虎心不動TOP

.com/txcou

2013年11月06日

捕手育成を逃げる補強に断固反対!




鶴岡獲得調査の報道が流れた
自分の中では想定内の流れであるが
記事にして訴えてみようかな?っと(笑)


正捕手不在は、
城島離脱以降ずっと続いている
日高補強は打撃面と榎田専属以外は
正直ピリっと来なかったのが本音である


先日、小宮山の記事を書かせて頂いたが
大反響を頂いたのだが。。。。。
小宮山なら原口だろうという意見も多く寄せられた


原口は、育成登録なんですよね
捕手の一番重要な腰を痛めてしまって
ヘルニアは慢性化して当たり前の持病ですので

とにかく、育成登録して、治療に専念してました

フェニックスでは、マスクをかぶり
打撃面では特に活躍をして3割5分代をマークした

ただ、大事なことは、捕手は育成期間に時間を要する

治療で割いた時間が原口にとって本当に痛かった

配球やデーターを叩き込む時間はゆっくりと
もらったのは事実だが、やはり投手は人間

データー通りに物事が進まない世界

とにかく、マスクをかぶって経験を重ねることが第一



スライダーのキレが悪い投手
制球全体が高めに中に入りがちな投手

フォークが落ちてくれない状況など

最悪の状態を嫌と言うほど経験を積んで

どうやって?この状況を乗り切れるか?

まずはファームで死ぬほど経験を積む必要性がある

つまり、まずはファームでじっくりからリスタート

フェニックスなんて、1軍のペナントに比べれば
評価する値とはかけ離れてますので(笑)

スイングがしっかりしてるか?
守備面、配球面で落ち着いた対応が出来ているか?等
次へ繋がる評価を得ることが出来るが
それ以上の事は、ぶっちゃけあまりないのが現状

ただ、プレーをして体調面や技術面などの
チェックが出来るだけでも大きな価値はあるだろう


原口の打撃力は確かに魅力的
だからと言って、今成の様なコンバート扱いを
とっとと来年されては困るのが私の本音である


ただ、阪神の悪い癖は、とにかく治療がお粗末

怪我で治療を要する選手に対しても、とにかく急げ!
もう行けるか?位の勢いで、治療よりも復帰を第一に捉え
使うことを根本に考えて選手潰す傾向が強いので

まぁ、金本、城島、福留と完全に
怪我人酷使で潰してしまったでしょ?

マスコミも球団の一番悪い体質である
怪我人酷使を叩かないのが不思議


私は今でも鮮明に覚えている

落合GMが昨年虎バンで話した内容で

「俺だったら、城島をファーストで使うかではなく
どうやって城島を捕手として復活させるか?を考える」



中途半端な起用はしない
ブレのない方針で、とにかく治療


あの状態の城島を何とか、捕手として復活させることが
出来ないだろうか?という本気の姿勢を
トークで示していた

これがブレない方針であり、
選手個々のポジションを重視した姿だったと思う


阪神首脳陣にはそれが足りないと思う

大和には出来て、福留にはしなかった

その結果が、
福留は最悪、オフに再度オペの可能性を引き起こした

トレーナーで何とか終わらせようと必死になる
新井貴浩のリハビリや、城島のリハビリもそう

名医に速攻送らず
鳴尾浜で様子を伺う長期間の時間の無駄と
意味のない引っ張り方をどうしても考えてしまう

選手はオペをすることを、確かに嫌う
傷を開けば、リハビリで時間を要するからだ

でも、数年後や来季などを考えれば、
正しい決断を下してやるのも上司として
大事なお役目だと思うのだが。。。。。。

原口に関してもそこが、私個人的に不安材料でもある

ただ、育成登録して、治療に専念させた事に
完治に近い状態まで持って来れたと信じたい


さて、鶴岡獲得への調査の報道が流れた
私はその件に関して、球団に首をかしげている

優勝を狙う為に、必要な捕手である事は分かるが

では、日高はなんだったのか?と言うことになる

小豆畑を獲得し、日高を補強し
梅野を獲得し、今度は鶴岡も獲得するのか?


確かに正捕手不在は痛い
だが、補強すればいいってもんじゃないだろう?


捕手登録、更に捕手出身の選手だけで
9人から10人存在する球団

捕手を育成できない、体たらくな球団として
恥を知るべきである



先日、中日落合GMが非常にいい仕事をした
波留打撃コーチと、
達川バッテリーコーチの契約である


落合GMの凄い所は
強化課題に、急いで指導者を注ぎ込んだ事

波留さんは横浜打線を構築して
統一球に対応すべく指導力が長けている凄腕コーチ

波留さんの獲得はとにかく早かった
下手すれば、彼が一番統一球を芯で捉え
遠くへ飛ばす指導力を持っているかも知れない


更に谷繁が監督も兼ねることで
捕手育成が最も重要課題

そこに達川バッテリーコーチを獲得

打撃、捕手強化の2点を速攻
指導者獲得で、秋のキャンプからギンギンに
鍛えこんでいる事は間違いない

指導者に惜しみなく力を注ぐあの仕事ぶりは
正に早業の本気の姿勢が伺える


では阪神はどうだろう?
大砲獲得。。。。。。捕手補強

選手に大金をつぎ込む相変わらずの姿勢


確かに山田バッテリーコーチの存在で
捕球能力は向上した
黒田ヘッドコーチの配球術でチーム防御率も
実に安定したことも事実

吉田バッテリーコーチがファームへ
下がったことで、清水の配球も実に素晴らしかった

しかし、正捕手が固定出来ない

何が原因だろうか?

私は思う
山田さんと吉田さんが1セットのレベルでは困る

達川クラスのバッテリーコーチが
絶対的に阪神には必要なのだから


打撃と長打力強化
内野守備の徹底強化

中村GMはこの点に重要課題を置いて
コーチ陣の配置をしたが。。。。。。

どうも解せない部分もある

良太と貴浩の為の高代コーチではないし
掛布やオマリーではないのだから


どうしても、この兄弟の底上げを根本とした
コーチ編成に見えてしまうのが
私の曲がった根性であると思うのだが(笑)

ただ、それを食う勢いで
他の選手にも鬼の指導力も見せてくれるだろう


しかし、私はもっともっと重要課題だったのは
捕手育成と正捕手固定だと思う

ファームで2割8分代をマークした小宮山
彼の課題は本当に捕球なんですよね

小豆畑は打撃と配球が大きな課題
原口の配球術と、制球の安定度


その育成に必要なのが、城島、矢野クラスの
バッテリーコーチが絶対に必要である

正捕手育成に凄腕コーチは絶対に必要

私は残念でならない事がある
城島は絶対に阪神にコーチとして来ないと思うし
矢野も和田政権の間は来てくれないと思う

その大きな原因が、彼達への待遇が悪く
いい引退への花道を作ってあげられなかった事だ

しこりを残す花束を渡しても
その後いいお付き合いは出来ないだろう

阪神球団と落合GMの大きな違いはなんだろう?

人脈、人柄、ブレない方針

明確な補強重要ポイントをしっかりと持っている事


いざという時に人材が揃えることが出来る
その陰には、義理人情や恩を与える様な
凄い信頼関係がそこにあったのだろうし
その積み重ねで、断ることもなく、有難く
全うする気持ちで引き受けるコーチ達が
存在しているのだと思う


いい選手を大金で獲得することに全否定はしない

だが、鶴岡獲得は反対である
獲得より育成

育成出来ずに獲得であれば、生え抜きの城島2世なんて
何時まで経っても育て上げられないだろう


我慢して、小宮山、原口、小豆畑、清水を育て上げろ
本気で我慢の起用と本気で今季ある指導を

それが出来なければ、いつまで経っても
正捕手なんて作り上げる事など出来ないはずである

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 09:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers