虎心不動TOP

.com/txcou

2013年11月19日

誠意を込めて!? 久保を阻止した中村GM




今日、久保と中村GMの間で交渉が行われた

皆さんご存じの通り、
久保は阪神にとって、中田以上に
必要な選手である事は、フロントも分かっている

更に「久保FA宣言も想定内」だったはず

更に更に、彼は契約交渉でゴネて自費キャンプなど
強硬姿勢を貫いてみたりするが、実は皆さんが思うほど
ボッタグリはしない性格でもある

FA宣言に限らず、全ての契約更新においても
必ず、契約交渉でももめる彼の姿は

ある意味プロフェッショナルではないだろうか?


セコイんじゃないんですよね


自分の評価に対しての不服の態度ってね
取り返しがつかない行動をしている様なもの

彼はそれを行い続けている

契約更新だけでなく、様々な面でも彼は意見した

金本のレフトのポジションについても
あんな肩で守られては投手たちはたまったもんじゃない
と、ストレートに正論を首脳陣に訴えてた記憶もある


本日、中村GMが、久保守護神にしたことについて
適正だったか?どうか?も含め頭を下げ謝罪している


この行動は久保にとって好印象になっただろう


何故ならば、球団側は久保に悪い事を何もしていない
クローザーに関しても、久保の了承得て決めた事


それに対し、調整不足とシュート回転癖が出てしまい
完全にスランプ状態に陥ってしまった事

むしろ、球団に申し訳なかったという気持ちを持っている

それがプロフェッショナルな久保の考えだと思っている


今日、虎心不動のメールに

和田が交渉の場に行って頭を下げるべきだ
それが彼を引き止める最善策のはず
安芸なんかいること自体頭がおかしい


と感情論をぶちまけて来たユーザー様が居たが


それは明らかに間違えている


和田が頭を下げる筋合いなどどこにもない

確かに前回の久保の記事では彼をねぎらう言葉を選んで
完全なる久保寄りの記事を書いて居たが、
今回は中立な立場として書かせて頂く


まず、守護神久保は即席ではないと言う事


去年の段階で球団側から、久保に守護神を打診し
久保が守護神を承諾した段階を考えれば
首脳陣に否はないのだ


5月までギリギリの段階まで彼を信じて起用し続けた

それも基本的に間違えていない

この段階で彼自身がシュート回転を治せなかった事に
自分自身に腹を立ててただろう

間違っても、久保が、球団に対して
やってらんねぇなどと口にした事も
態度に表した事もない筈である


現にしたとしても、やんわりである(笑)
これはもう駆け引きであると考えている
感情論をむき出しにしてマスコミにグチるほど
彼は馬鹿じゃないよwwww



ファームへ行くべき当然の状況を作ったのは
首脳陣ではなく、久保自身だったと思う



それを彼自身が一番理解していたからこそ
急ピッチでフォーム修正を行い、球威を落とさない状況で
見事8月に復活を果たし、2イニングのマタギを平然とした
顔で投げ続けられたのだと思う


これぞ、プロフェショナルである

彼自身が、球団、首脳陣にやってらんないと言う
気持ちだけなら阪神との交渉は後回しにしてた筈

彼自身がしっかりとしたプロ意識で交渉に臨んでいる

それを個人的感情論で、安芸に居る和田は馬鹿だの
中村が頭下げて済む問題じゃないだどの
馬鹿げた意見が虎心不動のメールに届いている

何見てんだよと言いたい(笑)


中村GMは久保を引き止める為に頭を下げた

それを久保が一番理解しているはずだ




俺の為にGMが頭を下げてくれた



頭を下げられても久保は

「いろいろあるけど、仕事があるのが大事、希望はない
選手でそこを限定してしまうと、仕事に限りが出てしまう
仕事があるというのが優先順位
自分を必要としてくれるチーム、
なおかつ優勝できるところということ」



彼のこの言葉に私はプロ意識の高いいい選手だと
改めて痛感した

最後の尚且つ優勝出来る所と言う事

この発言で阪神優勢になったと私は確信している


最後にもう一つのメールにこんな内容があった

5月の段階で先発に戻すべきだっただろう?
あの状況で先発不足でどうやってやりくりする
つもりだったのだろうか?
何故久保を先発で使わなかったのか?
馬鹿げてる球団だ




先発転向ってどれだけ大変な作業なのか?
まずそれが分かってない感情論である


久保がロングリリーフ専門ならば話は分かるが
それでも、失敗の例の方が沢山あるのだ
鶴が、ロングリリーフから先発転向した時
3回の段階でスタミナが干上がってフルボコにあった

当然の結果なのだ
まず言いたいのが、

シュート回転のフォーム修正

これ根本で久保はファームに落ちたのです


このシュート回転癖を治す作業自体で
私は今季絶望だと予想していた

それだけ厄介な状況に久保は陥っていたのだ


久保コーチも久保本人も
凄い努力と根気強い指導力あっての結果

球威球速を落とさない状態で
凄いスピードで完全修正をして来たのだ


この修正こそ高く評価すべきである


それを先発にしなかった?
だから球団も首脳陣も馬鹿だ?




随分シュート回転癖を甘く見た発言である



では先発と守護神の
シーズン中の調整法の違い



投手全体の調整法は

制球、変化球のキレ、急速球威

この3つの最重要課題はフォームに存在する
その安定したフォームを維持することが重要


先発は
それプラス スタミナ強化が主流である
年間通じてローテを張れる様に、故障の生じない
程度に調整を進めるのが主である


守護神はどうだろう?
のっけからぶっ飛ばしモードの肩を作る作業が主

つまり、先発の様に長時間投げる調整は
基本的にやらない
のだ
先発と同じペースでシーズン中に行えばどうなるか?


一発で肩潰しますよ


その守護神モードの調整しかして来なかった
久保に対して、シーズン途中でも
先発モードやれと言うのは酷ですよ


調整法自体別世界であるのだから
肩の作りから、守護神モードの状態で
折角仕上げたモノを捨てろと言うんだから


久保の身体の心配もせずに
お気楽な批判とはイイ御身分である


肩潰せと言う位の究極な選択を首脳陣にしろと
それが出来ないのは馬鹿?

まず先発になってもスタミナがもたない
経験値云々であっても、相当厳しい

更に肩の違和感などを引き起こす可能性が高い


首脳陣は守護神を承諾した段階で
しっかりと調整メニューを立ち上げて
キャンプインして、シュート回転癖の修正に
必死に取り組んで居た事を知るべきである


その状況を一番理解しているのが久保本人なのだ


その久保に対して頭を下げた中村GMは
素晴らしい仕事をしたと私は感じている


本当はお前が悪いんだよ
でも、お前が必要だから俺は頭を下げる



自分を本当に必要としてくれているのか?

その久保の探りに対して球団は
頭を下げて金と態度で示したのだ



交渉後、久保は

「有難い評価を頂いた」と評している

つまり、久保の心理を中村GMは掴んでくれた

あとは、横浜の金額次第になるが

優勝が出来る所

この久保の言葉こそ、阪神への高評価の
証であったと僕は信じている

一番引き止めなければならない久保に対して
阪神は出来る限りの対応をしてくれたと
1ファンとして嬉しい限りである


最後に一番エグイ契約交渉をしていたのは
誰が何と言おうが

落合である

フロントは一発で決める覚悟で高値の表示を
必ず行っていた

保留になると一番厄介な相手だと分かっていたからだ

久保は落合ほどエグイ正確ではない
実費自主トレに出ている段階で

あと少し足りないッス

分かりやすく意思表示をしてくれている


阪神の誠意が久保に通じたモノだと
私は信じて、時を待つことにした

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 18:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers