、来年だって同じ結果になる


9月の福留強振祭りの意味がだんだん分かってきた

技術力の高い福留に強振で振らせて慣れさせようとしていた

しかし、投手別に不規則に手元で曲がる統一球
強振で挑めば、福留の技術を持ってもダメであった


強振して当たれば飛ぶけど、芯外したら
全部高いフライになってましたからってね


福留もそのデーターは頭に入っているだろうね



小笠原もそう、金本もそう
大失投のストレートかスライダー以外は打てなかった
だからあれだけ打率が下がり仕事が出来なくなった



低反発の数値?
それ以上に縫い目なんだと思う




これがMLBと同じ縫い目と素材であれば
もっともっとホームランバッターは
ホームランバッターらしいスイングが出来ただろうね


結果論
やはりこのボールは投手陣をダメにするし
打撃陣も本来のスタイルを出せなくするボール

MLBと合わせた方が、ずっと国際的だと思うよ



バットコントロール重視
ヘッドのブレ防止
コンパクトに最後まで振り抜かせる



この3点をしっかりと行っていれば
阪神打線は、凄く向上するはずである

逆に出来ていなければ、来年もダメだろう



オマリーと掛布がどこまでそこを突いているか?
古屋さんはどこまで、そこに重点をおいて
若手指導に力を注げるか?


その一番のコツを知っているマートンが
帰ってくるのが一番嬉しい事である

オマリーならマートンから逆にコツを聞いて
若手達に活用できると確信している

その為のオマリーだと思うから

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers

2013年11月10日

縦縞の9はマートンが似合う




一番重要視していた助っ人マートン
どうやら阪神のユニフォーム続投が内定した模様

今年は4番を長期任され、
今までになかった勝負強さを何度も見せてくれた
甲子園のサヨナラ2本は強烈なインパクトを与えた

彼のパワーヒッティングが甲子園でも
全然通用することが分かった事は、
あの当時阪神首脳陣にとって、本当に有難かったことだろう

スライダーは腰のライン、高めであれば
アウトコースでもレフとスタンドへ放り込む力があった

この技術力を貴浩、良太に教えてもらいたかった(笑)


彼はメッセ同様、MLB復帰を試みた一人である
やはり、母国でのプレー
世界最高峰と言われる、MLBでのプレーヤーは
母国の誇りだし、地元の誇りでもあるからね


その夢と同時に考えてくれてるのが
阪神球団への愛情だったと思う

確かに条件と言うのも、現実としてあるのだが


まぁ、よく決断してくれたなっと思うわけです

MLBよりも好条件を出したのは分かる
私も、虎心不動で、マートンであれば、条件丸のみで
大金叩く価値のある選手だと書いていました

内容はどうであれ
彼が契約を更新すること自体が凄く嬉しい


これはフロントの頑張りを認めてくれたのでしょう(笑)


マートンに対して、守備面で不満を言うファンは少なくない

特にシーズン夏場辺りになると、集中力が切れる癖もあり
傲慢なプレーに見えがちな守備が見えるのは正直ある

しかし、肩が使えないほど酷いわけではない
金本がレフト固定だった頃、マートンはセンターもやった
ライトでは、殆どミスをしなかった記憶がある


マートンのプレーは確かに悪い部分が目につく


誰が見てもそりゃないだろう?というミスを犯す


そのミスを取り返す打撃力が彼にある

その打撃力は、年に数回の大チョンボのミスを、
ベンチと野手にしか見えない
沢山のミスを含め、全てのミスの
穴埋め出来る程の打撃力を持っている


確かに不安要素もあるだろう

でも、それ以上に、彼はトラを愛し
虎に貢献していることを強調しておきたい




彼の打撃力の一番の要は、ID野球


メモを一打席一打席事細かに書き続け
そのデーターの蓄積は、恐らく、スコアラーにも
絶対に明記出来ない、凄い情報が入っている



スコアラーが見てストレート表記であっても
マートンのメモには小さなカットボールと表記してある

コース、球速、各級種別のリリースの特徴
各投手の変化球の軌道、配球パターンなど


その全ての投手のデーターが、彼のメモには
膨大な資料として残されているはずだ

だから狙った球種に迷いがない

確信を持って振り抜けるのだ

振り抜いているから、カットボールでも
打球が速くセンターへ抜けるのだ



更に各球審のストライクゾーンの癖まで
しっかりと明記されている

こんなに真面目で凄い助っ人は
見たことがない

彼は日本野球に向いているのではない
彼が日本野球に対応出来るようにしたのだ


赤星の代わりとして彼は入団した

しかし、彼は

「俺は赤星ではない、俺は俺のスタイルを貫く」



オマリーを超えた打撃の鉄人
バースに次ぐ安打の天才



そんな彼には生涯縦縞を纏って欲しい
彼が打撃コーチになった時

今以上の効果をもたらす時が来るだろう


マッドマートン
彼を球団は宝の様に大切に扱うべきである
将来の打撃コーチの約束をして
大金を叩いてでも、彼を手放してはならない


MLBの夢や家族の事だってある
それが助っ人の本心

私達には想像もつかない、海を越えた出稼ぎ

オフシーズンに悩むのは当然の事だろう

その彼が、複数年契約を結び
縦縞に袖を通してくれそうだ


彼は来年の打線の軸となる
4番ゴメスがコケタ時、彼の存在が絶対に必要


確かに守備は一流ではないかも知れない

しかし、助っ人で1番、3番、4番、5番、6番
これだけの打席をこなしながらも

リーグ最多安打を、4年在籍中3回も達成している

阪神4番になった瞬間
彼のテイクバックが広くなり、長距離を狙うスタイルになった

打率を下げる大きな原因を向き合いながら
最後は固め打ちで最多安打を獲得した彼を見て

わがままという言葉の微塵もないこの直向きな助っ人
チームの危機を理解して、リスクを背負って挑む姿勢

本当に凄い!

こんな優良助っ人を球団は
絶対に手放してはならんと


本気で考えさせられた

そのマートンが来年また縦縞に身を纏い
沖縄から帰ってきてくれそうだ


彼は打撃コーチになった時も
本当に凄い指導力を発揮してくれるだろう

阪神で一番、統一球を弾き返せる天才打者

彼を手放したら、阪神の猛虎打線復活は
随分遠回りをしなければならなかっただろう

中村GMも、和田監督も、胸を撫で下ろしているだろう

これでオマリーの助っ人ケアの仕事も
十分発揮される事だろう




もう一つの話題を(笑)

最近、掛布DCが「グラティー禁止令」を発するのではないか?と

報道されている記事を見た

皆さんはあのグラティーをどう評価なされていますか?

私は、球団公認の応援団が行う
相手投手の交代時に「蛍の光」を演奏しているが
あれは実に、低次元な演出だと思っている

そんなに相手を侮辱する演出をするならば
もっと違う角度から応援をすべきだろうっと


時代は流れ、世間の見方も変わっているのだから
そろそろ蛍の光をやめるべきだと思う


相手を侮辱して野球は勝てない
相手ファンに対しても失礼だと思う



ではグラティーはどうでしょう?

私はケースバイケースだと思う
なんでも本塁打でやるとね
縁起が悪いんですよアレ(笑)

やはり、ここ一番の場面でやるならいいんですけどね

球団も公認してグッズ売り出してるでしょ?

演出や商売もいいんですけどね

商売に走るなよwww利益取れるでしょうが(笑)



グラティーやって逆転負けとかね(笑)
桧山の最後のホームランで、試合に負けてて
CS敗退の危機の場面でも笑顔でグラティーなんてやられたら

冷めるんですよね
緊張感ねぇってね(笑)


8回の逆転とか、試合を決める決定的なホームラン
もしくはサヨナラホームランなどで行えばいいと思う


ちなみに私がFBで運営している猛虎愛クラブでは

グラティーは暗黙の了解で禁止としている(笑)
暗黙の了解と言うとメンバーに怒られるな(笑)

俺が管理人の特権を使って
コメ消しまくるんですよ((((((((((爆))))))))))


俺が縁起悪いから辞めろって言っるんですけどね(笑)
ウチの女子部がやりたくてウズウズしてるんですわ

消されるのにね(*´д`*)

そんなある日
女子部が勢いでやっちゃえって(爆)

ヤーってやっちゃったの(笑)

やったら本当に逆転負けしてネ(笑)
ほら言わんこっちゃないってなってネ(笑)

女子部が試合中にグラティーすると
猛虎愛で阪神は勝ったことないんですわ

だからやめろって言ってるのにネ!

それでも、隙あらば、顔文字グラティーしては
管理人に消されては、お互いに大爆笑みたなね

仁義なき戦いを繰り広げているわけです(笑)


それをリアルのグラティーで考えるならば


桧山現役最後のグラティーはそれと一緒だと思う
負けてる時に、あんなパフォーマンスなんてね

士気が高まる云々あるだろうけどね
実際にそれで勝った試合もあったんだろうけどね


球団公認で発表した後から
縁起が悪いったらありゃしない(笑)


やるタイミングをしっかりとわきまえれば
いいんじゃないかな?っと思うわけです


GM付の掛布さんがどうこうではなくね
ベンチの雰囲気とか試合展開によるって事で

蛍の光よりはいいんじゃない?(笑)
相手ベンチや投手に向けて指差してるわけではないから

でも、タイミング間違えれば、縁起悪いレッテルを
貼られると思うし、もう貼られていると思うから


空気読んでやらんから、GMに怒られるんだよね(笑)



マートンのサヨナラホームランのグラティーは良かった

ホームインした瞬間にマートンが西岡を探し
みんなでやった試合が続いた

あのグラティーは良かったなぁって思うんですよね

士気が高まるとか、ここ一番ってあるよね
西岡グラティーコーチの判断って事で

でも俺は消すよww女子部(笑)

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers

2013年11月07日

生涯縦縞を熱望!鳥谷残留決定!



鳥谷のFA宣言はお預けとなり、阪神残留が決まった

まぁ残留決定と言っても、恐らく単年契約になるだろう

鳥谷は賢いし、ファンにとってはエグイ(笑)
単年契約を貫く姿に、毎年この時期にヒヤヒヤさせる

MLBへの夢は捨ててないのは確かだろう
単年更新で宣言保留

ホッと胸を撫で下ろしたのは、球団だけでなく
ファンもたくさんいらっしゃったと思う


宣言保留、単年契約
実はこれが一番、選手として賢い手段である

言い方は悪いが、あと数年は、このやり方でも
十分、球団に対して契約更新で威圧を与えることが出来る

それ位の事をしてもファンも、球団も大納得である

鳥谷には絶対に残留してもらいたい
してもらわなければ絶対に困る選手である

阪神生え抜きの唯一の長期スタメン選手

鳥谷こそ、阪神生え抜きの大スターであり
阪神生え抜きの宝なのである

お願いだからMLBを諦めて
阪神に骨を埋めてくれ!


そんな思いをファンに持たせることが出来る
それが鳥谷である


彼は、それだけ阪神に貢献している
球団第一の選手であると言っても過言ではない


恐らく、ミズノの統一球でなければ、もっともっと
打撃面でもアピールが出来て、MLBスカウトから
熱視線を送られてたに違いないだろう


統一球の対応力のある打撃コーチに
恵まれていたとしならば、と言い換えた方がいいかも



鳥谷はまず、金本並み、いや、下手したら彼以上に
強靭な体の持ち主である

ショートで今年、2回目のゴールデングラブ賞を受賞したが
まず、とにかく休まないし、好調を年間通じて維持できる

今年もWBCの影響を大きく受け、低打率に甘んじた時期が
長かったのだが、2割8分代をキープしてシーズンを終えた

今年もリーグ四球ナンバーワンの成績も残した


更に、9月という、野手全員がバテまくった時に
鳥谷は急遽4番を依頼されたが、
四球を選ぶ選球眼は相変わらずで己自身のスタイルを
一切崩すことなく、4番に座り続けた

しかし、9月の成績を見て驚いたのが

出塁率は下がらず、打率も下がらず
長打力は向上し、OPSも跳ね上がり
本塁打もそこそこ打ちに行ってた


これが鳥谷なのだ
四球を選んで出塁率を上げたが、打席数は増えても
打数は維持した形となり、安打を放てば打率が上がる

つまり、今自分が出来るスタイルを貫きながらも
甘い球はしっかりと遠くへ飛ばしに行ってた結果となる



大したもんだなっと思うわけです


彼が複数年数契約をしない理由を考えてみれば
MLBへの夢もあるだろうが。。。。

球団に愛情があっても
今以上の魅力を感じない事


だと思う

生涯縦縞を決心出来ないのが現状


今回のMLB断念は己自身の立場をしっかりと
考え抜いての決断だったと思う


MLBじゃなくても俺はいい
ここで生涯全うするんだ



こんな魅力を感じられなのは事実だろう


しいて言うならば、

聖地という体に実に優しい最高級の土のグランド

更に優勝を一応狙える球団である事


私は、和田監督に訴えたい

彼のやりたい事をさせるべきである
打順も、スタイルも、彼に任せて
彼のやりたい様に、伸び伸びとさせるべきだと思う



自分たちの都合で打順を変えるのではなく
お前はこの打順でお前の力を発揮せよ

打撃指導と守備指導はしっかりとやるべきだが
試合に関しては、起用に関しても
彼の意見を最重視して、彼を一番とした
チーム作りをさせるべきだと思う


鳥谷に今以上のやりがいと充実感を与える
環境つくりをすべきだと思う

チーム状況の都合も確かに分かるのだが
4番を打たせた段階で、
移籍をするのではないか?と
ヒヤヒヤしたファンは多かったと思う


中村GMが早稲田OBの大先輩にあたる

彼自身が、親身になって色々と話を聞いて
鳥谷の立場を理解していると思う

彼が居たからこそ、残留も出来たのかも
知れないと言っても決して過言ではないのだ


私は、鳥谷の為のチームであってもいいと思う
それ位の価値のある選手だからだ

金本怪我で苦しんでいる時
ショフト鳥谷と言われる位の貢献をして
金本の寿命を3年も伸ばしていた

ショートの枠を超えたとんでもない守備範囲を
涼しい顔をして淡々とこなし続けた鳥谷を見て

コイツはとんでもない化け物だと思うと同時に
こんな選手を球団は絶対に離してはならんと思った


金本が一番彼に感謝していたと思う


藤井も城島も矢野もそう

彼の華麗なプレーで、何度盗刺を助けて
もらっただろうか?

見えない部分で、静かに内野を仕切る天才

ショートで高打率を1シーズン維持出来る天才

金本以上の鉄人の体と精神力を備えた天才


掛布、岡田、和田に続く、最高級の生え抜き


来年こそ、複数年契約が出来る様な
素晴らしいシーズン成績と、環境つくりが
実現出来ることを願っている

とにかく残留に関して感謝の気持ちしかない

残留に感謝。。。。。生え抜きでは鳥谷以外
そんな感覚を持てる選手が今は居ない


さて、話は変わるが、メッセンジャーは
どうやら3年契約で契約更新が実現出来そうだ


MLBの評価は決して悪くなかったが
阪神の評価の方が、彼にとっては嬉しい内容で
あったことは間違いないだろう

今月15日までMLBからの誘いを待つそうだが
この調子であれば、阪神残留濃厚である

彼にとっても、聖地のマウンドはきっと
大のお気に入りだろう


あとはマートンである
彼が来年の打線の軸となることは間違いない

彼が複数年契約を結んでくれれば、
ホントに一安心なんですけどね(汗)


最後に、鳥谷よ!
3割20本、100打点を!

そこでMLBの誘いが来ても
縦縞一本の気持ちを持たせるような
環境つくりを、球団でしっかりと作り上げて欲しい


残留、本当にありがとう
これで女性ファンも来季も安泰だ(笑)
鳥谷ファンである女性の皆さん
来年も聖地で鳥谷が見れますね^^

良かったです^^

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2011 Tigers

2013年11月06日

捕手育成を逃げる補強に断固反対!




鶴岡獲得調査の報道が流れた
自分の中では想定内の流れであるが
記事にして訴えてみようかな?っと(笑)


正捕手不在は、
城島離脱以降ずっと続いている
日高補強は打撃面と榎田専属以外は
正直ピリっと来なかったのが本音である


先日、小宮山の記事を書かせて頂いたが
大反響を頂いたのだが。。。。。
小宮山なら原口だろうという意見も多く寄せられた


原口は、育成登録なんですよね
捕手の一番重要な腰を痛めてしまって
ヘルニアは慢性化して当たり前の持病ですので

とにかく、育成登録して、治療に専念してました

フェニックスでは、マスクをかぶり
打撃面では特に活躍をして3割5分代をマークした

ただ、大事なことは、捕手は育成期間に時間を要する

治療で割いた時間が原口にとって本当に痛かった

配球やデーターを叩き込む時間はゆっくりと
もらったのは事実だが、やはり投手は人間

データー通りに物事が進まない世界

とにかく、マスクをかぶって経験を重ねることが第一



スライダーのキレが悪い投手
制球全体が高めに中に入りがちな投手

フォークが落ちてくれない状況など

最悪の状態を嫌と言うほど経験を積んで

どうやって?この状況を乗り切れるか?

まずはファームで死ぬほど経験を積む必要性がある

つまり、まずはファームでじっくりからリスタート

フェニックスなんて、1軍のペナントに比べれば
評価する値とはかけ離れてますので(笑)

スイングがしっかりしてるか?
守備面、配球面で落ち着いた対応が出来ているか?等
次へ繋がる評価を得ることが出来るが
それ以上の事は、ぶっちゃけあまりないのが現状

ただ、プレーをして体調面や技術面などの
チェックが出来るだけでも大きな価値はあるだろう


原口の打撃力は確かに魅力的
だからと言って、今成の様なコンバート扱いを
とっとと来年されては困るのが私の本音である


ただ、阪神の悪い癖は、とにかく治療がお粗末

怪我で治療を要する選手に対しても、とにかく急げ!
もう行けるか?位の勢いで、治療よりも復帰を第一に捉え
使うことを根本に考えて選手潰す傾向が強いので

まぁ、金本、城島、福留と完全に
怪我人酷使で潰してしまったでしょ?

マスコミも球団の一番悪い体質である
怪我人酷使を叩かないのが不思議


私は今でも鮮明に覚えている

落合GMが昨年虎バンで話した内容で

「俺だったら、城島をファーストで使うかではなく
どうやって城島を捕手として復活させるか?を考える」



中途半端な起用はしない
ブレのない方針で、とにかく治療


あの状態の城島を何とか、捕手として復活させることが
出来ないだろうか?という本気の姿勢を
トークで示していた

これがブレない方針であり、
選手個々のポジションを重視した姿だったと思う


阪神首脳陣にはそれが足りないと思う

大和には出来て、福留にはしなかった

その結果が、
福留は最悪、オフに再度オペの可能性を引き起こした

トレーナーで何とか終わらせようと必死になる
新井貴浩のリハビリや、城島のリハビリもそう

名医に速攻送らず
鳴尾浜で様子を伺う長期間の時間の無駄と
意味のない引っ張り方をどうしても考えてしまう

選手はオペをすることを、確かに嫌う
傷を開けば、リハビリで時間を要するからだ

でも、数年後や来季などを考えれば、
正しい決断を下してやるのも上司として
大事なお役目だと思うのだが。。。。。。

原口に関してもそこが、私個人的に不安材料でもある

ただ、育成登録して、治療に専念させた事に
完治に近い状態まで持って来れたと信じたい


さて、鶴岡獲得への調査の報道が流れた
私はその件に関して、球団に首をかしげている

優勝を狙う為に、必要な捕手である事は分かるが

では、日高はなんだったのか?と言うことになる

小豆畑を獲得し、日高を補強し
梅野を獲得し、今度は鶴岡も獲得するのか?


確かに正捕手不在は痛い
だが、補強すればいいってもんじゃないだろう?


捕手登録、更に捕手出身の選手だけで
9人から10人存在する球団

捕手を育成できない、体たらくな球団として
恥を知るべきである



先日、中日落合GMが非常にいい仕事をした
波留打撃コーチと、
達川バッテリーコーチの契約である


落合GMの凄い所は
強化課題に、急いで指導者を注ぎ込んだ事

波留さんは横浜打線を構築して
統一球に対応すべく指導力が長けている凄腕コーチ

波留さんの獲得はとにかく早かった
下手すれば、彼が一番統一球を芯で捉え
遠くへ飛ばす指導力を持っているかも知れない


更に谷繁が監督も兼ねることで
捕手育成が最も重要課題

そこに達川バッテリーコーチを獲得

打撃、捕手強化の2点を速攻
指導者獲得で、秋のキャンプからギンギンに
鍛えこんでいる事は間違いない

指導者に惜しみなく力を注ぐあの仕事ぶりは
正に早業の本気の姿勢が伺える


では阪神はどうだろう?
大砲獲得。。。。。。捕手補強

選手に大金をつぎ込む相変わらずの姿勢


確かに山田バッテリーコーチの存在で
捕球能力は向上した
黒田ヘッドコーチの配球術でチーム防御率も
実に安定したことも事実

吉田バッテリーコーチがファームへ
下がったことで、清水の配球も実に素晴らしかった

しかし、正捕手が固定出来ない

何が原因だろうか?

私は思う
山田さんと吉田さんが1セットのレベルでは困る

達川クラスのバッテリーコーチが
絶対的に阪神には必要なのだから


打撃と長打力強化
内野守備の徹底強化

中村GMはこの点に重要課題を置いて
コーチ陣の配置をしたが。。。。。。

どうも解せない部分もある

良太と貴浩の為の高代コーチではないし
掛布やオマリーではないのだから


どうしても、この兄弟の底上げを根本とした
コーチ編成に見えてしまうのが
私の曲がった根性であると思うのだが(笑)

ただ、それを食う勢いで
他の選手にも鬼の指導力も見せてくれるだろう


しかし、私はもっともっと重要課題だったのは
捕手育成と正捕手固定だと思う

ファームで2割8分代をマークした小宮山
彼の課題は本当に捕球なんですよね

小豆畑は打撃と配球が大きな課題
原口の配球術と、制球の安定度


その育成に必要なのが、城島、矢野クラスの
バッテリーコーチが絶対に必要である

正捕手育成に凄腕コーチは絶対に必要

私は残念でならない事がある
城島は絶対に阪神にコーチとして来ないと思うし
矢野も和田政権の間は来てくれないと思う

その大きな原因が、彼達への待遇が悪く
いい引退への花道を作ってあげられなかった事だ

しこりを残す花束を渡しても
その後いいお付き合いは出来ないだろう

阪神球団と落合GMの大きな違いはなんだろう?

人脈、人柄、ブレない方針

明確な補強重要ポイントをしっかりと持っている事


いざという時に人材が揃えることが出来る
その陰には、義理人情や恩を与える様な
凄い信頼関係がそこにあったのだろうし
その積み重ねで、断ることもなく、有難く
全うする気持ちで引き受けるコーチ達が
存在しているのだと思う


いい選手を大金で獲得することに全否定はしない

だが、鶴岡獲得は反対である
獲得より育成

育成出来ずに獲得であれば、生え抜きの城島2世なんて
何時まで経っても育て上げられないだろう


我慢して、小宮山、原口、小豆畑、清水を育て上げろ
本気で我慢の起用と本気で今季ある指導を

それが出来なければ、いつまで経っても
正捕手なんて作り上げる事など出来ないはずである

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers

2013年11月05日

阪神和田と楽天星野の大きな違い




この日本シリーズは実に面白い試合が続いた

阪神ファンの半分以上が、巨人負けろムードで(笑)
まぁ、星野さんも佐藤コーチも元、阪神で頑張ってくれた
功労者と言うのもあって(笑)

似非楽天ファン現象が、繰り広げられた

とにかく私は、勝敗はどちらでも構わなかったが
セリーグ王者としての戦いぶりを見たかった

それと同時に、楽天投手陣の主力への対策
更に、打撃面での対応力も見たかった

阪神に出来ず、楽天に出来たか?

いやいや、そうでもなかった


オールスター前の阪神と、
日本シリーズの楽天は
実にそっくりだったと思う



投手陣が主力をしっかりと抑えて
先発投手をしっかりと打ち込めば
巨人を後手にすることが出来るわけだから

楽天の首脳陣は、完全にシーズン序盤の阪神の様に

とにかく芯に当てて振り抜こう!
大きい当たりはAJに任せて!
後はしっかりとコンパクトに振り抜こう!


そんな感じの打線に見えたのが私の本音

楽天の戦いを見て
シーズン序盤のタイガースは普通にしてたぜ


そう思いながら、巨人との対応力を見つめていた



巨人が後手に回る試合を見て、空しさを感じた

あまりにもセリーグの独走劇
パリーグ王者と弱すぎたセリーグ球団との
大きな差を感じていたのではないだろうか?


楽天の投手陣は完全に、阿部、坂本、ロペスを
完全に抑え込んでいた

この3人を抑え込めば、やはり、怖いのは村田と
長野という図式がしっかりと出来上っていた



最少失点で何としてでも戦う
この姿勢は、今年のオールスター前の
阪神でも持っていたが

あまりにも同じ投手
同じ配球で最後にはもう
完全に手玉に取られてしまった



楽天は短期決戦というステージで
阿部に対しては、空振り三振ではなく

打たせて取るピッチングに徹していた

ここが阪神より凄い所だったんだろうね


インローへの変化球攻めと
インコースボール球のストレート


堂々と腰のラインへ投じていた投手陣
特に昨日の美馬をみて度肝を抜かれた

インコースのストレート
少し中に入れば本塁打コース


さすが佐藤コーチ
ここは徹底して練習させた様だ

このコースのストレートはノミの心臓では
絶対に投じられないのが現状

藤井にはとてもとても無理だし(笑)
投手陣もつい甘く入って失投になりがち

それを日本シリーズで堂々と、様々な選手が
インコースのボール球を攻めまくっていた


アウトコースへの布石のインコース
腰のラインへのストレート

フォークやカーブへの緩急への布石



このインコースへの攻めが功を制した

フォークやカーブを悉く引っかけて
フライアウトのヤマを築いた巨人主力バッター

正に開幕当時の榎田や能見を見ている様だった


これを逃げずに行った
楽天投手陣と佐藤コーチ

これはまさに脱帽であった

苦手コース

特に則本のスライダーとフォークを
最大限に活かした配球術
美馬のシュートを最大限に活かした配球術

これぞ、正に
ID野球そのものだっただろう



短期決戦特有の情報合戦に
圧勝した楽天の凄い偵察力に脱帽であった


阪神投手陣はどうだっただろう?
最後まで巨人戦は大崩した試合が少なくて
非常に良かったと思うが。。。。。

やはりアウトコースを叩かれてしまい。
ここ一番で痛い失点で負けている


特に後半は、藤井と日高がもう及び腰の配球で
アウトコース一辺倒で、インコースのストレートを
要求しても、首を振った投手に攻めさせなかった

インコースのボール球への度胸と制球
これは、逃げて通った感があった


この配球では、広島戦も連敗で負けたのも頷ける



もう一つが打線である
あの巨人打線に打ち勝つ打線の源は?

そう、AJ以外は、本当に大きな当たりを
必要以上に狙っていなかった事が大きい

とにかくコツコツと打たせてましたね


阪神との大きな違いは
杉内にしても、内海にしても
スライダーを狙いに左を並べた事です

チェンジアップでやられまくってた
阪神右打線に対して、星野楽天はあえて左打線


完全にスライダーとストレートを狙い撃ちして
コツコツと点を取りに行ってました

首をかしげる巨人投手陣
阿部の配球が通用していないのだ


楽天偵察陣のデーター通りの配球
必ずストライクカウントを取りに来る
スライダーやストレートを迷わず
コンパクトに振り抜いていた


先発が疲れる前に先制点を!


これはどんな形であれという姿勢が伺え、
走力、ヒッティングから全て一か八か?
かなり強気で引っ掻き回してました

バント?
え?打ちに来た


ゲッツーも恐れず、しっかりと振りに行く

軽くコンパクトに振り抜く楽天打線

ストライクゾーンに来た球はとにかく当てに行く

この姿勢は、和田阪神にはなかった


中継ぎ陣では打ち勝てない可能性が高い
それだけマシソン、山口のラインは強烈

この二人が出た時は確かに苦戦している


それは阪神も楽天も一緒だった

ただ、先発と澤村の落し方は完全に
楽天の方が上手かった



繋がる打線
大振りをする打者がAJ以外居ない

この打線を阪神を作り上げるべきだ

新助っ人と福留、マートン以外は
もう軽く振り抜くだけでいい位の勢いで

とにかく繋がる打線でいいと思う

統一球に勝ちたければ、まず繋がる打線
大きいのは大振り2人位でいいのだから

広い甲子園&統一球

この本塁打に不利な条件が重なっている

掛布さんと土屋さん、オマリーにかかっていると
沢山の記事に書かれていますが

機動力、守備力の中に大砲が2人居れば十分
後は、20本弱が2人プラス居れば
十分戦えますよ


繋がればいいのだから


僕が彼達に求めるのはただ一つ

統一球を弾き返せる打線
ムーブするボールを捉える打線



デカい当たりもそうだが
それ以上に、求めるのは繋がる打線かな?


機動力をフル活用したいのが和田さん

彼は大砲を揃えたいわけじゃない

大砲が居なくて困ってるのは
3〜5番の4、5番だけだから


それ以外は繋がればいい方針だと思う

その方針に私は賛同している

統一球で本塁打量産なんて
相当打撃レベルが高くないと無理

今のメンツではとてもとてもキツイのが
現状だと思う

今やれるトータル野球
最後まで付き合いたい気分である



最後に
楽天が勝ったが、紙一重だった

星野監督の采配は完全なる特攻服だった

数少ない調子のいい投手陣をフル活用

その場凌ぎなんですよ。。。あれは
あんなの無謀としか言いようがない位
則本と田中を使いまくりましたので

それが短期決戦なんですよね

それが短期決戦の勝ち方なんでしょう

普段着で戦った和田と原監督

特攻服で戦いを挑んだ投手陣の楽天


そこには監督以上に
データー合戦に勝った、有能スコアラーと
Gメン達が居たことを忘れてはならない


楽天にあって阪神にないモノ
それは情報力
情報力にいい人材、いい機能を重視し
しっかりと投資してた事だろう



星野監督にあって和田監督にないモノ
人脈と人情
厳しさと我慢の起用
選手への信用



この大御所は確かに器がデカかった

この大御所を躊躇なく送り出した阪神フロント


優勝を本気で目指すならば
選手補強投資金額よりも
情報スタッフとコーチ陣への投資の方が
ずっとずっと大事だと思う

落合は補強を我慢して、最低限に抑え、
情報力とスタッフに力を入れる


中日に落合がついた
掛布のカードがどこまで通用するか?

もう少し静観して秋季キャンプを見守りたい

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers

2013年11月03日

今成サードコンバートの可能性



秋季キャンプも始まり
掛布GM付(以下省略)さんも安芸入りした

高代守備走塁コーチが本腰を入れているのが
サード今成のコンバートである

掛布が良太のスイングを見届ければ
高代さんは今成のサードの鬼のノック1時間

このサードポジション争い
皆さんはどちらに期待をかけますか?



良太は踏込足を小さく上げる様にして、
更にテイクバックを狭くして
全体的にスイングをコンパクトなスタイルに改造中

昨日の掛布立ち合いの打撃練習でも
手応えを双方に感じられた様子だ

これは、本当に大きな前進であると捉えたいが
絶対に、この男に全てを賭けるとは思えない


何故ならば、
打撃の天才今成
がそこに居るからである


今成は捕手登録のまま、シーズンを終えたが
実際はライトを守っていた
数試合ファーストも守っていた


私は彼の肩の強さを理由に、サードコンバートを
提案したことが、虎心不動でも9月に書いた


そのコンバートが現実味を増してきた事に
高代さんの指導力に大きな期待を抱く


打撃面で今成を高く評価するならば、
変化球への対応力は、恐らく、鳥谷並みの
素晴らしい技術力を持っている

カーブをしっかりと叩けるのは
恐らく阪神では今成はトップクラス



昨日、坂本が田中初球のカーブを
見事に弾き返したシーンを見た
本塁打の打球ではなかったが
綺麗に弾き返していた

ああ、坂本が本調子になったと確信した瞬間だ


巨人打線の、阿部と坂本、ロペス、高橋が何故?
急に楽天投手から打てるようになりつつあるのか?

簡単です

カーブマシーンを徹底して叩いて
溜めの見直しをして挑んだからです


もしかしたら、セカンド、ショートからの
山なりのボールを打つ練習をして、


溜めの見直しをして
力みを改善
壁を作った溜めの見直し


を行ったと思われる

これが、昨日の坂本と阿部、ロペスの復調に
繋がって来たのではないか?と読んでいます

速球投手が繰り出すカーブは本当に厄介です

スタンのスパイクカーブも凄いですね


150キロクラスの速球がある投手のカーブは
最大の武器になります

溜めを崩すタイミングをズラす大きな効果があります

緩急って奴ですね^^



阪神打線は、2ストライクになるまで
カーブを深追いすることはあまりしません

引っかけて、凡打を打って、相手投手の球数を
減らす貢献をするのであれば、2ストライクまでは
手堅く、カーブには手を出さない方がいい

確かに早打ちがいいわけではないし
引っかけて球数をエコ貢献するのは良くない

しかし
私はその方針が心底気に入らないのだ

ファール狙いでもいいじゃない?
振らなきゃ何も始まらないのだから

同じストライクを取られるなら、見逃しよりも
ファールの方が、絶対に価値があると感じるからだ


今成は今季1軍に上がってきて代打起用から始まった

カーブをファールしてウンウンと頷くシーンが
多々見られた

広島戦でマエケンから安打を放ってたのも
カーブもしっかりと頭に入れたスイング

そう、溜めと壁を第一としたスイング
を心掛けていたから打てたのだろう


今成と俊介は
水谷打撃コーチの置き土産
なのだから
彼をフル活用しなくては絶対に意味がない


機動力を重視するなら
サードに上本が手堅いのかも知れないが

上本は上本でセカンドショートがお似合いである
あの体格はサード向きじゃない

どうしても彼を使いたいのであれば
彼こそ、外野コンバートするのも一つの手段
ただ、肩に関しては、未知数である

そこは球団の判断を見守るしかないが



来季の外野も熱い
マートンはまだ来季の構想としては不透明だが

福留は鉄板だろう。。。。。。。
体調が良ければの話ね。。。。。。。


センターは大和がいい
それは盗塁能力が高いのと、守備範囲が実に
広く、マートンも福留も彼の守備範囲には
随分助けられているだろうから。。。。


そうなるとライトはどうなるか?
私は福留の状態次第では、俊介がいいと思う

俊介も水谷コーチの指導で開花した選手の一人
打数をこなしても、打率がなかなか下がらなかった

これはチームにとても大きな起爆剤となるが
どうも、今の首脳陣は俊介を高く評価してない気がする


俊介も今成同様に、左右病の対象にせず
どんどん使い込むべき人材だと思う


俊介に限らず、彼の打撃向上が、
関川、オマリー、高橋体制になっても
変わらず好調を維持できれば、問題ないのだが、



問題は、
打撃コーチが変わった事なんです

これは意外と大きな影響を及ぼします
吉と出るか?凶と出るか?

これは蓋を開けてみなければ分からないのが現状



オマリーの流し打ち講座と溜めの講座はピカイチ
その打撃理論と配球理論の高さが彼の持ち味

右打者のアウトコース対策は、必ず効果を
もたらすと思いますが。。。。。

特に右打者の大砲系に
アウトコースを引っ張らせなければ意味がない


流してヒットを4番にやらせても、
今年と同じ結果に繋がるはずです


まずは大砲には、
インコースへの対応力
アウトコースを引っ張るスイング



これをとにかく成就させなければ
チーム本塁打年間100本超えなど
夢話にしか過ぎないのだ



さて、話が大きくずれてしまったので
今成の話に戻りたいと思うが

彼の一番のポイントは、当てることが旨い事
これは本当に高く評価すべきである

カーブ、チェンジアップに対して
しっかりと合わせて当てることが出来る

つまり、変化球を待って打てるタイプである

だから、サードにコンバート案が出たんでしょ?

だって打てるもん、この子wwww



阪神打線全体の流れとしてね
スライダー、チェンジアップに合わせられても、
カットボール、ツーシーム系に
合わせられない打者が阪神には多過ぎる



更に、カットボールに合わせられても
シュートと抱き合わせになれば、
全く打てなくなる打線が阪神の特徴である

だから藤井が打てないのだ
だから前田が打てないのだ


いつまで経っても彼達二人を打てなかったのは

小さくムーブするボールに対して
対応出来ず、大振りバッターがゴロゴロしてた

この原因に尽きたと思う

これが水谷打撃コーチが最後まで
宿題として残した仕事だったと思う
ここまで出来なかったんだよね。。。



その修正に挑んでいるのが良太であるし
貴浩もそうしなければダメだろう

福留もそう

2割5分を下回った打者は結局は
飛ぶように騒がれた統一球の魔物に
ささやかれ、ストレート感覚でカットボール
ツーシーム、シュート系をブンブン振り回して
結果的に、低打率でシーズンを終えてしまった

水谷コーチの指導よりも
己の癖と感覚を優先すれば、そうなるのだ

大減俸して大いに反省させるべきである


だから
掛布クラスの大御所コーチが必要だった

福留クラスを締め付ける位の指導が
出来るのは、本当に掛布クラスなんですよね
貴浩は水谷さんの指導に従ってましたけどね(笑)

良太、貴浩、福留クラスは
秋、春のキャンプで徹底して鍛えてもらいたいです


今成がシーズン終盤にスランプに陥ったのは
完全に疲労蓄積だった

まず、こんなに1軍の試合出てませんでしたし(笑)

更に外野コンバートされ、試合前の練習面でも
相当気力体力を使い果たした後での
試合出場が続いていたと思われる

確かに疲れ果てて、疲労蓄積が出て
本来のスイングが出来な方時期があった


そんな彼に対して、この秋からサードコンバートを
本気でノックの鬼である高代コーチに
鍛えてもらっている事は実に素晴らしい事^^


開幕からサードを張らせる覚悟で
この時期から発起で彼を鍛えるのであれば。。。。。

来年春のキャンプインから
サードモードで、かなり打撃面にも集中し
紅白戦からオープン戦、そして開幕へと
理想的な形で挑めるのではないだろうか?


今成、良太と上本で争われるであろうサード

ゴメス(仮)と貴浩で争われるファーストよりも

活躍の場の可能性が非常に高い
サードに今成をコンバートしょうと試みた
高代さんの判断は絶対に間違っていない



良太VS今成の図式は、
私個人的にはワクワクしてくる

送球精度と肩は圧倒的に今成なのだから
捕球技術をどこまで向上させられるか?


あの良太も落合監督から相当ノックを受け
扱かれた一人である
その良太がどうして、あの捕球能力なのか?

結局センスと言うことになってしまう

送球精度に関しても同じことが言える

これは良太ファンにとっても口答えが出来ない位
明白な結果がプレーでバンバン出てしまっている

今成だって同じ道を辿るかも知れない

しかし、やってみなければ分からない
だから秋から必死こいて吐くまで受け続けるべき

良太に勝ちたければ、
まず、サード守備を確立させる事


更に、打撃面でも、サードとなれば、長打力を
高く求められるポジションなので
今年以上のアベレージと飛距離を求められる

当てるセンスは抜群
平野並だろう

だが、今成の体格は平野とは大きくかけ離れている

お前は飛距離が出せる体格なのだから
当てて満足だけでは、サードは無理だよ
ファーストも無理だよ

当てて満足なだけなら、
外野か?代打起用で終わりだよ


それ位の、気持ちで、本気でサードでスタメンを
良太から奪い取る勢いで頑張って欲しい


何故?今成寄りの記事なのか?

捕手 → ライト → ファーストと
この流れをこの1年でシーズン中で敢行された

更に今度はオフシーズンでサードを本気で
コンバートさせようと球団はしている


打撃センスが高いが故にの流れだけにね

これは凄い事だし、
その反面気の毒な部分でもある

捕手を捨てるという決断

これは本人にしか分からないよ
捕手経験者である僕には分かるもん

相当葛藤してたと思うよ


彼は打撃面で高く評価されてこのコンバートを
監督の気分でシーズン中にやらされた
ある意味被害者なんだから

サードでドッシリ腰を据えて
チームに貢献して、己自身の野球人生に
このポジで俺は飯を食うと覚悟して欲しいから


アベレージと飛距離
そしてサード固定化



今成に期待するファンは良太ファン同等に多い

死に物狂いでポジション争いをすべき
吐くまでぶっ倒れるまで
高代さんに鍛え上げてもらえ!!

掛布さんにも鍛えてもらえ!
せっかく活躍できる阪神に来たのだから
最後までスタメン争いに勝つ勢いで
頑張って欲しいですね^^


最後に彼の肩と制球は
既に良太よりいいはずです

捕球さえこなせれば期待できますよ
村田みたいな守備をこなして欲しいですね
打撃も村田並になって欲しいですね

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 13:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers

2013年11月01日

掛布にユニフォームを与えよ!



阪神の来季のコーチ、スタッフの決定が
球団サイトから正式に発表された

オマリーは打撃コーチ補佐
補佐という肩書を外せwwww
肩書につけ足しをするのが本当に好きな球団だ(笑)

関川打撃チーフコーチ
オマリー打撃コーチ
高橋打撃コーチ

これでええやん?と思うわけです(笑)


肩書に私は、ちと疑問を持っておりまして(笑)
虎心不動がFBで運営している
阪神猛虎愛クラブに、長文のコメントを書いて

虎心不動の記事にしようと思いました

熱烈な掛布ファンの方には
多少イラっとする記事かも知れないです(汗)


掛布さんの肩書は

GM付育成&打撃コーディネーター

では、その前半部分を削れば

打撃コーディネータとなるわけです
打撃コーディネーターとは何ぞや?


春季、秋季キャンプの打撃コーチ
シーズン中は個別に打撃指導を行う

この掛布の存在に、大きな期待を持つファンが多い

私は、実に不満を抱くようになった


打撃コーチではなくコーディネーター
つまり、ユニは着ず、ジャージ姿で指導する

更にシーズン中は、ベンチに入れず
試合中の指示も出せず、試合中の指導も出来ない

また、GM付という肩書を見れば一目である
球団社長の南さん、球団部長達と対等に
意見交換が出来る立場でもある

毎試合、ファームの試合を観戦出来る筈がない

スランプの入り口に差し掛かった時こそ
打撃コーチの一番のお仕事である

疲労蓄積という大敵にフォーム修正をガッツリかける

フォーム修正こそ、打撃コーチの腕の見せ所である


そう、打撃コーチの腕の見せ所
つまりコーディネーターの仕事としては
そこまで詳細な部分に携われない可能性も高い

付っきりじゃないんだから。。。。。。
そうでしょ?



中途半端なんですよ
採用した球団も、掛布さん本人もね


球団に
どこまで本気で彼の技術を頼りたいのですか?

どこまで本気で若虎を育て上げたいのですか?

掛布さんに
GM付と言う肩書を見て思うのが

球団も掛布さんも
何がしたいんですか?

って感覚に陥ってしまう自分が居るわけです


久万オーナーからの冷遇を引きずり続けた球団
氷解すべき掛布復帰待望論の現状は


監督よりも地位の高い、
若手育成コーディネーター

それこそあの世で
久万さん激怒してると思う



本当に久万オーナーの呪縛を解きたい
世間からの冷めた目を取り外したい


その気持ちが球団も掛布さん本人も
本気で考え取り組むのであれば。。。。。


ファーム打撃コーチから這い上がれば
いいだけの事だと思ったのが私の本音である



立場も仕事内容も中途半端な状況
中途半端な採用で、意気込みでは

結果も中途半端に終わるに違いない


もっともっと掛布さんの本気の姿を見たい
もっともっと球団の本気な姿勢が見たい


理屈や理想なんてどうでもいい
結果を出せば、誰も文句を言わないのだから


掛布さんは一つだけ甘く見ている
統一球は、外で見るよりもずっとムズい

手元で小さく曲がる傾向が強いし
その変化が各投手によって違う


統一球は低反発数値が先行して注目されがちだが
統一球で、投手有利は全然払拭されていない

巨人打線が甲子園がホームならば
30本以上はチーム本塁打減るだろうし
逆に阪神がドームが本拠地ならば20本は増えてた

詰まった辺りが本塁打になるケースが多いのが
ドームランなんだから

フェンスを3m位高くしたら、認めるよww
巨人打線をね

芯に当てなきゃ、弾丸ライナーのホームランは
厳しいのが現状なんだから

手元で小さく曲がるから
技術力の低い打者が軒並み落ちこぼれ組になったし


打撃コーチも統一球で
職を失っているケースも多い


それだけ芯に当てる技術者が少ないし
それを叩き込むのが難しいって事



楽天がどうしてこんなに強いのか?
デカイの狙ってないからですよ
コンパクトに振り抜いているからです

芯に当てるのを根本としてプレーしているから
打線が繋がるんですよ

大振りして巨人はしくってるんですよ

だから、今求められているのは
統一球に対応出来るコーチなんですよね


インタビューで聞く掛布論を聞いて
そんなに甘くないよと痛感した



低反発よりも、縫い目と素材が厄介なんだから
それが手元でギュンギュン曲がる原因なんだから




飛ぶボール感覚の理論や精神論なんて
俺でも喋れると思うから

そんなインタビューで期待感を持たせるのであれば
秋季キャンプから徹底して、結果に向けて
本気で戦って欲しいですね


芯に当てて
コンパクトに足腰で振り抜く
最重要課題は
バットコントロール重視
ヘッドをブレずに
選球眼向上重視



掛布さんはそれは理解しているはず
それを短期間で自分の許される時間内で
若虎達を開花させることが出来るか?

結果的に若虎達は土屋さんの指導力に
期待がかかっているのが現状なのかも知れない

掛布さんに打撃コーチというポジションを
与えなかった球団体質に残念に思う

GM付という逃げ道を与えた球団に
改革心の無さに残念に思う

掛布を守ってはダメ
彼はコーチとして結果を出すべき人材


選手もコーチも結果が全て
掛布さんに聞きたい

貴方は地位が欲しいのですか?
ユニフォームが着たいのではないですか?



俺は本気で若虎を育てたい


その気持ちに嘘はなかっただろうし
今でもそうだと思う
冷遇なんてクソ食らえでしょ?

天国で見守る久万さんに対しての
御恩返しをしたければ
もしくは、見返したいのであれば
真剣に若虎育成で結果を出すことだけに
集中したかっただろうに。。。。。

GM付を受けた段階で
球団、掛布さんに対して

地位を与えて中途半端な事をさせる
結果を招いたと、実に残念な気持である



GM付を断って欲しかった
和田監督よりも地位が高いのは
僕個人的に、気分が悪い

大先輩で経験値も高い掛布さん
でも、呪縛を解き放きたければ
打撃コーチで結果を出せば、
マスコミ、ファンも一発で納得するだろうに

どこかしらに
掛布さんのプライドが邪魔をしている感がしてね


まぁとにかく結果重視の世界
掛布さんには本当に、自分自身と若虎と
そして統一球と戦って戦いまくって
結果を出して欲しいですね



最後に

フリーで打てて
実戦で打てない

これが統一球の怖い所


である

手元で小さく曲がるんだよ
統一球ってのは。。。。。。



スーツ姿の掛布さんはどうでもいい
解説者で十分見れる
権力権威、決定権なんて中村さんだけでいい

コーディネーターなんてどうでもいい

ファンが見たいのは
掛布さんのスーツ姿やジャージ姿ではない
ユニフォーム姿が見たいのだから


*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 09:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers