虎心不動TOP

.com/txcou

2014年01月03日

正捕手争いと打撃の天才日高の立ち位置



藤井の契約金を見て思ったのが、やはり彼が来年も
軸になるのだろうと痛感した

しかし、昨年11月に阪神捕手達にとって
驚愕的な補強宣言が行われた


言うまでもない
鶴岡FA獲得である


今更捕手獲得はいい加減にしてほしいと
怒る阪神ファンが多かった
結果的に鶴岡も中田同様
ソフトバンクへかっさらわれてしまった(笑)

一番ほっと胸を撫で下ろしたのはファン以上に
藤井だったと思う


しかし、
鶴岡獲得にはしっかりと球団には意図があった


FBのお友達である横浜の方とメッセで話したが

鶴岡が来て一番困るのは、藤井だったはず

年齢的にも正捕手を張れるのはあと今シーズンを含め
あと2年程度だと思っている

藤井は藤井であって、古田、城島クラスではないのだ

鶴岡が来たらとっとと正捕手を奪われるクラスなのだ



藤井の配球で防御率は12球団トップだった事も事実

しかし、それは藤井の配球と言うよりも
阪神投手陣の変化球のキレが凄かった事も
同時にチーム防御率でもあったと思われる

投手陣の質、特に中継ぎ陣は素晴らしかった

もちろん、藤井のリードも素晴らしかったと思う

しかし、
ここ一番でアウトローを悉く弾き返された姿を
私達は何度も見せられたのも事実

インコースを鋭く攻める事が出来ないタイプ



そんな藤井に対して、強烈な正捕手見直し通告を
示した鶴岡獲得宣言だった事は言うまでもない

しかし、鶴岡獲得をした場合、藤井同様困る世代

それが、清水、小宮山、岡崎世代である


何故ならば、鶴岡獲得が成就したと想定した場合
鶴岡の年齢を考えれば、怪我やよっぽどの事が
ない限り、スタメンを張れる環境下が存在する


完全に小豆畑、梅野世代へ直結する道しるべが
そこにあったと想定されるからである



ちなみに日高は別格


日高の打撃センスは超一流であり
桧山の後釜の左代打の切り札は誰がなんと言おうが
日高である事は言うまでもない

ローボールヒッターでもあり、長打力もあり
彼の最後の花道は、捕手も出来る代打の神様

こんな発想もアリではないか?と思うのは
私だけだろうか?

つまり、私個人的意見では
捕手登録は4人でも全然OKな状態であると
捉えているのが本音

捕手も出来る代打の神様であれば、
捕手4人登録しても私は異論なしである

だから
日高はだから別格として見ている

つまり、日高を桧山と思えばいい


逆に日高以外に捕手3人登録しなければ絶対にダメ

でなきゃ、育たないんだから

鶴岡獲得が水に流れた以上
正捕手を絶対に育てなければならないのだから

日高を捕手が出来る代打の切り札と捉え
捕手は、別に3人枠を設ける事が一番いい


藤井、清水 小宮山(小豆畑)

これ位のメンツで揃えてもらわないとダメ

とにかく清水、小宮山、小豆畑に
徹底的に争わさなければ、明日の阪神の正捕手なんて
絵に描いた餅に過ぎないのだ


そうさせたのもフロントだし
そうさせたのも首脳陣だった



城島の残像を追いかけるならば
城島の様な捕手を育てるべきだった



藤井の経験値に頼り過ぎた結果が生み出した
正捕手不在の2年半を改めなければならない


日高を代打の神様へ
左投手のスペシャリストとして捉え
専属投手を榎田位に抑え、とにかく
打撃向上に取り組ませるのも一つの手だと思う



昨シーズン
防御率が12球団1位でも得点力不足だった阪神

しかしそれ以上に
ここ一番での失点は実に目立ってしまったのも事実

失点が少ない以上に、ここ一番で
配球を読まれて打たれた現実

そこを理解しないファンは、打撃陣の責任にする

捕手の役目とは、ここ一番こそ
どうやって抑えるか?と考えサインを出す


経験値とセンスがモノを言う世界なのだ


それが正捕手の資格ではないだろうか?


小宮山が何故?正捕手を掴みかけてたのに
今年脱落したのだろうか?

あの捕球能力と、大人しい性格ではダメ

どんなに強肩であっても、インサイドを攻める
配球が球団でダントツ1位であったとしても

あの捕球能力と、投手への気遣いがあのレベルでは
正捕手にしては絶対にダメなのは間違いない

小宮山自身が己自身を改革しなければ
打撃も捕球能力も今以上に改善されるわけがない

捕手は寝る暇もない位精進する気持ちが無ければ
絶対に正捕手なんて務まらない厳しい世界なのだ


清水の強気な攻めは確かに評価が高い
小宮山以上の強気な攻めが出来ているか?

出来てないんですよ(笑)これがwww
あれは、小宮山の配球に近づいただけ

ただ、性格面では捕手向きなのは確か
あのメッセを睨みつけた姿は見ていて
私が身震いをした位の形相だった

メッセにあれだけの威嚇を出来るのは確かに凄い


だから小宮山の捕球能力とあの温和な性格が
実に腹が立つわけでです(爆)

清水も小宮山もこれからなんですよ
遅咲きの正捕手でもなんでもいいから

とにかく本気で苦手分野をしっかりと克服出来る
練習メニューをこなし続けて欲しい

バットを振る時間がない?
時間を作ってないだけだよ


それ位厳しく自分を追い込まなければ
正捕手なんて絶対に奪えるはずがない

藤井を本気で引きずり下ろすことが出来ない事が
一番の問題点であり、

その原因が己達自身の問題点である事を
今一度改めて、本気で藤井降ろしを
プロの世界で争って欲しいですね


小豆畑の捕球能力も徐々に向上しているし
配球面もこれから仕上げに入ってもらいたい

今年中盤以降、正捕手争いに名を連ねられるように
データーを抱えて寝るべし

それ位自分達を追い込んで行かないと
絶対に正捕手なんてあり得ないのだから

もっともっと苦手分野を克服出来るような
熱い熱い練習とデーター研究に取り組んで欲しい

ちなみにファンは城島の再来を心待ちにしている

打撃向上も絶対に忘れてはならない

阪神の正捕手は大変なんだから(汗)

最後に
打撃は打撃で責めるべき所は確かにある
それは後日にじっくりと。。。。。。

*-----------------------------------------------------------*
この記事が良かったと思われた方、更新の励みとなりますので、
ランキング投票のご協力を心よりお願い申し上げます^^;

にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ  


記事へのご質問ご意見はメール、
または虎心不動Facebookにて受け付けております

正悟にメールする方はここをクリック!

虎心不動のフェイスブックはこちら

FBの友達申請大歓迎です^^FBで虎心不動が運営している
「阪神猛虎愛クラブ」のメンバーも大募集中です
まずは、私、渡邊 正悟とお友達になりましょうね
FBのメッセージにて、クラブ参加希望をお気軽にお伝え願います
お待ちしております^^



虎心不動のツイッターはこちらになります



御遠慮なくご登録くださいませ^^
*-----------------------------------------------------------*
posted by 正悟 at 15:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 2014 Tigers