虎心不動TOP

.com/txcou

2013年12月31日

スタメン確定の大和の2014年



少しご無沙汰してしまいました^^
年末忙しくて更新できず(笑)
本日、大みそかが今年最後の更新となりました

今年最後の更新は大和で締めたいと思います^^



若虎の筆頭と言えば、誰が何と言おうが大和である
昨年からスタメン起用で期待を持たれた大和だが

左右病の対象者としての起用からのスタートだった
確かに左打者に強かったんですよ


その為、のびしろ面で、対右打者への対応力面での
経験値不足が心配されていた

今年は体重を増量して挑んだシーズンだった

左右病の対象者ではなく、センターの要としての
起用された事は、彼にとって大きな経験値となった


元々はショートとして期待された大和
内野手としても守備力は入団当時から即戦力と言われた

守備力だけでは鳥谷と対等とも言われている

その大和がセンターへ大抜擢された所を見て思うのが
やはり、俊足という魅力である

センターの守備範囲と言うモノはチームにとって実に大きい
彼の様な俊足を持ち備えたセンターが居ると
マートン、福留(今成)への負担を軽減させることが出来る

更に大和はセンターでも守備力を如何なく発揮出来た
強肩とは言えないが、平野同様、無難にこなせる安定した守備力

更に、超ファインプレーを年に数回見せてくれる
あのガッツ溢れるプレーは若虎達の刺激へと繋がっただろう

盗塁センスは抜群であり、上本と大和の二人が1塁へ出ると
牽制球を数多く食らうシーンが目立つ

確かに19という盗塁数は物足りない以前の問題

しかし、盗塁数よりも、牽制球で相手バッテリーの
集中力を大きく角ことが出来たのは言うまでもない


問題はシーズン通して戦える体力面
大和の線はさすがに細いと思うのが私の本音
シーズン通して戦える体力を持つには、70キロオーバーの
体重は確かに欲しいかも知れない

足腰が絶対にへばる長いシーズン
容赦ない移動、週一しか休みがもらえない仕事

疲労蓄積が溜まった時に、必ず打撃フォームが
徐々に崩れ始め、芯でボールを捉えられない時が
必ず来るのが、野球選手の一番つらい所である


それを短期間で克服できる選手こそ
超一流選手であるし、ハイアベレージヒッターである


疲労蓄積から来るスランプを今シーズン大和は2回経験した
安打を放ち涙した大和を見た時に、疲労蓄積から来る
打撃スランプの本当の苦しみを、初めて味わったと思う

それと同時に、大和に対して、左右病対象者ではなく、
あくまでも、スタメン起用へのこだわりを捨てなかった

これは和田監督の、野手へ対しての初めての心中でもあった

センターにコンバートされて3年目を迎える2014年

まずは、走り込みと筋力トレに励んでいるだろう
更に、体重増加への苦労も絶えない時期であると思う

その大和に期待すべきモノはなんだろう?

まず、1シーズン戦える体力を確立する事である
一番大事な1,2番で疲労蓄積で大スランプでリタイヤなんて
ぶっちゃけペナントを戦う意味では実に厳しい状況に陥る

まずは、体力を持たせるしっかりとした
準備を行って、春のキャンプインを迎えて欲しい



2番鳥谷論も確かに出ている
それは素人辛口評論家の武蔵寅之助さんが
持論で書いてくれる予定
左のリンクからジャンプすれば見えると思うが
更新は元旦らしいぞwww
是非、お楽しみくださいませ^^


私は、1番大和、2番上本
もしくは1番上本、2番大和が望ましいと感じているのだが

大和は現実的に2番に座ると読んでいる

もったいないんだよね?2番大和

でも大和以外、バントをこなせる俊足バッターが
存在しないのが現実でもある

バント成功率の向上は、ある意味大和への課題である

私は求めているのは
セーフティーバントの向上

大和!お前の脚でただの犠打だけではもったいないよ

赤星を彷彿させるような、見事なセーフティーバントが
見たいのが私の本音である

それが出来る打者になるべきだと思っている


俊介、上本も大和同様、センス抜群の持ち主だが
シーズン通しての打撃力を見れば、これから経験値を
積み上げてもらいたいのが現状である


大和を1番にしたい自分が居るし
大和を安定した2番に出来る
西岡とは違ったタイプの俊足1番が欲しい



この葛藤たるやねwwwwww
西岡3番でなきゃ、出来ないオーダーなんですよね(笑)

現実的に、西岡を超えるセカンド
セカンドを西岡から上本が奪い取るのは厳しい
上本にはあらゆる角度から挑戦に挑んで欲しい

怪我離脱だって、絶対にあり得る可能性なんだから
チャンスをモノに出来る練習をとにかく頑張って欲しい

それを奪い取って活躍してるのが大和なんだから

だから大和は凄いって事


今シーズンは2割7分3厘

まだまだ打撃向上出来る筈
溜めをしっかりと作って、壁を作って
コンパクトに振り抜いて、平野を超える
二番打者で居て欲しいし、

赤星を超える俊足であって欲しい


高代コーチに徹底して盗塁技術を扱いてもらい
今年の倍以上は走り抜いて欲しいですね



今年最後の記事となりました

虎心不動を今年も御愛好頂き、ありがとうございました

来年も虎心不動はマイペースで
持論を展開した更新を進めて参りたいと思います

今年一年、本当にありがとうございました
また来年もよろしくお願い申し上げます

               虎心不動 渡邊正悟


*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 16:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2013 TIgers