虎心不動TOP

.com/txcou

2013年11月10日

縦縞の9はマートンが似合う




一番重要視していた助っ人マートン
どうやら阪神のユニフォーム続投が内定した模様

今年は4番を長期任され、
今までになかった勝負強さを何度も見せてくれた
甲子園のサヨナラ2本は強烈なインパクトを与えた

彼のパワーヒッティングが甲子園でも
全然通用することが分かった事は、
あの当時阪神首脳陣にとって、本当に有難かったことだろう

スライダーは腰のライン、高めであれば
アウトコースでもレフとスタンドへ放り込む力があった

この技術力を貴浩、良太に教えてもらいたかった(笑)


彼はメッセ同様、MLB復帰を試みた一人である
やはり、母国でのプレー
世界最高峰と言われる、MLBでのプレーヤーは
母国の誇りだし、地元の誇りでもあるからね


その夢と同時に考えてくれてるのが
阪神球団への愛情だったと思う

確かに条件と言うのも、現実としてあるのだが


まぁ、よく決断してくれたなっと思うわけです

MLBよりも好条件を出したのは分かる
私も、虎心不動で、マートンであれば、条件丸のみで
大金叩く価値のある選手だと書いていました

内容はどうであれ
彼が契約を更新すること自体が凄く嬉しい


これはフロントの頑張りを認めてくれたのでしょう(笑)


マートンに対して、守備面で不満を言うファンは少なくない

特にシーズン夏場辺りになると、集中力が切れる癖もあり
傲慢なプレーに見えがちな守備が見えるのは正直ある

しかし、肩が使えないほど酷いわけではない
金本がレフト固定だった頃、マートンはセンターもやった
ライトでは、殆どミスをしなかった記憶がある


マートンのプレーは確かに悪い部分が目につく


誰が見てもそりゃないだろう?というミスを犯す


そのミスを取り返す打撃力が彼にある

その打撃力は、年に数回の大チョンボのミスを、
ベンチと野手にしか見えない
沢山のミスを含め、全てのミスの
穴埋め出来る程の打撃力を持っている


確かに不安要素もあるだろう

でも、それ以上に、彼はトラを愛し
虎に貢献していることを強調しておきたい




彼の打撃力の一番の要は、ID野球


メモを一打席一打席事細かに書き続け
そのデーターの蓄積は、恐らく、スコアラーにも
絶対に明記出来ない、凄い情報が入っている



スコアラーが見てストレート表記であっても
マートンのメモには小さなカットボールと表記してある

コース、球速、各級種別のリリースの特徴
各投手の変化球の軌道、配球パターンなど


その全ての投手のデーターが、彼のメモには
膨大な資料として残されているはずだ

だから狙った球種に迷いがない

確信を持って振り抜けるのだ

振り抜いているから、カットボールでも
打球が速くセンターへ抜けるのだ



更に各球審のストライクゾーンの癖まで
しっかりと明記されている

こんなに真面目で凄い助っ人は
見たことがない

彼は日本野球に向いているのではない
彼が日本野球に対応出来るようにしたのだ


赤星の代わりとして彼は入団した

しかし、彼は

「俺は赤星ではない、俺は俺のスタイルを貫く」



オマリーを超えた打撃の鉄人
バースに次ぐ安打の天才



そんな彼には生涯縦縞を纏って欲しい
彼が打撃コーチになった時

今以上の効果をもたらす時が来るだろう


マッドマートン
彼を球団は宝の様に大切に扱うべきである
将来の打撃コーチの約束をして
大金を叩いてでも、彼を手放してはならない


MLBの夢や家族の事だってある
それが助っ人の本心

私達には想像もつかない、海を越えた出稼ぎ

オフシーズンに悩むのは当然の事だろう

その彼が、複数年契約を結び
縦縞に袖を通してくれそうだ


彼は来年の打線の軸となる
4番ゴメスがコケタ時、彼の存在が絶対に必要


確かに守備は一流ではないかも知れない

しかし、助っ人で1番、3番、4番、5番、6番
これだけの打席をこなしながらも

リーグ最多安打を、4年在籍中3回も達成している

阪神4番になった瞬間
彼のテイクバックが広くなり、長距離を狙うスタイルになった

打率を下げる大きな原因を向き合いながら
最後は固め打ちで最多安打を獲得した彼を見て

わがままという言葉の微塵もないこの直向きな助っ人
チームの危機を理解して、リスクを背負って挑む姿勢

本当に凄い!

こんな優良助っ人を球団は
絶対に手放してはならんと


本気で考えさせられた

そのマートンが来年また縦縞に身を纏い
沖縄から帰ってきてくれそうだ


彼は打撃コーチになった時も
本当に凄い指導力を発揮してくれるだろう

阪神で一番、統一球を弾き返せる天才打者

彼を手放したら、阪神の猛虎打線復活は
随分遠回りをしなければならなかっただろう

中村GMも、和田監督も、胸を撫で下ろしているだろう

これでオマリーの助っ人ケアの仕事も
十分発揮される事だろう




もう一つの話題を(笑)

最近、掛布DCが「グラティー禁止令」を発するのではないか?と

報道されている記事を見た

皆さんはあのグラティーをどう評価なされていますか?

私は、球団公認の応援団が行う
相手投手の交代時に「蛍の光」を演奏しているが
あれは実に、低次元な演出だと思っている

そんなに相手を侮辱する演出をするならば
もっと違う角度から応援をすべきだろうっと


時代は流れ、世間の見方も変わっているのだから
そろそろ蛍の光をやめるべきだと思う


相手を侮辱して野球は勝てない
相手ファンに対しても失礼だと思う



ではグラティーはどうでしょう?

私はケースバイケースだと思う
なんでも本塁打でやるとね
縁起が悪いんですよアレ(笑)

やはり、ここ一番の場面でやるならいいんですけどね

球団も公認してグッズ売り出してるでしょ?

演出や商売もいいんですけどね

商売に走るなよwww利益取れるでしょうが(笑)



グラティーやって逆転負けとかね(笑)
桧山の最後のホームランで、試合に負けてて
CS敗退の危機の場面でも笑顔でグラティーなんてやられたら

冷めるんですよね
緊張感ねぇってね(笑)


8回の逆転とか、試合を決める決定的なホームラン
もしくはサヨナラホームランなどで行えばいいと思う


ちなみに私がFBで運営している猛虎愛クラブでは

グラティーは暗黙の了解で禁止としている(笑)
暗黙の了解と言うとメンバーに怒られるな(笑)

俺が管理人の特権を使って
コメ消しまくるんですよ((((((((((爆))))))))))


俺が縁起悪いから辞めろって言っるんですけどね(笑)
ウチの女子部がやりたくてウズウズしてるんですわ

消されるのにね(*´д`*)

そんなある日
女子部が勢いでやっちゃえって(爆)

ヤーってやっちゃったの(笑)

やったら本当に逆転負けしてネ(笑)
ほら言わんこっちゃないってなってネ(笑)

女子部が試合中にグラティーすると
猛虎愛で阪神は勝ったことないんですわ

だからやめろって言ってるのにネ!

それでも、隙あらば、顔文字グラティーしては
管理人に消されては、お互いに大爆笑みたなね

仁義なき戦いを繰り広げているわけです(笑)


それをリアルのグラティーで考えるならば


桧山現役最後のグラティーはそれと一緒だと思う
負けてる時に、あんなパフォーマンスなんてね

士気が高まる云々あるだろうけどね
実際にそれで勝った試合もあったんだろうけどね


球団公認で発表した後から
縁起が悪いったらありゃしない(笑)


やるタイミングをしっかりとわきまえれば
いいんじゃないかな?っと思うわけです


GM付の掛布さんがどうこうではなくね
ベンチの雰囲気とか試合展開によるって事で

蛍の光よりはいいんじゃない?(笑)
相手ベンチや投手に向けて指差してるわけではないから

でも、タイミング間違えれば、縁起悪いレッテルを
貼られると思うし、もう貼られていると思うから


空気読んでやらんから、GMに怒られるんだよね(笑)



マートンのサヨナラホームランのグラティーは良かった

ホームインした瞬間にマートンが西岡を探し
みんなでやった試合が続いた

あのグラティーは良かったなぁって思うんですよね

士気が高まるとか、ここ一番ってあるよね
西岡グラティーコーチの判断って事で

でも俺は消すよww女子部(笑)

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 02:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers