虎心不動TOP

.com/txcou

2013年11月14日

スタンリッジ退団決定的に想う事




阪神のフロント陣は、ファンから叩かれる立場
どこの球団でもそんな風習があるのだが(笑)
阪神に関しては、他球団よりファンが攻撃的に
フロントを否定するタイプが多い

ビルゲイツを完全否定しながらwindowsを愛する様な
微妙な立ち位置になるファンになるが(笑)
それもある意味、このチームのファンの伝統

強いタイガースだけを求めていれば
感情論も出て来ると思う


さて、今日の朝、
虎心不動がFBで運営している
阪神猛虎愛クラブ
の板で

スタンリッジの退団濃厚の記事をシェアして
来季先発の不安と、スタン自身の阪神愛への
熱い想いに対すて慈悲溢れる対応を求める
投稿が見られた

その方は、別に強いタイガースだけを
愛しているわけではない


また、先日も、来季の先発を不安視する
若い女性のメンバーからの投稿で
来季の能見以外の計算が出来る先発陣への
不安視を質問されていた

猛虎愛の流れでは、やはり、

野球は投手ありきディフェンスあっての攻撃力

の価値観を持った
女子部が実に多いのに改めて気付かされた


普通、野球を観戦して楽しむ女性ってね
打撃力に魅了されるタイプが多いのですが
猛虎愛の女子部はマニアック系なのだろうか?


コイツら岡田みたいな女性だなっと(笑)


ちなみに態度も岡田的な女子部員は多い(笑)

理論派壮年部も、岡田化した女子部には
タジタジなのが、猛虎愛の現状である(笑)

岡田VS年老いた吉田さん的な図式


こんなクラブでもよろしければ
是非、貴方もFBで猛虎愛の仲間になりましょう^^
詳しくは下記の告知にて^^


では、今日は補強について書きますね


スタン退団が決定的となった模様


この時期は、球団社長や部長、GMが一番
仕事を発揮する時期である

契約更新、補強(FA、助っ人、トレードなど)、
FA宣言選手の説得引き留め、
コーチ陣の入れ替えやドラフト契約など
様々な分野で、技量を試されている時期である

FA制度が選手の強気な契約を呼んでいるが
それを説得するのも鎮圧させるのもフロント次第

そこに世代交代の構想も当然視野になければ
お話にならないのだが。。。。。
星野政権以降、若手育成、世代交代の比率が
非常に低い球団である事も事実だろう

星野SDをお断りして
中村GMが来るまでの完全フロント主導の
2年間が一番最悪だった


中村GMもファンに叩かれる的のお役目を
持っているが、彼は経営者としては
黒字を叩き出す、実に優れたGMである


更に、コーチ陣の補強に関しても
中村GMの人脈は思った以上に良かった

昨年の水谷打撃コーチと山田バッテリーコーチ
今年は、高代さんと古屋さん

掛布さんの25年間の呪縛を解いたのも
言うまでもなく中村GMさんである


何を根拠に無能と呼ぶのか分からないが(笑)
強いタイガースだけを愛するファンの一部は
この中村GMを無能と言い放つ(笑)


GMは監督じゃないんだから(笑)
いい仕事してるぜ?中村さんは
落合さんと比較しちゃダメって事


では、スタンリッジの件についてですが
これも、フロントとしては、
どうしても数日待ってくれ状態で
呉獲得願望から後手に回っている感があった

それをスタンサイドから見れたら
この上ない屈辱的な状況であることは確かだろう


昨年リーグ3位の防御率
打撃陣が打ちまくれば、メッセ以上の活躍だったかも
知れないと言われているスタンリッジ


確かに必要な選手だし
これだけ阪神を愛してくれる助っ人投手は
本当に有難い限りである


大砲補強でゴメス
これは絶対不可欠



藤川球児の穴埋め失敗で呉を基本路線


メッセ、マートンは鉄板って感じで
ボイヤーはスタン以上に保留状態


スタンは完全に宙ぶらりんの状態であったが
代理人は対球団との交渉も進めていた筈



では、来季の先発ローテですが

メッセ、能見、榎田 藤浪 

榎田が不安要素なんですよね
肘が万全であれば良いのですが(汗)

榎田の防御率がいいのは、前半良かったから?
それだけじゃないです

四球が多くでも、低め重視の失敗の四球
高めに浮いて叩かれるケースが少なかった


日高の低め重視のミットの構えに妥協はなかった
その期待に応えようとしての四球

高めに浮いて叩かれるよりはずっと良かった

ランナーが溜まった時のカットボールとスライダーの
有効的な活用法は確かに間違いではなかった

彼の球速球威がもう少しあれば(笑)
能見クラスのいい投手になるのだが

まずは肘が心配ですよね(汗)


残りの2枚が、久保と中田の補強?
そんな甘い構想は球団はしてないと思うんです
願わくば程度の感じだと思われ^^


だからまずは左の筒井を先発転向と言う
白羽の矢が向けられたわけです


何とか左三枚、右三枚でローテを組んで
バランスを取りたいと考えているのだろう



んで、優勝を絶対に狙うならば
意地でも、中田獲得
そして久保を引き止めるしかないのですが

そろそろ

谷間のローテの感覚を
球団は持つべきである



若手育成より、とにかく目先の勝利

この谷間の若手起用
巨人や、落合中日が出来て
真弓、和田監督が出来ない起用


気が付けば、ベテラン勢が毎年夏場になると
中5日や4日の強行先発を行い、シーズン終盤で
ベテランが完全に干上がってしまうわけです


2010年ならそれが出来たでしょうね
打線で勝てましたので、

統一球になってそれが一切出来ない状態
逆に見殺し的完封負けが目立つ始末でした


その補強でゴメス加入
掛布、オマリー、古屋コーチの導入ですよね?
更に、高代コーチ加入により
走力と守備力強化に取り組んで


少しでも投手陣を助ける体制は既に敷いており
安芸で鍛えまくっていますね

だから野手(打撃)陣は、

補強効果&指導力の成果

不調、怪我人の
代わりの若虎の育成(特に打撃)



に期待するのみなんですよね


世代交代のレールがようやく見えてきた
体制がそこにあるわけですが、投手陣ですね

まぁ、中継ぎばっかり育ってる数年間でして
先発が本当に育たないですね

藤浪が大当たりだった以外は。。。。本当に


球威が足りない
変化球のキレが足りない
スタミナ足りない
制球力が足りない


とにかく厳しい状況なのが現状です

私的には
安定したロングリリーフが欲しいです
鶴の持ち球では、スライダーがダメだともう
総崩れになるのが現状


先発としては
秋山、岩田、白仁田、田面、伊藤輝、和雄
歳内、金田、岩貞など、様々な候補が居るが
とにかく、ガッツリ走り込んでから
しっかりと春のキャンプに挑んでほしいです


さて、先発6枚の中に
スタンと久保の名前をあえて載せてませんでしたね
当然中田も載せていません


まぁ読売にも記事になったので、
スタンの退団は決定的であろう


それは、スタンの意志ではなく、
球団の意志としての退団
だと私は考える

阪神としては、久保だけは絶対に離したくないのが
本音であると読んでいる

確かにファンの心情としては
フロントにバカアホ、間抜け呼ばわりしている
方も多いかも知れませんが。。。。。。



私は今年シーズン中盤以降の彼の投球の動画を
見直してみた

なるほど。。。。数字以上の評価ね。。。。
防御率以上の査定ね。。。




フロントは貴方が思うほど馬鹿じゃないよ(笑)
逆に天才でもないけどね(笑)
気に入らないだけでしょ?www


私は契約上球団を去る選手に関しては
去る者は追わずの精神を持っている
藤川の時もそうだった
行って来い!の精神で見送った

浜中も、フジモンも同様に見送った

確かに、最終決定が下されるまで
己自身の願望を述べてゴネては見るが(笑)


ほぼ、スタン退団が濃厚となった以上
現実論の唱えなければならない


スタン退団だとしたならば私は、

彼のストレート攻略をどうするか?

だけを考えます


読売新聞で掲載された以上
ほぼ退団決定的な状況なので
スタン攻略を書く事にしましょう


おいおい!スタン決定じゃなだろ?
彼だって必要なピースだろ?

そう思われる方も多いと思いますが、
もし、退団となれば、敵投手になるわけですよね?

退団しなければ、ありがとうスタン
これからもよろしく!

退団したならば、敵として打ち崩す事を考える

選手と同じ視点で居なきゃダメですよ^^
特に猛虎愛の皆さん(笑)


これが虎心不動です


確かにスタンは防御率が高くいい投手
先発ローテの一角として、実に頼もしい

居ると居ないでは大きな違いを感じる


しかし、久保とスタンを見比べてみると
敵にして阪神打線が絶対に嫌なのは


圧倒的に久保です


あのスライダーとチェンジアップとフォーク
球威もかなりいい状態でシーズンを終えている

何しろ、ストレートゴリ押しのタイプではない
久保は、スタンにはない見事な制球力の持ち主


ではスタンリッジがもし敵となったなら?

狙い球は
ストレート一本でいい


スパイクカーブが低めにバンバン決まる
絶好調の段階だと、確かに苦しむでしょう

カーブとスライダーは甘く入ってきた所を
狙い打ちでは打てない投手なんです

彼こそ、2ストライクまでカーブだけは
見逃してもOKな投手です


スライダーとチェンジアップの見極めさえ
出来れば、ストレート待ちで
何とか攻略できるタイプだと思う

スパイクカーブに惑わされなければいい

もし、スタンが退団して巨人に入団したら
阪神はスタンリッジを攻略出来る

虎心不動はそう読んでます


35歳の年齢的のスタミナも重要である

来季になれば、尚更完投タイプではない
6回、無理して7回がやっと

この瞬間に狭いドームで打ち崩せる自信はある


ドームに限らず
スタンは狙い球をしっかりと絞って


甘く入ったスライダーとチェンジアップ

あくまでもストレート根本の狙い球
で絞れば
終盤手前で絶対に捕まえることが出来る

巨人側は、スタンのドームでの防御率を
高く評価しているようだ

スタンリッジ対
中日、広島、ヤクルト、横浜も含めての評価である


では阪神サイドはどうだろう?
配球癖と制球の内容を知り尽くしたスタンと
相対するだけでOKなのだ


スタン攻略は皆が思うほど苦労しない

シーズン終盤、スタンは苦しんでいた
広島、横浜、ヤクルトがスタンのカーブを
2ストライクまでカーブを捨てて
スライダーとストレートに絞って打ちに行ってた

勝ち星に恵まれなかったスタンの背景には
しっかりと、攻略されていた姿があった

スパイクカーブさえ見極めれば
後は疲れるのを待つのみの投手である

私も、阪神も
スタンならホールトンの方がずっと嫌な筈だ

スタンはスタミナに難点が出始めている
それは年齢的に仕方のない事
それだけ、球数を投げさせれば、スタンは苦しむ


首を横に振る必要性の低い、藤井を指名し続け
MLBの配球方式にこだわったスタンリッジ

無駄な球数で早い回から100球超え
メッセとスタンのスタミナの差は天と地である

そこに弱点があるのだと思う


スタンは確かに残しておきたい
あれだけの成績であれだけの阪神愛を持つ
投手とお別れするのはこの上なく寂しい


報道ではスタンを気遣うコメントを球団は
出しているが。。。。。。。

ぶっちゃけ、攻略出来ると掛布も古屋さんも
関川さんも読んでいると思われる


そして来季の中日は完全なるID野球
広島の打線も馬鹿に出来ない
そうなるとスタンは意外と打たれる可能性が高い


阪神フロントも首脳陣も馬鹿じゃない
スタンが必死にアピールしている裏側で
終盤の彼の投球を冷静に見極めていた首脳陣と
スコアラーがしっかりと居たと言うことを
伝えておきたい


しかし、私達ファンはスタンリッジに感謝している
来日当初、城島とのコンビで、0を見つけるのが
大変な位、打たれまくっていた

久保コーチとキャッチボールからフォーム修正し
見事にローテの一角を3年間も渡ったスタンリッジ

特に今季のドーム対戦の柱として
踏ん張り続けた1シーズンだった

彼の頑張りで、巨人を一時期追い詰める事が出来た

彼の阪神での功績は実に素晴らしかった

その彼を手放すのは本当に惜しい限りだ
しかし、球団が判断し、退団が決定的となった今
彼に感謝の気持ちを忘れずに
彼の健勝を願う次第である

ありがとう、スタンリッジ
対戦した時は、打たせてもらうよ


明日は中継ぎ、抑えについて書こうと思います

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 17:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers